霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二四章 危母玉(きもだま)〔一六八〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第65巻 山河草木 辰の巻 篇:第5篇 讃歌応山 よみ:さんかおうさん
章:第24章 第65巻 よみ:きもだま 通し章番号:1680
口述日:1923(大正12)年07月18日(旧06月5日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年4月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6524
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 706頁 修補版: 校定版:281頁 普及版:122頁 初版: ページ備考:
001 玉国別(たまくにわけ)002真純彦(ますみひこ)二人(ふたり)はスーラヤの(みづうみ)西岸(せいがん)()いた(とき)003初稚姫(はつわかひめ)厳粛(げんしゆく)なる訓戒(くんかい)()りて、004(ともな)(きた)りし三千彦(みちひこ)005伊太彦(いたひこ)006治道居士(ちだうこじ)(その)()(わか)れて、007逸早(いちはや)聖地(せいち)(すす)まむと()()()いで(たび)(つか)れも()にせず、008(あし)(はや)めて(やうや)くエルサレムに程近(ほどちか)き、009サンカオの(さと)()いた。010此処(ここ)にはシオン(ざん)より(なが)(きた)る、011ヨルダン(がは)轟々(ぐわうぐわう)水音(みなおと)()てて(なが)れてゐる。012(その)北岸(ほくがん)細道(ほそみち)をスタスタとやつて()ると、013(にはか)一天(いつてん)(すみ)(なが)した(ごと)黒雲(くろくも)(ふさ)がり、014えも()はれぬ陰欝(いんうつ)空気(くうき)(ただよ)うて()た。015そしてあたりは森閑(しんかん)として微風(びふう)(ひと)()かず、016(なん)ともなしに()(あつ)身体(からだ)各部(かくぶ)からねばつた(あせ)(にじ)んで()る。017(どく)ガスにでもあてられた(やう)(いき)(くる)しくなり、018(かは)べりの木蔭(こかげ)二人(ふたり)(たふ)れる(やう)にして(こし)(おろ)し、019(くさ)()(かほ)()てて地中(ちちう)から()()づる生気(せいき)()ひ、020健康(けんかう)回復(くわいふく)(はか)つてゐる。021これは数十里(すうじふり)(へだ)てた東方(とうはう)虎熊山(とらくまやま)爆発(ばくはつ)し、022折柄(をりから)東風(とうふう)(あふ)られて、023(どく)(ふく)んだ灰煙(はひけぶり)谷間(たにあひ)低地(ていち)(むか)つて(あつ)まつて()たからである。
024 二人(ふたり)(いき)()()えになり、025小声(こごゑ)になつて(あま)数歌(かずうた)奏上(そうじやう)してゐる。
026真純(ますみ)『モシ先生(せんせい)027モウ一息(ひといき)聖地(せいち)エルサレムへ到着(たうちやく)するといふ間際(まぎは)になつて、028(にはか)天地(てんち)(くら)くなり、029斯様(かやう)(いき)(くる)しく最早(もはや)()()れない(やう)になつたのは、030(なに)神様(かみさま)のお気障(きざは)りがあるのでは(ござ)いますまいか。031(ここ)(まで)()不幸(ふかう)にして(たふ)れる(やう)(こと)があれば、032千載(せんざい)(うらみ)(ござ)います。033()034あなたはお(かんが)へですか』
