霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二二章 (かみ)(ためし)〔八八八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 篇:第4篇 言霊将軍 よみ:ことたましょうぐん
章:第22章 第31巻 よみ:かみのためし 通し章番号:888
口述日:1922(大正11)年08月20日(旧06月28日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
国依別一行は、シーズン川を渡りアマゾン川上流を目指した。一行の行く手には、数百里にわたる山脈が横たわっていた。屏風ヶ岳というその山は海抜二万五千尺にのぼり、アマゾン川を一望できる景勝地であった。
国依別はこの山を越えるにあたり、秋山別とモリスを南のルートから登らせ、自分たちは北のルートを取った。この山脈の中央の峰・帽子山山頂で合流することを約して、一行はそれぞれ四五日を要する山道を登って行った。
秋山別とモリスは宣伝歌を歌いながら登って行ったが、野宿する間に猛烈な山おろしが吹き、秋山別は暗闇の中、どこかへ吹き飛ばされてしまった。岩の根にしがみついていたモリスは、夜明けとともに一人不安を感じながら、秋山別との再会を念じつつ山道を進んだ。
にわかに女の叫び声が聞こえてきた。モリスが近寄ると、そこには妙齢の女性が縛られて苦しんでいた。モリスが助け起こすと、女は荒男たちにさらわれて来て乱暴されそうになっていたが、男たちは宣伝歌が聞こえてくると逃げてしまったのだ、とモリスに語った。
モリスがよくよく女の顔をみると、それは不思議にも、日暮シ山に居るはずの紅井姫であった。屏風ヶ岳に突然現れた紅井姫は、実は自分はモリスに恋心を抱いていたのだと言い、モリスに言い寄ってきた。
紅井姫はあの手この手でモリスの情を惹こうと言い寄るが、モリスは自分の改心の決心を明かして頑なに拒み、姫に宣伝使としての自分の使命の理解を求めた。
紅井姫と見えた女性は厳然として立ち上がり、自分は旭日明神であると明かし、モリスの心底確かに見届けたと告げ、国依別を助け神業に参加するようにと言い残して消えてしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3122
愛善世界社版:253頁 八幡書店版:第6輯 136頁 修補版: 校定版:261頁 普及版:119頁 初版: ページ備考:
001国依別(くによりわけ)一行(いつかう)
002シーズン(がは)打渡(うちわた)
003荒野(あらの)()けり(やま)()
004()()についでアマゾンの
005上流(じやうりう)さして(すす)()く。
006 (たちま)前方(ぜんぱう)屏風(びやうぶ)(ごと)き、007(あま)(たか)からず、008(ひく)からざる延長(えんちやう)数百里(すうひやくり)(わた)山脈(さんみやく)(よこ)たはるを()る。009(この)(やま)屏風ケ岳(べうぶがだけ)()ひ、010海抜(かいばつ)二万五千尺(にまんごせんしやく)011山頂(さんちやう)横巾(よこはば)五十里(ごじふり)(およ)ぶ。012(この)山脈上(さんみやくじやう)より東南(とうなん)(ひろ)観望(くわんばう)すれば、013アマゾン(がは)銀河(ぎんが)(ごと)くに(なが)れ、014鬱蒼(うつさう)たる森林(しんりん)(くも)(ごと)く、015()()景勝(けいしよう)地点(ちてん)なりける。
016 国依別(くによりわけ)(この)(やま)(のぼ)るに()いて、017左右(さいう)(わか)絶頂(ぜつちやう)(たつ)したる(うへ)018作戦(さくせん)計画(けいくわく)(さだ)むる(こと)とし、019秋山別(あきやまわけ)020モリスを(みなみ)より(のぼ)らしめ、021自分(じぶん)(きた)(たに)から安彦(やすひこ)022宗彦(むねひこ)(とも)宣伝歌(せんでんか)(うた)ひ、023屏風山脈(べうぶさんみやく)中央(ちうおう)帽子(ばうし)(ごと)突出(とつしゆつ)せる(みね)出会所(であひしよ)(さだ)めて(のぼ)ることとせり。024(この)山上(さんじやう)(たつ)するには如何(どう)しても、025徒歩(とほ)にて、026四五日(しごにち)(えう)する(だけ)距離(きより)がある。
