霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章 (つま)選挙(せんきよ)〔八七三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 篇:第2篇 紅裙隊 よみ:こうくんたい
章:第7章 第31巻 よみ:つまのせんきょ 通し章番号:873
口述日:1922(大正11)年08月18日(旧06月26日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3107
愛善世界社版:73頁 八幡書店版:第6輯 68頁 修補版: 校定版:75頁 普及版:33頁 初版: ページ備考:
001ヒルの(やかた)にゆくりなく
002(あら)はれ(きた)りて諸人(もろびと)
003(すく)(たす)けし国依別(くによりわけ)
004楓別(かへでのわけの)懇篤(こんとく)なる
005特別(とくべつ)待遇(たいぐう)(おも)はずも
006あらぬ月日(つきひ)(おく)りつつ
007(しこ)魔風(まかぜ)(おそ)はれて
008紅井姫(くれなゐひめ)執拗(しつえう)なる
009(こひ)(なさけ)()(とら)へられ
010進退(しんたい)ここに(きは)まりて
011(くるし)(もだ)ゆる折柄(をりから)
012アラシカ(やま)(ふもと)なる
013エリナの(たづ)(きた)りしゆ
014ヤツサモツサの騒動(さうだう)
015(やうや)(まく)切上(きりあ)げて
016紅井姫(くれなゐひめ)やエリナをば
017(をしへ)(みち)弟子(でし)となし
018(やかた)(あるじ)慇懃(いんぎん)
019(いとま)()げて宣伝歌(せんでんか)
020(うた)ひて此処(ここ)立出(たちい)づる
021一男二女(いちなんにぢよ)一行(いつかう)
022ヒルの(みやこ)人々(ひとびと)
023行手(ゆくて)(ふさ)がれ一々(いちいち)
024()めるを()やし(たす)けつつ
025()らず()らずに()(かさ)
026ヒルの(みやこ)(あと)にして
027アラシカ(たうげ)山麓(さんろく)
028(こころ)欣々(いそいそ)()きにける。
029『サア(ひめ)(さま)030あなたは(はじ)めての御旅行(ごりよかう)()ひ、031(これ)から(さき)大変(たいへん)急坂(きふはん)御座(ござ)いますから、032ボツボツとお(のぼ)(くだ)さいませ。033国依別(くによりわけ)もお附合(つきあひ)にゆるゆる(のぼ)りませう。034(をとこ)(あし)(さき)()くと、035()らず()らずに(はや)くなるものですから、036ここは(もつと)(あし)(よわ)貴女(あなた)(さき)へお(のぼ)(くだ)さいませ』
037足弱(あしよわ)御連(おつ)(くだ)さいまして、038さぞ御迷惑(ごめいわく)御座(ござ)いませう。039あなたの御言葉(おことば)(あま)え、040駄々(だだ)()ねる(をんな)()さげすみで御座(ござ)いませうが、041(わたし)()うなつた以上(いじやう)は、042(けつ)して(めう)(かんが)へは(おこ)しませぬから、043御安心(ごあんしん)(くだ)さいませ』
044(この)(さか)をズツと(のぼ)りつめると、045(くす)大木(たいぼく)(もり)があつて、046そこには常世神王(とこよしんわう)(ふる)ぼけた(ほこら)()つてゐます。047どうかそこ(まで)(のぼ)つて休息(きうそく)をする(こと)(いた)しませう』
048 エリナは言葉(ことば)やさしく、
049(ひめ)(さま)050随分(ずいぶん)(けは)しい坂道(さかみち)御座(ござ)いますが、051(わたし)何時(いつ)もここを(とほ)()れて()りますから、052左程(さほど)苦痛(くつう)には(ぞん)じませぬ。053(さか)でさぞ御困(おこま)りでせう。054(あと)からお(こし)()してあげますから、055(うしろ)へもたれる(やう)にして御登(おのぼ)りなされませ』
056『ハイ、057御親切(ごしんせつ)有難(ありがた)御座(ござ)います。058(いま)(ところ)ではどうなり(のぼ)(さう)御座(ござ)いますから、059到底(たうてい)(かな)はない(やう)になりましたら、060どうぞ御世話(おせわ)をお(ねが)(まを)します』
