霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 破軍星(はぐんせい)〔一〇一五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第37巻 舎身活躍 子の巻 篇:第1篇 安閑喜楽 よみ:あんかんきらく
章:第3章 第37巻 よみ:はぐんせい 通し章番号:1015
口述日:1922(大正11)年10月08日(旧08月18日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
親戚の次郎松は勘吉の美人局にかかって、金をゆすられていた。ある晩、次郎松は勘吉一家に家に押し込まれて往生していた。次郎松の老母は、自分に助けを求めてきた。
自分の母と祖母の不安も顧みず、男を売るのはこのときと野次馬を分けて次郎松の家に入り、次郎松をゆすっている勘吉に啖呵を切った。
勘吉は、喜楽を叩きのめせと子分たちに号令をかけている。子分の一人がけしかけられ、震えながら、お願いだから外へ出てくれと声をかけてきた。自分は懐手のままドスンと座り、空威張りをしていた。
そこへ嘘勝がやってきて、勘吉が美人局で次郎松をゆすっていることを大声で触れた。自分の弟が、次郎松が勘吉に払ったお金をいくらかちょとまかしたことが原因だから、この件は自分が仲裁に入ろうと言い立てたのである。
勘吉は、女を種にして次郎松をゆすっていたことが公になるのを恥じて、急に手打ちを言いだした。そして明日の晩に仲直りの宴会を開くこととなったが、嘘勝は言い訳をつけて断った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3703
愛善世界社版:34頁 八幡書店版:第7輯 42頁 修補版: 校定版:36頁 普及版:15頁 初版: ページ備考:
001 大阪(おほさか)から田舎下(いなかくだ)しの(まひ)師匠(ししやう)に、002(たま)といふ四十(しじふ)(くらゐ)年増(としま)があつた。003(むら)若者(わかもの)端唄(はうた)(まひ)(をどり)毎晩(まいばん)稽古(けいこ)()つて()つた。004何時(いつ)()にかは(この)(たま)侠客(けふかく)勘吉(かんきち)内縁(ないえん)(つま)となつてゐた。005そして勘吉(かんきち)(その)(たま)(むら)(わか)(もの)をくつつけ、006そこを(おさ)へては物言(ものい)ひを()け、007金銭(きんせん)(しぼ)()つて()たのである。008(この)(をんな)(すこ)浄瑠璃(じやうるり)()つてゐて、009若者(わかもの)にチヨコチヨコ(ふだ)(をし)へて()た。
010 次郎松(じろまつ)といふ(をとこ)011五十(ごじふ)(さか)()えて()(なが)(やもめ)(さび)しさに、012(わか)(もの)(まひ)(をどり)浄瑠璃(じやうるり)稽古(けいこ)毎夜(まいよ)()かさず見聞(みきき)()き、013(つひ)にはお(たま)勘吉(かんきち)美人局(つつもたせ)(おちい)寝込(ねこ)みを(おさ)へられ、014(あたま)背中(せなか)をしたたか(なぐ)られ、015真青(まつさを)になつて(わが)()()(かへ)り、016ブルブル(ふる)へて()た。017そこへ上田長吉(うへだちやうきち)といふ、018次郎松(じろまつ)近所(きんじよ)二十五歳(にじふごさい)(をとこ)がやつて()て、019いふやう、
020『わしが勘吉(かんきち)とお(たま)との(なか)這入(はい)つて(はなし)をうまくつけて()たから、021二百円(にひやくゑん)()しなさい。022そしたら、023勘吉(かんきち)(おこ)りはすまい』
024()つた。025次郎松(じろまつ)(うま)れついての吝嗇坊(けちんぼう)026惜相(をしさう)工面(くめん)して、027清水(きよみづ)舞台(ぶたい)から()んだやうな心持(こころもち)で、028五十円(ごじふゑん)(かね)(こしら)へ、029長吉(ちやうきち)()(わた)した。030長吉(ちやうきち)はお(たま)(むか)つて、
031次郎松(じろまつ)サンが二十五円(にじふごゑん)()して()れたから、032これで勘弁(かんべん)しなさい。033(この)廿五円(にじふごゑん)はわしの(かね)ぢやが、034(まへ)()げる』
035(うま)くチヨロまかして、036(また)(たま)(めう)関係(くわんけい)をつけて(しま)つた。