027 秋山別(あきやまわけ)028モリスの両人(りやうにん)(みなみ)(たに)より、029宣伝歌(せんでんか)(うた)(なが)ら、030標的(へうてき)帽子山(ぼうしやま)()がけて(すす)()く。031()(やうや)くにして(やま)(かく)れ、032暗黒(あんこく)(まく)次第々々(しだいしだい)濃厚(のうこう)二人(ふたり)身辺(しんぺん)(つつ)()たるにぞ、033二人(ふたり)()むを()ず、034坂道(さかみち)(かたはら)(くさ)()き、035横臥(わうぐわ)し、036()()かさむとするや、037(にはか)猛烈(まうれつ)なる山颪(やまおろし)()(きた)り、038二人(ふたり)(からだ)(ほとん)中天(ちうてん)()ばさるる(ごと)(いきほひ)となりぬ。039二人(ふたり)は『惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)』を一生懸命(いつしやうけんめい)(とな)へたれども、040七十米(しちじふメートル)猛烈(まうれつ)なる風力(ふうりよく)容易(ようい)()まず、041(つひ)秋山別(あきやまわけ)(かぜ)()()ばされて、042暗夜(あんや)(そら)何処(どこ)ともなく、043()()せにける。
044 モリスは(さいは)(いは)()()ひつきて(この)(なん)(まぬが)れける。045(やうや)くにして(かぜ)()み、046夜明(よあ)けとなりて四辺(あたり)()れば、047秋山別(あきやまわけ)姿(すがた)()し。048……大方(おほかた)夜前(やぜん)烈風(れつぷう)()()らされて、049どつかの谷底(たにそこ)にでも()ちて()るのだらう、050あの(かぜ)追風(おひかぜ)であつたからよもや西北(せいほく)(はう)()つて()(はず)はない、051キツと東南(とうなん)()つたであらう、052さうすれば(これ)から宣伝歌(せんでんか)(たか)らかに(うた)(すす)()かば、053秋山別(あきやまわけ)(わが)(こゑ)()きつけて()るだらう……などと(こころ)(なか)(おも)(なが)ら、054宣伝歌(せんでんか)(うた)(うた)(やま)(やま)とに(かこ)まれた谷道(たにみち)をトボトボと(のぼ)()く。
055 (にはか)(きこ)ゆる(をんな)(さけ)(ごゑ)056何事(なにごと)ならむと(あし)(はや)め、057(こゑ)する(かた)(ちか)より()れば、058妙齢(めうれい)(をんな)059手足(てあし)(しば)られ、060(かみ)ふり(みだ)し、061そこに(たふ)()たり。062モリスは(おどろ)きて、063手早(てばや)手足(てあし)(いましめ)()き、064言葉(ことば)(しづ)かに、
065『モシモシ、066どこの御女中(おぢよちう)かは(ぞん)じませぬが、067何者(なにもの)斯様(かやう)残酷(ざんこく)()()はされたのですか。068(これ)には(なに)(ふか)様子(やうす)のある(こと)御座(ござ)いませう』
069『ハイ、070有難(ありがた)御座(ござ)います。071(わたし)はシーズン(がは)(わた)り、072此方(こちら)(まゐ)ります()り、073四五人(しごにん)(あら)くれ(をとこ)(とら)へられ、074ドンドンドンドンと手足(てあし)(くく)られた(まま)075ここまで(かつ)がれて、076(ゆめ)(ごと)()れて()られました。077さうして(いま)(さき)078(わたし)(むか)五人(ごにん)(をとこ)(かは)(がは)無理難題(むりなんだい)()きかけまするので、079(わたし)(あま)りの(かな)しさ、080何事(なにごと)にも(おう)じませなかつた。081さうした(ところ)082五人(ごにん)荒男(あらをとこ)(はら)()て、083鋭利(えいり)(けん)引抜(ひきぬ)き、084一度(いちど)により(あつ)まつて、085(わたし)嬲殺(なぶりごろ)しにしてくれむと(まを)し、086(いま)彼等(かれら)嬲殺(なぶりごろ)しにされようとする刹那(せつな)087有難(ありがた)宣伝歌(せんでんか)(こゑ)(きこ)えて()ましたので、088曲者(くせもの)(その)(こゑ)辟易(へきえき)して一人(ひとり)(のこ)らず、089(くも)(かすみ)()()つた(ところ)御座(ござ)います。090あなたは(いづ)れの(かた)かは(ぞん)じませぬが、091かよわき(をんな)一人旅(ひとりたび)092()きもならず、093(かへ)りもならず、094(じつ)険呑(けんのん)御座(ござ)います。095(まこと)御邪魔(おじやま)御座(ござ)いませうが、096何卒(どうぞ)御伴(おとも)をさして(くだ)さいませぬか』
