霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第六章 噴火口(ふんくわこう)〔一六六二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第65巻 山河草木 辰の巻 篇:第1篇 盗風賊雨 よみ:とうふうぞくう
章:第6章 第65巻 よみ:ふんかこう 通し章番号:1662
口述日:1923(大正12)年07月15日(旧06月2日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年4月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6506
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 637頁 修補版: 校定版:77頁 普及版:37頁 初版: ページ備考:
001 エムは伊太彦(いたひこ)(さき)()ち、002(ふる)(ごゑ)()(なが)ら、003道々(みちみち)(うた)(のぼ)()く。
004エム『バラモン(けう)軍人(いくさびと)
005伍長(ごちやう)となつた(この)エムは
006鬼春別(おにはるわけ)将軍(しやうぐん)
007猪倉山(ゐのくらやま)(とりで)にて
008(いくさ)解散(かいさん)した(ゆゑ)
009是非(ぜひ)なく(ここ)盗人(ぬすびと)
010なり(さが)りたる()因果(いんぐわ)
011ウントコドツコイ ハアハアハア
012御大将(おんたいしやう)比丘(びく)となり
013(かね)沢山(どつさり)(ふところ)
014()れてどこかに()げて()
015(あと)(のこ)つた雑兵(ざふひやう)
016ウントコドツコイきつい(さか)
017目腐(めくさ)(がね)(いただ)いて
018(つき)(みやこ)(かへ)ろにも
019旅費(りよひ)にも()らぬあはれさに
020やけをおこして(さけ)()
021(いま)(せん)なき真裸体(まつぱだか)
022セールの大将(たいしやう)(したが)ふて
023虎熊山(とらくまやま)岩窟(がんくつ)
024(ひと)のいやがる盗人(ぬすびと)
025乾児(こぶん)のはしに(くは)へられ
026(わづか)(いのち)(たも)ちつつ
027(かぜ)()いてもビツクビク
028(やま)()つても(むね)(をど)
029ドキドキドキと()(なか)
030(おそ)(をのの)(くら)しつつ
031今日(けふ)()(まで)()れて()
032ウントコドツコイ ドツコイシヨ
033折角(せつかく)(ひと)(うま)()
034(ひと)(ふところ)あてにする
035(わる)泥棒(どろばう)となり(さが)
036(この)()(しの)(くる)しさよ
037(くに)にまします両親(りやうしん)
038(あに)(いもと)()いたなら
039(さぞ)(おどろ)(こと)だらう
040(むね)勲章(くんしやう)をブラさげて
041天晴(あつぱれ)手柄(てがら)(あら)はしつ
042(かへ)つて()るかと朝夕(あさゆふ)
043家族(かぞく)()つて()るだらうに
044(おも)へば(おも)へば(なさけ)ない
045つまらぬ(こと)になつて()
046それでも()はんが(かな)しさに
047泥棒(どろばう)仲間(なかま)(くは)へられ
048(わる)(こと)とは()(なが)
049(なが)太刀(だんびら)()りまはし
050(ひと)(おど)して(かね)()
051こんな商売(しやうばい)をいつ(まで)
052(つづ)けて()つた(こと)ならば
053梵天(ぼんてん)帝釈(たいしやく)自在天(じざいてん)
054大国彦(おほくにひこ)大神(おほかみ)
055(たちま)冥罰(めいばつ)(あた)るだらう
056(はや)(こころ)(あらた)めて
057(ぜん)(しん)との真道(まさみち)
058(かへ)()いとは(おも)へども
059(なに)()つても(かね)()きや
060(ぜん)をせうにも(みち)()
061()むを()ずして悪党(あくたう)
062仲間(なかま)今日(けふ)(まで)()れて()
063ツクヅク(この)()(いや)になり
064(つみ)(ほろ)ぼしに虎熊(とらくま)
065噴火口(ふんくわこう)にと()()げて
066(ほろ)びて(しまは)ふと(おも)ふたが
067(なん)だか(いのち)()しくなり
068臆病風(おくびやうかぜ)にさそはれて
069(しに)さへならぬ(くる)しさよ
070タールの(やつ)二人(ふたり)()
071(この)山口(やまぐち)(あら)はれて
072往来(ゆきき)(ひと)(かす)めむと
073(はなし)にふける(をり)もあれ
074四辺(あたり)木魂(こだま)をひびかせて
075(たちま)(きこ)ゆるホラの(こゑ)
076(たましひ)ふるひ(しん)()
077身体(しんたい)(たちま)戦慄(せんりつ)
078密樹(みつじゆ)(かげ)()(ひそ)
079因果(いんぐわ)(さだ)むる(をり)もあれ
080鬼春別(おにはるわけ)将軍(しやうぐん)
081比丘(びく)姿(すがた)(あら)はれて
082四人(よにん)弟子(でし)()(むか)
083善悪正邪(ぜんあくせいじや)(ことわり)
084()かせたまふぞ有難(ありがた)
