霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二三章 八日(やうか)(つき)〔五九〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第15巻 如意宝珠 寅の巻 篇:第4篇 神行霊歩 よみ:しんこうれいほ
章:第23章 第15巻 よみ:ようかのつき 通し章番号:590
口述日: 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年12月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
言依別命一行は、八島主らに別れを告げて、琵琶の湖を越え、コーカス山に詣でた。
コーカス山を守っていた松代姫は、一向らに神素盞嗚大神の消息を尋ねた。言依別命から大神の消息を聞いた松代姫は、無事を聞いて喜んだ。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1523
愛善世界社版:295頁 八幡書店版:第3輯 388頁 修補版: 校定版:292頁 普及版:135頁 初版: ページ備考:
001 言依別命(ことよりわけのみこと)は、002八島主(やしまぬし)天使(かみ)(その)()天使(かみ)(わか)れを()げ、003後日(ごじつ)面会(めんくわい)(やく)したまひぬ。
004(きよ)(こころ)玉彦(たまひこ)
005月日(つきひ)(かげ)叢雲(むらくも)
006四方(よも)()()厳彦(いづひこ)
007(かみ)御稜威(みいづ)(いや)(ふか)
008(たか)(くす)しき楠彦(くすひこ)
009(ひろ)(めぐみ)三人連(みたりづ)
010神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
011留守(るす)(やかた)(あと)にして
012千里(せんり)(うま)(また)がりつ
013(くつわ)(おと)(いさ)ましく
014手綱(たづな)()()りシトシトと
015(みづ)御魂(みたま)()つの(さか)
016(こころ)(こま)()(こま)
017いと(いさ)ましくシヤンシヤンと
018(こゑ)(すず)しき琵琶(びは)(うみ)
019浜辺(はまべ)()して(くだ)()
020(なみ)長閑(のどか)海原(うなばら)
021(こま)諸共(もろとも)(ふね)(なか)
022(なみ)()けてぞ(すす)みける
023(をり)から()()東南(とうなん)
024(かぜ)真帆(まほ)をば(かか)げつつ
025船脚(ふなあし)(はや)くコウカスの
026(やま)(ふもと)()(みなと)
027此処(ここ)御船(みふね)(よこ)たへて
028(また)もや(こま)()()りて
029さしもに(けは)しき嶮道(けんだう)
030シヤンコ シヤンコと(のぼ)りつつ
031(きみ)便(たよ)りも松代姫(まつよひめ)
032(かみ)御前(みまへ)平伏(ひれふ)して
033(いの)(まこと)麻柱(あななひ)
034(かみ)(をしへ)宣伝使(せんでんし)
035言依別(ことよりわけ)(はじ)めとし
036玉彦(たまひこ)厳彦(いづひこ)楠彦(くすひこ)
037()つの御魂(みたま)神司(かむつかさ)
038(この)()(やうや)(あら)はれて
039(やしろ)(まへ)常磐木(ときはぎ)
040(こま)(つな)ぎて静々(しづしづ)
041境内(けいだい)さして(すす)()
042四人(よにん)一度(いちど)大前(おほまへ)
043頸根(うなね)つきぬき(かしこ)まり
044()拍手(かしはで)()(きよ)
045()言霊(ことたま)はさやさやと
046(みづ)(なが)るる(ごと)くなり
047(をり)しも御前(みまへ)(ぬか)づきて
048皇大神(すめおほかみ)()(うへ)
049(まも)らせたまへ国治立(くにはるたち)
050(かみ)(みこと)大前(おほまへ)
051()ひのみまつる姫神(ひめがみ)
052(こゑ)(すず)しき太祝詞(ふとのりと)
053(すが)しく言霊(ことたま)()()へて
054静々(しづしづ)御階段(みはし)(くだ)()
055階下(かいか)()ればこは如何(いか)
056(まこと)(ひと)つの麻柱(あななひ)
057(かみ)使(つかい)宣伝使(せんでんし)
058言依別(ことよりわけ)一行(いつかう)
059(この)()にあるに(こころ)づき
060(あは)てて御階段(みはし)をかけ(くだ)
061四人(よにん)(まへ)平伏(ひれふ)して
062神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
063御身(おんみ)(うへ)如何(いか)にぞと
064()(こと)()涙声(なみだごゑ)
065(こころ)(やみ)(あは)れなる
066言依別(ことよりわけ)宣伝使(せんでんし)
067神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
068(その)消息(せうそく)詳細(まつぶさ)
069(つつ)まず(かく)さず()りつれば
070松代(まつよ)(ひめ)雀躍(こおど)りし
071嗚呼(ああ)有難(ありがた)有難(ありがた)
072皇大神(すめおほかみ)御恵(みめぐみ)
073(また)もや御階段(みはし)()(のぼ)
074(こころ)(しづ)めて皇神(すめかみ)
075(ふか)(めぐみ)(うれ)しみて
076感謝(かんしや)するこそ殊勝(しゆしよう)なれ
077(かみ)(おもて)(あら)はれて
078(ぜん)(あく)とを()()ける
079(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
080(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
081(ただ)何事(なにごと)現世(うつしよ)
082直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
083()曲事(まがこと)()(なほ)
084三五教(あななひけう)(かみ)(みち)
085四方(よも)国々(くにぐに)()(わた)
086(その)功績(いさをし)(たふと)けれ
087(ふる)神代(かみよ)物語(ものがたり)
088十五(じふご)(まき)()()へし
089大正(たいしやう)(みづのゑ)(いぬ)(はる)
090陰暦(いんれき)弥生(やよい)(かみ)八日(やをか)
091(しん)四月(しげつ)(かみ)四日(よつか)
092神代(かみよ)()かす(こと)()
093五百九十(ごひやくくじふ)(ふし)(いま)
094緯機(よこはた)(おり)なす瑞月(ずゐげつ)
095(よこ)()しつつ呉竹(くれたけ)
096(ふし)さへ()はぬ七五調(しちごてう)
097(いは)より加藤(かとう)村肝(むらきも)
098(こころ)(さだ)めて千早振(ちはやふる)
099(ふる)神代(かみよ)因縁(いんねん)
100此処(ここ)(あらた)()()かす
101今日(けふ)生日(いくひ)(たふと)けれ
102今日(けふ)生日(いくひ)目出(めで)たけれ。
103大正一一・四・四 旧三・八 加藤明子録)
104(昭和一〇・三・二五 王仁校正)