霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 対歌(たいか)〔九四六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第34巻 海洋万里 酉の巻 篇:第1篇 筑紫の不知火 よみ:つくしのしらぬい
章:第5章 第34巻 よみ:たいか 通し章番号:946
口述日:1922(大正11)年09月12日(旧07月21日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年12月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
房公は岩窟の声の歌を聞いて自分も歌心になり、歌を歌いだした。黒姫を立派な生き宮と思ってついてきたが、道中にその言動を見聞きしてすっかり幻滅し、付いてくるのではなかったという後悔を、滑稽な歌に託して笑い転げた。
芳公も黒姫の所業を挙げて非難し、高山彦に早くこのことを注進して逃がしてやろうと歌い、笑い転げた。
黒姫は二人を戒める歌を歌うが、房公は高山彦の浮気をねたにして、さらに黒姫をからかう歌を歌う。芳公は黒姫に愛想をつかしたと歌い、国に残してきた女房を懐かしむが、房公に茶々を入れられ、二人は歌で言い争いを始める。
黒姫は二人を叱りつけ、朝拝の準備をして朝餉をすませるようにと歌った。黒姫は道中もいできたイチジクの実を持っていたので、三人は掛け合いしながらイチジクを争った。イチジクの実を食べて機嫌を直した三人は、宣伝歌を歌いながら筑紫ヶ岳を登って行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3405
愛善世界社版:59頁 八幡書店版:第6輯 384頁 修補版: 校定版:63頁 普及版:26頁 初版: ページ備考:
001 房公(ふさこう)(いま)(うた)引出(ひきだ)され自分(じぶん)歌心(うたごころ)になつたと()え、002黒白(あやめ)()かぬ(やみ)(なか)から腰折(こしを)れを(うた)()したり。
003房公(ふさこう)がいざこれよりは(うた)をよむ
004黒姫(くろひめ)さまよ(しつか)りと()け。
005()(やま)(あを)(しげ)れる筑紫野(つくしの)
006(くろ)(をんな)一人(ひとり)()つなり。
007如意宝珠(によいほつしゆ)(たま)所在(ありか)(たづ)ねたる
008高姫司(たかひめつかさ)(いま)やいづくぞ。
009黄金(わうごん)(たま)所在(ありか)(たづ)ねたる
010黒姫(くろひめ)さまは(いま)(をとこ)(たづ)ねつ。
011高山(たかやま)(ひこ)(をつと)にはじかれて
012(はぢ)()らずに(さが)()るかな。
013黒姫(くろひめ)竜宮(りうぐう)さまの乙姫(おとひめ)
014(おも)うて()たが馬鹿(ばか)らしきかな。
015(わが)(つま)のお(てつ)(さぞ)今頃(いまごろ)
016(そら)(なが)めて()(わび)るらむ。
017(わが)(つま)よお(てつ)よしばし()つてくれ
018(あい)土産(みやげ)()ちかへるまで。
019黒姫(くろひめ)(をつと)(おも)真心(まごころ)
020(なれ)(うつ)して(よろこ)ばせて()む。
021房公(ふさこう)遥々(はるばる)(うみ)(わた)()
022(つま)のみ(こひ)しくなりにけるかな。
023こんな(こと)(ばか)()ふのぢやなけれども
024黒姫(くろひめ)御魂(みたま)(うつ)りしためぞ。
025神様(かみさま)(みち)(わす)れて(つま)ばかり
026(おも)(こころ)(おろか)しきかな。
027村肝(むらきも)(こころ)(つま)筑紫潟(つくしがた)
028(ふか)(こころ)不知火(しらぬひ)(なれ)
029如何(いか)にせむ海洋万里(かいやうばんり)(なみ)(うへ)
030(つばさ)なき()のもどかしきかな。
031黒姫(くろひめ)(あま)言葉(ことば)()せられて
032()らぬ他国(たこく)苦労(くらう)するかな。
033今頃(いまごろ)四尾(よつを)(やま)紅葉(もみぢ)して
034(にしき)(みや)(さか)えますらむ。
035言依別(ことよりわけ)(かみ)(みこと)御姿(おんすがた)
036()()(ごと)(おも)はるるかな。
037杢助(もくすけ)(かみ)(つかさ)御姿(みすがた)
