霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 (やま)(かみ)〔五八二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第15巻 如意宝珠 寅の巻 篇:第3篇 神山霊水 よみ:しんざんれいすい
章:第15章 第15巻 よみ:やまのかみ 通し章番号:582
口述日: 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年12月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
高国別は岩窟で不思議な女神を追いかけるうち、落とし穴にはまって命を落としてしまう。天国をさまよううちに、宣伝使亀彦、梅彦ら一行と出会い、活津彦根神と呼ばれる。亀彦と梅彦はそれぞれ、神素盞嗚大神の娘である菊子姫、幾代姫と夫婦となっていた。
そして高国別は神素盞嗚大神の長女である愛子姫と契りを結ぶが、木花姫神が現れて、まだ現界に役割が残っているとして生き返る。
目を覚ました高国別は、深い井戸の底に落ち込んでいることに気がついた。そこへ天国で見たとおりに亀彦、梅彦、菊子姫、幾代姫、愛子姫が現れる。
井戸の底から石段を上ってきた高国別は、一同と合流する。夢で見たとおり、愛子姫は高国別を夫として迎え、六人で岩屋の探検に進んで行くことになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1515
愛善世界社版:184頁 八幡書店版:第3輯 348頁 修補版: 校定版:183頁 普及版:83頁 初版: ページ備考:
001(この)()(すま)素盞嗚(すさのを)
002(かみ)(みこと)(したが)ひて
003御稜威(みいづ)(たか)高国別(たかくにわけ)
004(くし)岩窟(いはや)(おちい)りし
005老若男女(らうにやくなんによ)生命(せいめい)
006一人(ひとり)(のこ)さず(たす)けむと
007地底(ちてい)(ほら)()()みて
008(かみ)(ねがひ)をかけまくも
009雄々(をを)しき姿(すがた)すたすたと
010(こゑ)する(はう)辿(たど)りつつ
011()(あた)りたる(いは)()
012(また)もや両手(りやうて)()みながら
013進退(しんたい)(ここ)(きは)まりて
014(しば)思案(しあん)()()たる。
015 (とき)しもあれや何処(いづこ)よりか、016閃光(せんくわう)(かがや)高国別(たかくにわけ)(まへ)火玉(ひだま)となりて(すす)()るものあり。
017 高国別(たかくにわけ)(つるぎ)(つか)()をかけて、018()らば()らむと身構(みがま)へす。019巨大(きよだい)なる()(たま)は、020高国別(たかくにわけ)四五間(しごけん)(まへ)万雷(ばんらい)一時(いちじ)()つるが(ごと)音響(おんきやう)(とも)落下(らくか)し、021白煙(はくえん)となつて四辺(あたり)(つつ)咫尺(しせき)(べん)ぜざる(もや)(なか)022高国別(たかくにわけ)きつ(はら)()臍下丹田(さいかたんでん)(いき)()め、023天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)しければ、024今迄(いままで)咫尺(しせき)(べん)ぜざりし猛煙(まうえん)(ぬぐ)ふがごとく()()せて、025優美(いうび)なる一人(ひとり)女神(めがみ)026莞爾(くわんじ)として佇立(ちよりつ)して()たまふ。
027 高国別(たかくにわけ)は、
028『ヤア(なんぢ)何者(なにもの)なるぞ、029(さつ)する(ところ)(この)岩窟(がんくつ)(わだか)まる金毛九尾(きんまうきうび)悪狐(あくこ)眷属(けんぞく)ならむ、030()両刃(もろは)長剣(ちやうけん)()()てむ』