035玉国(たまくに)『ウーン、036どうも(へん)だなア、037(わたし)にも合点(がつてん)がゆかぬ。038(しか)今日(けふ)(ひる)(ごろ)(はるか)(ひがし)(そら)(あた)つて、039不思議(ふしぎ)(ひびき)がしたと(おも)へば、040それから(てん)(くら)くなり、041()(うへ)(まで)がこんな空気(くうき)(つつ)まれて(しま)つたのだ。042大方(おほかた)どこかの火山(くわざん)爆発(ばくはつ)したのではあるまいか……とも(おも)はれる。043何分(なにぶん)(この)空気(くうき)は、044微細(びさい)(はひ)(やう)(もの)(まじ)つてゐる。045少時(しばし)ここでお(つち)(した)しみ神様(かみさま)(いの)つて046(からだ)回復(くわいふく)()つより仕方(しかた)がない。047(わたし)(なん)だか(くる)しくて、048四肢五体(ししごたい)がガタガタになつたやうだ。049あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
050合掌(がつしやう)してゐる。
051 ()かる(ところ)へ、052ワンワンワンワンと(かす)かに(とほ)(いぬ)鳴声(なきごゑ)(きこ)えて()た。053(この)(こゑ)()くと(とも)両人(りやうにん)(ゆめ)から()めたやうに、054(なん)となく心持(こころもち)がさえざえして()た。
055真純(ますみ)『あ、056あの(こゑ)はスマートぢや(ござ)いますまいか、057どうも(きき)(おぼ)えがある(やう)ですな。058そしてあの(こゑ)(みみ)()ると(とも)(わたし)(にはか)気分(きぶん)()えて(まゐ)り、059()循環(じゆんかん)がよくなつたやうで(ござ)いますワ』
060玉国(たまくに)『ウン成程(なるほど)061(わたし)もあの(こゑ)()くと(とも)元気(げんき)回復(くわいふく)して()たやうだ。062スマートに間違(まちが)ひない。063さうすれば初稚姫(はつわかひめ)さまも(ちか)くへお(いで)になつてるとみえる。064ハテ(うれ)しい(こと)だな。065(しか)吾々(われわれ)二人(ふたり)がかやうな(ところ)へこたれてゐる(ところ)(ひめ)(さま)()つけられたら、066大変(たいへん)(はぢ)だから、067(ひと)元気(げんき)()して宣伝歌(せんでんか)(うた)ひ、068ボツボツ(あゆ)(こと)にせうか』
069真純(ますみ)左様(さやう)なれば070()けるか()けぬか()りませぬが、071ソロソロ(ある)いてみませう』
072両人(りやうにん)(つゑ)(ちから)(たち)(あが)り、073(あゆ)まうとすれ(ども)074(ひざ)関節(くわんせつ)がだるく、075(かつ)(わら)(やう)で、076()うしても(あし)(はこ)(こと)出来(でき)なかつた。
077 ()かる(ところ)()()(ごと)く、078(ひがし)(はう)より(はし)つて()たのはスマートであつた。079スマートは(しきり)に、080(あたま)()()つて(うれ)(さう)表情(へうじやう)(しめ)し、081(ちから)一杯(いつぱい)(おほ)きな(こゑ)でワンワンと(ほえ)()てる。
082 玉国別(たまくにわけ)は、
083玉国(たまくに)『あゝあなたはスマートさま、084()()(くだ)さつた。085(さだ)めて初稚姫(はつわかひめ)(さま)御一所(ごいつしよ)(ござ)いませうなア』
086人間(にんげん)()(ごと)挨拶(あいさつ)すると、087スマートは玉国別(たまくにわけ)(すそ)()はへて、088(しき)りに引張(ひつぱ)る。
089玉国(たまくに)『ハテナ、090(なに)吾々(われわれ)()(わざはひ)がかからむとしてゐるのだらう。091スマートさまは(かみ)のお使(つかひ)だから、092サア真純彦(ますみひこ)093(あと)(したが)つてどこなつと()かうぢやないか』
094真純(ますみ)『ハイ095さう(いた)しませう』
096()へばスマートは()はへた(すそ)をはなし、097()()(なが)らヨルダン(がは)北岸(ほくがん)なるサンカオの小高(こだか)(みね)()して(のぼ)()く。098七八丁(しちはつちやう)(のぼ)つたと(おも)(ところ)に、099目立(めだ)つて巨大(きよだい)なる橄欖(かんらん)()(その)()雑木(ざつぼく)(やま)二合目(にがふめ)あたりに、100(ひと)つの(もり)をなしてゐる。101()つて()れば102(ちひ)さい(ふる)ぼけた(ほこら)()つてゐる。
