霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 赤酒(せきしゆ)(こえ)〔一六六六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第65巻 山河草木 辰の巻 篇:第2篇 地異転変 よみ:ちいてんぺん
章:第10章 赤酒の声 よみ:せきしゅのこえ 通し章番号:1666
口述日:1923(大正12)年07月16日(旧06月3日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年4月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 651頁 修補版: 校定版:119頁 普及版:55頁 初版: ページ備考:
001 その()はカラリと()けた。002薄暗(うすくら)がりの牢獄(らうごく)(なか)で、003ブラヷーダは治道居士(ちだうこじ)手紙(てがみ)()んで()た。004その文面(ぶんめん)には、
 
005一、006拙者(せつしや)貴女(あなた)御存(ごぞん)じの治道居士(ちだうこじ)(ござ)います。007虎熊山(とらくまやま)岩窟(いはや)に、008以前(いぜん)(わが)部下(ぶか)009セール、010ハールの両人(りやうにん)011数多(あまた)部下(ぶか)(したが)山賊(さんぞく)(はたら)()ると()き、012天地(てんち)(かみ)責任(せきにん)()ひ、013故意(わざ)囚人(とらはれびと)となつて、014第一牢獄(だいいちらうごく)()()まれて()ります。015(うけたま)はりますれば貴女(あなた)(がた)二人(ふたり)(また)016(この)山砦(さんさい)(とら)はれ、017日夜(にちや)セールの無体(むたい)恋慕(れんぼ)にお(くる)しみ(あそ)ばす(こと)()きました。018()いては(わたし)にも種々(いろいろ)(かんが)へがありますれば、019(ここ)一両日(いちりやうじつ)020(げん)左右(さいう)(たく)して(とき)()ち、021あく(まで)貞操(ていさう)をお(まも)(くだ)さいませ。022屹度(きつと)(すく)()して()げませうから、023万事(ばんじ)抜目(ぬけめ)のない貴女様(あなたさま)024よもやとは(おも)ひますが、025もしや短気(たんき)(おこ)して(くだ)さつては、026折角(せつかく)治道居士(ちだうこじ)心遣(こころづか)ひが()になりますから、027ここ一両日(いちりやうじつ)028臨機応変(りんきおうへん)態度(たいど)()つて(くだ)さい。
029治道(ちだう)より
030   御両人様(ごりやうにんさま)へ』
 
031(しる)してあつた。032両人(りやうにん)(おのおの)(おな)手紙(てがみ)()てニツコと(わら)ひ、033(はや)(すく)はれる(とき)()(こと)(よろこ)んだ。034そして自分(じぶん)昨晩(ゆうべ)()つた(この)狂言(きやうげん)を、035(なん)とかして(はや)実現(じつげん)さし()いものだと、036一時(いちじ)千秋(せんしう)(おも)ひで()つてゐたが、037その()(なん)音沙汰(おとさた)()く、038たうとう()()けて(しま)つたのである。039ブラヷーダは(ほそ)(こゑ)で、
040ブラヷ『常久(とこしへ)暗夜(やみよ)もやがて()れぬらむ
041(すく)ひの(かみ)(かげ)()えければ』
042デビス(ひめ)(いま)(はや)(こころ)にかかる(くも)()
043(あかつき)()ぐる(にはとり)(こゑ)に。
044姉妹(おとどひ)(こころ)(あは)せて枉津見(まがつみ)
045言向和(ことむけやは)(とき)()にけり』
046 かかる(ところ)へ、047足音(あしおと)(たか)くやつて()たのはセールであつた。048デビスは(なか)から(こゑ)をかけ、
049デビス『もしもし、050貴方(あなた)はセールの親分(おやぶん)ぢや(ござ)いませぬか。051(いや)だワ。052夜前(やぜん)(わたし)に、053あれ()(かた)約束(やくそく)(なが)ら、054何故(なぜ)()いて(くだ)さらないの。055(はや)治道居士(ちだうこじ)をフン(じば)つて、056此処(ここ)()れて(くだ)さいな。057そして(おも)存分(ぞんぶん)(うらみ)()らさして(くだ)さいな。058ね、059親分(おやぶん)さま』