061 エリナは気軽相(きがるさう)に、
062『ハイ、063何時(いつ)でも()して()げます。064キツと御心配(ごしんぱい)なさいますなや』
065路々(みちみち)いたはり(なが)(のぼ)()く。
066 (はなし)(かは)つて、067常世神王(とこよしんわう)(ほこら)()つた(くす)大木(たいぼく)()に、068ヒソヒソ(ばなし)(ふけ)つてゐる二人(ふたり)(をとこ)あり。
069『オイ、070モリス、071馬鹿(ばか)にしよつたぢやないか。072(いま)となればお(まへ)(おれ)も、073同病(どうびやう)相憐(あひあは)れむ連中(れんちう)だから、074(べつ)内訌(ないこう)(おこ)(はず)もなし、075暗中飛躍(あんちうひやく)(こころ)みる必要(ひつえう)もなくなつたのだから、076どうかして無念(むねん)()らしに、077二人(ふたり)(やつ)此方(こつち)(もの)にしてやらうぢやないか。078アタ阿呆(あほ)らしい、079国依別(くによりわけ)(やつ)()よつた(ばか)りで、080俺達(おれたち)二人(ふたり)(めん)()頂戴(ちやうだい)し、081(いま)(ほとん)野良犬(のらいぬ)境遇(きやうぐう)だ。082(いぬ)(ある)けば(ぼう)(あた)るといふ(こと)がある。083(ひと)雪隠(せつちん)火事(くわじ)ぢやないが焼糞(やけくそ)で、084ウラル(けう)本山(ほんざん)へでも、085(うま)這入(はい)()使(つか)つて(もら)はふぢやないか』
086『さうだ、087貴様(きさま)(こひ)仇敵(かたき)国依別(くによりわけ)肝腎(かんじん)目的物(もくてきぶつ)をぼつたくられ、088国依別(くによりわけ)(やつ)089二人(ふたり)(をんな)両手(りやうて)(はな)()ふやうな調子(てうし)で、090(おほ)きな(つら)をして()(いだ)しよつた(とき)のムカついた(こと)091(これ)()うして睾丸(きんたま)をさげとる男子(だんし)として、092看過(かんくわ)する(こと)出来(でき)ようかい。093彼奴等(きやつら)三人(さんにん)道々(みちみち)宣伝(せんでん)(なが)らやつて()るのだから、094(いづ)(ひま)()るに(ちがひ)ない。095(しか)此処(ここ)へやつて()よつた(くらゐ)なら、096(この)谷底(たにそこ)国依別(くによりわけ)矢庭(やには)につき(おと)し、097二人(ふたり)(をんな)自由自在(じいうじざい)(この)(はう)要求(えうきう)(おう)じさせ、098天下(てんか)色男(いろをとこ)(この)(とほ)りだと()つて、099あンな絶世(ぜつせい)のナイスやシヤンと()()いて、100天下(てんか)大道(だいだう)濶歩(くわつぽ)したら、101どうだ。102さうなりとせなくては、103(はら)(むし)得心(とくしん)せぬぢやないか。104(しか)(あと)喧嘩(けんくわ)(さき)にせいと()(こと)がある、105(うま)目的(もくてき)(たつ)した(うへ)で、106自分(じぶん)女房(にようばう)選定(せんてい)する(だん)になつてから、107選挙(せんきよ)競争(きやうそう)でも(おこ)ると大変(たいへん)だから、108(いま)(うち)予選(よせん)でもやつて()かうぢやないか』
109予選(よせん)なンか(おれ)ヨセンわい、110(おれ)紅井姫(くれなゐひめ)女房(にようばう)にする特権(とくけん)先天的(せんてんてき)具備(ぐび)してるのだ。111貴様(きさま)はエリナを女房(にようばう)にすれば()いよ。112彼奴(あいつ)だつて満更(まんざら)()てたものぢやないからなア。113チツとばかし()()けとると()ふが、114欠点(けつてん)(くらゐ)なものだ。115中々(なかなか)スタイルには甲乙(かふおつ)はないからのう、116モリス』