038(おも)()しても(こころ)(いさ)みぬ。
039黒姫(くろひめ)のけげんな(かほ)()るたびに
040浮世(うきよ)(いや)になりにけるかな。
041()()れば真暗(まつくら)がりの(いは)(まへ)
042(あや)しき(かみ)(こゑ)(きこ)ゆる。
043黒姫(くろひめ)()けず(おと)らず腰折(こしを)れの
044(うた)よみし(とき)ぞをかしかりけり。
045芳公(よしこう)貴様(きさま)(ひと)(うた)()
046(うた)(こころ)(やみ)()らすぞ。
047闇々(やみやみ)(やみ)(とばり)(つつ)まれて
048黒姫(くろひめ)さまの黒顔(くろがほ)()えず。
049アハヽヽヽ、オホヽヽホツホ、ウフヽヽヽ、
050エヘヽヽ、イヒヽ(わら)()くなり』
051 芳公(よしこう)()けぬ()になつてまた駄句(だく)()したり。
052芳公(よしこう)()言霊(ことたま)をよつく()
053(たま)をころばす(やう)音色(ねいろ)を。
054一条(ひとすぢ)二条縄(ふたすぢなは)でゆかぬ(やつ)
055三筋(みすぢ)(いと)(しば)黒姫(くろひめ)
056孫公(まごこう)(いま)はどうして()るだらう
057(こころ)にかかる(やみ)()(なか)
058(これ)(ほど)無情(むじやう)(をんな)()らずして
059ついて()たのを(くや)しくぞ(おも)ふ。
060惟神(かむながら)(かみ)(をしへ)(はな)れたる
061黒姫(くろひめ)こそは曲神(まがかみ)ならむ。
062曲神(まがかみ)(しこ)(たけ)びを(おそ)れつつ
063間近(まぢか)(まが)()らざりし(われ)
064三五(あななひ)(まこと)(みち)(をし)()
065(かみ)(つかさ)(ふね)(ぬす)みつ。
066(この)(ふね)老朽(おいく)ちたれど高山彦(たかやまひこ)
067(かみ)(みこと)()するなるらむ。
068(くら)がりの(くさ)谷間(たにま)(つつ)まれて
069(いき)はづまして()らす(くる)しさ。
070(これ)よりは黒姫(くろひめ)さまに(ひま)くれて
071房公(ふさこう)(とも)(くに)(かへ)らむ。
072房公(ふさこう)(おも)()るのは(いま)なるぞ
073乙姫(おとひめ)さまの(あら)はれぬうち。
074竜宮(りうぐう)乙姫(おとひめ)さまの生宮(いきみや)
075はしやがれては(たま)らざらまし。
076さア(はや)黒姫(くろひめ)さまに立別(たちわか)
077()()()かむ()神国(かみくに)へ。
078逸早(いちはや)くこれの谷間(たにま)()()でて
079高山彦(たかやまひこ)注進(ちうしん)やせむ。
080注進(ちうしん)()いて高山(たかやま)(おどろ)いて
081姿(すがた)かくせば(さぞ)面白(おもしろ)からむ。
082さうならば黒姫(くろひめ)如何(いか)(さわ)ぐとも
083(あと)(まつり)詮術(せんすべ)もなし。
084アハヽヽヽ、オホヽヽヽツホ、ウフヽヽヽ
085エヽイヽ加減(かげん)()めて()くなり』
086 黒姫(くろひめ)(やみ)(なか)より(こゑ)()()げて、
087房芳(ふさよし)二人(ふたり)奴等(やつら)よつく()
088竜宮様(りうぐうさま)(かみ)(をしへ)を。
089痩犬(やせいぬ)のやうな(つら)してつべこべと
090(さへづ)姿(すがた)(へそ)をよるなり。
091何事(なにごと)()らざる(くせ)黒姫(くろひめ)
092小言(こごと)()うとは()しからぬ(やつ)
093黒姫(くろひめ)(まこと)(かみ)生宮(いきみや)
094(おも)(ちが)ひをするな房芳(ふさよし)
095房芳(ふさよし)よし天地(てんち)はかへるとも
096高山彦(たかやまひこ)黒姫(くろひめ)(つま)
097高山(たかやま)(わが)()(みこと)出遇(であ)ひなば
098(なれ)無礼(ぶれい)()げて()かせむ。
099独身(ひとりみ)黒姫(くろひめ)なりと(あなど)つて
100(あと)後悔(こうくわい)するな両人(りやうにん)
101後悔(こうくわい)(さき)()たぬと()ふことを
102よくわきまへて(くち)(つつし)め。
103(くち)(ばか)千年先(せんねんさき)(うま)()
104(ほざ)曲神(まがみ)(おろか)しきかな。
105これ(くらゐ)(わか)らぬ(やつ)()にあろか
106黒姫(くろひめ)さへも愛想(あいさう)つかしぬ。