060セール『イヤ、061()まなかつた。062何時(なんどき)でも()んでやる。063(じつ)昨夜(ゆうべ)064あまりお(まへ)返事(へんじ)()()いて()たので、065前祝(まへいはひ)葡萄酒(ぶどうしゆ)をグイグイとやつた(ところ)()つて(しま)ひ、066(まこと)()まぬ(こと)した。067これからヤク、068エールの牢番(らうばん)()ひつけ、069ここへ(ひつ)()つて()てやらう』
070デビス『それが(きま)つた(うへ)は、071(べつ)(あわ)てるには(およ)びませぬ。072(わたし)何程(なんぼ)さかしい(をんな)だとて、073(ひる)(かほ)()えますから今晩(こんばん)にして(くだ)さいな、074(くら)がりで(なぶり)(ごろし)にしたう(ござ)いますからね。075なア旦那(だんな)さま』
076セール『ウン、077よし、078()()つた。079(おれ)旦那様(だんなさま)()ひよつたな、080それに間違(まちが)ひはない。081それにきまつた(うへ)何事(なにごと)によらず、082(まへ)(のぞ)みを()いてやらう。083(いま)牢獄(らうごく)()せなら()さぬ(こと)もない。084何分(なにぶん)自分(じぶん)(おく)さまを、085こんな(ところ)()れて虐待(ぎやくたい)するのも、086()まぬからな』
087デビス『()して(いただ)くのは有難(ありがた)(ござ)いますが、088首尾(しゆび)よう(かたき)()(まで)089此処(ここ)()うして()いて(くだ)さい。090そして(ばん)此処(ここ)にブラヷーダさまを()れて(もら)ひ、091そこへ治道居士(ちだうこじ)()んで両方(りやうはう)から()(さいな)めさして(くだ)さい。092夜通(よどほ)しかかつて、093(みみ)()り、094(はな)()り、095(ゆび)()つて、096バルチザンの(やう)(こと)をせねば、097(むし)得心(とくしん)しませぬワ』
098セール『成程(なるほど)099そりや面白(おもしろ)からう。100そんなら、101今夜(こんや)首尾(しゆび)よく目的(もくてき)(たつ)し、102明日(あす)結婚(けつこん)(しき)()げる(こと)にしよう。103それでは、104懐剣(くわいけん)一本(いつぽん)づつお(まへ)に、105()げて()かう』
106デビス『ハイ、107有難(ありがた)う。108(しか)旦那様(だんなさま)109(ひと)約束(やくそく)をして()きたう(ござ)います』
110セール『ウン、111よしよし。112(なん)でも約束(やくそく)をしてやる』
113デビス『そんなら旦那様(だんなさま)114(わたし)本妻(ほんさい)にして(くだ)さい。115そしてブラヷーダ(ひめ)第二(だいに)夫人(ふじん)ですから、116それを(いま)(うち)(ちか)つて(いただ)きたう(ござ)いますワ』
117セール『ナーンだ。118そんな(こと)か。119それなら(おれ)思惑(おもわく)(どほり)だ。120(まへ)もお(かしら)(おく)さまとなれば121(あま)(わる)くはあるまいぞ。122……果報(くわはう)()()てとはよく()つたものだな』
123デビス『そんなら旦那様(だんなさま)124(はづか)しう(ござ)いますから、125今晩(こんばん)(ほか)小盗人(こぬすと)()りつかぬやうにして(くだ)さいませや』
126セール『よしよし、127(まへ)()(こと)なら(なん)でも()いてやる。128明日(あす)結婚(けつこん)するのだから、129その用意(ようい)御馳走(ごちそう)(あつ)めて()かねばならぬ。130乾児(こぶん)奴等(やつら)四方(しはう)八方(はつぱう)御馳走(ごちそう)準備(じゆんび)差遣(さしつか)はさう。131今晩(こんばん)(たのし)みに()つてゐよ。132ヤア(わし)(これ)から(ひげ)でも()つて、133チツとめかさうかい。134花嫁(はなよめ)さまに(たい)しても、135あまり無躾(ぶしつけ)だからな』