031()ふより(はや)剣光(けんくわう)(ひらめ)(いなづま)早業(はやわざ)032()つてかかれば女神(めがみ)中空(ちうくう)()(あが)り、033飛鳥(ひてう)(ごと)(みぎ)(ひだり)(うへ)(した)(たい)(かは)し、034(つひ)には(また)もや以前(いぜん)火弾(くわだん)(くわ)し、035(うな)りを()てて岩窟(いはや)(うち)()()(ごと)()()りにける。
036 油断(ゆだん)はならじと高国別(たかくにわけ)附近(あたり)キヨロキヨロ見廻(みまは)(をり)しも、037()(たけ)一丈(いちぢやう)五六尺(ごろくしやく)もあらむと(おも)はる大男(おほをとこ)038異様(いやう)(けもの)()きつれながら(この)()(あら)はれ、039高国別(たかくにわけ)一寸(ちよつと)会釈(ゑしやく)したり。040高国別(たかくにわけ)(また)もや魔神(まがみ)襲来(しふらい)ならむと()(くば)身構(みがま)へする。041(だい)(をとこ)大口(おほぐち)()けて高笑(たかわら)ひ、
042『アハヽヽヽヽ、043(なんぢ)高天原(たかあまはら)より(くだ)(きた)れる俄造(にはかづく)りの似非(えせ)審神者(さには)044(わが)正体(しやうたい)見届(みとど)けよ』
045(かがみ)(ごと)()見開(みひら)き、046かつ()めつけたり。047高国別(たかくにわけ)両手(りやうて)()み、048鎮魂(ちんこん)姿勢(しせい)()り、049ウンと一声(ひとこゑ)言霊(ことたま)発射(はつしや)したるに、050(だい)(をとこ)(たちま)(たい)(へん)優美(いうび)なる女神(めがみ)となりぬ。
051 高国別(たかくにわけ)は、
052千変万化(せんぺんばんくわ)悪神(あくがみ)悪戯(いたづら)053(いま)正体(しやうたい)(あら)はして()れむ』
054両刃(もろは)長剣(ちやうけん)(ひらめ)かし、055女神(めがみ)(むか)つて(ほね)(とほ)れとばかり()きかかる。056女神(めがみ)手早(てばや)(たい)をヒラリと(かは)した途端(とたん)057(いきほひ)(あま)つて高国別(たかくにわけ)岩窟(がんくつ)(なか)隧道(すゐだう)を、058トントントン、059七八間(しちはちけん)(ばか)()(すご)し、060(そこ)ひも()れぬ陥穽(おとしあな)真逆(まつさか)さまに転落(てんらく)し、061高国別(たかくにわけ)(その)(まま)(いき)()え、062最早(もはや)(この)()(ひと)にはあらざりけり。
063 高国別(たかくにわけ)唯一人(ただひとり)064(てん)(あを)(やま)(きよ)百花爛漫(ひやくくわらんまん)たる原野(げんや)神言(かみごと)奏上(そうじやう)しながら何処(どこ)(あて)ともなく、065(あし)(うご)くままに()(まか)(すす)()く。
066 前方(ぜんぱう)屹立(きつりつ)する(くも)(ころも)(なかば)(かぶ)りたる高山(かうざん)()えて()た。067高国別(たかくにわけ)(やま)(ひつ)つけらるる(ごと)心地(ここち)して、068(あし)(まか)せて(すす)()く。069パタリと()(あた)つた峻坂(しゆんぱん)070(あふ)()れば鮮花色(せんくわしよく)男女(だんぢよ)(むれ)四五人(しごにん)071何事(なにごと)面白(おもしろ)可笑(おか)しく(ささや)きながら、072此方(こなた)(むか)つて悠々(いういう)(すす)(きた)る。073高国別(たかくにわけ)両手(りやうて)()んで独言(ひとりごと)
074『アヽ(われ)素盞嗚尊(すさのをのみこと)大神(おほかみ)御伴(おとも)(つか)へまつり、075カナンが一家(いつか)休息(きうそく)(たま)(みこと)(めい)によつて諸人(しよにん)(あと)()ひ、076不思議(ふしぎ)岩窟(いはや)(しの)()りしと(おも)ひきや、077天空(てんくう)快濶(くわいくわつ)一点(いつてん)雲霧風塵(うんむふうぢん)もなき大原野(だいげんや)(わた)り、078(いま)(また)(この)山口(やまぐち)(きた)るこそ合点(がてん)がゆかぬことである(わい)
