霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

(じよ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第37巻 舎身活躍 子の巻 篇:前付 よみ:
章: よみ:じょ 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年10月08日(旧08月18日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
霊界物語も凡百の艱難を排し、ようやく第三十六巻まで完結を告げた。四百時詰め原稿用紙四万五千枚、着手日数は百八十日におよんだ。
しかしながら過去・現代・未来における顕・神・幽三界の際限なき物語であれば、とうてい三輯や四輯で大要を述べ尽くすことはできない。
神命によれば、三十六巻を一集としてもこれを四十八集を口述しなくては徹底的に解くことはできないとの話である。そこで神界をお願いして十輯・百二十巻くらいで神示の大要を口述したい。
ついては、瑞月王仁が霊界に仕えた経路をあらかじめ述べておく必要があるとみとめ、第四輯『舎身活躍』の初めにおいて穴太の幽祭修行の状況や、綾部に来たって出口教祖に面会し神業に奉仕した次第を述べて、読者の参考に供することにした。
『舎身活躍』は『海洋万里』の継続的物語である。神素盞嗚尊は数多の神人を教養し、これを宣伝使として四方の国々に遣わして八岐大蛇や邪神悪狐の霊魂を言向け和した。
そして出雲の日の側上において村雲の剣を得て天照大御神に奉り、五六七神政の基礎を築き固め、天下万民の災害を除いて救世の大道を樹立したもうた長大な物語である。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第7輯 29頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
001 霊界物語(れいかいものがたり)凡百(ぼんぴやく)艱難(かんなん)排除(はいじよ)し、002(やうや)三十六巻(さんじふろくくわん)003原稿用紙(げんかうようし)百字詰(ひやくじづめ)四万五千枚(よんまんごせんまい)004着手(ちやくしゆ)日数(につすう)百八十日(ひやくはちじふにち)にて完結(くわんけつ)()げました。005(しか)(なが)過去(くわこ)006現代(げんだい)007未来(みらい)()ける(けん)008(しん)009(いう)三界(さんがい)際限(さいげん)()物語(ものがたり)なれば、010到底(たうてい)三輯(さんしふ)四輯(よんしふ)にてその大要(たいえう)()(つく)(こと)(もつと)至難事(しなんじ)であります。011神命(しんめい)()れば、012四万五千枚(よんまんごせんまい)原稿(げんかう)(すなは)四百五十万言(よんひやくごじふまんげん)三十六巻(さんじふろくくわん)一集(いつしふ)(じつ)三輯(さんしふ))としても、013(いう)(これ)四十八集(しじふはちしふ)口述(こうじゆつ)せなくては、014徹底的(てつていてき)()(こと)出来(でき)ないとの(はなし)であります。015さうすれば三百六十字詰(さんびやくろくじふじづめ)四百頁(よんひやくページ)一巻(いつくわん)として一千七百二十八巻(いつせんななひやくにじふはちくわん)(えう)し、016瑞月(ずゐげつ)記録破(レコードやぶ)りの大速力(だいそくりよく)(もつ)て、017一年(いちねん)三輯(さんしふ)づつ口述(こうじゆつ)するも、018今後(こんご)四十八年(しじふはちねん)(えう)する(わけ)になります。019(じつ)(ぼう)新聞紙(しんぶんし)(へう)する(ごと)阿房陀羅(あほだら)(なが)物語(ものがたり)でありますから、020神界(しんかい)御願(おねがひ)(いた)して可成(なるべく)十輯(じつしふ)(くらゐ)にし百二十巻(ひやくにじつくわん)(ぐらゐ)にて神示(しんじ)大要(たいえう)口述(こうじゆつ)して()たいと(おも)ひます。021(つい)ては瑞月(ずゐげつ)王仁(おに)霊界(れいかい)(つか)へたる経路(けいろ)をも(あらかじ)()べて()必要(ひつえう)ありと(みと)め、022第四輯(だいよんしふ)舎身活躍(しやしんくわつやく)』の(はじめ)(おい)て、023霊主体従(れいしゆたいじゆう)第一巻(だいいつくわん)第一篇(だいいつぺん))に()れたる穴太(あなを)()ける幽斎(いうさい)修行(しうぎやう)状況(じやうきやう)や、024綾部(あやべ)(きた)つて出口(でぐち)教祖(けうそ)面会(めんくわい)神業(しんげふ)奉仕(ほうし)したる次第(しだい)をも、025(ほぼ)()べて読者(どくしや)参考(さんかう)(きよう)する(こと)(いた)しました。026(また)この『舎身活躍(しやしんくわつやく)』は『海洋万里(かいやうばんり)』の継続的(けいぞくてき)物語(ものがたり)で、027神素盞嗚尊(かむすさのをのみこと)数多(あまた)神人(しんじん)教養(けうやう)し、028(これ)宣伝使(せんでんし)として、029四方(よも)国々(くにぐに)嶋々(しまじま)(つか)はし、030八岐大蛇(やまたをろち)邪神(じやしん)悪狐(あくこ)霊魂(れいこん)言向和(ことむけやは)し、031(つひ)出雲(いづも)()側上(かはかみ)(おい)て、032村雲(むらくも)(つるぎ)()天照大御神(あまてらすおほみかみ)(たてまつ)り、033五六七(みろく)神政(しんせい)基礎(きそ)(きづ)(かた)め、034天下万民(てんかばんみん)災害(さいがい)(のぞ)救世(きうせい)大道(だいだう)樹立(じゆりつ)したまひし、035長大(ちやうだい)なる物語(ものがたり)であります。036アヽ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
037  大正十一年十月十二日 於五六七殿