霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章 人獣(にんじう)〔八七四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 篇:第2篇 紅裙隊 よみ:こうくんたい
章:第8章 第31巻 よみ:にんじゅう 通し章番号:874
口述日:1922(大正11)年08月18日(旧06月26日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3108
愛善世界社版:89頁 八幡書店版:第6輯 74頁 修補版: 校定版:91頁 普及版:41頁 初版: ページ備考:
001国依別(くによりわけ)宣伝使(せんでんし)
002紅裙隊(こうくんたい)引率(いんそつ)
003ヒルの城下(じやうか)立出(たちい)でて
004数多(あまた)(ひと)(いたづき)
005鎮魂(ちんこん)言霊(ことたま)神術(かむわざ)
006(すく)(たす)けつ(やうや)くに
007ヒルの城下(じやうか)(あと)にして
008アラシカ(たうげ)(さし)かかり
009足並(あしなみ)(よわ)紅井姫(くれなゐひめ)
010エリナの二人(ふたり)(ともな)ひつ
011黄昏時(たそがれどき)鬱蒼(うつさう)
012(くす)大木(おほき)(しげ)りたる
013神王(しんわう)(もり)立寄(たちよ)りて
014夜露(よつゆ)(しの)一夜(ひとよ)さを
015()かさむものと三人(さんにん)
016(くす)根元(ねもと)(こし)をかけ
017(いき)(やす)むる折柄(をりから)
018(やみ)(なか)よりフウフウと
019(あや)しの(こゑ)(ひび)()
020(やみ)(とばり)(ふか)くして
021(たしか)にそれと(わか)らなく
022山犬(やまいぬ)どものざれ()ひか
023(ただし)獅子(しし)いが()
024(なに)()らねど(ちか)よりて
025調(しら)べて()むと星影(ほしかげ)
026すかして()れば()如何(いか)
027(おも)ひも()らぬ荒男(あらをとこ)
028()みつもまれつ(から)()
029(いのち)カラガラ(いど)()
030国依別(くによりわけ)(うな)づいて
031()れは御山(おやま)大天狗(だいてんぐ)
032神王(しんわう)(もり)守護神(しゆごじん)
033不届(ふとどき)至極(しごく)聖場(せいぢやう)
034(きた)りて喧嘩(けんくわ)をなぜ(いた)
035(いづ)れの(やつ)()らね(ども)
036首筋(くびすぢ)つかむで(くす)()
037(また)引裂(ひきさ)いてかけてやろ
038覚悟(かくご)(いた)せと()ばはれば
039二人(ふたり)(をとこ)(おどろ)いて
040パツと(ふた)つに立別(たちわか)
041両手(りやうて)(つち)につき(なが)
042ヒルの(やかた)(つか)へたる
043秋山別(あきやまわけ)(まを)(もの)
044(わたし)はモリスと(まを)します
045女房(にようばう)選挙(せんきよ)につきまして
046競走(きやうそう)次第(しだい)激烈(げきれつ)
047なつた揚句(あげく)(この)(とほ)
048(まこと)()まぬ(こと)でした
049()()れモウシ天狗(てんぐ)さま
050紅井姫(くれなゐひめ)(わたくし)
051女房(にようばう)(あた)へて(くだ)さンせ
052モリスの女房(にようばう)にやエリナ(ひめ)
053これを(あた)へて(くだ)さらば
054天下(てんか)(たちま)太平(たいへい)
055家庭(かてい)円満(ゑんまん)()のあたり
056何卒(どうぞ)(よろ)しう(ねが)ひます
057(かた)ればモリスは(くび)をふり
058イエイエもうし天狗(てんぐ)さま
059こンな(をとこ)紅井姫(くれなゐひめ)
060やうな美人(びじん)(ほれ)ませぬ
061どうぞ(わたし)(くだ)さンせ
062(かれ)にはエリナで十分(じふぶん)
063(よろ)しく()さばき(たの)みますと
064一心不乱(いつしんふらん)()(あは)
065(たの)()るこそ可笑(おか)しけれ
