霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一一章 大笑裡(だいせうり)〔一六六七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第65巻 山河草木 辰の巻 篇:第2篇 地異転変 よみ:ちいてんぺん
章:第11章 第65巻 よみ:だいしょうり 通し章番号:1667
口述日:1923(大正12)年07月16日(旧06月3日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年4月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6511
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 655頁 修補版: 校定版:130頁 普及版:59頁 初版: ページ備考:
001 ヤク、002エールの両人(りやうにん)は、003バット、004カークス、005ベース三人(さんにん)を、006デビス(ひめ)幽閉(いうへい)してある牢獄(らうごく)()()み、007治道居士(ちだうこじ)008デビス(ひめ)009ブラヷーダ(ひめ)をそつと牢獄(らうごく)(そと)()()し、010暗夜(あんや)(さいは)人目(ひとめ)にかからぬ堅牢(けんらう)一室(いつしつ)に、011(ちや)やパンを(あた)へて(やす)ませて()き、012セールの居間(ゐま)(すす)()り、
013ヤク『もし親分様(おやぶんさま)014御命令(ごめいれい)(どほ)り、015ブラヷーダと治道居士(ちだうこじ)を、016デビスの牢獄(らうごく)()()んで()きました。017さうして治道居士(ちだうこじ)身動(みうご)きが出来(でき)ない(ところ)(まで)018がんじ(がらみ)(しば)つて()きましたから、019もはや安心(あんしん)(ござ)います』
020セール『ヤア、021ヤク、022エールの両人(りやうにん)御苦労(ごくらう)だつた。023そんなら(これ)から、024(おれ)()()かうかなア』
025ヤク『アノ旦那様(だんなさま)026二人(ふたり)美人(びじん)仰有(おつしや)るのには、027旦那様(だんなさま)(その)(ほか)四五人(しごにん)上役(うはやく)(ばか)()()つて(もら)ひたいとの(こと)です。028そして(かほ)()えると(いや)ですから、029燈火(ともしび)をつけないで、030見聞(けんぶん)いや、031聴聞(ちやうもん)して()しいとの(こと)です』
032エール『サア旦那様(だんなさま)033(はや)くお(こし)(ねが)ひます』
034セール『ヨシヨシ、035そんなら小頭(こがしら)(ばか)列席(れつせき)さしたらよからう。036牢獄(らうごく)(そと)様子(やうす)()(こと)にせう』
037五人(ごにん)小頭(こがしら)(したが)へ、038エール、039ヤクも(とも)牢獄(らうごく)(そと)八人(はちにん)づらつ(なら)んで、040(なか)様子(やうす)(かんが)へて()る。041カークスは、042デビス(ひめ)声色(こわいろ)をつかつて、
043カークス『ヤア(その)(はう)は、044(うら)(かさ)なる、045(にく)さも(にく)治道居士(ちだうこじ)であらうがな。046天命(てんめい)(のが)れず(この)牢獄(らうごく)()()まれ、047繊弱(かよわ)(をんな)(あだ)()たれるとは、048さてもさても不便(ふびん)(やつ)だ。049これも前世(ぜんせ)因縁(いんねん)(あきら)めたがよからうぞや』
050 バットは治道居士(ちだうこじ)声色(こわいろ)使(つか)つて、
