霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一四章 神幸(しんかう)〔一五八九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第62巻 山河草木 丑の巻 篇:第3篇 四尾の嶺 よみ:よつおのみね
章:第14章 第62巻 よみ:しんこう 通し章番号:1589
口述日:1923(大正12)年05月12日(旧03月27日) 口述場所:竜宮館 筆録者:隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6214
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 188頁 修補版: 校定版:173頁 普及版:61頁 初版: ページ備考:
001第三八二
002
003三月(さんぐわつ)三日(みつか)(もも)(はな)
004五月(ごぐわつ)五日(いつか)(もも)()
005菖蒲(あやめ)(はな)()(にほ)
006(いづ)()()(きた)りけり
007(とほ)神代(かみよ)(むかし)より
008(いや)永久(とこしへ)(さだ)まれる
009(かみ)(ひかり)(いも)()
010生代(いくよ)(ちぎ)神柱(かむばしら)
011(いはひ)()とぞなりにける。
012
013(やま)(やま)との谷間(たにあひ)
014(なが)るる(みづ)(そこ)(きよ)
015菖蒲(あやめ)(はな)朝夕(あさゆふ)
016(たへ)なる(かを)りを(はな)ちつつ
017わが庭前(にはさき)(いけ)()
018(かげ)をば(うつ)水鏡(みづかがみ)
019(うへ)(した)とは(むらさき)
020(はな)(はな)との(いも)()
021(むつ)びし(ごと)(うつ)ろへり。
022
023(この)()()きも(なや)みをも
024(また)(よろこ)びも(たの)しみも
025(とも)におひつつ(むつま)じく
026(いづ)栄光(さかえ)神園(みその)をば
027(のぞ)みて(すす)(いも)()
028(ただ)しき(みち)(たの)しさよ。
029
030八千代(やちよ)寿(ことほ)百鳥(ももどり)
031(うた)調(しらべ)長閑(のどか)なり
032(かみ)御庭(みには)(あつ)まりし
033(うづ)信徒(まめひと)(むつ)()
034(はな)(むしろ)(うれ)しげに
035うごなはり()有様(ありさま)
036天津使(あまつつかひ)(ごと)くにて
037妹背(いもせ)(さち)(いの)るなり
038あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
039恩頼(みたまのふゆ)()(まつ)る。
040第三八三
041
042(いも)()(みち)(ひら)きし那岐(なぎ)那美(なみ)
043(かみ)御声(みこゑ)(いま)(なほ)(きこ)ゆも。
044
045厳御霊(いづみたま)(みづ)御霊(みたま)(くだ)()
046今日(けふ)(よろこ)(さち)はひ(たま)はむ。
047
048(うつ)()()ちて(はたら)くわが(とも)
049(あた)(たま)はれ(いも)()(みち)
050
051須勢理姫(すせりひめ)出雲(いづも)(かみ)とならばして
052(むす)(たま)ひぬ妹背(いもせ)(みち)を。
053
054産土(うぶすな)(かみ)(めぐみ)のとりなしに
055(むす)(をは)りぬ妹背(いもせ)(みち)を。
056
057幾千代(いくちよ)(さち)はひ(たま)大御神(おほみかみ)
058産土神(うぶすながみ)(ちから)(あは)せて。
059第三八四
060
061元津神(もとつかみ)(いづ)(みづ)との二柱(ふたはしら)
062(つか)ふる家内(やぬち)永久(とは)(たの)しき。
063
064兄弟(はらから)家族(うから)親族(やから)(した)しみて
065(よろこ)(わか)(いへ)(たの)しさ。
066
067朝夕(あさゆふ)(わざ)(いそ)しみて皇神(すめかみ)
068御栄光(みさかえ)あれと(いの)朝宵(あさよひ)
069
070霜枯(しもが)れし浮世(うきよ)()めど(たの)もしき
071常世(とこよ)(はる)心地(ここち)するなり。
072第三八五
073
074天津国(あまつくに)(はな)御園(みその)()(いへ)
075黄金(こがね)(いらか)四辺(あたり)まばゆき。
076
077()()かれ(みづ)(なが)るる(うつ)()
078家居(いへゐ)(ゆめ)果敢(はか)なきを()れ。
079
080八重葎(やへむぐら)(かど)(とざ)せし賤ケ家(しづがや)
081祝詞(のりと)(きこ)えて宮居(みやゐ)となれり。
082
083(はや)りてし(おの)(こころ)(わら)ひつつ
084(いま)()()きぬ(かみ)言葉(ことば)に。
085
086()くままに野中(のなか)清水(しみづ)(むす)びつつ
087(みづ)御霊(みたま)(めぐみ)さとりぬ。
088
089(たま)()宿(やど)月影(つきかげ)いと(きよ)
090(たま)(みが)けと(をし)(たま)ふか。
091第三八六
092
093芝垣(しばがき)一重(ひとへ)(うち)(たの)しけれ
094(かみ)(たた)へて()(わた)()は。
095
096わが(いも)(はな)()みつついとし()
097(とり)(うた)ひて(かみ)(たた)へり。
098
099円山(まるやま)(のぼ)りて四方(よも)(なが)むれば
100(かみ)栄光(さかえ)()のあたり()ゆ。
101
102橄欖(かんらん)(はな)()(にほ)円山(まるやま)
103(むね)をどるかも瑞垣(みづがき)(あと)
104
105皇神(すめかみ)(うづ)宮居(みやゐ)(くだ)かれし
106(あと)()(たび)(なみだ)こぼるる。