066()()(ばか)りの可笑(おか)しさを
067ヂツと(こら)へて国依別(くによりわけ)
068(また)もや天狗(てんぐ)(つく)(ごゑ)
069アラシカ(たうげ)(のぼ)()
070二人(ふたり)(をんな)競走(きやうそう)して
071()つた(もの)には()れてやらう
072決勝点(けつしようてん)先着(せんちやく)
073勇士(ゆうし)紅井姫(くれなゐひめ)をやる
074()けた(やつ)にはエリナ(ひめ)
075(あた)へてやるから辛抱(しんぼ)せよ
076国依別(くによりわけ)神司(かむづかさ)
077(おれ)守護(しゆご)して(のぞ)みの(とほ)
078(たに)(そこ)へと()つてやらう
079()()(みつ)早行(はやゆ)けと
080(その)掛声(かけごゑ)両人(りやうにん)
081(さき)(あらそ)ひバラバラと
082こけつ(まろ)びつ(くだ)()
083(あと)国依別(くによりわけ)高笑(たかわら)
084アハヽヽヽアハヽヽヽ
085エリナ紅井(くれなゐ)(ひめ)さま
086今宵(こよひ)(じつ)面白(おもしろ)
087余興(よきよう)()せて(もら)つたと
088(わら)へば(ひめ)(おどろ)いて
089(わたし)(むね)がドキドキと
090(こわ)(おも)ひをしましたよ
091あなた如何(どう)して御座(ござ)つたか
092本当(ほんたう)(こわ)天狗(てんぐ)さま
093()()無事(ぶじ)目出(めで)たいと
094未通娘(おぼこむすめ)(あい)らしさ
095国依別(くによりわけ)両人(りやうにん)
096(ともな)此処(ここ)立出(たちい)でて
097アラシカ(やま)山頂(さんちやう)
098(やうや)(のぼ)(かたはら)
099森林(しんりん)さして(しの)()
100ここに一夜(いちや)()かしつつ
101(あさひ)(ひかり)()(なが)
102アラシカ(たうげ)急坂(きふはん)
103西南(せいなん)()して(くだ)()
104あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
105御霊(みたま)(さち)はひましませよ。
106 国依別(くによりわけ)(やうや)くにして()()るる(ころ)107二人(ふたり)(あし)(よわ)(をんな)(いた)はり(なが)ら、108日暮(ひぐら)(がは)丸木橋(まるきばし)(ほとり)(まで)辿(たど)()いた。109大地震(おほぢしん)(ため)(はし)はスツカリ墜落(つゐらく)して(しま)ひ、110日暮(ひぐら)(がは)滔々(とうとう)として濁水(だくすい)(なが)れて()る。111()むを()ず、112(はし)(たもと)萱草(かやぐさ)(なか)三人(さんにん)一夜(いちや)()かす(こと)となり、113安々(やすやす)夢路(ゆめぢ)辿(たど)()る。
114 夜中頃(よなかごろ)(おぼ)しき(ころ)115二人(ふたり)(をんな)はふと()をさまし、116ガサガサとそよぐ(かや)葉音(はおと)(をのの)き、117()()ゑて(うかが)()れば、118二人(ふたり)荒男(あらをとこ)あたりをウロウロ迂路(うろ)つき(なが)ら、
119『オイ、120モリス、121あの天狗(てんぐ)122とうとう俺等(おれら)馬鹿(ばか)にしよつたぢやないか。123あの(とき)天狗(てんぐ)(つま)まれさへしなかつたら、124今頃(いまごろ)には(うま)()ひついて、125此方(こつち)(もの)にして()(ところ)だつたのに、126なア本当(ほんたう)馬鹿(ばか)()たぢやないか』
127『それでもあの(とき)天狗(てんぐ)(あら)はれなかつたならば、128(おれ)かお(まへ)か、129どちらか(いのち)がなくなつてゐるのだぞ。130マアおかげで二人共(ふたりとも)(いのち)(だけ)(たす)かり、131安全(あんぜん)此処迄(ここまで)捜索(そうさく)()られたのだが、132こう(くら)くなつては最早(もはや)(すす)(こと)出来(でき)ないワ。133大方(おほかた)国依別(くによりわけ)(ほか)二人(ふたり)(をんな)は、134(あま)(とほ)くは()つて()ろまい。135日暮(ひぐら)(やま)岩窟(がんくつ)へは、136何程(なにほど)コンパスに(より)をかけても、137足弱(あしよわ)二人(ふたり)(をんな)()いてをるのだから、138到底(たうてい)到着(たうちやく)して()気遣(きづかひ)はないワ。139やがて一時(ひととき)(ばか)りしたら(つき)()るから、140一足(ひとあし)でも(さき)(すす)まうぢやないか。141キツと(この)川堤(かはづつみ)()きよつたに(ちが)ひないぞ』
