霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二二章 天変地妖(てんぺんちえう)〔二〇〇三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第79巻 天祥地瑞 午の巻 篇:第3篇 伊吹の山颪 よみ:いぶきのやまおろし
章:第22章 第79巻 よみ:てんぺんちよう 通し章番号:2003
口述日:1934(昭和9)年07月20日(旧06月9日) 口述場所:関東別院南風閣 筆録者:林弥生 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年10月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
艶男は岩ヶ根をはじめとする四天王の言葉を尽くしてのいさめに、死を思いとどまったが、なぜか大井の淵が恋しくてたまらず、朝夕に船を浮かべて遊ぶのを、唯一の慰めとしていた。
岩ヶ根は、艶男にまさかのことがあってはと、真砂、白砂を監視として舟遊びに伴わせていた。
小雨が降る夕べ前、大井ヶ淵にしばし舟遊びを試み、黄昏の幕が迫るころ、不思議にもかすかな声がどこからともなく聞こえてきた。よく耳を澄ませば、以前に竜の島で艶男に思いをかけていた、白萩の悲しげな声であった。
白萩は、艶男が燕子花と逐電したことに恨みを述べ、故郷の竜の島根を捨てて、藤ヶ丘に移り住んだのだ、と歌った。艶男は、自分も木石ならぬ身ではあるが、一つの身でいかにできよう、と返し、自分もまた今は悲しみの淵にあり、今はただ両親のために生き長らえているのみなのだ、と歌った。
すると、今度は白菊の悲しげな声が聞こえてきて、やはり艶男への恨みを歌った。艶男は、白菊のことを忘れたことはなく、ただ時を待つように、と歌った。
また、今度は女郎花の声が、艶男への恨みを歌った。歌が響くおりしも、淵の水はにわかに大きな波紋を描き、水煙とともに、人面竜身の燕子花が立ち現れた。
艶男、真砂、白砂は驚き呆然としたが、波紋はますます激しく、舟も覆ろうとするばかりの荒波となった。艶男は意を決して、自分の恋する燕子花のすさびがこれほどまでなら、もはや自分は水の藻屑となろう、と歌った。
真砂、白砂は驚いて艶男の手をしっかりと握り、艶男を諭して押しとどめようとしたが、一天にわかに掻き曇り、暴風吹きすさみ、大地は震動して、荒波のたけりに舟もろとも、三人の姿は水中深く隠れてしまった。
これより日夜の震動やまず、雷とどろき、稲妻はひらめき、暴風が吹きすさんで雨は盆をかえしたように激しく降ってきた。水上山の聖場は阿鼻叫喚の巷と化し、岩ヶ根は竜彦を背に追って高殿に避難して難を免れた。国津神たちは右往左往し、泣き叫ぶ様は目も当てられない惨状となってしまった。
ここへ、天より容姿端麗な女神が、四柱の侍神を伴って、この場に降ってきた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7922
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 273頁 修補版: 校定版:411頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 艶男(あでやか)は、002岩ケ根(いはがね)(ほか)四天王等(してんわうら)言葉(ことば)(つく)しての(いさ)めに、003()(おも)ひとどまりたれども、004何故(なにゆゑ)大井ケ淵(おほゐがふち)(こひ)しくて(たま)らず、005(あさ)(ゆふ)なの区別(くべつ)なく、006(ふち)(ふね)(うか)べて(あそ)ぶを唯一(ゆいつ)(なぐさ)みとなしゐたりける。
