霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 盲目鳥(めくらどり)〔一〇二七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第37巻 舎身活躍 子の巻 篇:第3篇 阪丹珍聞 よみ:はんたんちんぶん
章:第15章 盲目鳥 よみ:めくらどり 通し章番号:1027
口述日:1922(大正11)年10月10日(旧08月20日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
田植えの時期で参詣人もまばらな折から、身なりいやしい一人の婦人が、両眼のあたりを包帯して杖をついてやってきた。来意を聞けば、眼病を直してほしいとのことであった。
夫に死に別れて墓参りをしていたところ、墓から立ち出た怪しい影に驚いて眼病を患い、赤子も乳がとぼしいばかりに十日ほど前に死に別れたのだと語った。
喜楽は、大阪からの帰りに六地蔵で遭遇した怪しい女はこの夫人であったことを悟り、また自分の影に驚いて眼病になったと思うと神様に対して申し訳ない気持ちになった。
直ちに井戸端で禊をなし、祈願をこらしたところ、石田小末というその女の眼病はたちまち治ってしまった。
石田小末はこれより幽斎を修行し大いに神術の発達を得た。高等眷属の神霊が懸って幽界の有様を表示したが、百日ほどして、大阪の姉の家に行くといって喜楽に別れを告げたままになってしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:187頁 八幡書店版:第7輯 101頁 修補版: 校定版:195頁 普及版:92頁 初版: ページ備考:
001 五月雨(さみだれ)(そら)(ひく)うして、002四辺(しへん)(やま)(くも)(つつ)まれ、003杜鵑(ほととぎす)()(こゑ)遠近(をちこち)(きこ)える、004穴太(あなを)宮内垣(みやがいち)(しづ)伏家(ふせや)も、005(いま)(いぬ)()(ひと)()(しよう)する田植(たうゑ)最中(さいちう)006片時(かたとき)(あらそ)農家(のうか)激戦場裡(げきせんぢやうり)で、007遠近(ゑんきん)人々(ひとびと)植付(うえつけ)008麦刈(むぎかり)などに忙殺(ぼうさつ)されて、009(をしへ)(もん)(くぐ)人々(ひとびと)(あし)杜絶(とだ)えた折柄(をりから)010()なり(いや)しい一人(ひとり)婦人(ふじん)011両眼(りやうがん)のあたりを(しろ)(ぬの)にて繃帯(はうたい)(なが)ら、012(つゑ)(ちから)に、
013先生(せんせい)はお在宅(うち)ですか?』
014(たづ)ねて()た。015()アサンが案内(あんない)とみえて、016一人(ひとり)()いて()る。017(この)(ごろ)参拝者(さんぱいしや)がないので、018神殿(しんでん)(おい)(こころ)ゆく(まで)019幽斎(いうさい)修行(しうぎやう)にひたつて()喜楽(きらく)は、020(この)(こゑ)()いて、
021『マアマア』
022(せま)座敷(ざしき)(とほ)し、023来意(らいい)()へば、024眼病(がんびやう)(なを)して()しいので、025はるばる参拝(さんぱい)したとの(こと)であつた。026どことなく何時(いつ)かは()たことのある(やう)(をんな)と、027(いぶ)かり(なが)住所(ぢうしよ)姓名(せいめい)や、028来歴(らいれき)()うて()た。029(をんな)(はづ)かしげに(かほ)(あか)らめ、030(やや)(うつ)むき気味(ぎみ)になつて(かた)る。
