霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 神情(しんじやう)〔一五九〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第62巻 山河草木 丑の巻 篇:第3篇 四尾の嶺 よみ:よつおのみね
章:第15章 第62巻 よみ:しんじょう 通し章番号:1590
口述日:1923(大正12)年05月12日(旧03月27日) 口述場所:教主殿 筆録者:明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6215
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 192頁 修補版: 校定版:186頁 普及版:61頁 初版: ページ備考:
001第三九二
002
003西(にし)(はて)(あづま)(くに)(いた)るとも
004(おな)雲井(くもゐ)(つき)()るかな。
005
006(やま)(かは)(ひと)(ことな)れど村肝(むらきも)
007(こころ)(いろ)(かは)りなきかな。
008
009わが(とも)(とほ)御国(みくに)(わか)()
010(かげ)見送(みおく)りて(かみ)(いの)りつ。
011
012皇神(すめかみ)(なさけ)御手(みて)(まか)したる
013(きみ)(おく)りて(なげ)(よろこ)ぶ。
014
015(わか)()(した)しき(とも)もわが()をも
016いと(すこや)かに(まも)らせたまへ。
017
018誘惑(いざなひ)のしげき()なれば(こころ)して
019さだめの(くに)(すす)みませ(きみ)
020第三九三
021
022あゝ(かみ)(とも)(まも)りて()(みち)
023つつむ(こと)なく(すす)ませたまへ。
024
025(わざはひ)(くも)()(はら)()けの(くに)
026(すす)ませたまへと(いの)今日(けふ)かな。
027
028わが(とも)(ふたた)()はむ(その)()まで
029(まも)らせたまへ(めぐみ)御手(みて)に。
030
031荒野原(あらのはら)(かよ)(とき)しも(あらし)()
032(さむ)けき()をも(めぐ)ませたまへ。
033
034雲霧(くもきり)如何(いか)行手(ゆくて)(ふさ)ぐとも
035天津御光(あまつみひかり)(てら)させたまへ。
036
037いつくしみ(ひろ)(つばさ)(ふところ)
038(はぐく)みたまへ(つか)れたる()を。
039第三九四
040
041皇大神(すめおほかみ)(たま)ひてし
042(こころ)(たま)(みが)()
043(まな)びのかこひを()()でて
044各自(おのも)々々(おのも)(すす)()
045いづくの(さと)(いた)るとも
046皇大神(すめおほかみ)御教(みをしへ)
047(きよ)(ひかり)()(てら)
048(かみ)(さか)えを委曲(まつぶさ)
049(いや)永久(とこしへ)(あらは)さめ。
050
051日頃(ひごろ)なれにし(まな)()
052(まど)(わす)れず御教(みをしへ)
053(おや)(めぐみ)をよく(おも)
054(たふと)(かみ)御栄(みさかえ)
055四方(よも)国々(くにぐに)(かがや)かせ
056(した)しき(とも)兄弟(はらから)
057(まこと)(いさを)(あらは)して
058(かぎ)りも()らぬ(かみ)(あい)
059故郷(こきやう)土産(みやげ)となせよかし。
060
061(まな)(やかた)(まど)(うち)
062(たがひ)(かた)(むす)びたる
063(むつ)びの(ひも)永久(とこしへ)
064()けて(はな)るる(こと)もなし
065(とほ)海山(うみやま)(うち)()えて
066(その)()如何(いか)(はな)るとも
067(きよ)(こころ)()(ごと)
068(たがひ)伊行(いゆ)(まじ)らひて
069御国(みくに)のために(つく)さまし
070これぞ吾等(われら)(ひと)として
071()(うま)れたる(つと)めなれ。
072第三九五
073
074宮柱(みやばしら)太敷(ふとしき)()てて千木(ちぎ)(たか)
075(いづ)(めぐみ)をひたすら(いの)る。
076
077一本(ひともと)()つの(くらゐ)皇神(すめかみ)
078(さか)えを四方(よも)(あらは)しまつらむ。
079
080()(なげ)(こころ)あはれみ(たま)ひつつ
081(そそ)ぎたまはれ(あふ)るる(めぐみ)を。
082
083御言葉(みことば)にならひて(きよ)(あきら)けき
084天津御殿(あまつみとの)(のぼ)()かばや。
085第三九六
086
087宮柱(みやばしら)太敷(ふとしき)()てて弥高(いやたか)
088(つか)へまつりし今日(けふ)(うれ)しさ。
089
090(いしずゑ)(そこ)岩根(いはね)()(かた)