037 肝腎(かんじん)勘吉(かんきち)はそんなこととは()らず、038五六人(ごろくにん)乾児(こぶん)()れ、039暗夜(あんや)次郎松(じろまつ)(いへ)押掛(おしか)()き、040強談判(こはだんぱん)(はじ)()した。041平素(へいそ)から(うれ)(よろこ)びの悪口(あくこう)()ひと、042村中(むらぢう)から(にく)まれてゐた次郎松(じろまつ)が、043今夜(こんや)河内屋(かはちや)にやられるのだ、044よい(ばち)だ、045面白(おもしろ)い、046()()うか……と(つぎ)から(つぎ)()()はし、047(かど)には一杯(いつぱい)(ひと)だかりになつてゐる。048次郎松(じろまつ)老母(らうぼ)裏口(うらぐち)から()()し、049(わが)()(きた)り、
050『コレコレ喜楽(きらく)サン、051大変(たいへん)なことが(おこ)つて()た。052(まへ)親類(しんるゐ)のことであり、053(うち)(まつ)(いま)二百両(にひやくりやう)(かね)()さねば、054地獄川(ぢごくがは)(たはら)につめて(はう)()まれるとこだから、055(はや)()勘吉(かんきち)談判(だんぱん)しておくれ……』
056(ふる)(ふる)()いてゐる。057自分(じぶん)は『ヨシ()た!』……と()つたものの、058近所(きんじよ)にワアワアと大勢(おほぜい)(こゑ)(きこ)えてゐる、059勘吉(かんきち)呶鳴(どな)(ごゑ)()()(ごと)(みみ)にひびく。060幾分(いくぶん)か、061コリヤ険呑(けんのん)だ、062ウツカリ()(わけ)には()こまい……と、063(やや)卑怯心(ひけふしん)(むし)(はら)(そこ)(はう)(ささや)()した。064そして八十四歳(はちじふしさい)になつた老祖母(らうそぼ)(はは)が、065不安(ふあん)顔色(かほいろ)をして、066自分(じぶん)返事(へんじ)如何(どう)いふかと()つてゐるやうである。
067 おこの()アサンは(わが)()一大事(いちだいじ)だと、068一生懸命(いつしやうけんめい)に、
069喜楽(きらく)サン、070(はや)()ておくれ、071(まつ)がやられて(しま)ふ……』
072()()てる。
073『そんなら()きませう』
074自分(じぶん)立上(たちあが)らうとする。075老祖母(らうそぼ)()くなと()()らす。076おこの()アサンは、
077『コレ喜楽(きらく)サン、078親類(しんるゐ)()つて、079こんな(とき)(たす)けに()てくれんのなら、080(まへ)(ところ)二十円(にじふゑん)()した(かね)(いま)(かへ)しておくれ。081河内屋(かはちや)にやる()しにせんならんから、082そしてこんな(とき)()てくれな、083モウこれから(なに)(たの)まれても()きませんぞえ』
084(すこ)しの借金(しやくきん)(おん)にきせて無理(むり)引出(ひきだ)さうとする。085自分(じぶん)一寸(ちよつと)むかついたが、086……(しか)世間(せけん)(もの)は、087そんな事情(じじやう)(おこ)つて()かなんだとは(おも)はずに、088勘吉(かんきち)辟易(へきえき)して、089とうとう喜楽(きらく)()()なんだと(そし)るであらう。090折角(せつかく)侠客(けふかく)玉子(たまご)になりかけた(ところ)を、091なきがらだと()はれては、092(いま)までの(こと)水泡(すゐほう)()する、093ナアニ多田(ただ)(かめ)(をし)へた(とほ)り、094(いのち)(まと)にかけて()きさへすれば大丈夫(だいぢやうぶ)だ、095(ひと)度胸(どきよう)(はう)()してやらう、096()()るのは(いま)ぢや……と(にはか)(つよ)くなつて、097老母(らうぼ)(はは)不安(ふあん)顔色(かほいろ)()()りして、098(わが)()()()し、099(うら)(やぶ)(かき)蜘蛛(くも)()()つかかり(なが)ら、100(ふた)つもくぐりぬけて、101背戸口(せとぐち)から次郎松(じろまつ)(おく)()()りこみ、102(なに)くはぬ(かほ)して、103(おく)からヌツと火鉢(ひばち)(そば)(あら)はれて、104井筒型(ゐづつがた)模様(もやう)のあるドテラをフワリと羽織(はお)り、105鷹揚(おうやう)(すわ)()んだ。106そして破軍星(はぐんせい)剣先(けんさき)(てき)()けてやらう、107自分(じぶん)剣先(けんさき)(つか)()()めたれば、108キツと()つに(ちが)ひないと、109(やや)迷信(めいしん)(とら)はれ(なが)ら、