103玉国(たまくに)『ハテなア、104スマートさまが(ここ)参拝(さんぱい)して()けといふ(こと)だらう。105これも(なに)(わけ)があるに(ちが)ひない』
106両人(りやうにん)自然(しぜん)(ひざまづ)き、107天津祝詞(あまつのりと)(くる)しき(いき)(した)より、108千切(ちぎ)千切(ちぎ)れに奏上(そうじやう)した。109(ほこら)(はる)後方(こうはう)より(やさ)しき(をんな)(こゑ)
110初稚姫(はつわかひめ)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
111初稚姫(はつわかひめ)(ここ)()
112スーラヤ湖辺(こへん)()(みこと)
113(その)()(かみ)御使(みつかひ)
114(たもと)(わか)ちスマートに
115(たす)けられつつ()()れば
116(てん)(ちう)する黒煙(くろけぶり)
117ハテ(いぶ)かしやと大空(おほぞら)
118(なが)()たりし(とき)もあれ
119(かす)かに(きこ)ゆる爆発(ばくはつ)
120(こゑ)諸共(もろとも)()(うへ)
121不快(ふくわい)邪気(じやき)(つつ)まれぬ
122これぞ(まつた)虎熊(とらくま)
123(やま)()()崩壊(ほうくわい)
124(かみ)御告(みつ)げに(さと)()
125汝等(なれら)()(うへ)(あん)じつつ
126(しば)様子(やうす)(うかが)へば
127天教山(てんけうざん)太柱(ふとばしら)
128木花姫(このはなひめ)御詫宣(ごたくせん)
129八大竜王(はちだいりうわう)(その)(ひと)
130いよいよ古巣(ふるす)(たち)()でて
131カンラン(ざん)(うば)はむと
132三千年(さんぜんねん)蟄伏(ちつぷく)
133(やぶ)りて(きた)(おそ)ろしさ
134意外(いぐわい)(をしへ)にスマートと
135此処(ここ)(なん)をば()(なが)
136(なれ)(きた)るを()ちゐたり
137三千彦(みちひこ)(つかさ) 治道居士(ちだうこじ)
138伊太彦(いたひこ) デビス、ブラヷーダ
139(その)()(かみ)御子(みこ)(たち)
140(いづ)れも無事(ぶじ)にましませど
141汝等(なれら)二人(ふたり)()(うへ)
142(かみ)御告(みつげ)(さと)()
143(あやふ)くなりしと()きしより
144スマートさまを(つか)はして
145ここにお(まね)(まを)したり
146やがて竜王(りうわう)ヨルダンの
147(かは)(さかのぼ)日向(ひむか)なる
148シオンの(やま)(きよ)(てん)
149(また)悪逆(あくぎやく)無道(むだう)なる
150行為(かうゐ)をなして神界(しんかい)
151大経綸(だいけいりん)妨害(ばうがい)
152(この)()悪魔(あくま)()となして
153跳梁(てうりやう)跋扈(ばつこ)なさむとす
154(しばら)くすればマナスイン
155ナーガラシヤーが()(きた)
156(なれ)()二人(ふたり)(いのち)をば
157(うば)ひて()らむは()のあたり
158九死一生(きうしいつしやう)危難(きなん)をば
159のがれし(なれ)こそ目出(めで)たけれ
160あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
161御霊(みたま)(さちは)ひましませよ』
162(うた)(をは)り、163二人(ふたり)(まへ)姿(すがた)(あら)はし(たま)ふた。164(この)(とき)初稚姫(はつわかひめ)(この)(やしろ)より二三丁(にさんちやう)(おく)(もり)(なか)165マナスイン竜王(りうわう)帰順(きじゆん)(いの)つてゐたが、166容易(ようい)効験(かうけん)(あら)はれ(がた)きを()り、167()(かく)二人(ふたり)(いのち)(すく)はむと、168神力(しんりき)をこめ、1681赤裸(まつぱだか)となつて、169サンカオの(たき)()たれてゐた。170そしてスマートの(こゑ)()いて、171二人(ふたり)無事(ぶじ)(この)(ほこら)(まで)()いた(こと)()り、172(たき)(ふもと)より衣服(いふく)着替(きか)へて、173(うた)をうたひ(なが)(ここ)(あら)はれたのである。