091()ゑし今日(けふ)こそ(たの)しきろかも。
092
093親石(おやいし)上津岩根(うはついはね)につき()らし
094(いしずゑ)(かた)(さだ)まりにけり。
095
096大殿(おほとの)(つく)らむとして斧初(をのはじ)
097(いは)ふも(うれ)今日(けふ)御祭(みまつり)
098
099(ひと)()(いへ)てふ(いへ)(おほ)けれど
100(まくら)する()もなきは(かな)しき。
101
102わが()なき()宿(やど)りにと親神(おやがみ)
103(つく)りたまひし神国(かみくに)(いへ)
104
105(むね)(たか)(はしら)(ふと)くはあらねども
106天津御殿(あまつみとの)面影(おもかげ)(うつ)せり。
107
108()御魂(みたま)(しづ)まりたまふ(うづ)(みや)
109(まう)()()(たの)しかりけり。
110第三九七
111
112(ひと)()(わざ)になりてし宮居(みやゐ)にも
113(しづ)まりたまへ元津大神(もとつおほかみ)
114
115永久(とこしへ)(しづ)まりたまへ(いしずゑ)
116(かた)きが(うへ)()てる宮居(みやゐ)に。
117
118真木柱(まきばしら)太敷(ふとしき)()てし(この)(みや)
119黄金(こがね)(かがや)千木(ちぎ)松魚木(かつをぎ)
120
121海原(うなばら)(ふね)うちつづけ(おく)()
122真木(まき)(はしら)御代(みよ)(いしずゑ)
123
124飛騨工(ひだたくみ)石工(いしく)(わざ)御心(みこころ)
125あれますままに使(つか)はせたまへ。
126第三九八
127
128珍宮(うづみや)(しづ)まりまして永久(とこしへ)
129(くす)しき御業(みわざ)(あらは)したまへ。
130
131(くし)びなる()のりを(しゆく)御力(みちから)
132四方(よも)国々(くにぐに)(しめ)させたまへ。
133
134罪人(つみびと)(もも)(ねがひ)(きこ)()
135千座(ちくら)()ひし(めぐみ)(きみ)よ。
136
137元津御祖(もとつみおや)(いづ)(みづ)との御柱(みはしら)
138(しづ)まりたまへ(うづ)宮居(みやゐ)に。
139
140(みや)のみか(きよ)身魂(みたま)(こころ)をも
141宮居(みやゐ)となして(しづ)まりたまへ。
142第三九九
143
144やけ気味(ぎみ)になつた(をとこ)()(いき)
145うるほしたまへ(みづ)大神(おほかみ)
146
147わが(いへ)にわが(たましひ)永久(とこしへ)
148平和(へいわ)(みづ)をわかしめたまへ。
149
150瑞御霊(みづみたま)(やす)河原(かはら)(あふ)()でて
151常世(とこよ)(うみ)(なが)()くかも。
152
153(くだ)かれし(うづ)宮居(みやゐ)()(なほ)
154信徒(まめひと)(とも)(いの)りけるかな。
155
156(うづ)(みや)あらす(にく)むもの()ちにけり
157(うかが)()りぬ暗世(やみよ)(をは)りを。
158第四〇〇
159
160天地(あめつち)(うづ)宮居(みやゐ)となしたまふ
161(たふと)(かみ)(この)(みや)にませ。
162
163大前(おほまへ)(ぬか)づき(をが)信徒(まめひと)
164みたさせたまへ(きよ)御霊(みたま)に。
165
166(うたがひ)(くも)()れゆきて大空(おほぞら)
167()御光(みひかり)もさし()ひにけり。
168
169(つぶ)されし(みや)(なが)めて信徒(まめひと)
170(こころ)(そら)(なみだ)(あめ)ふる。
171
172(いま)(しば)()てよ信徒(まめひと)御空(みそら)より
173(さか)えの月日(つきひ)(かがや)(たま)はむ。
174第四〇一
175
176天地(あめつち)(かみ)のまします珍宮(うづみや)
177むごく(くだ)きぬ(しこ)(つかさ)ら。
178
179大前(おほまへ)(つど)御民(みたみ)(いさ)ませて
180(うた)はせ(たま)(こころ)ゆくまで。
181
182円山(まるやま)(その)(いただき)()てられし
183宮居(みやゐ)(あと)()るは(かな)しも。
184
185天地(あめつち)(かみ)(いか)らせたまふらむ
186万代(よろづよ)までも(しこ)()わざを。
187
188天地(あめつち)(かみ)宮居(みやゐ)()(こぼ)
189()(ほろぼ)せし(つかさ)もありけり。
190
191()(すく)(かみ)(しづ)まる御殿(みとの)まで
192()(こは)したる(ひと)(あは)れさ。
193
194(ねが)はくは(しこ)(つかさ)(あは)れみて
195(ゆる)させたまへ(ひろ)(こころ)に。
196大正一二・五・一二 旧三・二七 於教主殿 明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。