079(あと)振返(ふりかへ)四方(しはう)光景(くわうけい)(なが)めて思案(しあん)()れて()る。080五人(ごにん)男女(だんぢよ)此処(ここ)(あら)はれて一斉(いつせい)(うやうや)しく目礼(もくれい)しながら、
081貴下(きか)高国別(たかくにわけ)宣伝使(せんでんし)082活津彦根神(いくつひこねのかみ)(おは)さずや、083吾等(われら)神伊邪諾大神(かむいざなぎのおほかみ)使者(ししや)として貴下(きか)(むか)への(ため)罷越(まかりこし)たり、084イザイザ御案内(ごあんない)(まを)さむ』
085(さき)()つて(すす)()く。086高国別(たかくにわけ)何心(なにごころ)なく、087いそいそと五人(ごにん)(あと)(したが)急坂(きふはん)(のぼ)()く。088(やうや)(さか)絶頂(ぜつちやう)(たつ)した。089二男三女(になんさんぢよ)神人(しんじん)(くち)(そろ)へて、
090『これはこれは高国別(たかくにわけ)(さま)091(つか)れで御座(ござ)いませう。092此処(ここ)(うづ)(たうげ)絶頂(ぜつちやう)093()御休息(ごきうそく)(くだ)さいませ』
094 高国別(たかくにわけ)は、
095『アヽ(おも)ひも()らぬ一人旅(ひとりたび)096(なん)となく(この)(うるは)しき山野(さんや)跋渉(ばつせふ)するにも話相手(はなしあひて)もなく(やや)寂寥(せきれう)(かん)じて()ました。097(しか)るに(この)(さか)(した)より(うるは)しき貴方等(あなたら)御迎(おむか)へ、098一円(いちゑん)合点(がてん)(まゐ)(まを)さず、099(うづ)(たうげ)とは何国(なにくに)(やま)御座(ござ)るか』
100 五人(ごにん)は、
101『ハイ』
102()つたまま、103ニコニコと(わら)つて(こた)へぬ。104(をり)しも()()はれぬ(すず)しき(かぜ)(おもむろ)()(きた)り、105高国別(たかくにわけ)(かほ)()颯々(さつさつ)たる(こゑ)()て、106幅広(はばひろ)木葉(このは)(ひるがへ)しながら()ぎて()く。
107『オー(まる)天国(てんごく)浄土(じやうど)のやうな心持(こころもち)(いた)す、108百鳥(ももどり)(そら)(うた)百花爛漫(ひやくくわらんまん)として()(みだ)れ、109(かぜ)(きよ)(かん)ばしく、110(かす)かに(きこ)ゆる微妙(びめう)音楽(おんがく)111(くも)()てたる葦原(あしはら)(くに)にもかかる(うるは)しき郷土(きやうど)のあるか、112アヽ心持(こころもち)よや』
113芝生(しばふ)(うへ)にどつかと()し、114言葉(ことば)(すず)しく一同(いちどう)(むか)ひ、
115合点(がてん)()かぬ今日(けふ)旅行(りよかう)116貴方等(あなたら)(いづ)れの(かみ)()()すか、117名乗(なの)らせたまへ』
118 一人(ひとり)(をとこ)(うやうや)しく、
119(わたくし)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)たりし亀彦(かめひこ)御座(ござ)います。120これなる(をんな)菊子姫(きくこひめ)(まを)し、121神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)第六(だいろく)御娘(おんむすめ)122(いま)大神(おほかみ)御心(みこころ)により千代(ちよ)(かは)らぬ宿(やど)(つま)123此処(ここ)地底(ちてい)(くに)天国(てんごく)124(うづ)(たうげ)御座(ござ)います』
125『アヽ、126貴方(あなた)(おと)名高(なだか)亀彦(かめひこ)宣伝使(せんでんし)127貴方(あなた)大神(おほかみ)御娘(おんむすめ)菊子姫(きくこひめ)(さま)か、128(おも)はぬ(ところ)でお()(かか)りました。129してして(ちち)素盞嗚(すさのを)大神(おほかみ)(いま)何処(いづ)くに(おはしま)すか、130()かま()しう(ぞん)じます』
131 菊子姫(きくこひめ)(なみだ)をはらはらと(はら)ひながら、