174 玉国別(たまくにわけ)(なん)となく自然(しぜん)におつる(なみだ)(ぬぐ)(なが)ら、175(こゑ)をかすめて、
176玉国(たまくに)初稚姫(はつわかひめ)(さま)177吾々(われわれ)両人(りやうにん)178神徳(しんとく)(いま)()らず、179(ほと)んど聖地(せいち)()もなき地点(ちてん)(まで)近付(ちかづ)きまして、180(この)(かは)べりを(とほ)(をり)しも(にはか)気分(きぶん)(あし)くなり、181手足(てあし)自由(じいう)(うしな)ひ、182腑甲斐(ふがひ)なくも(たふ)れて()りました。183(なに)神様(かみさま)御無礼(ごぶれい)をしたので、184(しか)りを(かうむ)つたのではあるまいかと、185両人(りやうにん)(ひそ)かに(あん)(わづら)ひ、186(わび)(いた)して()りますと、187あなたのお(つかは)(くだ)さいました(この)スマートさまの(こゑ)(きこ)えて、188(にはか)元気(げんき)回復(くわいふく)此処(ここ)(まで)(さそ)はれて(まゐ)りました。189貴女(あなた)のお姿(すがた)(はい)するにつけ、190(うれ)しさと、191(なつ)かしさとで、192自然(しぜん)(なみだ)がこぼれます。193(わたくし)(たち)をお(まね)(くだ)さつたのは、194(なに)(かは)つた御用(ごよう)では(ござ)いますまいか』
195初稚(はつわか)玉国別(たまくにわけ)さま、196真純彦(ますみひこ)さま、197よく無事(ぶじ)此処(ここ)まで()(くだ)さいました。198(いま)(わたし)(うた)つた(とほ)り、199マナスイン竜王(りうわう)がゲッセマネの(その)占領(せんりやう)し、200エデンの花園(はなぞの)黄金山(わうごんざん)蹂躙(じうりん)せむと(いた)します(ゆゑ)201スマートさまに(さき)()つて(もら)ひ、202竜王(りうわう)占領(せんりやう)せない(やう)にいろいろと守護(しゆご)(いた)し、203あなた(がた)(この)街道(かいだう)御通(おとほ)りと(さと)りました(ゆゑ)204危難(きなん)()(およ)ばぬ(こと)(おそれ)てお(たす)(まを)さむと、205ここに()つてゐたので(ござ)います。206やがてマナスイン竜王(りうわう)は、207虎熊山(とらくまやま)(たち)()で、208いよいよ時節(じせつ)到来(たうらい)とゲッセマネの(その)占領(せんりやう)すべく、209山河草木(さんかさうもく)震憾(しんかん)させ(なが)ら、210(すす)んで()るのですが、211ゲッセマネの(その)には、212到底(たうてい)()()(ところ)()いので、213(この)(かは)(さかのぼ)り、214シオン(ざん)(まゐ)るでせう。215さうすれば巨大(きよだい)竜体(りうたい)(ござ)いますから、216あなた(がた)姿(すがた)()れば()(さき)(けん)にて、217一打(ひとうち)(いた)しますは(わか)()つた(こと)と、218此処(ここ)(まで)御避難(ごひなん)をなさるべく(とり)(はか)つたのです。219(いき)のつまるやうな空気(くうき)が、220低地(ていち)にさまようて()るのは、221やがて竜王(りうわう)(のぼ)つて()証拠(せうこ)(ござ)います。222竜王(りうわう)(かしら)(むか)(ところ)は、223十里(じふり)(くらゐ)(さき)まで邪気(じやき)がただよひますから……()もなく(おほ)きな(おと)()て、2231竜体(りうたい)(のぼ)つて()るでせう』
224 玉国別(たまくにわけ)(うち)(おどろ)(なが)ら、
