霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章 異心泥信(いしんでいしん)〔一六六四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第65巻 山河草木 辰の巻 篇:第2篇 地異転変 よみ:ちいてんぺん
章:第8章 異心泥信 よみ:いしんでいしん 通し章番号:1664
口述日:1923(大正12)年07月16日(旧06月3日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年4月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 643頁 修補版: 校定版:97頁 普及版:44頁 初版: ページ備考:
001 治道居士(ちだうこじ)はベル、002バット、003カークス、004ベースの四人(よにん)(とも)に、005うす(ぐら)(いし)牢獄(らうごく)(なげ)()まれ、006セールの厳命(げんめい)()りて、007飲食物(いんしよくぶつ)()たれて(しま)つた。008されど(こころ)(うち)にて治道居士(ちだうこじ)帰順(きじゆん)してゐる牢番(らうばん)のヤク、009エールは010いろいろと苦心(くしん)して五人(ごにん)(ため)飲食(いんしよく)供給(きようきふ)し、011あらむ(かぎ)りの便宜(べんぎ)(あた)へた。012親分(おやぶん)のセールはヤク、013エールを(ふか)信任(しんにん)し、014一度(いちど)牢獄(らうごく)見舞(みまひ)()なかつた。015そして自分(じぶん)大将軍(だいしやうぐん)(あふ)いでゐた治道居士(ちだうこじ)には(なん)だか(はづか)しいやうな、016(おそ)ろしいやうな()がして、017()(こと)(ほつ)しなかつた。018()治道居士(ちだうこじ)一隊(いつたい)両人(りやうにん)(まか)しておき、019()子分(こぶん)四方(しはう)派遣(はけん)し、020財物(ざいぶつ)収集(しうしふ)全力(ぜんりよく)(そそ)一方(いつぱう)021自分(じぶん)二人(ふたり)美人(びじん)を、022(なん)とかして自分(じぶん)(もの)にせうと、023それのみに、024(うつつ)をぬかしてゐた。
025 ヤク、026エールの両人(りやうにん)は、027治道居士(ちだうこじ)とブラヷーダ、028デビス(ひめ)(あひだ)の、029郵便夫(ゆうびんふ)(やう)(やく)(ひそ)かに(つと)めてゐた。030牢獄(らうごく)(なか)では、031治道居士(ちだうこじ)真中(まんなか)に、032四人(よにん)改心組(かいしんぐみ)が、033いろいろと小声(こごゑ)(はな)()つてゐる。
034ベル『オイ、035(おれ)(たち)(なん)だかチツと(ばか)不安(ふあん)気分(きぶん)になつたぢやないか。036()自由(じいう)(ばく)された(かご)(とり)同然(どうぜん)037生殺(せいさつ)権利(けんり)親分(おやぶん)(にぎ)られてゐるのだから、038何程(なにほど)治道居士(ちだうこじ)(さま)法力(ほふりき)()ると()つても、039(この)牢獄(らうごく)経文(きやうもん)(ちから)に、040(うち)(やぶ)つて(くだ)さらぬ以上(いじやう)は、041険呑(けんのん)(もの)だないか。042治道居士(ちだうこじ)(さま)平気(へいき)平左(へいざ)で、043心身(しんしん)休養(きうやう)だとか()つて、044温泉(をんせん)にでも(はい)つた(やう)気分(きぶん)で、045前後不覚(ぜんごふかく)(ねむ)つて(ござ)るが、046(おれ)(たち)()うも、047そんな()になれないわ。048(まへ)(たち)049(なん)とか工夫(くふう)をこらして、050ここを(とび)()(かんが)へはないか』