132(まを)すも(せん)なき(こと)ながら、133(ちち)大神(おほかみ)天地(てんち)諸神人(しよしんじん)のために、134千座(ちくら)置戸(おきど)()はせたまひ(いま)味気(あぢき)なき漂泊(さすらひ)一人旅(ひとりたび)135何処(いづく)(はた)(おは)すらむ、136せめては(その)御消息(ごせうそく)なりとも()かま()し』
137(なみだ)ぐみ芝生(しばふ)(うへ)()()しにけり。
138 梅彦(うめひこ)は、
139『これはこれは菊子姫(きくこひめ)殿(どの)140此処(ここ)地底(ちてい)天国(てんごく)御座(ござ)る。141天国(てんごく)(なみだ)禁物(きんもつ)142歓喜(くわんき)(はな)(ひら)くパラダイスで御座(ござ)るぞ。143いや高国別(たかくにわけ)(さま)144吾々(われわれ)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)たりし梅彦(うめひこ)(まを)(もの)145これなる(つま)菊子姫(きくこひめ)(あね)幾代姫(いくよひめ)御座(ござ)います。146大神(おほかみ)内命(ないめい)()つて夫婦(ふうふ)(やく)(むす)びました。147(この)()宜敷(よろし)くお(ねが)(いた)します』
148『アヽ左様(さやう)御座(ござ)つたか、149(おも)ひも()らぬ不思議(ふしぎ)対面(たいめん)150(まつた)大神様(おほかみさま)のお()(あは)せ、151アヽ有難(ありがた)し。152()くも(うるは)しき山上(さんじやう)にて大神(おほかみ)姫御子(ひめみこ)御目(おめ)(かか)(こと)望外(ばうぐわい)仕合(しあは)せで御座(ござ)る』
153貴神(あなた)はペテロの(みやこ)(おい)驍名(げうめい)(かく)れなき御神様(おんかみさま)154幾度(いくたび)生死(せいし)往来(ゆきき)(あそ)ばされ、155此処(ここ)活津彦根神(いくつひこねのかみ)(あら)はれ(たま)ひし天下無双(てんかむさう)忠勇義烈(ちうゆうぎれつ)神様(かみさま)(うけたま)はる。156(あめ)太玉命(ふとたまのみこと)仲介(なかだち)により、157素盞嗚(すさのを)大神(おほかみ)御許(おゆる)しを()第一(だいいち)御子(みこ)たる、158(この)愛子姫(あいこひめ)(さま)貴下(きか)(つま)神定(かむさだ)めさせ(たま)へば、159(いま)より愛子姫(あいこひめ)(さま)(つま)となし、160神国(しんこく)のためにお(つく)(くだ)されば有難(ありがた)(ぞん)じます。161貴方(あなた)にお(わた)(まを)(まで)吾等(われら)日夜(にちや)気懸(きがか)り、162(これ)にて(わが)願望(ぐわんばう)成就(じやうじゆ)(いた)しました』
163梅彦(うめひこ)(こころ)()()きし様子(やうす)なり。
164『これはこれは、165(おと)名高(なだか)高国別(たかくにわけ)(さま)166(をつと)となり(つま)となるも(かみ)(むす)びたまひし身魂(みたま)因縁(いんねん)167千代(ちよ)八千代(やちよ)(わらは)(とも)に、168()(たづさ)へて神業(しんげふ)(つく)させたまへ』
169(かほ)紅葉(もみぢ)()らしつつ(やさ)しき()(ひざ)にあて(かた)(いづ)るは愛子姫(あいこひめ)なり。170高国別(たかくにわけ)は、171(ゆめ)(うつつ)(まぼろし)合点(がてん)()かぬと、172(しば)茫然(ばうぜん)として大空(おほぞら)()(あふ)思案(しあん)()()たり。
173 梅彦(うめひこ)はモドかしがり、
174高国別(たかくにわけ)(さま)175(なに)御思案(ごしあん)なさいます、176何事(なにごと)(むす)びの(かみ)御定(おんさだ)め、177(ただち)御承諾(ごしようだく)なさいませ』