117『そんならお(まへ)がエリナのレコになつたら()いぢやないか。118(おれ)はどこ(まで)初心(しよしん)貫徹(くわんてつ)せなくてはならないのだ。119紅井姫(くれなゐひめ)女房(にようばう)にせうと(おも)つて、120どれ(だけ)今迄(いままで)(ほね)()つたか()れやしない。121(なが)らくの苦心(くしん)水泡(すゐほう)()するのは、122男子(だんし)として(しの)(べか)らざる恥辱(ちじよく)だからなア、123秋公(あきこう)
124(おれ)だつて貴様(きさま)以上(いじやう)(ほね)()つたのだよ。125そんなお添物(そへもの)のエリナを鼻塞(はなふさ)ぎか()ンぞの(やう)差向(さしむ)けられてたまるものかい。126貴様(きさま)のスタイルにエリナの(はう)()()つてゐるワ。127(からす)(をつと)孔雀(くじやく)女房(にようばう)とは、128チツと無理(むり)だよ。129孔雀(くじやく)孔雀(くじやく)同志(どうし)夫婦(ふうふ)になり、130(からす)(からす)同志(どうし)夫婦(ふうふ)になれば、131それこそ家庭円満(かていゑんまん)福徳成就(ふくとくじやうじゆ)(うたが)ひなしだ。132孔雀(くじやく)(おれ)孔雀(くじやく)女房(にようばう)()つて、133孔雀(くじやく)不惜(ふじやく)身命的(しんめいてき)神界(しんかい)(ため)活動(くわつどう)をするなり、134(まへ)はモリスだから、135(もり)()(つく)るのは(からす)にきまつてゐる。136(からす)女房(にようばう)()つて、137オイオイ カカア嬶村屋(かかむらや)138(こし)もめ(かた)()て、139カアカアと気楽相(きらくさう)簡易(かんい)生活(せいくわつ)をやるのも一寸(ちよつと)(おつ)だぜ。
140 (たのし)さは夕顔棚(ゆふがほだな)下涼(したすず)
141とか()つて、142平民(へいみん)生活(せいくわつ)(もつと)理想的(りさうてき)だ。143提灯(ちやうちん)釣鐘(つりがね)144釣合(つりあ)はぬやうな女房(にようばう)()つたつて、145(くる)しい(ばつか)りだよ。146第一(だいいち)教育(けういく)程度(ていど)()ひ、147智識(ちしき)()ひ、148家柄(いへがら)()ひ、149雲泥(うんでい)懸隔(けんかく)ある女房(にようばう)()たうとするのが第一(だいいち)(あやま)つた了見(れうけん)だ。150さうでなくても、151男女(だんぢよ)同権(どうけん)だとか、152女権(ぢよけん)拡張(くわくちやう)だとか、153(あたら)しい(をんな)(さわ)()(なか)だから、154釣合(つりあ)うた(をんな)()つが貴様(きさま)将来(しやうらい)(ため)だよ。155(おれ)親密(しんみつ)友人(いうじん)として、156貴様(きさま)将来(しやうらい)(ため)に、157熱涙(ねつるい)()むで忠告(ちうこく)するのだよ、158モリ(こう)
159『ヘン、160(うま)(こと)仰有(おつしや)りますワイ。161(その)()桑名(くはな)焼蛤(やきはまぐり)だ。162(はまぐり)からでも蜃気楼(しんきろう)立上(たちあが)りますよ。163(まへ)こそ蜃気楼的(しんきろうてき)空想(くうさう)(えが)いて、164あンな高尚(かうしやう)御姫(おひめ)さまを自分(じぶん)女房(にようばう)にせうなンて、165(あま)懸隔(けんかく)()れなさ()ぎるぢやないか。166チツとお(まへ)のサツクと相談(さうだん)して()い』
167『コリヤ(おれ)(なん)心得(こころえ)てゐる。168(おれ)秋山別(あきやまわけ)()つて天孫(てんそん)人種(じんしゆ)だぞ。169貴様(きさま)土人(どじん)ぢやないか。170チツと身分(みぶん)(かんが)へて()い』
171人種(じんしゆ)無差別論(むさべつろん)高潮(かうてう)した今日(こんにち)172時代(じだい)(おく)れな(こと)()ふない。173そンなことで、174世界(せかい)同胞(どうはう)主義(しゆぎ)何時迄(いつまで)成就(じやうじゆ)すると(おも)ふか。175(これ)だけ社会(しやくわい)人種(じんしゆ)無差別論(むさべつろん)(さかん)なのを貴様(きさま)()らぬのか。176どこ(まで)(むかし)家閥(かばつ)()りまはし、177貴族面(きぞくづら)をしやがつて威張(ゐば)つたつて、178(むかし)なら通用(つうよう)するか()らぬが、179文明開化(ぶんめいかいくわ)今日(こんにち)は、180そンな(ふる)(あたま)買手(かひて)がないぞ。181文化(ぶんくわ)生活(せいくわつ)()(こと)貴様(きさま)(なん)心得(こころえ)とるかい、182秋公(あきこう)