051バット『(なに)心配(しんぱい)するな。052サアといへば、053ヤク、054エールが牢番(らうばん)してるから、055何時(いつ)でも()けてくれるよ。056(いま)彼奴(あいつ)()けないのは(ふか)思案(しあん)があつての(こと)だ。057(なに)しろこれ(だけ)人数(にんず)(あつ)まつて()るから、058下手(へた)(こと)をやると虻蜂(あぶはち)とらずになつて(しま)ふ。059治道居士(ちだうこじ)(さま)はそこを見込(みこ)んで、060平気(へいき)()てゐらつしやるのだ。061何事(なにごと)惟神(かむながら)(まか)して()くが一番(いちばん)安全(あんぜん)だ』
062ベル『それだと()つて、063(ひと)(こころ)(わか)らないよ。064ヤク、065エールの両人(りやうにん)が、066()しも心機一転(しんきいつてん)して親分(おやぶん)(はう)(かた)()たうものなら、067それこそ(おれ)(たち)は、068(はうき)(おさ)へられた蝶々(てふてふ)のやうなものだ。069モウ(すこ)治道居士(ちだうこじ)(さま)法力(ほふりき)があると、070(おれ)(たち)安心(あんしん)だけれどなア』
071バット『ナアニ、072(かま)ふものかい。073マア安心(あんしん)せい。074ここへ()てから、075まだ一夜(いちや)逗留(とうりう)した(だけ)ぢやないか。076仮令(たとへ)三日(みつか)四日(よつか)(くらゐ)077ここへ(はい)つた(ところ)で、078一片(ひときれ)のパンを()はなくつても辛抱(しんばう)出来(でき)るよ。079()楽隠居(らくいんきよ)だと(おも)つて、080(からだ)休養(きうやう)させ、081(いよいよ)となつたら岩窟(いはや)退治(たいぢ)をやるのだな。082何奴(どいつ)此奴(こいつ)も、083軍人(ぐんじん)(あが)りで、084(みな)()()いてるから、085(おれ)(たち)四人(よにん)五人(ごにん)(あば)れたつて仕方(しかた)()いからな』
086ベル『オイ、087バット、088(きさま)089さう楽観(らくくわん)してゐるが、090寸善尺魔(すんぜんしやくま)()つて、091吾々(われわれ)()()()(とら)へられてゐるのだから、092(ちつ)とは(しり)()をまはして()かねばなるまいぞ。093ナア、094カークス、095ベース、096(まへ)()(おも)ふか』
097カークス『何事(なにごと)(おれ)たちは神様(かみさま)にお(まか)せしてゐるのだ。098それよりも御祈念(ごきねん)をするが一等(いつとう)だなア』
099ベース『そりやさうだ。100カークスの()(とほ)り、101(この)天地間(てんちかん)はすべて神様(かみさま)御意志(ごいし)(まま)だから、102何程(なにほど)(おれ)たちが(さわ)いだつて駄目(だめ)だ。103()うして牢獄(らうごく)蟄居(ちつきよ)してゐるのもセールがしたのでない。104神様(かみさま)深遠(しんゑん)御経綸(ごけいりん)()つて、105修養(しうやう)させられてゐるのだ。106(あま)りクヨクヨ(おも)ふな』
107ベル『(おれ)もう(なん)だか信仰(しんかう)土台(どだい)がグラついて()たやうだ。108オイ、109一層(いつそう)(こと)○○を○○して、110○○の御機嫌(ごきげん)()り、111牢屋(らうや)()(のが)れて(ふたたび)○○に逆転(ぎやくてん)したら()うだ。112何程(なにほど)()(ため)だとか、113死後(しご)生活(せいくわつ)(ため)だとか()つても、114(たちま)現在(げんざい)がやりきれないぢやないか。115(すゑ)(ひやく)より(いま)五十(ごじふ)だ。116何程(なにほど)死後(しご)世界(せかい)があると()つたつて、117(くも)(つか)むやうな(はなし)だからのう』
118 治道居士(ちだうこじ)は、119ベルが自分(じぶん)殺害(さつがい)し、120セールに裏返(うらがへ)らうといふ意味(いみ)(ほのめ)かしてゐるのを、121(いびき)をかいてゐる(ふり)して()いてゐた。
122バット『オイ、123ベル、124左様(さやう)(こと)(ぬか)すと、125(おれ)ヤもう了見(れうけん)はせぬぞ。126(きさま)を○○して、127○○へ○○するが()うだ』