178『アヽ、179有難(ありがた)有難(ありがた)し、180(おも)ひも()らぬ山上(さんじやう)見合(みあ)ひ、181(やま)神様(かみさま)御仲介(おなかだち)182(くさ)(むしろ)(くも)天井(てんじやう)183(かぜ)音楽(おんがく)木々(きぎ)()()()(をど)り、184イヤもう有難(ありがた)承知(しようち)(つかまつ)りました』
185高国別(たかくにわけ)笑顔(ゑがほ)をもつて(むか)へゐる。186これより世俗(せぞく)(つま)(やま)(かみ)()ふのである。187愛子姫(あいこひめ)()(あが)り、188高国別(たかくにわけ)(むか)つて、189南方(なんぱう)諸山(しよざん)(あつ)してそそり()てる高山(たかやま)(ゆび)さし、
190(くも)彼方(かなた)黄金(こがね)(やま)我等(われら)永久(とこしへ)故郷(ふるさと)191いざいざ御一同(ごいちどう)(すす)みませう』
192(さき)()つて急坂(きふはん)(みなみ)(くだ)る。193一同(いちどう)一歩(いつぽ)一歩(いつぽ)(ちから)()れながらアブト(しき)(りう)(さか)(くだ)()く。194雲表(うんぺう)屹立(きつりつ)せる彼方(かなた)(とほ)高山(たかやま)山頂(さんちやう)何時(いつ)()にやら(たつ)してゐた。195三夫婦(みふうふ)山頂(さんちやう)衝立(つつた)天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)するや、196(やま)(つつ)みし五色(ごしき)(くも)(とびら)(ひら)きし(ごと)く、197(さつ)左右(さいう)(ひら)けた。198()(とど)かぬ(ばか)りの青野原(あをのはら)199(しろ)き、200(あか)き、201(あを)き、202黄色(きいろ)き、203紫色(むらさきいろ)三重(みへ)五重(いつへ)十重(とへ)二十重(はたへ)(たふ)は、204眼下(がんか)青野(あをの)(はら)部落(ぶらく)(なか)幾百(いくひやく)ともなく屹立(きつりつ)し、205(その)絶景(ぜつけい)(たと)ふるに(もの)なく、206(とほ)()(はな)てば紺碧(こんぺき)(なみ)(たた)へたる大海原(おほうなばら)207(なみ)(しづか)純白(じゆんぱく)真帆(まほ)片帆(かたほ)208右往左往(うわうさわう)(はし)()くさま、209画伯(ぐわはく)()()れる一幅(いつぷく)大画帳(だいぐわちやう)(ごと)く、210(とき)(うつ)るも(わす)れて一同(いちどう)絶景(ぜつけい)見守(みまも)つて()た。211(この)(とき)山頂(さんちやう)(うるは)しき(ほこら)(なか)より、212黄金(わうごん)(とびら)(ひら)(あら)はれ()でたる一柱(ひとはしら)女神(めがみ)213二人(ふたり)侍女(じぢよ)(ともな)悠々(いういう)六人(ろくにん)(まへ)(あら)はれて、
214(わらは)木花姫(このはなひめ)なり、215汝等(なんぢら)忠勇義烈(ちうゆうぎれつ)至仁(しじん)至愛(しあい)神人(かみ)なれば、216(なんぢ)永久(とこしへ)()むべき(くに)(この)聖域(せいゐき)なり。217(しか)しながら()現界(げんかい)(おい)(つと)むべき(こと)あれば、218(ふたた)現界(げんかい)()(かへ)されよ。219今後(こんご)(こころ)(ゆる)ませ(たま)ふな。220体主霊従(たいしゆれいじう)魔風(まかぜ)(さそ)はれなば、221(ふたた)此処(ここ)(きた)(こと)(あた)はざるべし、222(いま)より(すみや)かに現界(げんかい)(かへ)(たま)へ』
223優美(いうび)にして荘重(さうちよう)なる言葉(ことば)(のこ)し、224黄金(わうごん)(とびら)()ぢて、225侍女(じぢよ)(とも)(また)もや(ほこら)(うち)姿(すがた)(かく)したまうた。
226 (たちま)四辺(しへん)暗黒(あんこく)となり、227身体(しんたい)寒冷(かんれい)(おぼ)ゆると()()(よみがへ)()れば、228高国別(たかくにわけ)岩窟内(がんくつない)(ふか)井戸(ゐど)(そこ)(たふ)()たるなり。