051バット『アハヽヽヽ。052猪口才(ちよこざい)千万(せんばん)()(ほど)()らず()が、053(おれ)(なん)心得(こころえ)()る。054何程(なにほど)高手(たかて)小手(こて)(いましめ)たればとて、055これ(ほど)のひよろひよろ(なは)056()()るに(なん)手間暇(てまひま)がかからうぞ。057(くだ)らぬ(こと)(いた)して、058後悔(こうくわい)するな。059(われ)こそはバラモン(ぐん)(おい)て、060英雄(えいゆう)豪傑(がうけつ)仇名(あだな)()つた鬼春別(おにはるわけ)中将(ちうじやう)だ。061三千人(さんぜんにん)軍隊(ぐんたい)三寸(さんずん)舌端(ぜつたん)(もつ)指揮(しき)(きた)つた(それがし)062(いま)三五教(あななひけう)比丘(びく)となり、063一蓑(いつさ)一笠(いちりつ)修験者(しゆげんじや)となりたればとて、064(むかし)()つたる杵柄(きねつか)の、065(いま)だに(のこ)(うで)()え、066見事(みごと)指一本(ゆびいつぽん)でも(さえ)るなら、067サア、068(さえ)()よ』
069カークス『ホヽヽヽヽ。070(この)()(およ)んで、071(なん)繰言(くりごと)072もはや(かな)はぬ……日頃(ひごろ)のデビスが(うら)み、073サア一刀(ひとかたな)()びて()よ。074これブラヷーダさま、075(まへ)(をつと)(あだ)ぢやないか。076サア(わたし)両方(りやうはう)から両方(りやうはう)(みみ)を、077滅多切(めつたぎり)()(おと)しませう』
078 ベースはブラヷーダの仮声(こわいろ)使(つか)ひ、
079ベース『姉上様(あねうへさま)(おほ)(まで)もなく、080(この)(うらみ)()らさで()きませうか。081磐石(ばんじやく)をもつて(たまご)をわるが(ごと)(この)場合(ばあひ)082これも(まつた)くセール親分(おやぶん)さまの御同情(ごどうじやう)(いた)(ところ)083サア鬼春別(おにはるわけ)治道居士(ちだうこじ)084たとへ(なんぢ)三軍(さんぐん)指揮(しき)した勇将(ゆうしやう)たりとも、085(はや)かうなつては身動(みうご)きもなるまい。086繊弱(かよわ)(をんな)(うで)満身(まんしん)(うらみ)()めたこの(やいば)087覚悟(かくご)をせよ。088サア姉上様(あねうへさま)089(ひい)090(ふう)091(みつ)でやりませう。092貴女(あなた)(ひだり)(みみ)093(わたし)(みぎ)(みみ)を……ホヽヽヽまあ心地(ここち)よき(こと)だなア、094(ひい)095(ふう)096()つ』
097バット『エヽヽ(いた)いわい。098(みみ)がチヽ千切(ちぎ)れるぢやないか。099()()るぢやないか。100ウン、101アヽ(いた)いとは(まを)さぬ。102(おれ)(をとこ)だ、103ウヽヽヽウン』
104カークス『(いた)いであらう。105(いた)いやうに()つたのだ。106()()るのはあたりまへぢや。107ても()ても気持(きもち)のよい(こと)だなア』
108ベース『これや鬼春別(おにはるわけ)109(この)ブラヷーダが(うらみ)(やいば)110(ちつ)とは(いた)からう。111(おも)()つたであらうのう』
112バット『いや(はや)(まこと)にもつて(いた)(ござ)らぬ(こと)はないわい。113エヘヽヽヽ』
114カークス『はて頑固(しぶと)い、115(これ)でもか。116いやこれでもか。117(をとこ)(こゑ))こーれでもかー』
118(おも)はず()らず地声(ぢごゑ)()して(しま)つた。119(そと)()いて()たセールは(おどろ)いて、
120セール『オイ、121デビス(ひめ)122(なん)()(ふと)(こゑ)()すのだ。123まるで(をとこ)だないか』
124カークス『(なん)だか()りませぬが、125あんな(こゑ)()たのですよ。126(わたし)はいつも神懸(かむがかり)(いた)しますから、127大方(おほかた)大天狗(だいてんぐ)(うつ)つて手伝(てつだ)ふてくれたので(ござ)いませう…(男声(をとこごゑ))デビス(ひめ)虎熊山(とらくまやま)大天狗(だいてんぐ)(うつ)つて守護(しゆご)(いた)して()るぞよ。128セール129(けつ)して(うたが)(こと)はならぬぞよ』
130セール『ハイ、131(けつ)して(うたが)ひませぬ』
132ベース『これや治道居士(ちだうこじ)とやら、133(をつと)(あだ)サア(むね)をついてやらう。134(ちつ)とは(いた)うても辛棒(しんぼう)せよ。135明日(あす)(あさ)(まで)(なぶり)(ごろ)し……てもさても愉快(ゆくわい)(こと)だわい。136オホヽヽヽ。137あまりをかしうて、138シシ芝居(しばゐ)出来(でき)ぬワイのう』
