霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 白骨堂(はくこつだう)〔一六七四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第65巻 山河草木 辰の巻 篇:第4篇 神仙魔境 よみ:しんせんまきょう
章:第18章 第65巻 よみ:はっこつどう 通し章番号:1674
口述日:1923(大正12)年07月17日(旧06月4日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年4月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6518
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 682頁 修補版: 校定版:213頁 普及版:92頁 初版: ページ備考:
001 三千彦(みちひこ)は、002山野(さんや)(わた)(たに)()え、003(やうや)くにして仙聖山(せんせいざん)阪道(さかみち)()りかかつた。004これは仏者(ぶつしや)()所謂(いはゆる)十宝山(じつぽうざん)(ひと)つである。005さすがアルピニストの三千彦(みちひこ)も、006長途(ちやうと)(たび)(つか)()て、007仙聖山(せんせいざん)(いただき)(なが)めて吐息(といき)をついて()る。
008三千(みち)『あゝ(やうや)此処(ここ)(まで)山野(さんや)(わた)り、009やつて()たものの、010何処(どこ)かで(みち)()(ちが)へ、011仙聖山(せんせいざん)(はう)()仕舞(しま)つたやうだ。012どこにも(いへ)()し、013(こゑ)するものは(とり)(こゑ)(けだもの)(こゑ)ばかりだ。014(じつ)(さび)しい(こと)だわい。015三千彦(みちひこ)健脚家(けんきやくか)だと、016玉国別(たまくにわけ)(さま)()められたが、017かう(きつ)山阪(やまさか)当途(あてど)もなしに跋渉(ばつせう)しては、018もはや弱音(よわね)()かねばならなくなつて()た。019(ふた)つのコンパスは(なん)だか硬化(かうくわ)しさうだ。020どこか此処辺(ここら)でよい雨宿(あまやど)りがあれば(いき)(やす)(うん)(てん)(まか)して、021(つき)(くに)名山(めいざん)跋渉(ばつせふ)山頂(さんちやう)から見下(みお)ろし、022エルサレムの方向(はうかう)(さだ)めて()(こと)にせう。023それについてもデビス(ひめ)024ブラヷーダ(ひめ)繊弱(かよわ)(をんな)(あし)025(さだ)めし困難(こんなん)して()るだらう、026(しか)(なが)らブラヷーダ(ひめ)はハルセイ(ざん)泥棒(どろばう)出逢(であ)つた(とき)度胸(どきよう)027(じつ)見上(みあ)げたものだつた。028あれだけの勇気(ゆうき)があれば、029屹度(きつと)無事(ぶじ)()くであらう。030()れよりも(いま)自分(じぶん)(からだ)大切(たいせつ)にして、031()(ところ)(まで)()かねばなるまい。032どこかよい木蔭(こかげ)があれば(やす)(こと)にして、033まだ()(くれ)()もあれば(ひと)(のぼ)つて()よう』
034(ひと)りごちつつ、035(かたち)ばかりの(ほそ)(みち)を、036(みぎ)(ひだり)()(まが)りつつ(のぼ)りゆく。
037 ()(やうや)高山(かうざん)(いただき)にさしかかり、038(おほ)きな(かげ)(おそ)ふて()る。039(みち)(かたはら)(ひと)つの白骨堂(はくこつだう)()つて()る。040三千彦(みちひこ)はつと()()まり、
041三千(みち)『ハテ不思議(ふしぎ)だ。042こんな(ところ)白骨堂(はくこつだう)()つて()以上(いじやう)は、043()(やま)(うへ)(ひと)(いへ)()つて()るだらう。044()づこの(だう)のひさしを()りて、045今宵(こよひ)一夜(いちや)()ごさうかなア』
046()ひつつ(にはか)勇気(ゆうき)()して、047(ほそ)天然石(てんねんせき)階段(かいだん)(のぼ)白骨堂(はくこつだう)(ちか)づいた。048()れば一人(ひとり)(をんな)(ほそ)(こゑ)()して何事(なにごと)(いの)つて()る。049三千彦(みちひこ)(いぶ)かりながら足音(あしおと)(しの)ばせ、050白骨堂(はくこつだう)密樹(みつじゆ)(かげ)()(ひそ)ませ、051(をんな)(いの)りを()いて()た。
 
052(あは)(あは)(わが)(いのち)(しろ)荒廃(くわうはい)せり
053
054(うれ)へる異端者(いたんしや)(むね)
055(しひたげ)(ちから)(かな)しく()けて()
056忍従(にんじゆう)犠牲(ぎせい)(いた)ましさ。
057
058蒼白(あをじろ)(なか)(われ)(かれ)()ちて()
059(その)幻滅(げんめつ)果敢(はか)なさよ
060
061(こひ)もなく(とも)もなし
062(かな)しくあえぎて(こひ)(わす)(とも)(わす)れむ
