霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二八章 神滝(しんろう)〔一六〇三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第62巻 山河草木 丑の巻 篇:第6篇 聖地の花 よみ:せいちのはな
章:第28章 第62巻 よみ:しんろう 通し章番号:1603
口述日:1923(大正12)年05月16日(旧04月1日) 口述場所:教主殿 筆録者:隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6228
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 241頁 修補版: 校定版:363頁 普及版:61頁 初版: ページ備考:
001第五二二
002
003水晶魂(すゐしやうみたま)()りぬいて
004身魂(みたま)のあらため()(たま)
005絶体絶命(ぜつたいぜつめい)()となりぬ
006この()(かは)紫陽花(あぢさゐ)
007(はや)七度(ななたび)(ちか)づきて
008(かみ)審判(さばき)()のあたり
009(おどろ)(さわ)醜魂(しこだま)
010()(はて)こそは(あは)れなり
011さは()りながら何人(なにびと)
012(こころ)(はしら)立直(たてなほ)
013(まこと)(みち)(かへ)りなば
014本津御神(もとつみかみ)はよろこびて
015平和(へいわ)御国(みくに)にやすやすと
016(すす)ませたまふぞ(たふと)けれ。
017
018こころ(あらた)大道(おほみち)
019(むか)つて(すす)人々(ひとびと)
020(かみ)(めぐ)みに(たす)けられ
021常世(とこよ)(はる)(あそ)ぶべし
022悪念(あくねん)()れず(うたが)ひの
023(つよ)神慮(しんりよ)(そむ)きなば
024(かなら)懲戒(いましめ)()たるべし
025皇大神(すめおほかみ)御言葉(みことば)
026(いはほ)のごとく(やま)(ごと)
027いや永久(とこしへ)(うご)()し。
028
029(ひと)表面(おもて)(かは)るとも
030(かは)りがたきは霊魂(みたま)なり
031(かみ)御言(みこと)をかしこみて
032天授(さづけ)(たま)()(みが)
033やがて(きた)らむ皇神(すめかみ)
034さばきの(とき)(そな)へせよ
035(かみ)(あい)なり権威(ちから)なり。
036
037わが脚下(あしもと)注意(ちうい)して
038かならず(あやま)つことなかれ
039(みなもと)()れて川下(かはしも)
040(みづ)()()べき道理(だうり)なし
041山野(やまの)木草(きぐさ)もその(ごと)
042根本(ねもと)なければ(みき)もなく
043(はな)()(にほ)(えだ)もなし
044根本(ねもと)(みき)枝葉(えだは)とは
045(おな)一木(ひとき)身魂(みたま)なり
046根本(ねもと)大切(だいじ)(まも)るべし。
047
048三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)
049一度(いちど)(ひら)(とき)()
050スメール(ざん)(うしとら)
051皇大神(すめおほかみ)のあれまして
052(をさ)めたまはる五六七(みろく)()
053月日(つきひ)(とも)(せま)りけり
054(うやま)(かしこ)大道(おほみち)
055(かな)ひまつれよ諸人(もろびと)よ。
056第五二三
057
058金竜(きんりう)(いけ)()(きよ)()(つき)
059五六七(みろく)御代(みよ)(かがみ)なるべし。
060
061円山(まるやま)御空(みそら)(もち)(つき)()りて
062(まる)(をさ)まる(かみ)御代(みよ)かな。
063
064四方(よも)(うみ)(みな)(しづ)かなる(かみ)()
065(もち)()(つき)波間(なみま)にも()む。
066
067千早振(ちはやふる)神代(かみよ)ながらの月影(つきかげ)
068うつす金竜池(きんりういけ)()やけさ。
069
070相恋(あひこ)ふる(ころも)(かを)(なつ)()
071しづ(ごころ)なく(つき)(かたむ)く。
072第五二四
073
074久方(ひさかた)(あま)()()けて厳御霊(いづみたま)
075(くだ)(たま)ひぬ桶伏(をけぶせ)(やま)に。
076
077(あま)(がは)竿(さを)をかざして瑞御霊(みづみたま)
078更生(かうせい)(ふね)をひきて(くだ)りぬ。
079
080(ゆふ)ざれば桶伏山(をけぶせやま)もかすむなり
081(そら)にいざよふ(つき)おぼろにて。
082
083(いけ)()(なみ)にくだけし(つき)()れば
084(かみ)(めぐみ)(しの)ばれにけり。
085
086(けもの)()()(くる)ひたる神園(かみぞの)
087すまし(がほ)なる(つき)(かげ)かな。
088第五二五
089