107
108八重葎(やへむぐら)(しげ)れる賤ケ伏家(しづがふせや)にも
109(つき)(まど)より(のぞ)かせ(たま)ふ。
110
111御恵(みめぐみ)(あめ)(とぼそ)(うるほ)して
112生命(いのち)(みづ)をそそがせ(たま)へり。
113
114わが(いへ)皇大神(すめおほかみ)御住居(おんすまゐ)
115(うづ)宮居(みやゐ)(たふと)(まも)らへ。
116第三八七
117
118ほのぼのと(あづま)(そら)()けにけり
119はや(のぼ)るらし()ちわびし()は。
120
121大空(おほぞら)にかすみし(つき)(くし)びなる
122(ひかり)(はな)()とはなりぬる。
123
124冬籠(ふゆごも)(はる)()ちわびし白梅(しらうめ)
125(かみ)御園(みその)()をひそめ()つ。
126
127(こゑ)(たか)(うぐひす)雲雀(ひばり)()(さけ)ぶは
128(かみ)御稜威(みいづ)(うた)ふなるらむ。
129
130(うめ)(やなぎ)(はな)(たちばな)(いろ)(きよ)
131(きみ)(さか)えを(よそ)ひぬるかな。
132
133皇神(すめかみ)(おな)身魂(みたま)()くる()
134男女(をのこをみな)区別(わかち)あるなし。
135
136(めづ)らしき(はな)(にほ)ふなる(には)()
137(みちび)かれ()くも(かみ)のまにまに。
138第三八八
139
140時鳥(ほととぎす)深山(みやま)(おく)()をかくし
141瑞枝(みづえ)(さか)ゆる(なつ)()ちつつ。
142
143時鳥(ほととぎす)()()()めて()()づれば
144有明(ありあけ)(つき)かがやき(わた)らふ。
145
146花蓮(はなはちす)白梅(しらうめ)(ごと)(かを)りつつ
147(かみ)御旨(みむね)(をし)(しめ)せり。
148
149(つき)(すず)(あき)(また)(すず)()(やま)
150(すず)しき(そら)(つき)(かがや)く。
151
152旅人(たびびと)のなやむ真昼(まひる)夕立(ゆふだち)
153(こころ)(ちり)(あら)はれにけり。
154
155皇神(すめかみ)御稜威(みいづ)(たた)ふる(うづ)(こゑ)
156天津御空(あまつみそら)(かみ)(かよ)はむ。
157第三八九
158
159皇神(すめかみ)(のり)(まじ)らふ友垣(ともがき)
160兄弟(はらから)よりも(した)しかりけり。
161
162(きた)ります(きみ)()ちわびて長月(ながつき)
163消息(たより)をきくの花莚(はなむしろ)かな。
164
165麻柱(あななひ)(あか)(こころ)紅葉(もみぢば)
166(くし)色香(いろか)(かよ)ひぬるかな。
167
168永久(とこしへ)(かみ)(のぞ)みはさやかなる
169御空(みそら)(つき)にさも()たるかな。
170
171()(おも)(みの)稲穂(いなほ)(かがみ)とし
172謙遜(へりくだ)りつつ御世(みよ)(わた)らへ。
173
174(あき)()(むし)()()(あは)せつつ
175小琴(をごと)調(しらべ)御代(みよ)(うた)はむ。
176第三九〇
177
178()(なが)(つき)(あゆ)みて(ほし)(うつ)
179今年(ことし)(あま)(すくな)くなりぬ。
180
181御恵(みめぐみ)(ふか)きも()らず白雪(しらゆき)
182(なか)にまよふも夢心地(ゆめごごち)して。
183
184()(やま)もはや冬枯(ふゆが)れて()()(さび)
185(たよ)りとするは御光(みひかり)のみなる。
186
187皇神(すめかみ)(をしへ)(には)(むつ)びこそ
188(はな)()(にほ)永久(とは)(はる)かも。
189
190いと(きよ)(をしへ)(とも)(まじ)らひは
191(のち)()かけて(かは)らざらまし。
192
193埋火(うづみび)(ふか)(こころ)()らずして
194(けむり)(ごと)くさまよひ(めぐ)るも。
195第三九一
196
197豊栄(とよさか)(のぼ)朝日影(あさひかげ)
198さすや(まよ)ひの(くも)()れて
199天津御国(あまつみくに)永久(とこしへ)
200あれます元津祖神(もとつおやがみ)
201御稜威(みいづ)四方(よも)(かがや)きぬ
202(かみ)御子(みこ)なる人草(ひとぐさ)
203(うち)(あふ)ぎつつ御空(みそら)をば
204恋慕(こひした)ふこそ(ゆか)しけれ。
205
206(みづ)御霊(みたま)(くだ)します
207(めぐみ)(つゆ)()()けて
208(つみ)(けがれ)(しを)れたる
209青人草(あをひとぐさ)御栄光(みさかえ)
210(ふたた)(はな)()かしむる
211目出度(めでた)(とき)(ちか)づきぬ
212(あふ)(うやま)(かみ)(とく)
213
214(かみ)御稜威(みいづ)(たと)ふれば
215(かぜ)(さそ)はぬ(はる)(はな)
216(くも)もかからぬ(あき)(つき)
217朝日(あさひ)豊栄(とよさか)(のぼ)(ごと)
218いと(あきら)かに天地(あめつち)
219(いや)永久(とこしへ)(さか)えます
220(あふ)(うやま)大稜威(おほみいづ)
221(した)ひまつれよ(かみ)(あい)
222
223(かみ)御前(みまへ)(つど)()
224(みづ)御声(みこゑ)()(とき)
225(こころ)(そこ)より(いさ)()
226()てしも()らぬ(うれ)しさを
227(つつ)(すべ)なき薄衣(うすごろも)
228(たた)むも()しき心地(ここち)かな
229(あふ)(うやま)(かみ)稜威(いづ)
230(した)ひまつれよ(かみ)(あい)
231大正一二・五・一二 旧三・二七 於竜宮館 隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)