128ベル『ヤ、129コリヤ(ひと)つお(まへ)(たち)(こころ)()いて()(だけ)だ。130(たれ)がそんな勿体(もつたい)ない(こと)をするものかい。131これでお(まへ)(たち)意志(いし)(わか)つて(おれ)安心(あんしん)したのだ』
132(にはか)(そら)トボケてみせる。133カークス、134ベースは治道居士(ちだうこじ)(ゆす)(おこ)した。135治道居士(ちだうこじ)()むた(さう)(かほ)をして(おき)(なほ)り、136(こぶし)(にぎ)つて(うへ)(はう)へグツと(つき)()し、137「あゝあ」と大欠伸(おほあくび)無雑作(むざふさ)にし(なが)ら、
138治道(ちだう)『アハヽヽヽ、139あ、140(ゆめ)だつたか。141ベルの(やつ)142(この)治道居士(ちだうこじ)を○○して○○の機嫌(きげん)をとり、143(もと)の○○へ逆転(ぎやくてん)しよつたと(おも)へば、144ヤツパリ(ゆめ)だつたワイ。145アハヽヽヽヽ。146どうも人間(にんげん)(こころ)といふものは(あて)にならないものだなア。147一切(いつさい)欲望(よくばう)()て、148(いのち)(まで)すてた(この)治道居士(ちだうこじ)でさへも、149矢張(やつぱり)どつかに、150(いのち)(をし)いと()副守(ふくしゆ)(のこ)つてゐると()えて、151こんな()(たい)(ゆめ)()たのだなア』
152カークス『モシ治道(ちだう)(さま)153ソリヤ(ゆめ)ぢや(ござ)いませぬ。154(げん)にベルの(やつ)155貴方(あなた)熟睡(じゆくすゐ)(あそ)ばしたのを奇貨(きくわ)とし、156あなたに(たい)し、157叛逆(はんぎやく)(くはだ)てようとしたのですよ。158用心(ようじん)なさいませ』
159治道(ちだう)『ハヽヽヽ猪口才(ちよこざい)千万(せんばん)な、160蚯蚓(みみづ)のやうな(たましひ)蛟竜(かうりう)身辺(しんぺん)(うかが)ふとは、161(じつ)()(ほど)()らずだなア。162ベルも(また)此処(ここ)這入(はい)つて()てから、163臆病神(おくびやうがみ)()()かれよつたとみえる。164ても()ても(あはれ)むべき代物(しろもの)だな。165オイ、166ベル、167()うだ。168(わし)(いのち)()りたいか。169とりたくば(いく)らでも()らしてやる。170さあモウ一寝入(ひとねい)りするから、171(その)()(わし)(くび)でもかいて、172セールの親分(おやぶん)()潔白(けつぱく)(しめ)し、173(ふたたび)泥棒(どろばう)親分(おやぶん)使(つか)つて(もら)ふがよからう。174遠慮(ゑんりよ)はいらぬ。175(まへ)(くび)をかかれて天国行(てんごくゆき)をするのも、176(ひと)つは神様(かみさま)御思召(おんおぼしめし)かも()れない』
177ベル『メヽ滅相(めつさう)もない。178勿体(もつたい)ない。179()うしてそんな(こと)出来(でき)ませうか。180どうぞ(わたし)赤心(まごころ)諒解(りやうかい)して(くだ)さいませ』
181治道(ちだう)赤心(まごころ)悪魔(あくま)のマぢやないか、182(まこと)のマもあれば、183間男(まをとこ)のマもあり、184閻魔(えんま)のマもあり、185悪魔(あくま)のマもあり、186マといふ(もの)何事(なにごと)にも(つき)()ふものだから……、187オイ三人(さんにん)(もの)188()()けよ。189(とら)(おほかみ)同居(どうきよ)してゐるやうな(もの)だからのう』
190 かかる(ところ)へヤク、191エールは二三人(にさんにん)泥棒(どろばう)(とも)に、192牢獄(らうごく)検分(けんぶん)がてらやつて()た。
193ヤク『コリヤコリヤ、194(しづか)(いた)さぬか、195(いま)(なに)(さへづ)つてゐたか』