229『アヽ(ゆめ)であつたか、230(しか)(なが)(われ)活津彦根(いくつひこね)(あふ)せられしは不審(ふしん)(ひと)つ、231吾身(わがみ)守護神(しゆごじん)()らずして(なまじひ)審神(さには)(おこな)ひしため、232大神(おほかみ)御仁慈(ごじんじ)によつて(をし)へたまひしか、233アヽ有難(ありがた)有難(ありがた)し』
234と、235合掌(がつしやう)(こゑ)(すず)しく天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)したりける。236フト(そら)(あふ)()れば(あな)周囲(まわり)(うるは)しき二男三女(になんさんぢよ)(ゆめ)()神人(しんじん)()(あら)はれ、237井底(せいてい)(のぞ)きて何事(なにごと)(ささや)()るあり。238高国別(たかくにわけ)(ゆめ)夢見(ゆめみ)心地(ここち)して、239(また)もや両手(りやうて)()(こころ)(もつ)れを手繰(たぐ)()る。240(やや)ありて高国別(たかくにわけ)井底(せいてい)より(そら)(あふ)ぎながら、
241『もしもし亀彦(かめひこ)(さま)242梅彦(うめひこ)(さま)243その()三人(さんにん)女性様(めがみさま)244(わたくし)高国別(たかくにわけ)御座(ござ)います。245(ひと)(いのち)(すく)はむために、246地中(ちちう)岩窟(いはや)(しの)()り、247(あやま)つてかかる古井戸(ふるゐど)(そこ)()ちました。248(なん)とかして(わたくし)をお(すく)(くだ)さいますまいか』
249『ヤア(うはさ)()(およ)高国別(たかくにわけ)(さま)か、250それは(さぞ)(こま)りでせう、251(なん)とか(ひと)工夫(くふう)をしてお(すく)(まを)さねばなりませぬ。252(しか)(なが)(かか)岩窟(いはや)(なか)にある古井戸(ふるゐど)には階段(かいだん)があるものです。253この亀彦(かめひこ)一度(いちど)フサの(くに)(しこ)岩窟(いはや)古井戸(ふるゐど)()()んだ(とき)254如何(いかが)はせむかと(こころ)(いた)めましたが、255フト(かたはら)()れば階段(かいだん)(きざ)まれてありました。256よくよく調(しら)べなさいませ』
257有難(ありがた)御座(ござ)います、258(すこ)しの()がかりも(あし)がかりも御座(ござ)いませぬ。259恰度(ちやうど)竹筒(たけづつ)(なか)()ちたやうなものです』
260 梅彦(うめひこ)は、
261『アヽ、262(こま)つたな、263吾々(われわれ)一度(いちど)古井戸(ふるゐど)()ちた経験(けいけん)があるが、264階段(かいだん)がないとは意外(いぐわい)だ、265(なん)とか工夫(くふう)をせねばなりますまい。266亀彦(かめひこ)サン、267貴方(あなた)(まはし)(おび)(はづ)して(くだ)さい、268吾々(われわれ)(おび)(まはし)とを()きます。269これを(つな)いで井底(せいてい)()(くだ)しませう』
270()ひつつ、271くるくると(おび)()き、272(まはし)(はづ)手早(てばや)(つな)いだ。273亀彦(かめひこ)(おな)じく(おび)(まはし)()(はづ)し、274手早(てばや)(つな)(あは)井戸(ゐど)()(おろ)して()た。
275 梅彦(うめひこ)は、
276『モシモシ、277高国別(たかくにわけ)(さま)278この(おび)にお(つか)まり(くだ)さい』
279『イヤ、280有難(ありがた)う、281折角(せつかく)思召(おぼしめし)ながらどうも(とど)きませぬ。282(くは)ふるに(あや)しき臭気(しうき)(いた)します』
283 梅彦(うめひこ)は、
284『アヽ、285(なん)()まわし(わる)(こと)だらう。286エヽ仕方(しかた)がない、287三人(さんにん)のお女中(ぢよちう)288貴女方(あなたがた)(おび)(ほど)いて(くだ)さいませ』
289愛子姫(あいこひめ)『ハイ、290如何(どう)(いた)しませう。291菊子(きくこ)さま、292幾代(いくよ)さま』