097『それは大変(たいへん)(あぶな)(こと)御座(ござ)いました。098(しか)(なが)(わたし)神様(かみさま)御用(ごよう)()つて、099アマゾン(がは)上流(じやうりう)(まで)(まゐ)らねばならぬ(もの)100(をんな)(かた)道伴(みちづ)れになることは、101到底(たうてい)出来(でき)ませぬから、102(これ)(ばか)りは(ひら)御断(おことわ)(まを)します』
103(をんな)(かほ)(のぞ)()めば、104不思議(ふしぎ)紅井姫(くれなゐひめ)にてありける。
105『オー、106貴女(あなた)紅井姫(くれなゐひめ)(さま)ぢや御座(ござ)いませぬか? どうしてマアこンな(ところ)()れられて御出(おい)でなさいましたのかなア。107サアどうぞ一時(いちじ)(はや)立去(たちさ)り、108元来(もとき)(みち)御引返(おひきかへ)(くだ)さりませ。109かような(ところ)長坐(ながゐ)をして()れば、110又候(またぞろ)悪者(わるもの)引返(ひきかへ)して()て、111如何(いか)なる(こと)仕出(しで)かすか(わか)りませぬ』
112『お(なさけ)ないモリスさまの(その)御言葉(おことば)113(わたし)はあなたの内事司(ないじつかさ)として、114ヒルの(やかた)にお(つか)(あそ)ばす(みぎり)より、115朝夕(あさゆふ)(かほ)(はい)し、116何時(いつ)とはなしに恋路(こひぢ)(こころ)(くも)らせ、117()()身体(からだ)(やせ)おとろへて、118(おも)(やまひ)()となりました。119そこへ、120秋山別(あきやまわけ)(いや)(をとこ)121(あさ)(ゆふ)な、122(わたし)()()ひ、123いろいろと(めう)(こと)()ひかけ、124大変(たいへん)迷惑(めいわく)(いた)して()りました。125(あま)りあなたを(おも)(こひ)弱味(よわみ)で、126(はづ)かしくて、127(こころ)にもなき(つれ)ない(こと)(まを)しましたが、128(けつ)して(わたし)(こころ)はさうでは御座(ござ)りませぬ。129どうぞモリスさま、130今日(けふ)はあなたと(わたし)(ただ)二人(ふたり)131こンな機会(きくわい)(また)御座(ござ)りますまい。132(いま)でこそ(わたし)(はら)(そこ)打明(うちあ)けますから、133どうぞ二世(にせ)三世(さんせ)(さき)()かけて可愛(かあい)がつて(くだ)さいませ』
134(なみだ)(なが)し、135真実(しんじつ)(おもて)(あら)はして、136かきくどく(その)しほらしさ。137モリスは(こころ)(なか)にて非常(ひじやう)煩悶(はんもん)したるが(おも)()つて、
138『これはこれは(ひめ)(さま)139あなた(さま)()しからぬ(こと)(あふ)せられます。140如何(どう)して兄上様(あにうへさま)御許(おゆる)しもなく、141左様(さやう)なみだらな(こと)勝手(かつて)出来(でき)ませうか。142(この)()(ばか)りは(ひら)御許(おゆる)(くだ)さりませ』
143『ホヽヽヽヽ、144これモリスさま、145よう、146そンなことを、147(いま)になつてようマア仰有(おつしや)いますな。148(わたし)はあなたの(こころ)(そこ)(そこ)(まで)よく(うかが)つて()りますよ。149そンなテレ(かく)しは仰有(おつしや)らずに、150一時(いつとき)(はや)くウンと()つて(くだ)さい。151(わたし)()(いき)でなりませぬワ』
152(じつ)御察(おさつ)しの(とほ)り、153()ても()めても、154(みち)ならぬ(こと)とは()(なが)ら、155(ひめ)(さま)(うる)はしき姿(すがた)一目(ひとめ)(をが)むで……あゝ可愛(かあい)(をんな)だ……と(おも)()ンだが()()きで、156(こひ)(やまひ)におち、157それからと()ふものは、158(なに)()つても(あぢ)はなく、159()次第(しだい)痩衰(やせおとろ)へ、160煩悶(はんもん)苦悩(くなう)をつづけて()りましたが、161或事(あること)より神様(かみさま)のお(いまし)めを()けて翻然(ほんぜん)として(さと)り、162(いま)では、163是迄(これまで)のモリスとは(ちが)ひますから、164(この)(こと)(ばか)りは御許(おゆる)(くだ)さいませ。165モリス、166()をついて御願(おねが)(いた)します』