031(わたし)西別院村(にしべつゐんむら)小末(こすゑ)(まを)(もの)御座(ござ)います。032()るかげもなき貧乏人(びんばふにん)で、033屋根(やね)はもり、034(かべ)はおち、035明日(あす)(かて)(たくは)ふるの余裕(よゆう)もなき(まづ)しい(くら)しの(なか)に、036(わたし)(をつと)(なが)(やまひ)になやまされ、037(わたし)産婦(さんぷ)(おも)()(うへ)038(はたら)きすることさへも(かな)はねば、039朝夕(あさゆふ)糊口(ここう)差支(さしつか)へ、040(ぜに)となるべき(もの)()(はら)ひ、041(しち)におき()くして、042(いま)最早(もはや)(なに)もなき極貧(ごくひん)()(うへ)043医薬(いやく)()だてさへなく、044(をつと)無残(むざん)にも()()つより仕方(しかた)のない()(うへ)となりました。045草根木皮(さうこんぼくひ)()ひ、046一時(いちじ)(いのち)をつないで()りましたが、047(なん)因果(いんぐわ)か、048夫婦(ふうふ)(からだ)水腫(みづば)れを(おこ)し、049(をつと)(つひ)幽界(あのよ)(ひと)となつて(しま)ひました。050()りのこされた(わたし)は、051まだ出産後(しゆつさんご)(わづか)一週日(いつしうにち)052()(わか)()で、053赤児(あかご)をかかへて、054(かたち)(ばか)りの(とむら)ひをすませ、055さむしい()をおくる(うち)にも、056(むら)人達(ひとたち)無情(むじやう)さ、057米屋(こめや)米代(こめだい)(はら)へとせめてくる、058醤油屋(しやうゆや)醤油代(しやうゆだい)(わた)せときびしい催促(さいそく)に、059如何(どう)することも出来(でき)ませず、060一層(いつそう)(こと)(わたし)(をつと)(あと)()ふて(この)()(いとま)()ひをせうかと思案(しあん)(しづ)(なが)ら、061(いつ)つになつた先妻(せんさい)()や、062一人(ひとり)赤子(あかご)(あい)にひかれて、063()ぬことも出来(でき)ず、064(こころ)(よわ)いは(をんな)(つね)とて、065(なに)(かんが)へもなきまま、066大阪(おほさか)嫁入(よめい)つて()(あね)便(たよ)つて一時(いちじ)急場(きふば)をのがれやうと、067()()夜中頃(よなかごろ)068赤子(あかご)()(いつ)つの()()()いて、069(わが)()(あと)山路(やまみち)辿(たど)り、070()()きました、071(その)途中(とちう)072亡夫(ぼうふ)(ほうむ)つた(はか)御座(ござ)いますので、073暇乞(いとまごひ)(ため)立寄(たちよ)(みづ)(そな)へ、074(さいは)(かたはら)人影(ひとかげ)もなければ、075(こころ)()(だけ)愚痴(ぐち)繰言(くりごと)をくり(かへ)し、076(こころ)(のこ)して墓場(はかば)立去(たちさ)る、077(とき)しも(をつと)(はか)(ほとり)から(あら)はれ()でたる(あや)しき(もの)かげに、078(おも)はず()らず母子(おやこ)(こゑ)(そろ)へて()(さけ)びました。079不思議(ふしぎ)にも(その)(あや)しの人影(ひとかげ)は、080(をつと)亡霊(ばうれい)であつたか、081(なん)だか(わか)らぬことを大声(おほごゑ)(さけ)(なが)ら、082(わが)()(はう)()()きました。083そこで(わたし)(おも)ひますには、084墳土(はかつち)まだ(かわ)かず、085五十日(ごじふにち)もすまぬのに(をつと)(はか)土地(とち)(はな)れむとしたのは(まこと)にすまぬことであつた。086(をつと)(れい)私等(わたしら)大阪(おほさか)()くのを(きら)うて()るのであらうと(こころ)取直(とりなほ)し、087(ちから)なげに(ふたたび)(わが)()(かへ)つて()ました。088(その)(とき)(おどろ)きが災禍(わざわい)となり、089(つひ)(かく)(ごと)両眼(りやうがん)(うしな)ひ、090(その)(うへ)昼夜(ちうや)疼痛(とうつう)(くる)しむこと(かぎ)りなく、091一人(ひとり)赤子(あかご)(また)十日(とをか)以前(いぜん)に、092(ちち)のとぼしい(せい)身体(からだ)痩衰(やせおとろ)へて、093()(ひと)(かず)()りました。094先妻(せんさい)()(わたし)(めくら)になつたので親類(しんるゐ)(あづか)つてくれました。095(わたし)最早(もはや)(をつと)()(わか)れ、096(この)()()きて(なん)(のぞ)みもありませぬから、097せめては(をつと)(わが)()(れい)(とむら)うて、098善根(ぜんこん)()くすより(みち)御座(ござ)りませぬが、099(なに)をいうても盲目(めくら)不自由(ふじゆう)()(うへ)100どうぞお(たす)(くだ)さいませ』
