霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 神護(しんご)〔九六二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第34巻 海洋万里 酉の巻 篇:第3篇 峠の達引 よみ:とうげのたてひき
章:第21章 神護 よみ:しんご 通し章番号:962
口述日:1922(大正11)年09月14日(旧07月23日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年12月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
虎公は、玉公、新公、久公、八公を連れて、火の国街道までやってきた。ここは黒姫が手長猿に悩まされた場所である。大蛇の三公は、ここに子分たちを潜ませて虎公を襲わせようとしていた。
大蛇の三公の手下・六公は、大勢の子分を引き連れて現れ、虎公に啖呵を切った。虎公はそこに落ちていた木切れを拾うと、四五十人に対して暴れこんだ。六公以下はこの勢いに肝をつぶして散り散りに逃げてしまった。
虎公は、今日に限ってこれほどの元気が出たことを不思議に思ったが、玉公は、どこからともなく荒武者が現れて虎公の加勢をしていたのを見たと話した。虎公は神様のご加護があったことを悟り、感謝の涙を流して大地に伏して祈りをささげた。
虎公は子分たちと共に、宣伝歌を歌いながら駆け出した。丸木橋を渡ったところで、黒姫が妻のお愛と妹のお梅、二人の男を連れて向こうからやってくるところに出くわしたのであった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:267頁 八幡書店版:第6輯 459頁 修補版: 校定版:278頁 普及版:117頁 初版: ページ備考:
001 虎公(とらこう)は、002玉公(たまこう)003新公(しんこう)004久公(きうこう)005八公(はちこう)一行(いつかう)(とも)()(くに)街道(かいだう)(やうや)()(あら)はれた。006此処(ここ)(かし)()大木(たいぼく)太陽(たいやう)光線(くわうせん)(つつ)んで(さへぎ)つて()る、007天然椅子(てんねんいす)(いは)のある場所(ばしよ)で、008黒姫(くろひめ)手長猿(てながざる)(なや)まされた(ところ)であつた。009大蛇(をろち)三公(さんこう)乾児(こぶん)六公(ろくこう)数十人(すうじふにん)手下(てした)()()れ、010(かし)()(もと)虎公(とらこう)行方(ゆくへ)(もと)めつつ()つて()た。
011 虎公(とらこう)道々(みちみち)(うた)(うた)ひながら何気(なにげ)なくここ(まで)()()れば、012喧嘩(けんくわ)装束(しやうぞく)()をかためた六公(ろくこう)一行(いつかう)013棍棒(こんぼう)匕首(あひくち)(たづさ)へながら谷道(たにみち)()(ふさ)がり、
014六公(ろくこう)『オイ、015(とら)野郎(やらう)016昨日(きのふ)から貴様(きさま)所在(ありか)(さが)して()たのだ。017高山峠(たかやまたうげ)絶頂(ぜつちやう)()きよつたと(たしか)()つた(ゆゑ)018(あと)()ひかけて()つてみれば貴様(きさま)(はや)くも(かぜ)(くら)つて、019卑怯(ひけふ)未練(みれん)にも姿(すがた)(かく)しやがつた。020(おれ)(かへ)つて親分(おやぶん)申訳(まをしわけ)()いから、021大方(おほかた)貴様(きさま)建日(たけひ)(やかた)()きよつたのだと(おも)つて(この)山口(やまぐち)()つて()たのだ。022サアこうなつては最早(もはや)(かな)ふまい。023ここで綺麗(きれい)薩張(さつぱり)と、024(あい)(えん)()り、025親分(おやぶん)さまの女房(にようばう)(たてまつ)る、026約束(やくそく)(いた)せばよし、027()()(ぬか)して()かないと、028(どう)(くび)とを(ふた)つにしてやるがどうだ。029性念(しやうねん)()ゑて(しつか)返答(へんたふ)をせい。030何程(なにほど)貴様(きさま)(あせ)つたところで、031(あい)最早(もはや)親分(おやぶん)()(はい)つて()るのだから駄目(だめ)だぞ。032それより(おとな)しく三公(さんこう)乾児(こぶん)になつたらどうだ。033(いのち)()られるが()いか、034乾児(こぶん)になるのが()いか、035(ふた)つに(ひと)つの返答(へんたふ)をしろ』
036虎公(とらこう)(からす)のおどしのやうな(ざま)をしやがつて、037()(ほど)()らずの蠅虫(はへむし)め。038(なに)劫託(がふたく)()きやがるのだ。039貴様(きさま)こそ(くび)(どう)とを(ふた)つにしてやらア、040覚悟(かくご)せい』
041玉公(たまこう)『これこれ虎公(とらこう)さま、042大事(だいじ)(まへ)小事(せうじ)だから、043(いま)(おこ)つてはいけませぬ。044これ()なさい。045だんだん水晶玉(すいしやうだま)(くも)つて()ました』
046虎公(とらこう)『ヤアもう()うなつては(やぶ)れかぶれだ。047(をとこ)意地(いぢ)でどこ(まで)もやれるだけやつて()にや(むし)(をさ)まらねえや。048玉公(たまこう)049貴様(きさま)(おれ)(いま)(あば)放題(はうだい)(あば)れて()るから足手纏(あしてまと)ひになつては(おれ)活動(くわつどう)邪魔(じやま)になる。050オイ、051新公(しんこう)052久公(きうこう)053八公(やつこう)(とも)にどつかへ()げて(しま)へ』