142『さうだらうかなア。143(しか)(あし)(いた)めて、144(この)(へん)にすつこみて()やせまいかな。145(なん)だか(ひと)(くさ)いやうな()がするぢやないかい、146モリ(こう)
147『そりやお(まへ)神経(しんけい)作用(さよう)だよ。148(けつ)してこンな(ところ)()るものかい』
149『アノ国依別(くによりわけ)()(やつ)150どこ(まで)(しやく)(さは)代物(しろもの)だから、151(なん)とかこらしめてやりたいと(おも)うのだが、152(すぐ)鎮魂(ちんこん)とか、153言霊(ことたま)とか(いひ)よつて、154非常(ひじやう)(ちから)()しよるから、155一通(ひととほ)りでは駄目(だめ)だぞ。156今度(こんど)(うま)()をふつて降参(かうさん)(てい)(よそほ)ひ、157(まこと)にすまぬ(こと)(いた)しました。158今後(こんご)はスツパリ改心(かいしん)(いた)しまして(ひめ)(さま)(はじ)(みな)さまにお(わび)()ましたと、159(した)から(ひく)()油断(ゆだん)をさせ、160小股(こまた)(すく)うて、161ドサンと(ひつ)くりかへし、162(その)(うへ)から土足(どそく)でギユツ ギユツとふみチヤクリ、163(はらわた)(やぶ)つて(しま)うのだ。164(その)(あと)此方(こつち)(もの)だ。165(なん)秋山別(あきやまわけ)妙案(めうあん)()すだらう』
166妙案々々(めうあんめうあん)キツとウラル(けう)から、167軍師(ぐんし)として招聘(せうへい)しに()るだらうよ。168(しか)(なが)此処(ここ)(ひと)選挙(せんきよ)のしなをしをやらないと、169(また)しても紛擾(ふんぜう)(たね)()(やう)(こと)では(たがひ)不利益(ふりえき)だからなア』
170『モウ、171モリス、172選挙(せんきよ)()めにせうかい。173成功(せいこう)せない(うち)から()めておいた(ところ)仕方(しかた)がないぢやないか。174それより願望(ぐわんもう)成就(じやうじゆ)(うへ)175ヂヤンケン(ぼう)なつと、176籤引(くぢびき)なつと、177(あるひ)御神籤(おみくぢ)なつと、178どんな方法(はうはふ)でもあるから、179(その)(うへ)(こと)にせうかい。180(いま)きまつて(しま)ふと、181当選者(たうせんしや)(はう)活動(くわつどう)する(たのし)みがあるが、182(まけ)(はう)張合(はりあひ)()うて(いのち)がけの活動(くわつどう)出来(でき)ぬからのウ』
183 紅井姫(くれなゐひめ)二人(ふたり)(はなし)()いて(ふる)(あが)り、184エリナの(からだ)(くら)ひついて(いき)をこらし()る。
185 エリナは(にはか)(つく)(ごゑ)をし(なが)ら、186(かや)(しげ)みに()(かく)し、
187『ホツホヽヽヽ』
188(ちから)のない(いや)らしい(こゑ)(わら)()した。189紅井姫(くれなゐひめ)はビツクリして、
190『モシモシ()えさま、191勘忍(かんにん)して(くだ)さいな』
192()(ごゑ)になる。
193(ひめ)さま、194御心配(ごしんぱい)なさいますなや。195エリナが一寸(ちよつと)化者(ばけもの)真似(まね)して、196彼奴等(あいつら)二人(ふたり)()ひちらしてやるのですから』
197『それでも、198あなた、199そンな(こゑ)をお()しになると、200(わたし)(こわ)うて(たま)りませぬワ。201貴女(あなた)化者(ばけもの)(やう)(おも)はれてなりませぬもの』