183『ヘン、184文化(ぶんくわ)生活(せいくわつ)()いて(あき)れるワイ。185(いま)(やつ)(ぬか)文化(ぶんくわ)生活(せいくわつ)()ふのは、186(ひと)女房(にようばう)()()り、187キツスをして(めう)なダンスをやつたり、188仕舞(しまひ)(はて)にや役者(やくしや)部屋(へや)女房(にようばう)がへたり()ンだり、189転婆(てんば)主義(しゆぎ)発揮(はつき)したり、190(おやぢ)はおやぢで()()になり、191うちの女王(ぢよわう)さまは余程(よほど)(あたら)しいと()つて(よろこ)ンでる風俗(ふうぞく)壊乱(くわいらん)生活(せいくわつ)()ふのだらう。192そンな(こと)如何(どう)して社会(しやくわい)秩序(ちつじよ)(たも)たれるか。193モリス、194貴様(きさま)思想(しさう)余程(よほど)(あや)しいものだなア』
195『そんなこたア、196如何(どう)でもよいワ。197サアサア、198女房(にようばう)選挙(せんきよ)だ。199(はや)くやらうぢやないか。200貴重(きちよう)一票(いつぺう)何卒(なにとぞ)()れて(くだ)さいと()つて、201戸別(こべつ)訪問(はうもん)をする(わけ)にも()かず、202被選挙人(ひせんきよにん)二人(ふたり)選挙人(せんきよにん)二人(ふたり)だから、203自由(じいう)選挙(せんきよ)にしたらどうだ』
204『そンなら(おれ)紅井姫(くれなゐひめ)秋山別(あきやまわけ)(つま)選挙(せんきよ)する』
205(おれ)紅井姫(くれなゐひめ)をモリスの(おく)さまに選挙(せんきよ)する、206(また)(おれ)副守護神(ふくしゆごじん)同様(どうやう)207モリスの(つま)紅井姫(くれなゐひめ)選挙(せんきよ)する、208モウ一票(いつぺう)本守護神(ほんしゆごじん)同様(どうやう)だ。209サア三票(さんぺう)一票(いつぺう)だ。210()(どく)(なが)ら、211当選(たうせん)(えい)()まして有難(ありがた)御座(ござ)います。212あなたは運動(うんどう)()らないから、213とうとう次点者(じてんしや)になりましたねい。214どうで秋山別(あきやまわけ)だから、215先方(せんぱう)アキ()ました、216ヤマア、217(わか)れて(くだ)さい秋山別(あきやまわけ)さま……なンとか()つて、218秋波(しうは)(おく)つて紅井姫(くれなゐひめ)だ。219アハヽヽヽ』
220 秋山別(あきやまわけ)(はら)()て『ナアニ』と()(なが)ら、221モリスの(よこ)(つら)(おに)(わらび)をふり()げて、222(くび)()べよと(ばか)(なぐ)りつくれば、223モリスは、
224『ナアに喧嘩(けんくわ)か、225喧嘩(けんくわ)なら(おれ)(まけ)はせぬぞ』
226鉄拳(てつけん)をふつて()びかかり、227(つひ)には()ンづ()まれつ、228一生懸命(いつしやうけんめい)格闘(かくとう)(はじ)め、229夕暮(ゆふぐれ)れの(とばり)のさがる(まで)(ちから)一杯(いつぱい)()みどろになつて(つか)()()る。230その(ところ)悠々(いういう)として一男二女(いちなんにぢよ)(のぼ)()たり、
231『アヽ、232此処(ここ)印象(いんしやう)(ふか)常世神王(とこよしんわう)(まつ)られた(くす)(もり)(ほこら)だ。233大分(だいぶ)(みな)さま(あし)疲労(くたびれ)たでせう。234(ひと)立寄(たちよ)つて休息(きうそく)せうぢやありませぬか。235都合(つがふ)()れば、236(この)(もり)一夜(いちや)()かし、237(あたら)しい日輪様(にちりんさま)(ひか)りを()びて日暮(ひぐら)(やま)立向(たちむか)ふことに(いた)しませうよ』