054()ひながら、055虎公(とらこう)其処(そこ)()ちてあつた一間(いつけん)(ばか)りの(ふし)だらけの、056(あめ)(さら)された木片(きぎれ)(ひろ)ふより(はや)く、057四五十人(しごじふにん)(むれ)(むか)つて()(まは)しつつ(あば)()んだ。058六公(ろくこう)(この)元気(げんき)(きも)(つぶ)散々(ちりぢり)ばらばらとなつて()()せて仕舞(しま)つた。
059虎公(とらこう)『アハヽヽヽ、060(なん)(よわ)(やつ)(ばか)()つたものだなあ。061大蛇(をろち)三公(さんこう)もこれだけ穀潰(ごくつぶ)しを(かか)へて()ては大抵(たいてい)ぢやあるまい。062オイ玉公(たまこう)063(しん)064(きう)065(はち)066もう大丈夫(だいぢやうぶ)だ、067()()い』
068 この(こゑ)四人(よにん)顔一面(かほいちめん)蜘蛛(くも)()だらけになつて、069真青(まつさを)(かほ)をしながら(あし)もわなわな虎公(とらこう)(そば)()つて()た。
070新公(しんこう)(なん)虎公(とらこう)さま、071(えら)馬力(ばりき)()たものだなあ』
072虎公(とらこう)今日(けふ)(かぎ)つて何故(なぜ)あれ(ほど)肝玉(きもだま)()わり、073(ちから)()たのだらう。074自分(じぶん)ながらに合点(がてん)がゆかないのだ』
075玉公(たまこう)(おれ)()(しげ)みへ(かく)れて()()たら、076(まへ)(おな)姿(すがた)をした荒武者(あらむしや)七八十人(しちはちじふにん)どこからともなく(あら)はれて、077(おほ)きな材木(ざいもく)()(まは)したものだから、078(ろく)野郎(やらう)(はじ)め、079どいつもこいつもあの(とほ)悲惨(みじめ)(ざま)()げよつたのだ。080本当(ほんたう)合点(がてん)のゆかぬ不思議(ふしぎ)(こと)だつた』
081 虎公(とらこう)はこれを()いて(なみだ)(なが)大地(だいち)端坐(たんざ)し、082拍手(かしはで)()天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)(をは)り、
083虎公(とらこう)神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)(さま)084よくもお(たす)(くだ)さいました、085有難(ありがた)御座(ござ)います。086()きましては(この)様子(やうす)では、087(あい)()(あが)(あん)じられてなりませぬから、088どうぞも一度(いちど)089(わたし)をお(たす)(くだ)さいましたやうに、090(あい)()(うへ)をお(たす)(くだ)さいませ。091(ねが)(まを)します』
092感謝(かんしや)(なみだ)ハラハラと、093大地(だいち)(あたま)()げて(いの)つて()る。
094 虎公(とらこう)は、095玉公(たまこう)(その)()乾児(こぶん)(とも)(また)もや坂道(さかみち)足拍子(あしびやうし)()り、096(うた)ひながら(わが)()(はう)をさして(はし)()した。
097『あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
098(かみ)(おもて)(あら)はれて
099(ぜん)(あく)とを立別(たてわ)ける
100(あさ)(ゆふ)なに大神(おほかみ)
101御前(みまへ)(ぬか)づき村肝(むらきも)
102(こころ)(つく)()(つく)
103(つか)へまつりし甲斐(かひ)ありて
104大蛇(をろち)三公(さんこう)乾児(こぶん)なる
105六公(ろくこう)手下(てした)にウントコシヨ
106()(かこ)まれし(その)(とき)
107仁慈無限(じんじむげん)瑞御霊(みづみたま)
108神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
109(いづ)のみたまをわけたまひ
110数多(あまた)(かみ)(あら)はして
111たつた一人(ひとり)虎公(とらこう)
112加勢(かせい)をさして(くだ)さつた
113()()(がた)(かみ)(おん)
114三五教(あななひけう)()(すく)
115(まこと)(ひと)つの(かみ)(みち)
116今更(いまさら)のごとドツコイシヨ
117(たふと)くなつて(まゐ)りました
118かく神徳(しんとく)(あら)はれた
119ウントコドツコイ(その)(うへ)
120仮令(たとへ)大蛇(をろち)三公(さんこう)
121虎公(とらこう)さまの留守宅(るすたく)
122数多(あまた)手下(てした)()きつれて
123如何(いか)(きび)しく()むるとも
124(けつ)して(おそ)るる(こと)はない
125()かぬ気者(きもの)女房(にようばう)
126(さぞ)今頃(いまごろ)素盞嗚(すさのを)
127(かみ)(みこと)神徳(しんとく)
128()()(てき)(ことごと)
129(あらし)(はな)()(ごと)
130ウントコドツコイ()()らし
131勝鬨(かちどき)あげて虎公(とらこう)
132ウントコドツコイ機嫌(きげん)よく
133(かへ)つて()るのを()つために
134(さけ)(かん)をばドツコイシヨ
135用意(ようい)(いた)してウントコシヨ
136()つて()るのに(ちが)ひない
137朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
138(つき)()つとも()くるとも
139仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
140(まこと)(ひと)つの三五(あななひ)
141(かみ)(をしへ)()(まか)
142(あさ)(ゆふ)なに真心(まごころ)
143(つく)して(この)()(わた)るなら
144(いきほひ)(たけ)獅子(しし)(くま)
145(とら)(おほかみ)(なん)のその
146()してや大蛇(をろち)三公(さんこう)
147手下(てした)(よわ)面々(めんめん)
148仮令(たとへ)幾百(いくひやく)(きた)るとも
149(かた)(ぱし)から()()らし
150改心(かいしん)させるは()のあたり
151あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
152御霊(みたま)(さち)はひましまして
153三五教(あななひけう)御道(おんみち)
154(この)()悪魔(あくま)(うた)はれし
155大蛇(をろち)三公(さんこう)(はじ)めとし
156(その)(ほか)手下(てした)者共(ものども)
157(こころ)()らして惟神(かむながら)
158(まこと)(みち)(すく)ひませ
159一重(ひとへ)(ねが)(たてまつ)
160ウントコドツコイ ドツコイシヨ
161それにつけても黒姫(くろひめ)
162(ふさ)(よし)二人(ふたり)今頃(いまごろ)
163無事(ぶじ)(みやこ)へドツコイシヨ
164()いたであらうかウントコセ
165(にはか)にそれが()にかかる
166あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
167国魂神(くにたまがみ)純世姫(すみよひめ)
168月照彦(つきてるひこ)神様(かみさま)
169どうぞ三人(みたり)行末(ゆくすゑ)
170(やす)(まも)らせたまへかし
171ウントコドツコイ虎公(とらこう)
172(これ)から(わが)()()(かへ)
173(うち)騒動(さうだう)(かた)づけて
174()国都(くにみやこ)()(むか)
175黒姫(くろひめ)さまの(あと)()うて
176(たふと)(かみ)御教(みをしへ)
177()かして(もら)はうドツコイシヨ
178それが(なに)より(たの)しみだ
179ウントコドツコイ ドツコイシヨ
180こいつはしまつた何時(いつ)()
181(みち)()(ちが)ひドツコイシヨ
182向日峠(むかふたうげ)谷道(たにみち)
183(おも)はず()らず(まよ)()んだ
184これやマアどうした(こと)だらう
185其処(そこ)(あぶな)丸木橋(まるきばし)
186(わた)るにや(こわ)(わた)らねば
187どしても(わが)()にや(かへ)れない
188ここから(あと)()(かへ)
189元来(もとき)(みち)()るならば
190(わが)()(かへ)るは(やす)けれど
191そんな(こと)をばして()たら
192時間(じかん)(おく)れて仕様(しやう)がない
193向日峠(むかふたうげ)()()えて
194(わが)()をさして(かへ)()
195半時(はんとき)ばかり(はや)からう
196あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
197これも(なに)かのお仕組(しぐみ)
198此処(ここ)(まよ)うて()たのだらう
199(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
200直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
201()(あやま)ちは()(なほ)
202三五教(あななひけう)御教(おんをしへ)
203今更(いまさら)(おも)()られける
204広大(くわうだい)無限(むげん)神様(かみさま)
205(ふか)智慧(ちゑ)には(かな)はない
206(こころ)(ねぢ)けた吾々(われわれ)
207どうして(たふと)天地(あめつち)
208(かみ)(こころ)(わか)らうか
209(かみ)のまにまに(まか)すより
210(そと)()くべき(みち)はない
211何程(なにほど)(あやふ)(はし)ぢやとて
212ウントコドツコイ躊躇(ちうちよ)する
213(いとま)がどうしてあるものか
214地獄(ぢごく)(かま)のドツコイシヨ
215一足(いつそく)()びをするやうな
216荒肝(あらぎも)()()しウントコシヨ
217(わた)つて()ようか玉公(たまこう)
218(しん)(きう)(はち)三人(さんにん)
219この虎公(とらこう)(つづ)けよや
220(ひい)(ふう)()つ』と()ひながら
221()()(ごと)丸木橋(まるきばし)
222両手(りやうて)(ひろ)()(かる)
223一目散(いちもくさん)(わた)()
224かかる(ところ)(むか)ふより
225黒姫司(くろひめつかさ)(はじ)めとし
226(つま)のお(あい)やお(うめ)(まで)
227二人(ふたり)(をとこ)(おく)られて
228(もり)(しげ)みを()しわけて
229(あら)はれ(きた)(いぶ)かしさ
230あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
231御霊(みたま)(さち)はへましませよ。
232大正一一・九・一四 旧七・二三 加藤明子録)