090太刀剣(たちつるぎ)弾丸(たま)何処(いづく)潜水(くぐりづ)
091(そこ)まで(さぐ)(けもの)(おろ)かさ。
092
093四尾山(よつをやま)()()(ゆる)ぎて(かみ)(その)
094あやしき(かぜ)()(すさ)みけり。
095
096蜘蛛(くも)()()らすが(ごと)(をのの)きて
097果敢(はか)なく()せぬ(しこ)仇司(あだし)は。
098
099小雲川(こくもがは)(そこ)月影(つきかげ)つかまむと
100くだり(きた)れる(やま)()(さる)
101
102(あたま)()(はぢ)かき(おの)()をかきつ
103(かみ)御園(みその)(さる)かきまはす。
104第五二六
105
106(たま)()(うつ)()()をむしらむと
107(もだ)(くる)しむ高山(たかやま)(さる)
108
109鬼火(おにび)かと(おも)へば(さび)五月雨(さみだれ)
110(あめ)(いき)する(ほたる)なりけり。
111
112(あたま)には(あか)(かむり)をのせ(なが)
113(しり)のみ(ひかる)螢虫(ほたるむし)かな。
114
115暗夜(やみよ)にはかすかに(ひか)螢虫(ほたるむし)
116(つき)()づれば(かげ)()ゆるなり。
117
118(くさ)()(つゆ)(いのち)(たも)ちたる
119(ほたる)(つき)(ひかり)()づるも。
120第五二七
121
122(ゆふ)されば(いきほ)ひのよき螢虫(ほたるむし)
123(あさひ)(かげ)()()するなり。
124
125千早振(ちはやふ)(たふと)(きよ)(かみ)(やま)
126(しこ)曲津見(まがつみ)(のぼ)りて(おどろ)く。
127
128如何(いか)にして()神山(かみやま)(けが)さむと
129(しこ)魔神(まがみ)(こころ)(くだ)きけむ。
130
131(いま)(しば)(とき)()てよかし円山(まるやま)
132(そら)(かがや)黄金(こがね)(いらか)を。
133
134竜神(たつがみ)(とき)()ざれば(たま)()
135水底(みなそこ)(ふか)姿(すがた)かくしつ。
136第五二八
137
138(つき)となり竜神(たつがみ)となりミカエルと
139なりて(かがや)(とき)(ちか)づきぬ。
140
141四尾(よつを)(やま)(かく)れし国武彦(くにたけひこ)
142(いづ)(ひかり)()()(ひさ)しき。
143
144大八洲(おほやしま)(きよ)(めぐ)れる池水(いけみづ)
145(みづ)御霊(みたま)姿(すがた)なりけり。
146
147()(わた)るこの真清水(ましみづ)夕立(ゆふだち)
148(みづ)()みあきて(にご)忌々(ゆゆ)しさ。
149
150真清水(ましみづ)(また)泥水(どろみづ)(いな)まずに
151のめどうつらぬ金竜(きんりう)(いけ)
152第五二九
153
154(つき)()れる(ゆふべ)御空(みそら)(しづ)かにて
155(やなぎ)(こずゑ)(はる)()にけり。
156
157大前(おほまへ)()ふる(こころ)のなかりせば
158浮世(うきよ)(たび)(さび)しかるらむ。
159
160大道(おほみち)(つかさ)(まへ)(くち)ごもりぬ
161(おも)ひの(たけ)()べむとすれど。
162
163何事(なにごと)(おも)ひの(たけ)()ぶべしと
164(をしへ)言葉(ことば)(くち)(ひら)けぬ。
165
166海山(うみやま)のつもる(おも)ひもしかすがに
167言葉(ことば)(つゆ)(ふる)ふのみなる。
168第五三〇
169
170千早振(ちはやふ)(かみ)(した)しみ(あい)すてふ
171(こころ)ありせば言葉(ことば)(はな)()く。
172
173神柱(かむばしら)(とほ)(うやま)()()には
174言霊車(ことたまぐるま)()しあぐみつつ。
175
176(した)しみと(あい)(こころ)(たて)として
177(ひろ)言問(ことと)教司(をしへつかさ)に。
178
179わが(おも)(こころ)のたけの一節(ひとふし)
180神柱(みつかひ)(まへ)(かた)りかねつつ。
181
182わが(そで)(なみだ)(つゆ)(つき)()りぬ
183祖神(みおや)()はば如何(いか)(こた)へむ。
184第五三一
185
186夕暮(ゆふぐ)れて(いも)とし(のぼ)円山(まるやま)
187(つき)(あふ)げば(はづか)しきかな。
188
189小雲川(こくもがは)(みづ)(こころ)白波(しらなみ)
190(うへ)()(わた)汚家(をげ)釣舟(つりぶね)
191
192(つき)()波間(なみま)(うか)小雲川(こくもがは)
193(きよ)きは(かみ)(こころ)なるかも。
194
195桶伏(をけぶせ)(やま)(うつ)して小雲川(こくもがは)
196いや永久(とこしへ)(きよ)(なが)るる。
197
198小雲川(こくもがは)たつ荒浪(あらなみ)(おどろ)きて
199(ふち)()でけり(たつ)のおとし()
200大正一二・五・一六 旧四・一 於教主殿 隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)