007 岩ケ根(いはがね)は、008()しや艶男(あでやか)間違(まちが)()きやと(あん)(わづら)ひながら、009真砂(まさご)010白砂(しらさご)左右(さいう)看視(かんし)(けん)接待役(せつたいやく)として(したが)はしめたり。011小雨(こさめ)ふる(ゆふ)(まへ)012かたの(ごと)艶男(あでやか)真砂(まさご)013白砂(しらさご)(ともな)ひ、014大井ケ淵(おほゐがふち)暫時(しばし)舟遊(ふなあそ)びを(こころ)みにける。015黄昏(たそがれ)(まく)(やや)(せま)らむとする(をり)しも、016不思議(ふしぎ)なるかな、017(かすか)なる(こゑ)何処(いづこ)ともなく(ひび)(きた)るを、018よくよく(みみ)をすまして()けば、019以前(いぜん)(たつ)島根(しまね)にて、020艶男(あでやか)(おも)ひをかけし白萩(しらはぎ)(かな)しげなる(こゑ)にぞありける。
021 白萩(しらはぎ)(こゑ)
022秋風(あきかぜ)()()(なが)白萩(しらはぎ)
023(とほ)(おも)ひに(たづ)()にけり
024生命(いのち)までもと(おも)ひし(ひと)(かげ)もなく
025あと白萩(しらはぎ)(はな)()りけり
026()はまくと(おも)ひし(ゆめ)(かな)しさに
027()もしら(はぎ)(はな)(しを)れつ
028(うら)めしき(きみ)なりにけり燕子花(かきつばた)
029(はな)のみ手折(たを)りて(つゆ)もおくらず
030この(おも)何時(いつ)()にかは()らさむと
031()ふるも(かな)しき(はぎ)仇花(あだばな)
032現世(うつしよ)()くる甲斐(かひ)なきわが()ぞと
033(おも)へば(くる)(きみ)()てられて
034百花(ももばな)(おほ)かる(なか)()(きみ)
035燕子花(かきつばた)のみ()づるは(うら)めし
036(あさ)(あさ)(つゆ)(おも)げなる(はぎ)()
037(きみ)(こころ)をかけて()ざりしよ
038故郷(ふるさと)(たつ)(みやこ)白萩(しらはぎ)
039藤ケ丘辺(ふぢがをかべ)(うつ)して(にほ)へり
040白萩(しらはぎ)(なさけ)(つゆ)()てられて
041(ほそ)生命(いのち)汀辺(みぎはべ)(たも)てり
042(たちばな)(かを)れる(きみ)のよそほひは
043われを(おも)はす(たね)にぞありける
044荒波(あらなみ)をかき()()()りこの(ふち)
045伊寄(いよ)(きた)りて(きみ)(こが)るる
046御声(おんこゑ)(あさ)(ゆふ)なに()かまほしと
047白萩(しらはぎ)われは(ふち)(ひそ)むも
048太刀膚(たちはだ)のわが()()ぢていとこやの
049(きみ)島根(しまね)(さか)りましけむ
050いとこやの(きみ)生命(いのち)(たの)みてしを
051つれなき(こころ)(うら)めしみ(おも)
052竜神(たつがみ)()にしあれども人恋(ひとこ)ふる
053(こころ)(かは)りあるべきものかは
054(うら)めしさ(かな)しさ此処(ここ)(かた)まりて
055(こひ)淵瀬(ふちせ)(かな)しみ()くなり』
056 艶男(あでやか)(かすか)にこの(こゑ)()きて、057白萩(しらはぎ)(こころ)(あは)れさに両眼(りやうがん)をうるほしながら、
058『われとても木石(ぼくせき)ならぬ()なれども
059(ひと)つの()なり如何(いか)(むく)いむ
060われも(また)(なげ)きの(ふち)(しづ)みつつ
061(むね)()らさむと此処(ここ)(あそ)べる
062黄昏(たそがれ)(きみ)(なげ)きの(こゑ)()きて
063(かな)しく(さび)しくなりにけらしな
064(こひ)(ゆゑ)生命(いのち)()しまじわれはただ
065垂乳根(たらちね)()めながらふのみなり』
066 かくいふ(をり)しも、067(また)もや上手(かみて)(はう)より(かな)しき(こゑ)(きこ)(きた)る。
068『われこそは(なれ)(した)ひし白菊(しらぎく)
069(つゆ)(うるほ)(つぼみ)(はな)