136元気(げんき)よく(わが)居間(ゐま)(かへ)り、137子分(こぶん)(のこ)らず()()せ、138各自(めいめい)(よう)()ひつけ、139(やま)(くだ)つて馳走(ちそう)用意(ようい)をなすべく四方(しはう)八方(はつぱう)派遣(はけん)して(しま)つた。140(あと)にセールは、141(また)もやヤクを相手(あひて)に、142(いはひ)として葡萄酒(ぶだうしゆ)(あふ)つてゐる。
143ヤク『もし親方(おやかた)144明日(あす)はお目出度(めでた)(ござ)います。145何卒(どうぞ)御成功(ごせいこう)(いの)りますよ』
146セール『ウン、147()ふにヤ(およ)ばぬ。148(すで)成功(せいこう)したも同然(どうぜん)だ。149イツヒヽヽヽ、150(まへ)(けな)りいだらうが、151マア(しば)らく辛抱(しんばう)してくれ。152(おれ)()治道居士(ちだうこじ)(かた)づける(こと)は、153何程(なんぼ)泥棒(どろばう)だつて(いま)(まで)恩義上(おんぎじやう)154()(くだ)(わけ)には()かず、155(また)沢山(たくさん)子分(こぶん)があつても、156九分九厘(くぶくりん)(まで)治道居士(ちだうこじ)部下(ぶか)だつたのだから、157真逆(まさか)(とき)躊躇(ちうちよ)をし、158自分(じぶん)長上(ちやうぢやう)(ころ)すやうな手本(てほん)()すと(みな)赤化(せきくわ)しよつて、159(おれ)(たち)(まで)160()()らぬと何時(いつ)(くび)()くかも()れぬので、161(じつ)思想上(しさうじやう)大問題(だいもんだい)心配(しんぱい)してゐたのだ。162(しか)るに(なん)(さいはひ)ぞ、163治道居士(ちだうこじ)(うらみ)(いだ)いた二人(ふたり)のナイスが、164(かたき)()たして()れと()ふのだから、165(おれ)にとつても(これ)以上(いじやう)好都合(かうつがふ)はない。166()(なが)らにして(てき)(たひら)げ、167邪魔物(じやまもの)()くし、168()れた(をんな)合衾(がふきん)(しき)()げるとは(じつ)愉快(ゆくわい)(こと)だ。169アハヽヽヽオイ、170ヤク、171(まへ)一杯(いつぱい)やれ、172(なに)遠慮(ゑんりよ)()らぬ、173もとは(ただ)()つた(さけ)だから、174何程(なんぼ)()んでも175(ふところ)えぐれ気遣(きづか)ひもなし気楽(きらく)なものだ』
176ヤク『ハイ、177頂戴(ちやうだい)(いた)します。178親分様(おやぶんさま)空前絶後(くうぜんぜつご)御目出度(おめでた)さですから、179(わたし)抃舞雀躍(べんぶじやくやく)して()ります』
180無性(むしやう)矢鱈(やたら)(さけ)をすすめて、181()(つぶ)さうとかかつてゐる。
182 セールは上機嫌(じやうきげん)でソロソロ(うた)()した。
183セール『()めよ(さわ)げよ一寸先(いつすんさき)暗夜(やみよ)
184(やみ)(つつ)んだ獄牢(ひとや)(うち)
185月雪花(つきゆきはな)にも(たと)ふべき
186二人(ふたり)のナイスが()つてゐる
187(たれ)()つかと(たづ)ねて()たら
188バラモン(けう)にて()(たか)
189陸軍(りくぐん)大尉(たいゐ)のセールさま
190(いろ)(くろ)うて()(たか)うて
191目玉(めだま)(まる)うて天狗鼻(てんぐばな)
192古今無双(ここんむさう)(をとこ)らしい(をとこ)
193(いま)泥棒(どろばう)親分(おやぶん)となつて
194数多(あまた)乾児(こぶん)使役(しえき)する
195ヤツパリ身魂(みたま)(あらそ)はれない
196一中隊(いつちうたい)兵卒(へいそつ)
197指揮(しき)した身魂(みたま)はどこ(まで)
198一中隊(いつちうたい)盗人(ぬすびと)
199(あひ)(かは)らず支配(しはい)して
200虎熊山(とらくまやま)山砦(さんさい)
201羽振(はぶ)りを()かす甲斐性(かひしやう)もの
202(こひ)(あだ)なるハールの少尉(せうゐ)
203(いま)何処(いづこ)(やま)()
204野辺(のべ)逍遥(さまよひ)メソメソと
205(わが)()不運(ふうん)をかこちつつ
206(この)()果敢(はか)なみゐるだらう
207二人(ふたり)のナイスを(この)セールが
208両手(りやうて)(はな)結婚(けつこん)
209やつたと()いたら(さぞ)(さぞ)