085ここにいよいよ村肝(むらきも)
086(こころ)(そこ)より(あらた)めて
087(あく)をフツツリ(おも)()
088これから難行(なんぎやう)苦行(くぎやう)して
089(ひと)つの仕事(しごと)(くら)ひつき
090()()(くだ)父母(ちちはは)
091安心(あんしん)させむものをぞと
092(ここ)(まで)(かへ)()()れば
093泥棒(どろばう)仲間(なかま)のタツ(こう)
094路傍(ろばう)(いし)(こし)かけて
095やすんで()るのに出会(でつくは)
096鬼春別(おにはるわけ)将軍(しやうぐん)
097(をしへ)言葉(ことば)受売(うけうり)
098(はじ)めて()つた(とこ)だつた
099そこへ伊太彦(いたひこ)宣伝使(せんでんし)
100宣伝歌(せんでんか)をば(うた)ひつつ
101(あら)はれまして両人(りやうにん)
102(まなこ)をいからし詰問(きつもん)
103たしなめたまふ権幕(けんまく)
104(おそ)ろし(やつ)(あつ)まつた
105泥棒(どろばう)岩窟(いはや)案内(あんない)
106()かけて()くのは(なさけ)ない
107これもやつぱり旧悪(きうあく)
108(むく)いが()たのか(かな)しさよ
109梵天(ぼんてん)帝釈(たいしやく)自在天(じざいてん)
110(あは)れみ(たま)ひエム、タツの
111二人(ふたり)氏子(うぢこ)(つつが)なく
112岩窟(いはや)()りぬけ本国(ほんごく)
113()ちかへるべく(まも)りませ
114ウントコドツコイ ドツコイシヨ
115アイタタ タツタ(つまづ)いた
116肝心要(かんじんかなめ)親指(おやゆび)
117(つめ)がおきたか()(にじ)
118本当(ほんたう)(いた)(くる)しいわ
119これこれもうし宣伝使(せんでんし)
120(わたし)(ゆび)伊太(いたひこ)
121(かみ)(つかさ)(あか)()
122(わたし)(こころ)表現(へうげん)
123あはれみたまひて逸早(いちはや)
124(この)案内(あんない)(ゆる)しませ
125(なん)だか(さき)(おそ)ろしい
126(あし)はブルブル(ふる)ひだし
127(こし)はワナワナ(をのの)いて
128もはや一歩(いつぽ)()かれない
129あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
130御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
131伊太(いた)『アハヽヽヽ、132()(よわ)(やつ)だなア。133ようそんな(こと)(いま)(まで)泥棒(どろばう)出来(でき)たものだなア、134まア一服(いつぷく)せい』
135エム『ハイ有難(ありがた)(ござ)います。136そんなら此処(ここ)(ひと)つ、137一服(いつぷく)(いた)しませう』
138三人(さんにん)阪道(さかみち)(かたはら)(いき)(やす)めて()る。139伊太彦(いたひこ)(こころ)()(ごと)(いそ)げども、140何分(なにぶん)(みち)不案内(ふあんない)(こと)とて、141(この)両人(りやうにん)案内(あんない)させるより良法(りやうはふ)はないと(かん)じ、142二人(ふたり)(いた)はつて、143(しばら)休息(きうそく)(ゆる)したのである。
144伊太彦(いたひこ)(あふ)()れば虎熊山(とらくまやま)(いただき)
145(てん)(むか)つて(ほのほ)()きつつ。
146()(かみ)(あさ)(ゆふ)なに(すさ)ぶなる
147(この)高山(たかやま)曲津見(まがつみ)宿(やど)
148盗人(ぬすびと)(かしら)(すく)岩窟(いはやど)
149二人(ふたり)(ひめ)()(かこ)つらむ。
150(よる)(ひか)(たま)(ちから)(あら)はして
151(まが)(かしら)()らさむとぞ(おも)ふ。
152()西(にし)(はや)(かたむ)きて(やま)(たか)
153(いそ)ぎて()けよ二人(ふたり)案内者(あないしや)
154エム『(こころ)のみ千々(ちぢ)(あせ)れど如何(いか)にせむ
155足腰(あしこし)(ふる)(まま)ならぬ()は』
156タツ『竜神(りうじん)(たま)をいだきし(きみ)ならば
157(おそ)れは(あら)(ひと)(のぼ)りませ。
158(よる)(ひか)(たま)()ちます(きみ)ならば
159案内(あない)(ひと)如何(いか)()るべき』
160伊太彦(いたひこ)汝等(なんぢら)言葉(ことば)(かま)(あやふ)きを
161のがれむとする卑怯者(ひけふもの)ぞや。
162()()てよ(こころ)持方(もちかた)(ひと)つにて
163(やす)(のぼ)れむ(この)阪道(さかみち)も』
164エム『是非(ぜひ)もなし(つかさ)言葉(ことば)(したが)ひて
165(いのち)(かぎ)りに案内(あんない)やせむ』
166タツ『のがるべき(みち)にあらねば(われ)(また)
167エムのしりへに(したが)ひゆかむ』
168 かく(うた)ひながら、169二人(ふたり)屠所(としよ)()かるる(ひつじ)(ごと)く、170ハアハアと(いき)(くる)しげに(のぼ)りゆく。
171大正一二・七・一五 旧六・二 於祥雲閣 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)