063一人(ひとり)()生命(いのち)(はら)
064(ただ)(よこ)たはる(くろ)暗闇(くらやみ)
065(ちち)(はは)よ オーそして兄弟(はらから)
066身失(みう)せたまひし(わが)()(ため)
067()(なか)のすべて(ほろび)()くものの(ため)
068大空(おほぞら)(つつ)(てん)(そら)(すこや)かなれ
069
070(しろ)(せい)(さび)
071果敢(はか)なく(さび)
072あはれあはれ()(ひと)あはれ』
 
073 ()(かな)しげに(うた)(をは)り、074(おもむろ)懐中(ふところ)より懐剣(くわいけん)()()し、075(さび)しげにニヤリと(わら)ひ、076(かほ)(うつ)るやうな刃口(はぐち)をつくづく()(なが)めながら、
077『オー、078(ねが)はくは吾等(われら)(つく)りたまひし皇神(すめかみ)よ。079(もも)(つみ)(けが)れを(ゆる)(たま)ひて、080(わが)身魂(みたま)をスカーワナ(安養浄土(あんやうじやうど))へ(みちび)きたまへ』
081()ふより(はや)く、082(いま)一刀(いつたう)(わが)(のど)(つき)()てむとする。083三千彦(みちひこ)(われ)(わす)れて()()し、084矢庭(やには)(うで)(たた)いて短刀(たんたう)()(おと)した。085(をんな)(おどろ)いて三千彦(みちひこ)(かほ)をつくづく(なが)め、086(くちびる)をびりびり(ふる)はせて()る。
087三千(みち)『これこれお女中(ぢよちう)088短気(たんき)()しちやいけませぬ。089(なん)()めに(この)結構(けつこう)()(なか)見捨(みす)てようとなさるのか、090まづまづ()(おち)()けなさい。091(われ)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)三千彦(みちひこ)(まを)すもの、092(かみ)御命令(ごめいれい)()けてエルサレムに(まゐ)途中(とちう)(みち)()(まよ)ひ、093此処(ここ)(まで)()()(ところ)(かす)かに白骨堂(はくこつだう)()えるので、094一夜(いちや)宿(やど)をからむものと()()れば貴女(あなた)(いま)有様(ありさま)095これが()うして黙言(だまつ)()()られようかとお()(まをし)次第(しだい)(ござ)います。096何程(なにほど)(つら)いと()ふても()ぬには(およ)びますまい。097()()づお(しづ)まりなさいませ』
098(をんな)『ハイ、099有難(ありがた)(ござ)います。100(わたし)(この)山奥(やまおく)()まひして()りまする、101(ちひ)さき(むら)(をんな)でスマナーと(まを)します。102(おや)兄弟(きやうだい)(をつと)には()(わか)れ、103(たよ)(ところ)もなく、104(また)村人(むらびと)(わか)(をとこ)(たち)種々(いろいろ)様々(さまざま)(こと)()つて、105若後家(わかごけ)貞操(ていさう)(やぶ)らせうと(いた)しますから、106一層(いつそう)(こと)(おや)兄弟(きやうだい)107(をつと)(あと)()ふて安楽世界(あんらくせかい)(まゐ)らうと(ぞん)じ、108祖先(そせん)遺骨(ゐこつ)(をさ)めてあるこの白骨堂(はくこつだう)(まへ)で、109自刃(じじん)せむと(いた)した(ところ)(ござ)います。110もはや(この)()()つても(なん)(たの)しみもなき(わたし)111悪魔(あくま)誘惑(いうわく)にかかつて(つみ)(つく)らうより、112(をつと)(あと)(した)ふて極楽(ごくらく)(まゐ)りをせうと覚悟(かくご)()めました。113どうぞお()(くだ)さいますな』
114 三千彦(みちひこ)(なみだ)(はら)(こゑ)(くも)らせて、
115三千(みち)貴女(あなた)のお言葉(ことば)一応(いちおう)(もつと)もながら、116貴女(あなた)一人(ひとり)(のこ)されたのも神界(しんかい)御都合(ごつがふ)でせう。117貴女(あなた)自殺(じさつ)すると()(こと)罪悪中(ざいあくちう)罪悪(ざいあく)ですよ。118()むを()ずして(いのち)(をは)つたなら天国(てんごく)()けませうが、119(わが)()勝手(かつて)(いのち)()てたものは天国(てんごく)へは()けませぬ。120屹度(きつと)地獄(ぢごく)()きますから、121(かんが)(なほ)しを(ねが)ひます』
122スマナー『自殺(じさつ)(いた)しましたら、123どうしても天国(てんごく)へは()けませぬか、124はて(こま)つた(こと)(ござ)いますなア』
125三千(みち)貴女(あなた)(いま)(うけたま)はれば、126(おや)兄弟(きやうだい)127(をつと)先立(さきだ)たれたと仰有(おつしや)いましたが、128それや(また)どうして左様(さやう)(こと)になられたのですか。129貴女(あなた)(いま)自害(じがい)して()てたなら、130(おや)兄弟(きやうだい)131(をつと)菩提(ぼだい)(とむら)ふものは(たれ)(ござ)いますまい。132さすれば(かへつ)(おや)(たい)不孝(ふかう)となり、133(をつと)(たい)して不貞(ふてい)となるでせう』