070一本(ひともと)花橘(はなたちばな)(おも)ひしを
071(きみ)百花(ももばな)千花(ちばな)手折(たを)れり
072(うら)めしく(かな)しく生命(いのち)()へがてに
073われは湖路(うなぢ)(わた)()しはや
074わが(おも)ひいや(ふか)ければ()(ふち)
075(そこ)(ひそ)みて(たつ)となりぬる
076万代(よろづよ)(すゑ)にも()れぬ白菊(しらぎく)
077()らし(たま)へる(きみ)(うら)めし
078千早振(ちはやぶ)神代(かみよ)(こと)(ひと)ならば
079()はましものを白菊(しらぎく)(はな)
080君ケ代(きみがよ)をいと長月(ながつき)(そら)(きよ)
081()かむ白菊(しらぎく)あはれと(おも)
082水上山(みなかみやま)(きく)下水(したみづ)如何(いか)なれば
083(なが)れて(ふち)(しづ)むなるらむ
084(いの)りつつ()長月(ながつき)(きく)(はな)
085(いづ)れの(とき)(きみ)手折(たを)るや
086(やま)()()でゐる(つき)(かむばせ)
087(きみ)(おもて)白菊(しらぎく)(はな)
088わが(おも)ひいや(ふか)ければ八千尋(やちひろ)
089(うみ)(わた)りて(した)()つるも
090(たぐひ)なき(きみ)のよそほひ見染(みそ)めてゆ
091白菊(しらぎく)われは(みだ)れむとせり
092(たま)()生命(いのち)()しまじ君許(きみがり)
093(ちか)()みなば(ふち)(そこ)ひも』
094 艶男(あでやか)はこの(こゑ)()き、095狂気(きやうき)(ごと)(むね)()やしながら、
096今日(けふ)(また)(かな)しき(こゑ)()()かな
097(いま)前後(ぜんご)白波(しらなみ)(うへ)
098(あき)されば白菊(しらぎく)(はな)手折(たを)らむと
099われは(こころ)()へずありける
100白菊(しらぎく)(にほ)ひめでたくわが(そで)
101(かを)りて(とき)じく(わす)らへなくに
102()しまるる生命(いのち)ならねど(いま)しばし
103わが()()ひたち()たせ(たま)はれ』
104 白菊(しらぎく)(こゑ)として、
105御言葉(おんことば)(いつは)りなくばわれとても
106なやみ()らして(とき)()つべし』
107 かかる(をり)しも、108(やや)下流(かりう)(あた)りて、109女郎花(をみなへし)(ほそ)(こゑ)ひびき(きた)る。110よくよく(みみ)をすまして()()れば、
111『われこそは(たつ)島根(しまね)(そだ)ちたる
112(よわ)(はな)女郎花(をみなへし)ぞや
113(きみ)()ひてわが()やつれぬ(たま)()
114生命(いのち)()せむと幾度(いくたび)(おも)ひし
115八潮路(やしほぢ)(わた)りてここに大井川(おほゐがは)
116淵瀬(ふちせ)(しづ)むも(きみ)おもへばなり
117細々(ほそぼそ)()()(あめ)(きみ)(おも)
118(かな)しきわれの(なみだ)なるぞや
119如何(いか)にして(かな)しき(おも)()らさむと
120波路(なみぢ)()けて此処(ここ)()つるも
121水上山(みなかみやま)斜面(なぞへ)(にほ)女郎花(をみなへし)
122やさしきよそほひ()そなはさずや
123(きみ)()ひてここに幾日(いくひ)(かさ)ねけり
124(つゆ)(なさけ)(あめ)()れむと
125われは(いま)()るに()へざる醜神(しこがみ)
126(たつ)(おも)へば(かな)しかりけり
127幾千代(いくちよ)もこれの淵瀬(ふちせ)(しづ)みゐて
128(きみ)御幸(みさち)(まも)らむと(おも)
129白萩(しらはぎ)白菊(しらぎく)(きみ)もわれも(また)
130藤ケ丘辺(ふぢがをかべ)(きみ)()つなり
131(たま)()(きみ)生命(いのち)()つるまで