167『あのマア、168モリスさまの白々(しらじら)しい御言葉(おことば)169仮令(たとへ)天地(てんち)(かへ)(とも)170一旦(いつたん)(やせ)(とこ)(まで)(おも)ひつめた(をんな)171どうしてさう綺麗(きれい)サツパリと(おも)()られる道理(だうり)御座(ござ)いませう。172(あま)りぢらして(くだ)さりますな。173(こひ)神聖(しんせい)()ひまして、174あなたと(わたし)夫婦(ふうふ)になつた(ところ)で、175(それ)がナニ(つみ)になりませう。176サア(はや)御返事(ごへんじ)をして(くだ)さい。177(また)実際(じつさい)(いや)なら、178(いや)とキツパリ()つて(くだ)さい。179(わたし)(ひと)つの覚悟(かくご)御座(ござ)います』
180()ふより(はや)く、181懐剣(くわいけん)取出(とりだ)し、182引抜(ひきぬ)いて、183(はや)くも(のど)にあてむとするを、184モリスはあはてて(その)()(おさ)へ、185(なみだ)(なが)らに、
186『モシモシお(ひめ)(さま)187あなたのそこ(まで)(おも)ふて(くだ)さる御心(おこころ)(じつ)勿体(もつたい)なく有難(ありがた)(ぞん)じます。188(その)御志(おこころざし)仮令(たとへ)()ンでも(わす)れは(いた)しませぬ。189(しか)(なが)今日(こんにち)(わたし)は、190最早(もはや)(かみ)(ひか)りに(てら)されて、191国依別(くによりわけ)(さま)弟子(でし)となり、192アマゾン(がは)森林(しんりん)言霊戦(ことたません)(まゐ)途中(とちう)御座(ござ)いますれば、193何卒(どうぞ)ここの(ところ)聞分(ききわ)けて、194(おも)ひとまつて(くだ)さりませ』
195(こゑ)(ふる)はせ、196()(ごゑ)になつて(いさ)むるにぞ、197紅井姫(くれなゐひめ)(くび)をふり、
198『イエイエ、199(なん)仰有(おつしや)つても、200(をんな)一念(いちねん)()らさねば()きませぬ。201そンなら(かへ)つてから夫婦(ふうふ)になつてやらうと、202ここで一事(ひとこと)()つて(くだ)さい。203それが出来(でき)ぬと()ふことが御座(ござ)いますか』
204折角(せつかく)(なが)ら、205(その)(こと)(ばか)りはどうぞ(おも)ひとまつて(くだ)さいませ。206モリス(あらた)めてお(こと)わりを(まを)します』
207『あゝ是非(ぜひ)(およ)ばぬ。208そンならモリス殿(どの)209(わたし)冥途(めいど)(まゐ)ります』
210(また)もや懐剣(くわいけん)(ひき)ぬき(くび)()てがはむとするを、211モリスはあわてて(その)()(おさ)へ、
212(また)しても(また)しても、213御合点(おがてん)(わる)御姫様(おひめさま)214モリスの(やう)なヒヨツトコの愚鈍者(ぐどんもの)(わか)らずやが、215如何(どう)して(たふと)姫君様(ひめぎみさま)恋男(こひをとこ)になることが出来(でき)ませう。216あなたの御志(おこころざし)()()へて有難(ありがた)御座(ござ)いますが、217どうぞこれ(だけ)(ゆる)して(くだ)さいませ。218モウ(わたし)(をんな)()ふことは断念(だんねん)して()りますから、219折角(せつかく)決心(けつしん)何卒(どうぞ)ゆるめて(くだ)さいますな。220モリスのお(ねがひ)御座(ござ)います』
221()(あは)(たの)()る。
222 紅井姫(くれなゐひめ)223厳然(げんぜん)として立上(たちあが)り、224言葉(ことば)をあらためて、
225()れこそは大江山(たいこうざん)守護(しゆご)をいたす、226鬼武彦(おにたけひこ)幕下(ばくか)旭日明神(あさひみやうじん)(まを)(もの)227(なんぢ)心底(しんてい)最早(もはや)(うたが)ふの余地(よち)なし。228いざ(これ)よりアマゾン(がは)(むか)ひ、229天晴(あつぱ)れ、230言霊戦(ことたません)功名(こうみやう)手柄(てがら)(あらは)せよ。231(われ)(なんぢ)(ちから)()へ、232(まも)(あた)ふれば、233如何(いか)なる(こと)あるとも、234(けつ)して(おそ)るることなく、235(たゆ)まず、236(くつ)せず、237国依別(くによりわけ)(めい)(したが)つて、238神界(しんかい)(ため)活動(くわつどう)せよ。239モリス殿(どの)さらば……』
240言葉(ことば)(をは)るや、241(たちま)()(のぼ)白煙(はくえん)あたりを(つつ)み、242紅井姫(くれなゐひめ)(おも)ひし美女(びぢよ)姿(すがた)(この)()より(かすみ)(ごと)()()せにけり。
243大正一一・八・二〇 旧六・二八 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。