134スマナー『ハイ、135御親切(ごしんせつ)によく()つて(くだ)さいました。136貴方(あなた)御教訓(ごけうくん)によつて(わたし)(まよ)ひも()めました。137何分(なにぶん)(よろ)しくお(ねが)(まを)します。138(わたし)(いへ)(この)小村(こむら)では(ござ)いますが、139(をつと)はバーダラと(まを)し、140(むら)たばねをして()りましたもので、141(いへ)屋敷(やしき)()なりに(ひろ)く、142財産(ざいさん)相応(さうおう)(ござ)いますが、143半月(はんつき)(ほど)以前(いぜん)に、144虎熊山(とらくまやま)山砦(さんさい)(つく)つて()大泥棒(おほどろばう)乾児(こぶん)タールと()(やつ)が、145十数人(じふすうにん)手下(てした)()きつれ夜中(やちう)(しの)()み、146家内中(かないぢう)鏖殺(みなごろし)(いた)し、147(たから)(うば)つて(かへ)りました。148(その)(とき)(わたし)は、149押入(おしいれ)(なか)布団(ふとん)(かぶ)つて都合(つがふ)よく(かく)れましたので、150()(のこ)つたので(ござ)います。151(その)()村人(むらびと)世話(せわ)になつて(おや)兄弟(きやうだい)死骸(しがい)荼毘(だび)()し、152(この)(だう)白骨(はくこつ)(をさ)めて、153相当(さうたう)のとひ(とむら)ひを(いた)しましたが、154(なん)となく(その)(のち)(こころ)(さび)しくなり、155(また)いろいろの(わか)(をとこ)(うる)さくて、156()()になつたので(ござ)います』
157 三千彦(みちひこ)(なみだ)(なが)(なが)ら、158スマナーの(せな)()()()でさすり(こゑ)(やさ)しく、
159三千(みち)『スマナー(さま)160(うけたま)はれば(うけたま)はる(ほど)同情(どうじやう)()へませぬ。161(しか)(なが)162()うなつた(うへ)最早(もはや)(くや)んでも(かへ)らぬ(こと)163これから(ひと)()()(なほ)し、164神様(かみさま)にお(つか)へになつたらどうですか』
165スマナー『ハイ有難(ありがた)(ござ)います。166(しか)(なが)(わたし)(むら)五六十軒(ごろくじつけん)小在所(こざいしよ)(ござ)いますが、167先祖(せんぞ)代々(だいだい)からウラル(けう)(しん)じて()りますので、168(にはか)貴方(あなた)のお(みち)()(こと)到底(たうてい)出来(でき)ますまい。169折角(せつかく)のお言葉(ことば)(ござ)いますが、170何程(なにほど)(わたし)(しん)じましても、171三百人(さんびやくにん)村人(むらびと)承知(しようち)せなければ駄目(だめ)(ござ)いますからなア』
172三千(みち)(けつ)して(けつ)して173左様(さやう)(こと)御心配(ごしんぱい)()りませぬ。174(いづ)れの(をしへ)(まこと)(ふた)つはありませぬ。175(また)神様(かみさま)(もと)一柱(ひとはしら)ですから、176ウラル(けう)でも(よろ)しい。177貴女(あなた)(いま)()ぬる(いのち)(なが)らへて比丘尼(びくに)となり、178祖先(そせん)(とむら)ひ、179(また)村人(むらびと)(なぐさ)め、180この山間(さんかん)小天国(せうてんごく)をお(つく)りになればよろしいでは(ござ)いませぬか』
181スマナー『左様(さやう)ならば、182何事(なにごと)貴方(あなた)にお(まか)(いた)します。183どうぞ一度(いちど)(わたし)(さび)しき破屋(あばらや)にお()(くだ)さいますまいか』
184三千(みち)『それは(ねが)うてもない仕合(しあは)せで(ござ)います。185()らぬ山道(やまみち)()()れて、186宿(やど)るべき(いへ)もなし、187(からだ)(つか)れ、188(こま)つて()つた(ところ)(ござ)いますから、189厚面(あつかま)しうは(ござ)いますが、190今晩(こんばん)宿()めて(いただ)きませう』
191スマナー『早速(さつそく)御承知(ごしようち)192有難(ありがた)(ござ)います。193左様(さやう)ならば(わたし)御案内(ごあんない)(いた)しませう』
194白骨堂(はくこつだう)階段(かいだん)(くだ)り、195(ふたた)阪道(さかみち)四五町(しごちやう)(くだ)り、196(みぎ)()れ、197樹木(じゆもく)(しげ)れる山道(やまみち)辿(たど)つて、198(おく)(おく)へと(すす)()る。
199 (なつ)とは()へど樹木(じゆもく)(おほ)へる谷川(たにがは)(ほとり)(みち)()(こと)とて、200()(ふる)(ばか)(さむ)さを(かん)じた。
201大正一二・七・一七 旧六・四 於祥雲閣 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)