225(ひめ)(さま)御恵(おめぐみ)到底(たうてい)(ことば)にも(つく)されませぬ。226(じつ)感謝(かんしや)(いた)りで(ござ)います。227()しも貴女(あなた)()られなかつたならば、228吾々(われわれ)御神業(ごしんげふ)完全(くわんぜん)(つと)める(こと)出来(でき)なかつたかも()れませぬ』
229(また)(なみだ)(ぬぐ)ふ。230真純彦(ますみひこ)(かん)(きは)まつて一言(ひとこと)(はつ)()ず、231(うつむ)いて(しの)()()いてゐる。
232 折柄(をりから)西方(せいはう)より囂々(がうがう)地響(ぢひび)きさせ(なが)ら、233中空(ちうくう)黒雲(くろくも)(はた)()てた(やう)にピカピカ(うろこ)(ひか)らせ、234(やま)(ごと)怪物(くわいぶつ)(ひがし)()して(のぼ)()る。235玉国別(たまくにわけ)236真純彦(ますみひこ)(この)姿(すがた)()て、237(にはか)(たい)すくみ(その)()跪坐(しやが)んで(しま)つた。
238初稚(はつわか)『お二人様(ふたりさま)239モウ安心(あんしん)です。240竜王(りうわう)通過(つうくわ)(いた)しました。241やがて邪気(じやき)追々(おひおひ)()れるでせう』
242玉国(たまくに)『ハイ、243()うも(おそ)ろしい(こと)(ござ)いました。244斯様(かやう)(もの)(この)聖地(せいち)近辺(きんぺん)へやつて()るとすれば、245埴安彦(はにやすひこ)246埴安姫(はにやすひめ)(さま)御神業(ごしんげふ)も、247(なみ)大抵(たいてい)では(ござ)いますまいな』
248初稚(はつわか)中々(なかなか)(なみ)大抵(たいてい)御神業(ごしんげふ)ぢや(ござ)いませぬ。249それ(ゆゑ)ウバナンダ竜王(りうわう)(たま)や、250シヤーガラ竜王(りうわう)(たま)251(ならび)水晶(すいしやう)三個(さんこ)(たま)があなた(がた)のお弟子(でし)神様(かみさま)から(わた)されてゐるのです。252これさへ聖地(せいち)(をさ)まらば、253いかにマナスイン竜王(りうわう)聖地(せいち)(うかが)へばとて、254()うする(こと)出来(でき)ませぬ。255(この)三個(さんこ)(たま)には、256不思議(ふしぎ)神力(しんりき)があります。257あなた(がた)のお()にあれば(べつ)不思議(ふしぎ)(あら)はれませぬが、258(これ)神様(かみさま)のお()にお(わた)しになれば、259天地(てんち)自由自在(じいうじざい)(うご)かす(こと)出来(でき)ます。260それ(ゆゑ)261いかにマナスイン竜王(りうわう)暴威(ばうゐ)(ふる)ふとも、262如何(いかん)ともする(こと)出来(でき)ませぬ。263真純彦(ますみひこ)さまは(たま)()つてお()ででせうなア』
264真純(ますみ)『ハイ、265(ちから)(かぎ)保護(ほご)(いた)しまして、266一個(いつこ)(だけ)此処(ここ)(まで)(おく)つて(まゐ)りました』
267初稚(はつわか)『それは(まこと)結構(けつこう)(ござ)います。268(さだ)めて(かみ)さまも御喜(およろこ)(あそ)ばす(こと)(ござ)いませう。269マナスイン竜王(りうわう)があなたの姿(すがた)(みと)めずに(すぎ)()つたのは、270()神界(しんかい)(ため)(なに)(ほど)結構(けつこう)だか(わか)りませぬ』
271真純(ますみ)(おな)(たま)でも、272(かみ)さまがお()ちになるのと、273吾々(われわれ)()つのとは(はたら)きが(ちが)ふので(ござ)いますか』
274初稚(はつわか)『それは(ちが)ひます。275(みたま)相応(さうおう)(ちから)より()ぬもので(ござ)います。276何程(なにほど)宣伝使(せんでんし)神力(しんりき)があると()つても、277大神様(おほかみさま)御化身(ごけしん)には(およ)びませぬからなア』
278真純(ますみ)(わたし)(たま)()つてゐた(ため)に、279さうするとあの(かは)べりに(おい)て、280あんな(くる)しい、281(いき)のつまるやうな()()うたのですか。282つまり(たま)威徳(ゐとく)(まけ)たやうなものですな。283小人(せうじん)(たま)(いだ)いて(つみ)あり……とはこんな(とき)(こと)()つたのでせう』