139バット『オイ、140ベース。141ではないブラヷーダ(ひめ)142左様(さやう)(こと)(まを)すと治道居士(ちだうこじ)(なん)だか()(あひ)()いわい。143サア(はや)(おも)存分(ぞんぶん)にしたがよからう』
144ベース『(なんぢ)言葉(ことば)()(まで)もなく(はら)をえぐつてやらう』
145バット『アイタヽヽヽター、146(しばら)(しばら)くシシ(しばら)くお()(くだ)さりませう』
147カークス『(この)()(およ)んで(なん)躊躇(ちうちよ)148血迷(ちまよ)ふたか、149ヤ、150おくれたか……バット……いやいや、151治道居士(ちだうこじ)……』
152バット『アイヤ、153血迷(ちまよ)ひもせぬ、154(おく)れもせぬ。155某事(それがしこと)はビクトリ(さん)(ふもと)(おい)て、156治国別(はるくにわけ)部下(ぶか)者共(ものども)(かけ)(なや)まされ、157(この)(うらみ)(むく)いむと、158テルモン(ざん)(ふもと)(きた)(をり)159(これ)なるデビス(ひめ)160ブラヷーダ(ひめ)両人(りやうにん)出会(であ)ひ、161(かたき)(はし)とつけ(ねら)(うち)162ブラヷーダの(をつと)伊太彦(いたひこ)なるもの、163横合(よこあい)より(やり)キツ(さき)(しご)きながら()(きた)る、164シヤー猪口才(ちよこざい)なと(わた)(たたか)ふ。165上段(じやうだん)下段(げだん)(それがし)(ちから)(てき)しかね、166伊太彦(いたひこ)(その)()(くたば)り、167手下(てした)のもの(ども)ちりぢりバット(はな)(あらし)のさそひし(ごと)く、168()()可笑(をか)しさ、169ハヽヽヽ。170もうかうなる(うへ)(やぶ)れかぶれ、171どうなりと勝手(かつて)(いた)せ、172たとへ(この)()()するとも、173魂魄(こんぱく)(この)()(とど)まり、174(なんぢ)素首(そつくび)引抜(ひきぬ)かむ。175ヒウドロドロドロ』
176カークス『((をとこ)(こゑ))オイ、177そんないやらしい(こと)()ふて()れない、178芝居(しばゐ)出来(でき)ぬぢやないか。179(をんな)(こゑ))モシモシセール(さま)180(わたし)には大天狗(だいてんぐ)がうつつて()りますから、181時々(ときどき)拍子(びやうし)()けた(こゑ)()します。182何卒(どうぞ)了見(れうけん)して(雷声(らいせい)(くだ)さいませ』
183(らい)(ごと)くに(あと)一語(いちご)()す。184セールは二人(ふたり)(をんな)(しん)()つて()るので、185黙言(だま)つて二人(ふたり)言葉(ことば)()いて()る。186五人(ごにん)小頭(こがしら)合点(がつてん)()かず、187()()ちぬと(おも)ひながら、188(かしら)黙言(だま)つて()るので、189不審(ふしん)(くも)(つつ)まれながら、190(いき)をこらして()いて()た。
191ベール『(ねえ)さま、192もう(これ)(くらゐ)一思(ひとおも)ひにやつてやりませうか』
193カークス『さう(いた)しませう。194これや治道居士(ちだうこじ)195(とどめ)()してやらう。196(のど)はどこだ』
197()ひながら、198(くら)がりで(のど)のあたりを(さぐ)つた。199バットはこそばゆくなつて(おも)はず()らずフヽヽヽヽと()()した。
200カークス『おのれ頑固(しぶと)い……デビス(ひめ)(うで)()え、201()つて()よー』
202 『キヤアツ』と()つた()りバタバタバタと(おと)をさせ、203一言(いちごん)(はつ)しなくなつた。
204カークス『ホヽヽヽホー、205日頃(ひごろ)(うらみ)206(いもうと)(をつと)(あだ)207(おも)()つたか南無(なむ)頓生(とんしやう)菩提(ぼだい)治道居士(ちだうこじ)ー』
208ベース『(をつと)(あだ)209(おも)()つたであらうなア。210南無(なむ)バラモン帝釈(たいしやく)自在天(じざいてん)211有難(ありがた)御神徳(おかげ)感謝(かんしや)(いた)します』