202心配(しんぱい)しなさるな。203(こわ)いこたありませぬよ。204向方(むかう)(こわ)がらしてやりさへすれば()いのです。205これからエリナは、206チツと(いや)らしい(こと)()ひますから(その)(つも)りで()(くだ)さい。207キツと(こわ)(こと)はありませぬからなア』
208『それでもこンな(こわ)野原(のはら)()てゐますのに、209まだそンな(こゑ)()かされては、210(かみ)()(ちぢ)むやうな()がして、211(こわ)くて(たま)りませぬワ』
212『それ(ほど)(こわ)ければ、213エリナも()めておきませうかなア』
214『どうぞ御頼(おたの)みですから、215(いや)らしい(こゑ)()さぬやうにして(くだ)さい』
216(ふる)うてゐる。217秋山別(あきやまわけ)小声(こごゑ)になつて、
218『オイ、219モリス、220(なん)だか(めう)(こゑ)がしたぢやないか。221気分(きぶん)(わる)(ばん)だなア。222こンな(ところ)(うぐひす)()(はず)もなし、223ホヽヽヽほンまに(おれ)気分(きぶん)がカブラカブラして、224(あし)大根々々(だいこんだいこん)したよ。225どうやら(きも)(たま)洋行(やうかう)しさうだ、226本当(ほんたう)気味(きみ)(わる)()さだなア』
227『ナアニ心配(しんぱい)すな、228アリヤ(はと)()イだよ。229野鳩(のばと)がこの(へん)()てゐるのだが、230(とし)がよつて()()けたと()え、231あンな(こゑ)()しよるのだよ』
232 国依別(くによりわけ)最前(さいぜん)から()をさまし、233双方(さうはう)様子(やうす)()きゐたり。
234『ハテ面白(おもしろ)い、235此奴(こいつ)(ひと)つおどかして、236()なしてやらねば、237未通(おぼこ)(そだ)ちの(ひめ)さまが、238(また)(こわ)がつて仕方(しかた)がない』
239小声(こごゑ)(ささや)(なが)ら、240(すすき)(かぶ)(ちから)一杯(いつぱい)241ガサガサガサと(ゆす)つて()せた。242秋山別(あきやまわけ)(きも)をつぶしドスンと(こし)(おろ)し、
243『ギヤハヽヽ、244()けた()けたア、245一寸(ちよつと)()()れやい』
246(なに)()けたのだ』
247(こし)(こし)だ、248どうしても(ある)けないワ。249(なん)だか怪体(けたい)(もの)()よるぢやないか。250昨夕(ゆうべ)天狗(てんぐ)なら一寸(ちよつと)(こわ)(こと)ないが、251あンな(いや)らしい(こゑ)()しよると(いや)らしくて仕方(しかた)がないワ、252モリ(こう)253(まへ)(こわ)からふ』
254 モリスは(なん)となく(こころ)(さび)しくなり()たり、255(しか)無理(むり)空元気(からげんき)をつけて、256(ふる)(ごゑ)()し、
257『オイ、258アヽヽ秋山別(あきやまわけ)259ナヽヽ(なに)がそれ(ほど)(こわ)いのだ。260天下無双(てんかむさう)のヒーロー豪傑(がうけつ)261ヂヤンヂヤヘールのモリスさまが、262ゴヽ御座(ござ)るぞよ。263バヽ化者(ばけもの)(くらゐ)264仮令(たとへ)千匹(せんびき)万匹(まんびき)()()(ところ)で、265チツとも(こわ)くない(こと)はないワイ、266チヽヽチツとしつかりせぬかい』
267『ギヤツハヽヽヽ、268ギユフヽヽヽ、269ギヨツホヽヽヽ』
270国依別(くによりわけ)怪声(くわいせい)
271『モリス、272それ(また)()よつたぞ。273益々(ますます)怪体(けたい)(こゑ)()すぢやないか』
274『さうだ、275ギヤフアハヽヽなンて(ひと)をギヤフンとさす化者(ばけもの)計略(けいりやく)だらう……ヤイ化者(ばけもの)276ギヨホヽヽヽて(なん)ぢやい、277(その)(くらゐ)(こと)(この)(はう)はギヨツとはせぬぞよ。278ギユフヽヽヽなンてそら(なん)ぢや。279ギユーと()はさうと(おも)つたつて、280そンな(こと)がこたへる(やう)(おれ)(おも)ふか。281バヽ馬鹿(ばか)らしい。282今日(けふ)()(わる)いから、283(また)明日(あす)出直(でなほ)せよ』