238()(なが)国依別(くによりわけ)(さき)()つて、239森蔭(もりかげ)(すす)む。240二人(ふたり)(をんな)も、241(おな)じく森蔭(もりかげ)(しづ)かに()(よこた)へて、242疲労(くたびれ)(あし)をさすつてゐる。243(なん)だか(くら)がりでシツカリとは(わか)らぬが、244(ふた)つの(くろ)(かげ)が『フーフー』と(いき)(はず)ませ、245(うへ)になり(した)になり(ころ)げて()る。246国依別(くによりわけ)は、
247『ハテ不思議(ふしぎ)(もの)()るワイ。248山犬(やまいぬ)()でもざれよつて()るのではあるまいか』
249足音(あしおと)(しの)ばせ、250側近(そばちか)()つて(やみ)にすかし()れば、251どうやら二人(ふたり)(をとこ)喧嘩(けんくわ)をして()るらしい。252国依別(くによりわけ)は……此奴(こいつ)(ひと)つおどかして、253(この)喧嘩(けんくわ)()めさしてやらう……と(こころ)(なか)でうち(うな)づき、254(にはか)(つく)(ごゑ)255落雷(らくらい)(やう)大声(おほごゑ)で、
256(この)(はう)は、257常世神王(とこよしんわう)(ほこら)守護(しゆご)(いた)大天狗(だいてんぐ)であるぞよ! (なんぢ)不届(ふとど)千万(せんばん)にも(この)霊場(れいぢやう)(きた)り、258喧嘩(けんくわ)(いた)すとは()しからぬ(やつ)……()て、259(いま)(この)大天狗(だいてんぐ)其方等(そのはうら)二人共(ふたりとも)260(また)から引裂(ひきさ)いて、261楠木(くすのき)(えだ)にかけ、262(からす)にこつかしてやらうぞ!』
263()なりつくれば、264二人(ふたり)(おも)はぬ天狗(てんぐ)()いてパツと左右(さいう)(はな)れ、265大地(だいち)(きず)だらけの()(つか)へ、266()だらけの(かほ)(うつ)むけ(なが)ら、
267『ハイ、268(わたくし)秋山別(あきやまわけ)(まを)(もの)御座(ござ)いますが、269一方(いつぱう)(をとこ)はモリスと(まを)悪戯者(いたづらもの)御座(ござ)います。270女房(にようばう)選挙(せんきよ)()きまして、271激烈(げきれつ)なる運動(うんどう)開始(かいし)(いた)しまして、272(つひ)には()()(ところ)まで(まゐ)りました。273今後(こんご)心得(こころえ)ますから、274どうぞ(また)から引裂(ひきさ)くの(だけ)御勘弁(ごかんべん)(ねが)ひます』
275大天狗様(だいてんぐさま)276どうか、277秋山別(あきやまわけ)()御戒(おいまし)(くだ)さいまして、278紅井姫(くれなゐひめ)(おも)()り、279(この)モリスの女房(にようばう)首尾(しゆび)よく(わた)します(やう)にして(くだ)さいませ、280これが一生(いつしやう)御願(おねがひ)御座(ござ)います。281それが(かな)はぬ(やう)(こと)なれば仮令(たとへ)引裂(ひきさ)かれても(かま)ひませぬ。282(この)()(いき)てる甲斐(かひ)御座(ござ)いませぬ。283秋山別(あきやまわけ)にはエリナを女房(にようばう)にしてやつて(くだ)さいますれば、284()(ぐち)新粉(しんこ)285()(ぐち)羊羹(やうかん)で、286本当(ほんたう)都合(つがふ)()(えん)御座(ござ)います』
287『どうぞ、288(わたくし)紅井姫(くれなゐひめ)御授(おさづ)(くだ)さいませ。289モリスはエリナで結構(けつこう)御座(ござ)います。290さうして(くだ)さいますれば、291天下(てんか)太平(たいへい)292無事(ぶじ)長久(ちやうきう)(うたがひ)なしで御座(ござ)います』
293 国依別(くによりわけ)可笑(をか)しさを(こら)へて、
294(その)(はう)(まを)紅井姫(くれなゐひめ)295エリナの両人(りやうにん)はどこに()るか』
296 秋山別(あきやまわけ)(こゑ)(ふる)はせ(なが)ら、