284初稚(はつわか)(ねこ)小判(こばん)285(ぶた)真珠(しんじゆ)だとか()(たとへ)(ござ)いましたなア。286ホヽヽヽヽ』
287(わら)ふ。288真純彦(ますみひこ)(あたま)をかき(なが)ら、
289真純(ますみ)『さうすると、290三千彦(みちひこ)伊太彦(いたひこ)所持(しよぢ)してる(たま)も、291ヤツパリ(わたし)同様(どうやう)(ござ)いますかな』
292初稚(はつわか)伊太彦(いたひこ)さまだつて、293三千彦(みちひこ)さまだつて(おな)(こと)ですワ。294結構(けつこう)(たま)(ふところ)()つたと()(ほこ)りがありますので、295途中(とちう)(おい)ていろいろの(くる)しい()()つたり、296妨害(ばうがい)出会(であ)つたりしてゐられますが、297やがてゲッセマネの(その)まで(まゐ)(とき)には、298(みち)(かは)つてゐますが、299一度(いちど)()(こと)神様(かみさま)仕組(しぐ)んでゐられますから、300ゲッセマネの(その)(まで)()けば、301スーラヤの湖辺(こへん)(わか)れた御連中(ごれんちう)無事(ぶじ)面会(めんくわい)出来(でき)るでせう』
302真純(ますみ)『そんなら(ひめ)(さま)303(わたし)(ふところ)(あづ)かつて()つて、304大切(たいせつ)宝玉(はうぎよく)(けが)してはすみませぬから、305何卒(どうぞ)ここで貴女(あなた)(あづ)かつて(いただ)(わけ)には(まゐ)りますまいかな』
306初稚(はつわか)『それは御免(ごめん)(かうむ)りたう(ござ)います。307あなたのお役目(やくめ)ですから、308役目(やくめ)以外(いぐわい)(こと)到底(たうてい)神界(しんかい)から(ゆる)されませぬ。309すべて(かみ)さまは順序(じゆんじよ)ですから、310順序(じゆんじよ)(あやま)つては天地(てんち)経綸(けいりん)(やぶ)れます。311そして(をんな)(たま)(いだ)けば、312玉照姫(たまてるひめ)さまのお母様(かあさま)(やう)に、313(なか)がふくれますから(こま)りますよ。314()(なか)(わか)らぬ人間(にんげん)から、315初稚姫(はつわかひめ)堕落(だらく)したとみえて、316(をとこ)出来(でき)たなどと()はれては迷惑(めいわく)ですからなア、317ホヽヽヽ』
318真純(ますみ)『お(たま)さまだつて、319(をつと)なしに結構(けつこう)なお()さまをお()みになつた(ためし)(ござ)います。320あなたにお()さまが出来(でき)たつて、321(たれ)がそんな(こと)(おも)ひませうか。322あなたのお肉体(にくたい)吾々(われわれ)(ごと)粗製濫造品(そせいらんざうひん)とは(ちが)ひますから、323そんな(こと)仰有(おつしや)らずに御預(おあづ)かり(くだ)さいませな。324(なん)だか(おそ)ろしうなつて(まゐ)りました』
325初稚(はつわか)(その)(たま)()つて()りますと、326マナスイン竜王(りうわう)がつけ(ねら)ひますから、327(わたし)(おそ)ろしう(ござ)いますワ。328(たま)さへ()つてゐなければ329竜王(りうわう)だつて相手(あひて)にしませぬ。330(その)(たま)ある(ゆゑ)悪魔(あくま)()しがつて(うかが)ふのですからなア』
331真純(ますみ)『ハテ、332(こま)つた(こと)だなア。333結構(けつこう)御用(ごよう)をさして(いただ)いたと(おも)ひ、334得意(とくい)になつて(いま)(まで)やつて()たのに、335(この)(たま)がある(ため)最前(さいぜん)のやうな(くる)しい()()はねばならぬとは、336(なん)()因果(いんぐわ)(やく)(つと)めたのだらう』