284 紅井姫(くれなゐひめ)小声(こごゑ)で、
285『なア()えさま、286どうしましよう。287あンな(こと)(ねえ)さまが仰有(おつしや)るものだから、288(ほん)まの……(ほん)まものが()たぢやありませぬか、289(わたし)(こわ)いわ』
290 エリナ小声(こごゑ)で、
291(ひめ)さま、292心配(しんぱい)なさいますな。293ありや国依別(くによりわけ)さまがあんな(こと)()つてるのですよ。294化者(ばけもの)でも(なん)でもありませぬから』
295(ねえ)さま、296どうぞ御頼(おたの)みですから、297国依別(くによりわけ)さまに、298あンな(こと)()はないやうに()めて(くだ)さいなア』
299『マア()いぢやありませぬか。300(わたし)()うしつかりと(かか)へて()げますから、301さう(ふる)はずに、302()をしつかりなさいませ』
303 国依別(くによりわけ)(かや)をガサガサと(ゆす)(なが)ら、304(あや)しい(つく)(ごゑ)をして、
305『ホーホーホホホー、306アホ アホ アホ アホ アホ、307ヽヽホヽヽヽヽホヽヽホヽヽホヽヽホヽヽホヽヽホホホイケキヨ、308ーホ、309ーホ、310ーホ、311ホホホーホーケキヨ、312ケツキヨ ケツキヨ ケツキヨ、313ニヤーン、314モウ モウ、315ワン ワン ウー、316ヒン ヒン ヒン』
317『オイ、318モリス、319いよいよ()しからぬ(こと)になつて()たぞ。320(とり)だと(おも)へば(ねこ)(こゑ)()しよる、321(ねこ)かと(おも)へば(うし)(いぬ)(おほかみ)(とら)(うま)322オイどうぞ(たの)みだ、323(おれ)()うて()げてくれぬかい。324(こし)()たぬワイ……』
325『オヽヽ(おれ)だつて、326(こし)(あや)しくなつて()たワイ。327(あし)だつて(こま)かう(うご)()すなり、328(まへ)(どころ)か、329(おれ)()()てぬのだイ』
330『なんぼ利己(りこ)主義(しゆぎ)発達(はつたつ)した()(なか)だとて、331チツとは秋山別(あきやまわけ)にも同情(どうじやう)して()れたら如何(どう)だ』
332(おれ)だつてシンパシーの(なみだ)()れては()るが、333()うなつては如何(いかん)ともする(こと)出来(でき)ないぢやないか。334心臓寺(しんぞうでら)和尚(おしやう)()無茶苦茶(むちやくちや)早鐘(はやがね)をつきよつて、335何所(なにどこ)ぢやないワイ。336(おれ)やモウ(ひと)(こと)(どころ)ぢやない、337四這(よつばい)になつて()()すワイ』
338とワナワナする(あし)を、339(いぬ)(やう)四這(よつばい)となり、340ガサガサと元来(もとき)(みち)()()した。341秋山別(あきやまわけ)(あま)りの(こわ)さに、342(こし)(いた)いのを()(わす)れ、343無理(むり)無体(むたい)にモリスの(あと)()いて、344無暗矢鱈(むやみやたら)()()()()す。
345『アハヽヽヽ、346オイ秋山別(あきやまわけ)347モリスの両人(りやうにん)さま、348アラシカ(たうげ)大天狗(だいてんぐ)(また)御名(みな)国依別命(くによりわけのみこと)349紅井姫(くれなゐひめ)(さま)のお(とも)をしてエリナさまと三人(さんにん)350此処(ここ)休息(きうそく)して()るから、351チツと()たら如何(どう)だ。352よい取持(とりもち)をしてやらうかなア』
353 両人(りやうにん)益々(ますます)(おどろ)き、
354『ヤアバヽ化者(ばけもの)()355国依別(くによりわけ)声色(こわいろ)使(つか)ひよつた。356コラ大変(たいへん)だ』
357無性矢鱈(むしやうやたら)にガサ ガサ ガサ ガサと四這(よつばい)になつて、358(ちから)(かぎ)りに()()して()く。
359大正一一・八・一八 旧六・二六 松村真澄録)
360(昭和九・一二・一七 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。