212バット『ヤア(うら)めしやなア。213(この)治道居士(ちだうこじ)(おも)はぬ不覚(ふかく)()り、214小盗人(こぬすと)高手(たかて)小手(こて)(いましめ)られ、215身動(みうご)きならぬやうにせられ、216三人(さんにん)(をんな)(さいな)まれ、217(いま)()になき亡骸(なきがら)の、218(うらみ)(つの)虎熊(とらくま)(やま)219(なんぢ)(ばか)りならず、220(この)岩窟(いはや)大盗人(おほぬすびと)221セールを(はじ)(その)()奴原(やつばら)222生首(なまくび)()きぬき、223(あだ)()たいでおかうか、224残念(ざんねん)やな、225ク、226口惜(くちをし)やな』
227 セールは首筋元(くびすぢもと)からゾクゾクと寒気(さむけ)がしだし、228真蒼(まつさを)(かほ)をし、229(くら)がりに(ふる)ひながら、
230セール『コヽヽコラ治道居士(ちだうこじ)とやら、231(あきら)めたがよからうぞ。232(なん)()つても、233もうかうなつては(この)()(えん)がないのだから覚悟(かくご)をして神妙(しんめう)成仏(じやうぶつ)せい。234南無(なむ)頓生(とんしやう)菩提(ぼだい)治道居士(ちだうこじ)…』
235カークス『もしセール(さま)236おかげをもつて本望(ほんまう)()げました。237どうぞ(ひる)よりも(あか)(あかり)をつけて(くだ)さいませ』
238 セールは(ふる)ひながら、
239セール『アヽ結構(けつこう)々々(けつこう)240オイ(みな)(もの)241(あかり)用意(ようい)だ』
242 『ハイ』と(こた)へてヤク、243エールの両人(りやうにん)蝋燭(らふそく)(てん)じて()た。244セール(ほか)五人(ごにん)小頭(こがしら)はびつくり(ごし)()かし()べたに平太(へた)つて(ふる)うて()る。245蝋燭(らふそく)()(いく)つともなく(てん)ぜられた。246よくよく()れば、247治道居士(ちだうこじ)248デビス(ひめ)249ブラヷーダはニコニコしながらセールの(まへ)()つて()る。250牢獄(らうごく)(なか)から、251カークスは相変(あひかは)らず、252デビス(ひめ)声色(こわいろ)にて、
253カークス『どうぞ旦那様(だんなさま)254()けて(くだ)さいませ。255本望(ほんまう)()げまして(ござ)います』
256ベース『もし旦那様(だんなさま)257(はや)()()をあけて(くだ)さい。258幽霊(いうれい)(おそ)ろしう(ござ)います』
259 (そと)のデビス(ひめ)(はじ)めて(くち)(ひら)き、
260デビス『もしセール(さま)261(わたし)本当(ほんたう)のデビス(ひめ)(ござ)いますよ。262牢獄(らうごく)()るのは(わたし)替玉(かへだま)263秘密(ひみつ)をカークスと()(をとこ)(ござ)います』
264セール『ナヽ(なん)と、265(まへ)(また)どうして()たのか』
266デビス『ホヽヽヽ貴方(あなた)もいい頓馬(とんま)ですねえ』
267ブラヷーダ『もしセールさま、268(わたし)はブラヷーダで(ござ)います。269(なが)らく御厄介(ごやくかい)(あづ)かりましたネエ』
270セール『(なに)271(まへ)はいつの()()たのだ』
272ブラヷーダ『ハイ、273()うなつたら(なに)()(まをし)()げますが、274ヤク、275エール(さま)のお取計(とりはか)らひによつて、276(わたし)無事(ぶじ)安全地帯(あんぜんちたい)にのがれ、277ベースさまを替玉(かへだま)使(つか)つたので(ござ)いますわ。278ホヽヽヽ』
279治道(ちだう)拙者(せつしや)鬼春別(おにはるわけ)将軍(しやうぐん)治道居士(ちだうこじ)(ござ)る。280牢獄(らうごく)(なか)にて(ころ)されたりと(みえ)しは(なんぢ)乾児(こぶん)たりしバットであるぞよ。281オイ、282バット、283もうよい。284ヤア、285エール、286戸口(とぐち)()けてやれ』
287 ハイと(こた)へてエールは(たちま)戸口(とぐち)をパツと(ひら)いた。288三人(さんにん)はニコニコしながら入口(いりぐち)(まど)(くぐ)つて()()た。289セールを(はじ)五人(ごにん)小頭(こがしら)(はや)(こし)()かし、290(くち)をポカンと()けて、291真蒼(まつさを)(かほ)をしてゐる。292かかる(ところ)(やみ)(とほ)して(きこ)()宣伝歌(せんでんか)(こゑ)
