霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三二章 神殿(しんでん)〔一六〇七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第62巻 山河草木 丑の巻 篇:第6篇 聖地の花 よみ:せいちのはな
章:第32章 第62巻 よみ:しんでん 通し章番号:1607
口述日:1923(大正12)年05月16日(旧04月1日) 口述場所:竜宮館 筆録者:隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6232
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 253頁 修補版: 校定版:408頁 普及版:61頁 初版: ページ備考:
001第五六二
002
003高山(たかやま)(くも)()()ちて天津(あまつ)()
004(かげ)もかすかになりにけるかな。
005
006(ひむがし)(みね)をわけつつ(のぼ)()
007(つき)姿(すがた)(おほ)きく()ゆるも。
008
009いつ(まで)()はわが(うへ)(かがや)かじ
010やがて(かたむ)夕暮(ゆふぐれ)(そら)
011
012大空(おほぞら)(ほし)(ひかり)()しかくし
013(かがや)(わた)天津(あまつ)()(かみ)
014
015天津(あまつ)()(ひかり)西(にし)(しづ)みてゆ
016(ほし)真砂(まさご)(かがや)()めぬ。
017第五六三
018
019星影(ほしかげ)もまばらになりぬ(あき)()
020(きよ)けき(つき)(のぼ)りましてゆ。
021
022半開(はんかい)(はな)(あらし)にたたかれて
023もろく()()浮世(うきよ)なりけり。
024
025(うつ)()(めぐみ)(かみ)のまさずあれば
026(ひと)(いのち)如何(いか)であるべき。
027
028(かぎ)りなき(たま)(いのち)真清水(ましみづ)
029(めぐ)ませたまふ(みづ)大神(おほかみ)
030
031永久(とこしへ)()ちず(ほろ)びぬ(たま)()
032(いのち)(たま)ひし元津祖神(もとつおやがみ)
033第五六四
034
035(はと)()桶伏山(をけぶせやま)()()より
036()()けにけり(かすみ)()れけり。
037
038山々(やまやま)数多(あまた)()けども時鳥(ほととぎす)
039その諸声(もろこゑ)空音(そらね)なりけり。
040
041奥津城(おくつき)(やま)()きぬる女郎花(をみなへし)
042(つゆ)(なみだ)(うち)(しを)れつつ。
043
044奥津城(おくつき)(まつ)(こずゑ)(みどり)して
045常世(とこよ)(はる)(むか)(がほ)なる。
046
047奥津城(おくつき)紅葉(もみぢ)(いろ)(くれなゐ)
048教御祖(をしへみおや)御心(みこころ)なるらむ。
049第五六五
050
051(たま)()をかくしまつりし奥津城(おくつき)
052(しこ)(けもの)穿(うが)御代(みよ)かな。
053
054奥津城(おくつき)幾度(いくたび)となく(けが)されぬ
055(ふか)経綸(しぐみ)のおはすなるらむ。
056
057()にありて(あだ)()められ(まか)りては
058(また)もや(けもの)(のろ)はれ(たま)ひぬ。
059
060(とり)(けもの)虫族(むしけら)までも(すく)()
061(いづ)御霊(みたま)(やす)くますらむ。
062
063奥津城(おくつき)御庭(みには)(ひろ)(きよ)けきは
064教御祖(をしへみおや)(こころ)なるかも。
065第五六六
066
067時鳥(ほととぎす)のみか諸鳥(もろとり)()()なに
068(きた)りて教祖(みおや)奥津城(おくつき)(まも)る。
069
070白雲(しらくも)(とほ)(くに)より(たづ)()
071教祖(みおや)奥津城(おくつき)(をが)()くなり。
072
073おさへられ(あし)()まれて水袋(みづぶくろ)
074いや益々(ますます)(かた)くなりぬる。
075
076瑞御霊(みづみたま)(なか)()たせし水袋(みづぶくろ)
077(おさ)へよ()めよ(ちから)(かぎ)りに。
078
079奥津城(おくつき)御空(みそら)(たか)()(つき)
080(つゆ)(なみだ)()()()らせり。
081第五六七の一
082
083諸々(もろもろ)()りにし教子(みこ)(よろこ)びて
084(つゆ)おくつきの(には)(あそ)びつ。
085
086天王平(てんわうだひら)常磐(ときは)(もり)八百万(やほよろづ)
087神集(かむつど)ひしてはかり(たま)はむ。
088
089大方(おほかた)(はる)(あは)れは(うぐひす)
090()()にまさるものなかりけり。
091
092奥津城(おくつき)来啼(きな)(うぐひす)(こゑ)()れて
093また()(わた)時鳥(ほととぎす)かな。
094
095村雀(むらすずめ)(つゆ)おくつきの(つか)(まへ)
096伊寄(いよ)(つど)ひて太祝詞(ふとのりと)()る。
097第五六七の二
098
099(あら)されし(いづ)御墓(みはか)神直日(かむなほひ)
100国直霊主(くになほひぬし)(ふか)神心(みこころ)
101
102奥津城(おくつき)(した)ひて(まゐ)信徒(まめひと)
103(こころ)(かな)しき五月雨(さみだれ)()る。
104
105奥津城(おくつき)(そら)()(わた)()()れど
106(おと)なき時雨(しぐれ)(そで)()れつつ。
107
108(うれ)しさと(かな)しみの(くも)()()ひて
109(こころ)(そら)(つき)(くも)りぬ。
110
111(おく)つきの(かみ)(おもて)(あら)はれて
112(ひら)(たま)はむ五六七(みろく)御世(みよ)を。
113大正一二・五・一六 旧四・一 於竜宮館 隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)