297『ハイ、298三五教(あななひけう)馬鹿(ばか)宣伝使(せんでんし)女殺(をんなごろ)しの後家倒(ごけだを)し、299家破(いへやぶ)りの国依別(くによりわけ)()ふ、300それはそれは()でも蒟蒻(こんにやく)でもいかぬ(わる)(やつ)御座(ござ)いますが、301其奴(そいつ)二人(ふたり)(をんな)を、302アタ(よく)どしい、303ひつさらへて、304ヒルの(みやこ)神館(かむやかた)出立(しゆつたつ)いたし、305天下(てんか)色男(いろをとこ)はこンなものだい、306両手(りやうて)(はな)とは(この)(こと)だ、307二人(ににん)(つま)()()かれ黄金(こがね)(はし)(わた)るとは、308(おれ)(こと)だと()はぬ(ばか)りに、309そこらうろつき(なが)ら、310やがてここへ(のぼ)つて()るでせう。311どうぞ天狗(てんぐ)さま、312国依別(くによりわけ)をグツとさらへて(くすのき)(うへ)()れて(あが)り、313(また)から引裂(ひきさ)いてやつて(くだ)されませ、314これが一生(いつしやう)御願(おねが)ひで御座(ござ)います』
315(その)紅井姫(くれなゐひめ)()ふのは、316(その)(はう)(たい)して恋慕(れんぼ)(こころ)()つて()(をんな)であるか』
317『ハイ、318何分(なにぶん)おボコ(むすめ)(こと)とて、319ハツキリとは(まを)しませぬが、320大抵(たいてい)意思(いし)忖度(そんたく)する(こと)出来(でき)ます。321キツと(わたくし)恋着(れんちやく)して()るに相違(さうゐ)ありませぬ、322一寸(ちよつと)(さわ)つてもピンとはねたり、323三番叟(さんばさう)(やう)に、324あゝイヤイヤイヤと(ひぢ)()りますが、325(わたくし)(わか)(とき)(おぼ)えが御座(ござ)います。326(すき)(ひと)(そで)でも()つぱられると、327(はづ)かしくなつて、328一旦(いつたん)(いや)(さう)()せて(はね)まはし、329(あと)からあゝあンな(こと)をせなかつたら()かつたに……と(をし)がつたことも御座(ござ)いますれば、330秋山別(あきやまわけ)には十分(じふぶん)(みやく)御座(ござ)います』
331『モシ天狗様(てんぐさま)332秋山別(あきやまわけ)()(こと)は、333アリヤ(ちが)ひます。334自分(じぶん)一人(ひとり)きめてゐるので御座(ござ)いますから(たま)りませぬワ。335(あはび)(かひ)片思(かたおも)ひ、336長持(ながもち)(ふた)此方(こちら)があいても向方(むかふ)()つからあきませぬワイ。337(しか)しエリナなれば、338どうにか()うにか、339天狗様(てんぐさま)御紹介(ごせうかい)(くだ)さいましたなれば、340女房(にようばう)厭々(いやいや)なるでせう。341どうぞ神聖(しんせい)一票(いつぺう)を、342天狗様(てんぐさま)343(この)モリスにお(あた)(くだ)さいませ』
344『さうして国依別(くによりわけ)()(もの)(いた)して()れいと(まを)すのか』
345『ハイ、346天則(てんそく)違反(ゐはん)(をとこ)御座(ござ)います。347(にはとり)(なに)かの(やう)三羽番(さんばつが)ひで天下(てんか)をうろつきますると、348第一(だいいち)神様(かみさま)(をしへ)()(けが)します。349(をしへ)(ため)にも、350秩序(ちつじよ)維持(ゐぢ)(うへ)にも、351(もつと)必要(ひつえう)(こと)だとモリスは(しん)じます』
352『それなら、353(この)天狗(てんぐ)(ゆる)して(つか)はすによつて、354(はや)(この)(さか)(くだ)つて()け。355一足(ひとあし)でも(さき)(つか)まへた(もの)女房(にようばう)にしてやらう。356大天狗(だいてんぐ)(これ)から守護(しゆご)(いた)して、357(つか)まへた(もの)女房(にようばう)(よろこ)びてなるやうに(まも)つてやらうぞ。358(いま)三人連(さんにんづ)れにて(この)(さか)三合目(さんがふめ)あたり(まで)(のぼ)つて()()(ほど)に、359サア(はや)()け、360(はや)(もの)()ちだ。361マラソン競争(きやうそう)(いた)して決勝点(けつしようてん)()つた(もの)紅井姫(くれなゐひめ)くれない(こと)ないくれてやる。362次点者(じてんしや)にはエリナ(ひめ)(あた)へてやる、363(いち)()(さん)364ソラ()け……』
365『ハイ有難(ありがた)う』