293(かみ)(おもて)(あら)はれて
294(ぜん)(あく)とを立分(たてわ)ける
295(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
296(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
297(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
298直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
299(まが)(あやま)()(なほ)
300朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
301(つき)()つとも(かく)るとも
302仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
303(まこと)(ちから)()(すく)
304三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
305(かみ)(をしへ)伊太彦(いたひこ)
306(この)岩窟(がんくつ)(とら)はれし
307デビスの(ひめ)やブラヷーダ
308二人(ふたり)(うづ)御使(みつかひ)
309(すく)はむためにハールをば
310先頭(せんとう)()ててスタスタと
311(のぼ)りて(ここ)(あら)はれぬ
312鬼春別(おにはるわけ)治道居士(ちだうこじ)
313(さだ)めて無事(ぶじ)におはすらむ
314これの岩窟(いはや)頭分(かしらぶん)
315セールは(いま)何処(どこ)()
316一時(いちじ)(はや)出迎(でむか)へて
317(わが)言霊(ことたま)神力(しんりき)
318(こころ)(なほ)(たま)(きよ)
319(まこと)(みち)(かへ)れかし
320(われ)夜光(やくわう)御玉(みたま)あり
321(かみ)吾等(われら)(まも)りつつ
322虎熊山(とらくまやま)征伐(せいばつ)
323(はや)くも(むか)はせたまひけり
324あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
325御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
326(うた)(なが)(この)()にやつて()る。327三度(さんど)吃驚(びつくり)のセールは、328地上(ちじやう)(あたま)をくつつけ(なみだ)をたらして(ふる)()る。329(これ)よりセールを(はじ)め、330(その)()盗人(ぬすびと)(ども)(いづ)れも悪事(あくじ)(おそ)るべきを(さと)り、331(こころ)(そこ)より(くひ)(あらた)め、332三五教(あななひけう)帰順(きじゆん)し、333向後(こうご)(けつ)して悪事(あくじ)をなさざる(こと)(ちか)ひ、334()(そろ)三五(あななひ)大神(おほかみ)御名(みな)(とな)へ、335改悛(かいしゆん)()(あら)はした。336(ここ)治道居士(ちだうこじ)(およ)伊太彦(いたひこ)337(また)もやブラヷーダ、338デビス(ひめ)(たもと)(わか)ち、339(おも)(おも)ひにエルサレムを()して(すす)(こと)とした。340セールは虎熊山(とらくまやま)岩窟(がんくつ)()(はな)ち、341数多(あまた)乾児(こぶん)(とも)()(あらた)めて(この)()()()で、342各自(めいめい)(おの)郷里(きやうり)(かへ)(こと)となつた。343ハールは伊太彦(いたひこ)(ゆる)されて、344エルサレム(まで)(したが)()(こと)となつた。345あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
346大正一二・七・一六 旧六・三 於祥雲閣 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。