132なやみ(くる)しみ()たむとぞ(おも)
133竜神(たつがみ)(かな)しき(こころ)(おも)ひやり
134(ゆめ)(まくら)にも(しの)ばせ(たま)へ』
135 かく(ひび)(をり)しも、136(ふち)(みづ)(にはか)(だい)なる波紋(はもん)(ゑが)き、137水煙(みづけむり)とともに()(のぼ)りたるものあり。138よくよく()れば人面竜身(にんめんりうしん)燕子花(かきつばた)なるに、139艶男(あでやか)真砂(まさご)140白砂(しらさご)一度(いちど)(おどろ)き、141茫然(ばうぜん)として、142あちらこちらと()(くる)水煙(みづけむり)(なが)めゐる。143波紋(はもん)益々(ますます)(はげ)しく、144(つひ)には(ふね)(くつがへ)らむばかりの荒波(あらなみ)となりければ、145艶男(あでやか)()(けつ)して()(あが)り、
146『わが()ふる燕子花姫(かきつばたひめ)(すさ)びにや
147われはとどむる(ちから)だになし
148かくなれば(なに)をいなまむわれも(また)
149(みづ)藻屑(もくづ)となりて()ゆべし』
150 真砂(まさご)151白砂(しらさご)両人(りやうにん)(おどろ)きて、152艶男(あでやか)左右(さいう)()をしつかと(にぎ)り、153(なみだ)ながらに、
154若君(わかぎみ)よはやらせ(たま)(こと)なかれ
155(きみ)には父母(ふぼ)御子(みこ)いまさずや
156(たま)()生命(いのち)()するはいと(やす)
157(おも)きは(くに)(つと)めなるぞや
158(おも)ひきや大井(おほゐ)(かは)舟遊(ふなあそ)びに
159かかる(なげ)きの()(せま)るとは
160上津瀬(かみつせ)にはた中津瀬(なかつせ)下津瀬(しもつせ)
161(きこ)ゆる(こゑ)魔神(まがみ)なるらむ
162若君(わかぎみ)魔神(まがみ)(あま)(こと)()
163かかりて生命(いのち)()てさせ(たま)ふな
164若君(わかぎみ)生命(いのち)はわれ()があづからむ
165真砂(まさご)白砂(しらさご)(ちから)(かぎ)りに』
166 白砂(しらさご)はあわてて、
167(かぜ)()れて(なみ)(たか)まりぬいざ(ふね)
168岸辺(きしべ)()せむ真砂(まさご)(ふね)()げ』
169 真砂(まさご)はこたへて、
170()(かい)(なみ)(さら)はれ如何(いか)にして
171岸辺(きしべ)()かむこの荒川(あらかは)を』
172 ()くいふ(をり)しも、173一天(いつてん)(にはか)にかき(くも)り、174暴風(ぼうふう)()(すさ)み、175大地(だいち)震動(しんどう)して、176荒波(あらなみ)(たけ)りに(ふね)諸共(もろとも)三人(さんにん)姿(すがた)水中(すいちう)(ふか)くかくれける。
177 これより日夜(にちや)震動(しんどう)()まず、178(いかづち)(とどろ)き、179稲妻(いなづま)(ひらめ)き、180暴風(ぼうふう)()(すさ)み、181(あめ)(ぼん)(かへ)せし(ごと)く、182地鳴(ぢなり)震動(しんどう)間断(かんだん)なく、183さしもに平穏(へいをん)なりし水上山(みなかみやま)聖場(せいぢやう)は、184阿鼻叫喚(あびけうくわん)(ちまた)(くわ)()り、185岩ケ根(いはがね)竜彦(たつひこ)一大事(いちだいじ)()()ひ、186高殿(たかどの)(あが)りて、187(なん)(まぬが)れゐたりける。
188 国津神(くにつかみ)たちの右往左往(うわうさわう)()(さけ)(さま)189()()てられぬ惨状(さんじやう)なりける。
190 かかるところへ、191(てん)より(くだ)()ませる容姿(ようし)端麗(たんれい)なる女神(めがみ)192四柱(よはしら)侍神(じしん)(ともな)ひ、193(この)()(くだ)らせ(たま)ふ。
194昭和九・七・二〇 旧六・九 於関東別院南風閣 林弥生謹録)