110『オイ河内屋(かはちや)111こんなヒヨロヒヨロ(おやぢ)に、112屈強(くつきやう)(ざか)りの侠客(けふかく)五人(ごにん)六人(ろくにん)乾児(こぶん)()れて、113(おし)よせて()るとは(なん)(こと)だ。114侠客(けふかく)(けふ)()(なん)といふ(こと)()つてゐるかい。115遊廓(いうくわく)へでも()つて(をとこ)()るのが侠客(けふかく)本分(ほんぶん)ぢやないか。116こんな(ちい)つぽけな田舎(いなか)で、117ヘボ(おやぢ)(くるし)めた(ところ)で、118(まへ)()はあがる(どころ)か、119(かへつ)てダダ()がりだぞ』
120(あたま)から()みつけて()た。121河内屋(かはちや)(なん)(おも)ふたか、122(もの)()はず門口(かどぐち)()て、123乾児(こぶん)五人(ごにん)(なか)()れ、
124『オイ喜楽(きらく)(たた)きのばせ! 次郎松(じろまつ)(ひき)ずり()せ!』
125号令(がうれい)をかけてゐる。126おこの()アサンは自分(じぶん)(うち)()たなり、127(こわ)がつて(ふる)うて(かへ)つて()ない。128次郎松(じろまつ)長火鉢(ながひばち)(まへ)(すわ)つたまま、129真青(まつさを)(かほ)して、
130破軍星(はぐんせい)はどつちを()いてる、131なア喜楽(きらく)サン……』
132などと調子(てうし)(はづ)れな(こゑ)(たづ)ねてゐる。133乾児(こぶん)(なか)両腕(りやううで)(きこ)えたる、134留公(とめこう)135与三公(よさこう)親分(おやぶん)にケシを()けられ、136(ふる)(ふる)ひ、
137『コレ喜楽(きらく)サン、138一寸(ちよつと)()(くだ)され。139次郎松(じろまつ)サン、140親分(おやぶん)があない()うてますから()(くだ)さい』
141などと怖々(こわごわ)ニユツと()をつき()して、142半分(はんぶん)ふるうてゐる。143河内屋(かはちや)(いぬ)遠吠(とほぼえ)()ず、144門口(かどぐち)から号令(がうれい)をきびしくかける(ばか)りである。145自分(じぶん)懐手(ふところで)をした(まま)146ドスンとすわり、147()(づら)をしてワザと豪傑(がうけつ)らしく空威張(からゐば)りをしてゐた。148(しか)(なが)(わき)(した)(こし)のあたりは(あき)夜寒(よさむ)にも()ず、149(あせ)がビツシヨリと着物(きもの)をぬらしてゐた。150門口(かどぐち)には(むら)(わか)(もの)(をんな)(せん)ぐり(せん)ぐりやつて()て、151ワイワイとぞめいてゐる。152不断(ふだん)から(にく)まれてゐるので、153誰一人(たれひとり)仲裁(ちうさい)(はい)らうとする(もの)がない。
154 (しばら)くすると嘘勝(うそかつ)()(をとこ)(おとうと)長吉(ちやうきち)引張(ひつぱ)つて()た。155(この)(をとこ)次郎松(じろまつ)から(つね)世話(せわ)になつて()(ところ)から、156近所(きんじよ)(こと)でもあり、157()自分(じぶん)(おとうと)(くわん)した(こと)でもあるので、158裏口(うらぐち)から長吉(ちやうきち)()れて這入(はい)つて()たのである。159自分(じぶん)長吉(ちやうきち)(むか)ひ、160ワザと(おほ)きな(こゑ)で、
161(この)(あひだ)(まつ)サンからお(たま)サンに(わた)してくれといつて、162ことづけた五十円(ごじふゑん)(かね)如何(どう)したのか?』
163()なりつけて()た。164長吉(ちやうきち)(ふる)(なが)ら、
165(その)五十円(ごじふゑん)(たしか)にお(たま)サンに(わた)しました』
166()ふ。167そこで喜楽(きらく)(みな)(きこ)える(やう)に、
168『お(たま)といふ(をんな)()けば、169河内屋(かはちや)囲女(かこひをんな)ぢやないか。170侠客(けふかく)内縁(ないえん)にもせよ、171女房(にようばう)になる(をんな)が、172(をとこ)から(かね)五十円(ごじふゑん)()るとは()しからん(やつ)だ。173これは(えう)するに河内屋(かはちや)差図(さしづ)ではあるまい。174こんな(をんな)()つて()ると、175侠客(けふかく)()(けが)れるのみならず、176(この)(むら)(はぢ)だ。177男達(をとこだて)(もつ)(にん)ずる当時(たうじ)売出(うりだ)しの河内屋(かはちや)が、178(をんな)(たま)使(つか)うて(かね)()るといふ、179卑怯(ひけふ)なことは(けつ)してする(はず)がない。180大方(おほかた)貴様(きさま)がチヨロまかしたのだろ』
181呶鳴(どな)つて()せた。182嘘勝(うそかつ)(めう)(かほ)をして、