101(なみだ)(なが)して()(さけ)ぶ。102(この)物語(ものがたり)始終(しじう)()いた喜楽(きらく)(こころ)は、103一節(ひとぶし)一節(ひとぶし)(むね)(くぎ)(かすがひ)()たるる(ごと)くであつた。104あゝ(こころ)(あた)るは()ぎにし(はる)(つき)夜半(よは)出来事(できごと)105大阪(おほさか)より(かへ)りの途次(とじ)106(ねむ)けにたへずして、107とある墓場(はかば)石枕(いはまくら)108(はか)らず(くわい)せし妖怪変化(えうくわいへんげ)(うたが)うた(かげ)は、109(まさ)しく(この)婦人(ふじん)であつたか、110逐一(ちくいち)事情(じじやう)をきくにつけ、111()(どく)にも(この)(をんな)眼病(がんびやう)にかかつた原因(げんいん)は、112自分(じぶん)突然(とつぜん)(はか)から逃出(にげだ)した(その)姿(すがた)()て、113()(をつと)幽霊(いうれい)誤解(ごかい)し、114驚愕(きやうがく)(あま)り、115若血(わかち)()(うへ)とて逆上(ぎやくじやう)して()にあがつて、116こんな不具者(ふぐしや)となつたのであるか、117(ああ)()(どく)だ。118(なん)とかして生命(いのち)()へても(この)眼病(がんびやう)(なほ)してやらなくては、119(かみ)さまに(たい)して()まない。120(また)自分(じぶん)責任(せきにん)がすまぬと、121(ただち)荒菰(あらごも)大地(だいち)()き、122井戸端(ゐどばた)端坐(たんざ)して、123(あたま)からザブザブと(みづ)ごりを()り、124拍手(はくしゆ)再拝(さいはい)祈願(きぐわん)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)し、125一心不乱(いつしんふらん)勤行(ごんぎやう)した。126(その)至誠(しせい)(かしこ)くも神明(しんめい)(かん)じさせ(たま)ひけむ、127(いま)まで苦痛(くつう)(なや)みし両眼(りやうがん)(いた)みは(わす)れた(やう)鎮静(ちんせい)し、128あたりをじつと()まはし(なが)ら、129(おも)ひがけなき(この)()光明(くわうみやう)()()(ばか)打喜(うちよろこ)び、
130先生(せんせい)(かげ)()があきました。131アヽ勿体(もつたい)ない(かたじけ)ない!』
132()(をが)む。133(この)()奇瑞(きずゐ)祈願者(きぐわんしや)喜楽(きらく)打驚(うちおどろ)き、134即時(そくじ)霊験(れいけん)と、135(また)不思議(ふしぎ)邂逅(かいこう)に、136神界(しんかい)深甚微妙(しんじんびめう)なる御経綸(ごけいりん)敬服(けいふく)したのである。
137 (この)(をんな)石田(いしだ)小末(こすゑ)といふ。138これより幽斎(いうさい)日夜(にちや)修業(しうげふ)し、139神術(かむわざ)(おほ)いに発達(はつたつ)し、140(つひ)小松林(こまつばやし)141松岡(まつをか)などの高等(かうとう)眷族(けんぞく)神霊(しんれい)(かか)らせ(たま)ひて、142いろいろ幽界(いうかい)有様(ありさま)表示(へうじ)し、143(その)()百余日(ひやくよにち)(のち)(ふたた)大阪(おほさか)(あね)(うち)()かむと、144喜楽(きらく)(わか)れを()げて()()つた(まま)である。
145大本(おほもと)(かみ)(をしへ)(つた)へむと
146山路(やまぢ)(はるか)()ゆる()(くに)
147浪速江(なにはえ)のよしも(あし)きも神術(かむわざ)
148()らずに(くだ)(よど)(なが)れを。
149千早(ちはや)ぶる(かみ)(をしへ)(かしこ)みて
150(こま)()(なほ)(もと)丹波(たんば)へ。
151足曳(あしびき)山路(やまぢ)夜半(よは)辿(たど)()
152御空(みそら)(つき)(ちから)なりけり。
153ゆくりなく(めぐ)()ひたる(うれ)しさに
154(まこと)(かみ)(めぐみ)(さと)りぬ。
155惟神(かむながら)(かみ)御霊(みたま)(さち)はひて
156(この)物語(ものがたり)()にてらしませ。
157大正一一・一〇・一〇 旧八・二〇 松村真澄録)