293二女(にじよ)『さうですなア、294(わたし)裸体(はだか)になるのは(はづ)かしいワ』
295梅彦(うめひこ)(はづ)かしいの(なん)のと()つてゐる(どころ)か、296人命(じんめい)(かか)はる大事(だいじ)だ。297サアサアコンナ(とき)には(はぢ)(くそ)もあつたものでない、298(おび)をお()きなさい』
299愛子姫(あいこひめ)『それでも(あま)残酷(ざんこく)ですワ』
300亀彦(かめひこ)『これこれ愛子姫(あいこひめ)さま、301(なに)仰有(おつしや)るのだ、302貴女(あなた)こそ残酷(ざんこく)だ。303高国別(たかくにわけ)(さま)危急(ききふ)存亡(そんばう)場合(ばあひ)304サアサア、305キリキリとお()きなさい。306もしもし高国別(たかくにわけ)さま、307()うも仕方(しかた)がありませぬ、308吾々(われわれ)(おび)()(まはし)()き、309三人(さんにん)女神(めがみ)(おび)(つな)(あは)して、310(いま)垂下(すゐか)(いた)しますからね、311少々(せうせう)(くさ)くても御辛抱(ごしんばう)(くだ)さいませ、312(をんな)(にほ)ひと()ふものは(かへ)つて(ゆか)しいものですよ、313アハヽヽヽ』
314高国別(たかくにわけ)(それ)(ばか)りは御免(ごめん)(かうむ)()い、315ヤア神様(かみさま)宿(やど)(たま)(あたま)(うへ)で、316ソンナ(もの)をべらべらさして(もら)つては有難(ありがた)迷惑(めいわく)だ。317どうぞ(はや)手繰(たぐ)()げて(くだ)さい』
318亀彦(かめひこ)『エヽ、319無理(むり)(ばか)()神様(かみさま)だな、320(この)()(およ)んでどうも仕方(しかた)がありませぬワ。321(ちつ)とは(はな)(つま)んで御辛抱(ごしんばう)なさいませ。322異性(いせい)(にほ)ひは(かへ)つてよいものですよ』
323高国別(たかくにわけ)『アハヽヽヽ、324ヤア(みな)さま、325御心配(ごしんぱい)をかけました。326()うやら梯子(はしご)(きざ)まれてあるやうに(おも)ひます』
327亀彦(かめひこ)『アハヽヽヽ、328矢張(やつぱ)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)洒落(しやれ)上手(じやうず)だなア、329此処迄(ここまで)洒落(しやれ)ると、330洒落(しやれ)徹底(てつてい)して面白(おもしろ)い。331もしもし三人(さんにん)姫御前(ひめごぜん)332御安心(ごあんしん)なさいませ、333(おび)()くのだけは(ゆる)して()げませう』
334三女(さんぢよ)『ホヽヽヽ、335(たれ)(おび)ども(ほど)きますものか、336(おび)()時間(じかん)にはも(ちつ)(はや)いぢやありませぬか、337ホヽヽヽヽ』
338亀彦(かめひこ)『また貴女方(あなたがた)洒落(しやれ)るのか、339モシモシ高国別(たかくにわけ)さま、340(はや)くお(あが)りなさらぬか』
341高国別(たかくにわけ)『アヽ矢張(やつぱ)間違(まちが)ひだつた、342(ちつ)とも手係(てがか)りがありませぬワ。343(まこと)()みませぬが(わたくし)一命(いちめい)(たす)けると思召(おぼしめ)し、344どうぞお慈悲(じひ)三人(さんにん)女性様(めがみさま)(おび)()いて、345(つな)(あは)して(たす)けて(くだ)さい、346(ねが)ひぢやお(ねが)ひぢや』
347亀彦(かめひこ)『エヽ、348(なん)矢張(やつぱ)虚言(うそ)だつたか、349これは仕方(しかた)がない。350サアサア三人(さんにん)女性様(めがみさま)351ちつと時間(じかん)(はや)いが(をつと)()(こと)だ、352女房(にようばう)()かぬと()(こと)があるものか、353(はや)()いたり、354()いたり。355エヽ(なに)356(はづ)かしいと。357(なに)(はづ)かしい、358(みづ)()らさぬ夫婦仲(めをとなか)ぢやないか』