196ベル『ハイ、197治道居士(ちだうこじ)(はじ)三人(さんにん)(やつ)が、198(この)ベルを○○せうと()ふのです。199どうぞ(わたし)別牢(べつらう)()れて(くだ)さいな。200険呑(けんのん)(たま)りませぬから……』
201ヤク『ハツハヽヽヽ、202(まへ)(たち)(いのち)旦夕(たんせき)(せま)つてゐるのだ。203親分(おやぶん)(ころ)されるか、204治道居士(ちだうこじ)(ころ)されるか、205どつちみち(ころ)される身分(みぶん)だ。206マア安心(あんしん)して四人(よつたり)連中(れんちう)から、207(ちから)一杯(いつぱい)(いぢ)められたがよからうぞ。208オツホヽヽヽ。209(きさま)(この)(なか)でも一番(いちばん)悪党(あくたう)だからのう』
210ベル『モシ、211ヤクさま、212(わたし)(けつ)してそんな悪人(あくにん)ぢや(ござ)いませぬ。213(じつ)(ところ)治道居士(ちだうこじ)改心(かいしん)したと()せかけ、214此奴(こいつ)()四人(よにん)秘密(ひみつ)(さぐ)つて御大将(おんたいしやう)報告(はうこく)する(ため)215(いま)(まで)()けてゐたのですから、216どうぞ親分(おやぶん)にさう()つて(くだ)さい』
217カークス『ハツハヽヽ、218本当(ほんたう)此奴(こいつ)(わる)(やつ)だ。219(ねこ)()(ほど)クレクレとかへる(やつ)だから、220治道居士(ちだうこじ)(さま)暗殺(あんさつ)しようとしよつた(ふと)(やつ)だ。221こんな(もの)(おな)牢獄(らうごく)(なか)()ると、222ゆつくり()(こと)出来(でき)ない。223もし、224ヤクさま、225どうかベルを請求(せいきう)(どほり)226別室(べつしつ)()いて(くだ)さいな』
227ヤク『ヨシヨシ、228こんな(やつ)一所(いつしよ)()いておくと(ため)になるまい。229……(また)(おれ)都合(つがふ)(わる)い……』
230小声(こごゑ)()(なが)錠前(ぢやうまへ)(はづ)し、231ベルの()(ひき)()てて、232(もつと)(くら)(ふか)岩壁(がんぺき)(かこ)んだ牢獄(らうごく)()()んで(しま)つた。233ヤク、234エールの両人(りやうにん)は、235ベルの(ため)自分(じぶん)()計画(けいくわく)暴露(ばくろ)せむ(こと)(おそ)れたからである。
236 ヤクは三人(さんにん)盗人(ぬすびと)(とも)にベルを(ひき)()てて(この)()()つた。237(あと)にエールは牢番(らうばん)として一人(ひとり)(のこ)つてゐた。
238治道(ちだう)『オイ、239エール、240岩窟(いはや)様子(やうす)()うだ。241セールは(いま)(なに)をしてゐるか』
242 エールは小声(こごゑ)になつて、
243エール『ハイ、244二人(ふたり)(をんな)(うつつ)をぬかし、245(よだれ)をくつて()りますが、246肝心(かんじん)(をんな)悪口(わるくち)(ばか)()つて(おう)じないものですから、247泥坊(どろばう)商売(しやうばい)はそつち退()けにして、248(あたま)(なや)めて()ります。249それはそれは()られた(ざま)ぢや(ござ)いませぬワ』
250治道(ちだう)『ハヽヽ、251あの(しや)(つら)では(をんな)にはもてまい。252(こま)つた(やつ)だなア。253そして(その)(をんな)といふのは何処(どこ)(もの)だ』
254エール『(なん)でも(おほ)きな(こゑ)では()へませぬが、255三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)だと()(こと)です』
256治道(ちだう)『ハテなア、257そして(その)()(なん)()つたか』
258エール『ハイ、259(なん)でもブラブラ()アさまだとか、260エベスだとか大黒(だいこく)だとか()きました。261随分(ずいぶん)美人(びじん)ですよ』