183『とも(かく)184(おとうと)長吉(ちやうきち)(わる)いのだから、185(この)(こと)(わたし)(まか)して(もら)ひたい。186河内屋(かはちや)だつて、187(をとこ)(かほ)(どろ)をぬられて(だま)つておろまい。188侠客(けふかく)といふ(もの)は、189(をんな)(たま)使(つか)つて(かね)()るといふやうなことはしそうな(はず)がない。190こんな(こと)がカンテラの親分(おやぶん)にでも(きこ)えたら、191それこそ大変(たいへん)だぞ』
192呶鳴(どな)りかけた。193河内屋(かはちや)はお(たま)次郎松(じろまつ)(おか)し、194侠客(けふかく)(かほ)(どろ)()つたから、195承知(しようち)しない、196二百円(にひやくゑん)(かね)()さねば地獄川(ぢごくがは)(はう)()むとねだつて()たのが、197(すこ)(はづか)しくなつたと()え、198門口(かどぐち)から(ふたた)(あが)(ぐち)火鉢(ひばち)(まへ)(まで)やつて()て、
199勘吉(かんきち)(この)勘吉(かんきち)は、200(をんな)(たま)(かね)をねだつたなどと()はれちや、201(をとこ)()ちません。202(なに)かの間違(まちがひ)だらう……コラ与三公(よさこう)203留公(とめこう)204貴様(きさま)205そんな馬鹿(ばか)なことを次郎松(じろまつ)サンに()うたのか、206不都合(ふつがふ)(やつ)だ』
207呶鳴(どな)りつけた。208与三公(よさこう)留公(とめこう)は……親分(おやぶん)命令(めいれい)ぢやないか……と()ひたいけれど、209()(わけ)にもいかぬといふやうな顔付(かほつき)で、210(あたま)をガシガシかき(なが)ら、
211『へー、212(べつ)にそんなこたア、213()うた(おぼ)えは(ござ)いまへん』
214巻舌(まきじた)何時(いつ)()にか、215田舎(いなか)(ことば)生地(きぢ)(かへ)つて(しま)つてゐる。216河内屋(かはちや)顔色(かほいろ)(やは)らげ、
217『ヤア喜楽(きらく)サン、218心配(しんぱい)かけて()みません。219(わざはい)(した)からと()ひまして、220子分(こぶん)(やつ)がこちらの()らんことを(ぬか)すもんだから、221こんな騒動(さうだう)になつたのです。222(しか)(わたし)御存(ごぞん)じの(とほ)り、223(いま)売出(うりだ)しの侠客(けふかく)だ。224素人(しろうと)喜楽(きらく)サンにコミ()られたと(ひと)()はれては、225(をとこ)(かほ)()ちませぬ。226これは(ひと)仲直(なかなほ)りをして、227綺麗(きれい)サツパリと(らち)をつけませう』
228(くだ)けてかかる。229喜楽(きらく)は、
230『そう(こと)(わか)れば結構(けつこう)だ。231そんなら次郎松(じろまつ)から十五円(じふごゑん)()すから、232(きみ)(はう)から十五円(じふごゑん)()して、233それで(ひと)宴会(えんくわい)でも(ひら)いて仲直(なかなほ)りをせうぢやないか』
234()うて()た。235河内屋(かはちや)はヤレ(かた)()()りたというやうな体裁(ていさい)で、236()いた(かたな)(をさ)めどこに(こま)つて()たのを、237ヤツと(さいは)(ふた)返事(へんじ)で、
238何分(なにぶん)喜楽(きらく)サンに(まか)しませう。239そんなら明晩(みやうばん)240亀岡(かめをか)呉服町(ごふくまち)正月屋(しやうぐわつや)仲直(なかなほ)りをすることにせう。241午後(ごご)六時(ろくじ)から……』
242()つた。243次郎松(じろまつ)はヤツと安心(あんしん)したものの(ごと)く、244二百円(にひやくゑん)十五円(じふごゑん)になつたので、245これも異議(いぎ)なく出金(しゆつきん)することを承諾(しようだく)した。246そしてウソ(かつ)は、247河内屋(かはちや)一所(いつしよ)明晩(みやうばん)宴会(えんくわい)()かうかと(すす)めるのを、248(にはか)明日(みやうにち)大阪(おほさか)親類(しんるゐ)急用(きふよう)出来(でき)たから……と()つて(てい)よく(ことわ)つて(しま)つた。
249 これで(その)(ばん)悶錯(もんさく)一寸(ちよつと)ケリがつき、250翌日(よくじつ)251瑞月(ずゐげつ)次郎松(じろまつ)長吉(ちやうきち)との三人(さんにん)亀岡(かめをか)呉服町(ごふくまち)正月屋(しやうぐわつや)といふ二階(にかい)(づく)りの(ちひ)さい料理屋(れうりや)()くこととなつた。
252大正一一・一〇・八 旧八・一八 松村真澄録)