210地団太(ぢだんだ)()んで口惜(くや)しがり
211(した)でも()んで()ぬだらう
212その有様(ありさま)がアリアリと
213(わが)()(まへ)にちらついて
214ほんに愉快(ゆくわい)(こと)だわい
215(おも)へば(おも)へば(おれ)(やう)
216幸福者(しあはせもの)()にあらうか
217数万(すまん)(かね)(ふところ)
218(いだ)いた比丘(びく)はうまうまと
219(わが)()()らずに()()んで
220(ふく)(さづ)けに()()れた
221木花姫(このはなひめ)弁財天(べんざいてん)
222出雲(いづも)(ひめ)真裸足(まつぱだし)
223()()(やう)なナイスをば
224左右(さいう)(はべ)らしうま(さけ)
225(した)(つづみ)()(なが)
226小股(こまた)にはさんだ三味線(しやみせん)
227ピンピンツンツン()()てて
228(いと)がきれる(ほど)()きしめて
229(おも)存分(ぞんぶん)痴話(ちわ)喧嘩(けんくわ)
230(ばち)(あた)つても(かま)やせぬ
231ほんに愉快(ゆくわい)(こと)だわい
232(これ)()ふのもバラモンの
233大黒主(おほくろぬし)御恵(おんめぐ)
234これだによつて平生(へいぜ)から
235神信心(かみしんじん)はせにやならぬ
236()ふて泥棒(どろばう)親分(おやぶん)
237(かみ)御前(みまへ)()()はし
238(きやう)()ふのも(なん)とやら
239薄気味(うすきみ)(わる)心地(ここち)する
240さはさり(なが)らそんな(こと)
241()にかけてゐたら(こひ)(みち)
242(よく)目的(もくてき)(たつ)しない
243よくない(やつ)(あく)といふ
244よくがありやこそ()(なか)
245(ぜん)()はれて(くら)すのだ
246(ぜん)(いそ)げだ今晩(こんばん)
247二人(ふたり)仇討(あだう)()んだなら
248(とき)(うつ)さず合衾(がふきん)
249(しき)をば()げて偕老(かいらう)
250(ちぎり)(むす)下準備(したじゆんび)
251(まへ)充分(じゆうぶん)()をつけて
252落度(おちど)のないやうにやつてくれ
253あゝ面白(おもしろ)面白(おもしろ)
254面白(おもしろ)うなつて()たわいナ。
255アハヽヽヽ(さけ)浩然(こうぜん)()(やしな)ふと()つて、256(いま)(まで)クシヤクシヤして()(おれ)気分(きぶん)もカラリと()れ、257世界晴(せかいば)れのやうだ。258どうして(また)259こんな好運児(かううんじ)(うま)れて()たものだらうな。260エヽヽヽヽ』
261一人(ひとり)(くだ)()いて()る。262ヤクは一生懸命(いつしやうけんめい)に、263()はさうとかかつてゐる。264(やうや)くにして、265その()()れて(しま)つた。266肝腎(かんじん)のセールはグタグタになつてゐる。267ヤクはソツと(この)()(たち)()治道居士(ちだうこじ)牢獄(らうごく)(まへ)へと(いそ)いだ。
268ヤク『オイ、269エール、270(これ)からが正念場(しやうねんば)だぞ。271(おれ)(たち)両人(りやうにん)今夜(こんや)こそ捨身的(しやしんてき)大活動(だいくわつどう)をやつて大将(たいしやう)往生(わうじやう)させるのだ。272()からないやうにせよ』
273エール『心配(しんぱい)するな。274策戦(さくせん)計画(けいくわく)はスツカリ(ととの)ふてゐるのだ』
275治道(ちだう)『ヤ、276両人(りやうにん)御苦労(ごくらう)だつた。277サア(これ)から(いよいよ)本芝居(ほんしばゐ)にかからう。278万事(ばんじ)抜目(ぬけめ)なく(たの)むよ』
279ヤク『ハイ、280承知(しようち)(いた)しました。281(しか)小頭(こがしら)四五人(しごにん)282ウロウロしてゐますから、283(くら)がりに余程(よほど)うまくやらないと、284芝居(しばゐ)()(そこな)ひをやつたら大変(たいへん)ですから、285()をつけて(くだ)さい』
286治道(ちだう)何事(なにごと)皇大神(すめおほかみ)御心(みこころ)
287ままになれよと(いの)るのみなる』
288大正一二・七・一六 旧六・三 於祥雲閣 北村隆光録)