262治道(ちだう)『ハア、263それではブラヷーダにデビス(ひめ)(こと)だらう。264ア、265其奴(そいつ)可哀相(かあいさう)だ。266(まへ)御苦労(ごくらう)だが、267治道居士(ちだうこじ)此処(ここ)()ると()(こと)を、268(なん)とかして()らして()れまいか』
269エール『ハイ、270機会(きくわい)(かんが)へて(まをし)()げませう』
271治道(ちだう)屹度(きつと)(たの)むよ。272(わし)(いま)此処(ここ)手紙(てがみ)()くから、273(これ)をソツと(わた)してくれ』
274エール『承知(しようち)(いた)しました』
275治道(ちだう)(なに)か……(ふで)(すみ)(かみ)()して(もら)()いものだな』
276エール『(かしこ)まりました。277暫時(しばらく)()(くだ)さいませ』
278四辺(あたり)(うかが)(なが)ら、279何処(どこ)からか筆紙墨(ひつしぼく)用意(ようい)して()た。280治道居士(ちだうこじ)はバットに(すみ)をすらせ、281何事(なにごと)かスラスラと()(したた)(をは)り、
282治道(ちだう)『サア、283エール、284(この)二通(につう)手紙(てがみ)一通(いつつう)づつ両人(りやうにん)にソツと(わた)してくれ。285どちらでも(かま)はぬ。286(おな)(こと)()いてあるのだから』
287エール『ハイ承知(しようち)(いた)しました』
288手紙(てがみ)(ふところ)(ねぢ)()み、289いろいろ苦心(くしん)して、290二人(ふたり)牢獄(らうごく)(まへ)(うかが)()つた。291()れば(くら)がりに一人(ひとり)(をとこ)()つてゐる。
292(をとこ)(たれ)だ。293(なに)しに()たのだ。294ここへは()(こと)はならぬと、295あれ(ほど)(やかま)しう()ふてあるのぢやないか』
296エール『ハイ、297(わたし)はエールで(ござ)いますが、298治道居士(ちだうこじ)牢番(らうばん)をして()りました(ところ)299()まぬ(こと)(なが)ら、300フラフラと居眠(ゐねむ)りまして、301方角(はうがく)取違(とりちが)ひ、302斯様(かやう)(ところ)へやつて()まして、303(まこと)()みませぬ』
304(わざ)とに(おほ)きな(こゑ)して、305治道居士(ちだうこじ)()てゐる(こと)を、306二人(ふたり)(をんな)()かさうとしてゐる。
307(をとこ)『コリヤ、308エール、309チボ乞食(こじき)()うしたといふのだ』
310とワザとにセールは二人(ふたり)治道居士(ちだうこじ)(こと)()かそまいと、311(ことば)(にご)さうとする。312エールは(わざ)とに(その)()(かい)せざるものの(ごと)く、
313エール『もし親方様(おやかたさま)314チボ乞食(こじき)ぢや(ござ)いませぬ。315三五教(あななひけう)比丘(びく)治道居士(ちだうこじ)(こと)(ござ)いますよ』
316セール『馬鹿(ばか)ツ、317(はや)(さが)れツ。318そして自分(じぶん)職務(しよくむ)忠実(ちうじつ)(まも)るのだ。319一時(いつとき)(はや)()けツ。320(きさま)()ると邪魔(じやま)になる』
321 エールは『ハイ』と()(なが)(くら)がりを(さいは)ひ、322牢獄(らうや)(まど)から手紙(てがみ)一通(いつつう)づつ、323ソツと()()んで(しま)つた。
324ブラヷーダ『あの治道居士(ちだうこじ)さまも、325此処(ここ)(とら)はれて()られますか。326そりや本当(ほんたう)心地(ここち)のよい(こと)ですね。327彼奴(あいつ)随分(ずいぶん)(わたし)無体(むたい)(こと)()つた(やつ)だから、328天罰(てんばつ)(めぐ)()たのでせう、329ホヽヽヽ。330モシ(となり)のデビス(ひめ)(さま)331貴女(あなた)(わたし)をひどい()()はしよつた、332あの治道居士(ちだうこじ)といふ比丘(びく)(とら)へられて()てると()(こと)ですワ。333本当(ほんたう)気分(きぶん)()いぢやありませぬか。334ホヽヽヽ』
335デビス『本当(ほんたう)にねえ、336(わたし)溜飲(りういん)(さが)りましたワ』