107如何(いか)(ほど)侮辱(ぶじよく)されてもおとなしく
108(しの)ぶは(かみ)(みち)()ればこそ。
109(かみ)(みち)()てた(こと)なら黒姫(くろひめ)
110(ゆる)しちや()かぬ房芳(ふさよし)(やつ)
111房芳(ふさよし)(はや)(こころ)()(なほ)
112(まこと)(みち)(あゆ)みかへせよ。
113黒姫(くろひめ)言葉(ことば)がお()()らぬなら
114(まへ)勝手(かつて)にするがよからう。
115()(しば)(いま)両人(りやうにん)()げられちや
116(この)黒姫(くろひめ)一寸(ちよつと)迷惑(めいわく)
117房公(ふさこう)『さうか(いな)一寸(ちよつと)迷惑(めいわく)なさるかな
118()(みやこ)では(だい)迷惑(めいわく)
119高山(たかやま)黒姫司(くろひめつかさ)(あらそ)ひを
120(いま)()るやうに(おも)はれにけり。
121黒姫(くろひめ)()ぬの(はし)るの(ひま)くれと
122悋気(りんき)(こゑ)()くぞうたてき。
123うたうたと(やみ)(とばり)(つつ)まれて
124(あか)りの()たぬ(うた)()むかな。
125(うたが)ひの雲霧(くもきり)()れて黒姫(くろひめ)
126(こころ)(そら)(ひか)(とき)まつ。
127(まつ)()(つる)巣籠(すごも)(よろこ)びを
128愛子(あいこ)(ひめ)(さき)にせしめつ。
129サア()めたもつと()めたと両人(りやうにん)
130四畳半(よでふはん)にてしめりなきする。
131(この)(ところ)黒姫(くろひめ)さまが見付(みつ)けたら
132(さぞ)しめじめと湿(しめ)るだらうに。
133遥々(はるばる)(たづ)ねて()たのに(つま)(いへ)
134(はい)つちやならぬと()をしめの(うち)
135面白(おもしろ)いあゝをかしいと()()つて
136(わら)(とき)こそ()たれけるかな。
137アハヽヽヽウフヽヽヽヽヽオホヽヽヽ
138縁起(えんぎ)でもない()(ぐさ)()く』
139 芳公(よしこう)(また)もや(くら)がりから(うた)()したり。
140『ほのぼのと()()(ちか)くなりにけり
141早立(はやた)()かむ()(くに)(みやこ)へ。
142やがて(また)(からす)(すずめ)()くだらう
143(からす)ばかりか()(ひと)がある。
144まごまごと此処(ここ)にかうしちや()られない
145孫公(まごこう)さまは(さき)にいただらう。
146孫公(まごこう)(あと)おつかけて(すす)()
147黒姫(くろひめ)さまが邪魔(じやま)になるなり。
148(かほ)ばかり黒姫(くろひめ)さまと(おも)うたに
149(こころ)(くろ)しと()らず()たりし。
150何事(なにごと)よし()()男達(をとこだて)
151よし(この)()朽果(くちは)つるとも。
152(たの)まれた(こと)(あと)へは()かぬ(おれ)
153されど()をひく黒姫(くろひめ)(ばか)りは。
154()()くといつてもこれの山坂(やまさか)
155()()くのではない黒姫(くろひめ)()さまよ。
156()()いて(のぼ)()いとは(おも)へども
157生憎(あひにく)(たき)()らぬ(かな)しさ。
158滝殿(たきどの)(さぞ)今頃(いまごろ)膝坊主(ひざばうず)
159かかへて此方(こなた)(なが)()るらむ』
160 房公(ふさこう)(また)もや(うた)()したり。
161『のろけないこりや芳公(よしこう)よあんまりだ
162(おれ)もお(てつ)(くに)()るぞよ。
163色白(いろじろ)いお(てつ)のやうな(つま)なれば
164のろけてもよしほめるのも(よし)
165さりながらお(たき)のやうな蜥蜴面(とかげづら)
166ちと心得(こころえ)()つともないぞよ』
167芳公(よしこう)(なに)(ぬか)蜥蜴面(とかげつら)とは(たれ)()うた
168鼬面(いたちづら)した(かか)()ちつつ。
169(かき)()雨蛙(あまかへる)()(のぼ)るよな
170でかいお(てつ)(ゆめ)(たの)しめ。
171(てつ)のよな(くろ)(かほ)した女房(にようばう)
172(ふさ)いくなとは(おも)はぬか()れた(よわ)みで』
173黒姫(くろひめ)矢釜(やかま)しい雲雀(ひばり)のやうな二人(ふたり)(ども)
174もう()()けた手水(てうづ)つかへよ。
175さア(はや)天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)