359菊子姫(きくこひめ)『それでも(ねえ)さまに(はづ)かしいワ』
360亀彦(かめひこ)(なに)361(ねえ)さまのお婿(むこ)さまを(たす)けるのだ。362ソンナ遠慮(ゑんりよ)()るものか』
363愛子姫(あいこひめ)『ホヽヽヽヽ、364エヽ仕方(しかた)がありませぬ、365(わたし)率先(そつせん)して模範(もはん)(しめ)しませう』
366(おび)()きかける。367井戸(ゐど)(そこ)より陽気(やうき)(こゑ)で、368鼻歌(はなうた)(うた)ひながら、369トン、370トンと(あが)つて()る。
371高国別(たかくにわけ)『ヤア皆様(みなさま)372種々(いろいろ)御心配(ごしんぱい)をかけました。373(かげ)梯子段(はしごだん)(にはか)出来(でき)ました。374()(かく)咄嗟(とつさ)場合(ばあひ)急造(きふざう)したものですから、375(じつ)やにこいものです。376アハヽヽヽ』
377(うめ)378(かめ)(なん)だ、379裸体(はだか)になり(そん)をしたワイ』
380高国別(たかくにわけ)人間(にんげん)(うま)赤子(あかご)にならねば神様(かみさま)御神徳(ごしんとく)(いただ)けませぬよ、381赤子(あかご)(とき)には裸体(はだか)(うま)れたのだもの、382アハヽヽヽ』
383 高国別(たかくにわけ)拍手(かしはで)()合掌(がつしやう)しながら天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)(はじ)めた。384一同(いちどう)(こゑ)(そろ)へて合唱(がつしやう)する、385(その)声音(せいおん)朗々(らうらう)としてさしもに(ひろ)岩窟(いはや)(ひび)(わた)り、386天地開明(てんちかいめい)気分(きぶん)(ただよ)ふ。
387愛子姫(あいこひめ)貴方(あなた)(ちち)(ゆる)せし(わが)(をつと)388活津彦根(いくつひこね)神様(かみさま)389ようマア無事(ぶじ)()(くだ)さいました』
390高国別(たかくにわけ)『ヤア合点(がてん)()かぬ(こと)もあればあるものだなア、391(まへ)(うづ)(たうげ)でお()にかかつた(やま)(かみ)さまだなア。392ヤア有難(ありがた)有難(ありがた)い、393三夫婦(みふうふ)(そろ)うた瑞霊(みづのみたま)夫婦(ふうふ)()れ、394二三(にさん)六人(ろくにん)()(たづさ)へて(むつ)まじく、395此処(ここ)結婚(けつこん)(しき)()げませうか』
396亀彦(かめひこ)結婚(けつこん)(しき)()げやうと()つた(ところ)が、397(この)(やう)岩窟(いはや)(なか)398()うする(こと)出来(でき)ないぢやありませぬか』
399高国別(たかくにわけ)『イヤ、400御霊(みたま)御霊(みたま)結婚(けつこん)401(こころ)(さかづき)()()はし、402千代(ちよ)八千代(やちよ)末長(すゑなが)く、403(むつ)びて(すす)六人連(むたりづれ)404(さかえ)(はな)三夫婦(みふうふ)が、405天地人(てんちじん)(そろ)うて岩窟(いはや)探険(たんけん)406()つの御霊(みたま)(ちち)大神(おほかみ)御引合(おひきあは)せ、407アヽ有難(ありがた)有難(ありがた)し、408目出度(めでた)目出度(めでた)し、409一度(いちど)(ひら)梅彦(うめひこ)さま、410万代(よろづよ)(いは)亀彦(かめひこ)さま、411(うれ)しき便(たよ)りを菊子姫(きくこひめ)412幾代(いくよ)(かは)らぬ幾代姫(いくよひめ)413(かみ)(めぐみ)愛子姫(あいこひめ)414(むつ)()うたる三夫婦(みふうふ)が、415身魂(みたま)行末(ゆくすゑ)こそは(たの)しけれ』
416といそいそ神歌(しんか)(うた)ひながら、417(また)もや(おく)(おく)へと(すす)()く。
418大正一一・四・三 旧三・七 加藤明子録)
419(昭和一〇・三・二三 於花蓮港分院 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)