366二人(ふたり)真暗(まつくら)がりの(なか)を、367(いし)ころをころがした(やう)にガラガラと(おと)をさせて坂道(さかみち)韋駄天(ゐだてん)(ばし)りに(くだ)()く。
368『アハヽヽヽ(なん)面白(おもしろ)余興(よきよう)を、369神様(かみさま)から()せて(いただ)いたものだ。370……モシ御二人(おふたり)さま、371どうでしたなア』
372 紅井姫(くれなゐひめ)はおづおづし(なが)ら、
373『ハイどうも(おそ)ろしうて、374胸騒(むなさわ)ぎが(いた)しましたワ。375マアマア天狗様(てんぐさま)(あら)はれて、376(うま)()(かへ)して(くだ)さいまして、377こんな有難(ありがた)(こと)御座(ござ)いませぬ、378国依別(くによりわけ)さま、379あなたはどうおなりやしたかと(おも)うて心配(しんぱい)でしたワ。380どうも御座(ござ)りませぬでしたか』
381『ホヽヽヽヽ、382(ひめ)(さま)383アリヤ天狗(てんぐ)ぢや御座(ござ)いませぬよ。384国依別(くによりわけ)さまがあンな(こゑ)をお使(つか)ひになつて、385(うま)二人(ふたり)をまかれたのですよ。386(わたくし)(あま)可笑(おか)しうて(へそ)がお(ちや)()かしかけましたワ』
387 紅井姫(くれなゐひめ)不思議相(ふしぎさう)(こゑ)で、
388『あゝさう、389して(また)エリナさま、390(なか)土瓶(どびん)でも()せてゐらしたの……』
391『アハヽヽヽ、392流石(さすが)はヤツパリ深窓(しんそう)(そだ)つたお(ひめ)さまだワイ。393紅井姫(くれなゐひめ)(さま)394(みな)うそですよ、395(あま)可笑(おか)しいから、396(ひと)大天狗(だいてんぐ)声色(こわいろ)使(つか)つておどし、397まいてやつたのですよ、398アハヽヽヽ』
399『どうもあなたはお(ひと)(わる)いですな。400そんな(うそ)()つても神様(かみさま)御咎(おとが)めは御座(ござ)いませぬか』
401(ひと)()かけによらぬ(もの)402今迄(いままで)正直(しやうぢき)国依別(くによりわけ)(おも)つてゐられた貴女(あなた)は、403さぞお(おどろ)きになつたでせう。404()でも蒟蒻(こんにやく)でも、405(てこ)でも(ぼう)でも()へぬ、406スレツカラシの国依別(くによりわけ)ですからなア、407アハヽヽヽ』
408『あなた、409蒟蒻(こんにやく)やお()410デコ(いも)411棒芋(ぼういも)などは御嫌(おきら)ひで御座(ござ)いますか。412(わたし)蒟蒻(こんにやく)にお(いも)(だい)好物(かうぶつ)御座(ござ)います』
413『アハヽヽヽ、414どこまでも可愛(かあい)らしい御姫(おひめ)さまだなア』
415『ホヽヽヽヽ、416(やさ)しいお(かた)417(わたし)(ひめ)さまの(やう)(うぶ)(こころ)になつて()とう御座(ござ)いますワ』
418『もしも二人(ふたり)(やつ)後戻(あともど)りをして()ると、419(また)天狗(てんぐ)一骨(ひとほね)()らねばならぬし、420うるさいですから、421ここを立去(たちさ)つて、422(すこ)()つた(ところ)で、423適当(てきたう)場所(ばしよ)(かんが)へて休息(きうそく)することに(いた)しませう。424エリナさま、425(ひめ)(さま)()をつけて、426足許(あしもと)(すべ)らない(やう)()()いて()げて(くだ)さいナ』
427『サアお(ひめ)さま(まゐ)りませう』
428三人(さんにん)(くも)(ほころ)びより、429所々(ところどころ)(ほし)()えてゐる(やみ)(そら)をスタスタと頂上(ちやうじやう)()がけて(のぼ)()く。430流石(さすが)高山(かうざん)431夜嵐(よあらし)ザワザワとあたりの()(えだ)をゆすり、432(なん)とはなしに、433そこら(ぢう)物凄(ものすご)(かん)じられける。
434大正一一・八・一八 旧六・二六 松村真澄録)
435(昭和九・一二・一七 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。