337 エールは不思議(ふしぎ)(こと)だと、338(くび)をひねり(なが)ら、339(くら)隧道(すいだう)(かへ)つて()く。
340セール『アハヽヽヽ、341オイ両人(りやうにん)342(まへ)(なに)治道居士(ちだうこじ)迫害(はくがい)()けたのだなア。343ヨシ、344(おれ)がお(まへ)仇討(あだうち)をしてやるから、345安心(あんしん)したがよからう。346(その)(かは)りに(おれ)()(こと)()くだらうな』
347ブラ『(ねえ)さま、348どうしまほうか、349本当(ほんたう)に、350(ひと)つここで(うらみ)()らさなくちや、351(をんな)意地(いぢ)()たぬぢやありませぬか』
352デビス『そらさうですワ、353(なん)とかして彼奴(あいつ)此処(ここ)()()んで(いただ)き、354二人(ふたり)よつて両方(りやうはう)から(なぶり)(ごろし)にさして(くだ)されば(うれ)しいですがな。355さうすりや親分(おやぶん)さまの御註文(ごちゆうもん)(くらゐ)には(よろこ)んで(おう)じますけれどなア』
356ブラ『(ねえ)さまが(その)(かんが)へなら、357(わたし)だつて賛成(さんせい)ですワ。358あたい(をつと)(ころ)した(やつ)ですもの。359(にく)うて(にく)うて(たま)らないワ、360その(あだ)親方(おやかた)さまの同情心(どうじやうしん)()つて、361()たして(くだ)さるやうな(こと)なら、362御恩(ごおん)(ほう)じにどんな(こと)でも、363親方(おやかた)()(こと)()かうと(おも)ひますワ』
364セール『ウツフヽヽヽ。365オイ(をんな)366(まへ)(ねがひ)(きき)(とど)けた。367(その)(かは)りに(わし)()(こと)(なん)でも()くだらうなア』
368 両人(りやうにん)一度(いちど)に、
369『ヘーヘー()きますとも、370貴方(あなた)仰有(おつしや)(こと)()うして()かずに()れませうか……。371(ふた)つも立派(りつぱ)(みみ)()つて()るのだもの……』
372(ちひ)さい(こゑ)(あと)()けた。373セールは(こゑ)(まで)()へて、
374セール『ウンウンヨシヨシ、375可愛(かあい)いお(まへ)(ねがひ)だから、376(なん)でも()いてやる。377(おも)存分(ぞんぶん)さいなんだがよからうぞ』
378 両人(りやうにん)一度(いちど)に、
379有難(ありがた)(ござ)います。380一時(いちじ)(はや)くお(たの)(まを)します』
381セール『ヨシヨシ、382(これ)から牢番(らうばん)(まをし)()けて治道(ちだう)をここへ()()てて()るから、383(まへ)()きなやうにしたがよからう』
384()()て、385自分(じぶん)居間(ゐま)(かへ)つて()く。
386 セールは自分(じぶん)居間(ゐま)(かへ)り、387ニコニコし(なが)独言(ひとりごと)
388セール『ヤア、389(これ)(おれ)願望(ぐわんまう)成就(じやうじゆ)だ。390ウマイウマイ、391矢張(やつぱり)(をんな)といふ(もの)(なに)(ひと)刺戟(しげき)(あた)へないと駄目(だめ)だワイ。392まだ(ふところ)調(しら)べてゐないが、393あの治道(ちだう)は○を沢山(たくさん)()つて()るに(ちが)ひない。394それに(うらみ)のある(やつ)()てるによつて、395(おれ)にも都合(つがふ)がよいといふものだ。396(なに)しろ(つき)(はな)にもまがふ美人(びじん)だからな。397エヘヽヽヽ。398両手(りやうて)(はな)とは(おれ)(こと)だ。399二人(ふたり)(つま)()()かれ、400黄金(こがね)(はし)(わた)るといふ()(おき)は、401(いま)実現(じつげん)しさうだワイ。402ウツフヽヽヽ』
403四辺(あたり)(ひと)()きを(さいは)ひ、404(ひと)笑壺(ゑつぼ)()つて()る。
405大正一二・七・一六 旧六・三 於祥雲閣 松村真澄録)