337初稚(はつわか)『そこが(みたま)因縁(いんねん)ですから、338(これ)()うしても人間(にんげん)左右(さいう)する(こと)出来(でき)ないのです。339まだ聖地(せいち)までは余程(よほど)()(ござ)いますから、340余程(よほど)用心(ようじん)なさいませぬと、341あなたの(ふところ)(たま)(ひか)つてるのがマナスイン竜王(りうわう)()()らうものなら、342それこそ(ひき)(かへ)して(まゐ)りますよ。343御用心(ごようじん)なさいませよ、344ホヽヽヽヽ』
345真純(ますみ)『モシ先生(せんせい)346()(いた)しませう。347あなた(しばら)御預(おあづ)かり(くだ)さいますまいか。348玉国別(たまくにわけ)さまと()(まで)ついてるのですもの。349ここ(まで)(わたし)奉持(ほうぢ)して()たのですから、350此処(ここ)から(あづ)かつて(くだ)さつても()いでせう』
351玉国(たまくに)『ハヽア、352さうするとお(まへ)矢張(やつぱり)自己愛(じこあい)におちてゐるのだなア、353おれに(たま)()たして、354竜王(りうわう)犠牲(ぎせい)となし、355自分(じぶん)(たす)かるといふ狡猾(ずる)(かんが)へだらう。356イヤそれでお(まへ)(こころ)(わか)つた。357ヨシ、358犠牲(ぎせい)になつてやらう』
359真純(ますみ)『メヽ滅相(めつさう)な、360どうしてそんな薄情(はくじやう)(こと)(おも)ひませう。361あなたに()つて(いただ)きたいと(まを)したのは、362(みたま)相応(さうおう)だと(おも)つたからです。363あなたは(わたし)から(くら)ぶれば、364幾層倍(いくそうばい)御神徳(ごしんとく)のあるお(かた)365それ(ゆゑ)(たま)(ひかり)一層(いつそう)(かがや)きませうし、366あなたがお()ちになれば、367竜王(りうわう)(けつ)して(ねら)はないと(おも)つたからです。368あなたは初稚姫(はつわかひめ)(さま)()いでの生神様(いきがみさま)(ござ)いますからなア』
369玉国(たまくに)(たま)()たぬ(わたし)が、370(まへ)(そば)()つてさへ、371あれ(だけ)竜王(りうわう)毒気(どくき)()てられたぢやないか。372到底(たうてい)(わたし)(やう)神力(しんりき)()らぬ(もの)は、373(たま)(あづ)かる資格(しかく)がないのだ。374それだからお(まへ)()つて(もら)うたぢやないか』
375真純(ますみ)本当(ほんたう)結構(けつこう)(たま)(ひかり)(くらゐ)(まけ)して、376有難迷惑(ありがためいわく)だ。377(しか)(なが)(これ)御神業(ごしんげふ)だと(おも)へば結構(けつこう)です。378それぢや仮令(たとへ)竜王(りうわう)(わたし)()まうと(かま)ひませぬ。379身命(しんめい)()して(たま)保護(ほご)(いた)し、380聖地(せいち)(まで)(まゐ)(こと)(いた)しませう』
381初稚(はつわか)『サア、382()うやら邪気(じやき)()つた(やう)です。383あの(とほ)日輪様(にちりんさま)(をが)()しました。384ソロソロ(まゐ)りませう』
385玉国(たまくに)真純空(ますみぞら)(にはか)(くも)四方八方(よもやも)
386(くろ)真墨(ますみ)のさまとなりぬる』
387真純(ますみ)()すみとは(きよ)きたたえにあらずして
388(くろ)身魂(みたま)真墨(ますみ)なりけり。
389(いま)(まで)(ちから)(たの)(きた)りしを
390(おそ)ろしくなりぬこれの真玉(またま)は』
391初稚(はつわか)『いざさらば(うず)聖地(せいち)(すす)むべし
392玉国別(たまくにわけ)玉守彦(たまもりひこ)よ』
393 かく(うた)(をは)り、394三人(さんにん)はスマートに(まも)られて、395道々(みちみち)宣伝歌(せんでんか)(うた)(なが)ら、396ヨルダン(がは)河辺(かはべ)(つた)うて、397西(にし)西(にし)へと(すす)()く。
398大正一二・七・一八 旧六・五 於祥雲閣 松村真澄録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。