176朝餉(あさげ)すまして出立(しゆつたつ)をせよ。
177無花果(いちじゆく)()()はここにあるけれど
178雲雀(ひばり)()はす無花果(いちじゆく)はなし。
179惟神(かむながら)(かみ)御霊(みたま)(さち)はひて
180(この)無花果(いちじゆく)生命(いのち)(たす)ける。
181(むぎ)()があれば雲雀(ひばり)もよからうが
182()()(どく)次第(しだい)なりけり。
183兵糧(ひやうらう)さへ沢山(たくさん)あれば山坂(やまさか)
184()えるも(やす)(かみ)御恵(みめぐみ)
185御恵(みめぐみ)(はづ)れた二人(ふたり)のいぢらしさ
186空腹(ひもじ)かるらむ(ふさ)(よし)(あは)れ。
187(あは)れをば()らぬ(われ)にはあらねども
188(あま)りの(こと)(あき)()てけり。
189高山(たかやま)(わが)()(きみ)()つと()
190()(くに)(みやこ)(いそ)(たの)しさ。
191黒姫(くろひめ)兵糧(ひやうらう)もたんと()つて()
192一宿(いちじく)二宿(にじく)三宿(さんじく)のため』
193房公(ふさこう)『これや()さま(ひと)(おれ)にも分配(ぶんぱい)
194(あま)冥加(みやうが)(わる)からうぞや。
195桃太郎(ももたらう)鬼ケ島(おにがしま)へと()(とき)
196団子(だんご)(はん)ぶんやつた(こと)(おも)へ』
197黒姫(くろひめ)(いぬ)なれば半分(はんぶん)(くらゐ)やろも()れぬ
198()しくばワンワン()くがよからう』
199芳公(よしこう)『ワンワンと(いぬ)()真似(まね)するよりも
200(きじ)真似(まね)してケンケンと()ふ』
201黒姫(くろひめ)『ケンケンと(ほざ)(きじ)にはやりはせぬ
202(ましら)のやうにキヤツキヤツと()け』
203房公(ふさこう)馬鹿(ばか)にすな(ばば)(くせ)して桃太郎(ももたらう)
204気取(きど)りで()るとは片腹痛(かたはらいた)い』
205黒姫(くろひめ)片腹(かたはら)(いた)いと()ふのは(うそ)だらう
206両腹(りやうはら)いた()いたからうに。
207痛々(いたいた)しその面付(つらつき)()るにつけ
208無花果(いちじゆく)(かは)でもやり(たく)ぞある』
209芳公(よしこう)食物(しよくもつ)(かみ)(あた)へと()くからは
210(その)無花果(いちじゆく)(おれ)(もの)だよ。
211黒姫(くろひめ)独占(どくせん)しようとはそりや無理(むり)
212天則違反(てんそくゐはん)(つみ)()ふぞよ』
213黒姫(くろひめ)先取権(せんしゆけん)この黒姫(くろひめ)にあるものを
214掠奪(りやくだつ)するならして()るも(よし)
215掠奪(りやくだつ)(つみ)(かさ)ねて天国(てんごく)
216きつき(いまし)(くら)(あは)れさ』
217房公(ふさこう)(くら)ふのが(あは)れさと()つた黒姫(くろひめ)
218()つた無花果(いちじゆく)(くら)(うれ)しさ』
219黒姫(くろひめ)(ふさ)(よし)(ふた)つの雲雀(ひばり)(ひま)とられ
220(はや)()(かみ)(のぼ)りましけり。
221カアカアと()いた(からす)(あた)へよか
222雲雀(ひばり)()はすを()しく(おも)へば。
223さり(なが)(この)雲雀(ひばり)とて天地(あめつち)
224みたまと(おも)へば()てて()かれず。
225さアやらう(ひと)(くら)へと()()して
226社会(しやくわい)奉仕(ほうし)善業(ぜんげふ)つまむ』
227房公(ふさこう)有難(ありがた)黒姫(くろひめ)さまの奮発(ふんぱつ)
228いちじく()じく(さん)じくを()ふ』
229芳公(よしこう)(あぢ)のよい無花果(いちじゆく)だけは黒姫(くろひめ)
230(くら)うた(あと)のかすをくれけり。
231かすでさへ(これ)(ほど)(うま)無花果(いちじゆく)
232上等物(じやうとうもの)はいかに(うま)からう』
233黒姫(くろひめ)『オホヽヽヽ』
234 (ふさ)235(よし)一度(いちど)に、
236『アハヽヽヽ』
237 三人(さんにん)無花果(いちじゆく)機嫌(きげん)をなほし、238筑紫ケ岳(つくしがだけ)宣伝歌(せんでんか)(うた)ひながら(のぼ)()く。
239大正一一・九・一二 旧七・二一 加藤明子録)