霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第58巻(酉の巻)

あらすじ[?]このあらすじは飯塚弘明の作成です。[×閉じる]
第56巻から58巻の前半までは、テルモン山の神館(かむやかた)の物語である。
本巻の後半から第60巻までは、イズミの国のスマの里の物語。玉国別(たまくにわけ)の一行が活躍をする。
第1~5章
三千彦(みちひこ)の師匠の玉国別(たまくにわけ)の一行が宮町に現れると、ワックス率いる悪酔怪員(あくすいかいいん)とバラモン兵士によって攻撃を受けるが、霊犬スマートの活躍で追い払われ、無事に神館に入る。
ワックスは捕まり、鞭打ちの刑となり、三千彦のすすめで悪酔怪は解散することになった。町民一同打ち揃って神館に詣でて、テルモン山に平和が訪れた。
第6~25章
玉国別一行はハルナの都に向かって旅立つ。
テルモン湖という巨大な湖を船で渡る途中、ワックス一味に襲撃されるが、初稚姫(はつわかひめ)によって助けられる。初稚姫は霊犬スマートの背に乗り波の彼方に消え去った。
玉国別一行は、猩々(しょうじょう)がたくさん住む「猩々島」でバーチルを救出する。
イヅミの国の「スマの里」の豪農バーチルは、3年前に漂流してこの孤島に流れ着き、猩々の王である猩々姫(しょうじょうひめ)と夫婦生活を送っていた。
バーチルは猩々と別れてスマの里に戻るが、妻のサーベル姫に猩々姫の霊が憑依し、バーチル家の霊的因縁が明らかになる。
主な登場人物[?]基本的にセリフやアクションがある人物のみ採録しています。名前だけしか出てこない人は省いています。[×閉じる]
玉国別三五教の宣伝使
真純彦玉国別の弟子
伊太彦玉国別の弟子
三千彦玉国別の弟子
求道居士(旧名・エミシ)比丘。
デビス姫小国姫の娘、三千彦の妻
ケリナ姫小国姫の娘

小国姫

ワックス悪酔怪の会長
エキス、ヘルマン
トンク悪酔怪の会員
タンク悪酔怪の新会長に就任(2章)

スマート霊犬
イールバラモン軍の軍曹
ニコラスバラモン教の宣伝使、キャプテン
ハンナ

船頭7章
初稚姫三五教の宣伝使

(8章~)
ハールヤッコスサボールバラモン兵、ツミの島に漂着
ダルメート殺人罪でツミの島に流刑

(14章~)
バーチルイズミの国のスマの里の豪農
アンチーバーチル家の使用人
猩々姫

(18章~)
サーベル姫バーチルの妻
アキスカールバーチル家の使用人
テクバラモンのスパイ

(22章~)
バークスバーチルの父
猩々彦猩々姫の夫。アヅモス山の「天王の森」を守護している猩々。バークスに殺された。
概要:
凡例:
  • 現代では差別的表現と見なされる箇所もありますが修正せず底本通りにしました。
  • 文中[※]及び[#]記号で囲まれた部分は当サイトで独自に付けた脚注・注記です。底本にはありません。
  • 底本で傍点が付されている文字は太字で表記しています。
  • 漢字の旧字体は新字体に変更しています。
  • 本文中のアンカー(3~4桁の算用数字)は当サイトで独自に付けたものです。底本にはありません。
底本:『霊界物語 第五八巻』愛善世界社、2007(平成19)年2月3日 第一刷
初版発行日:1925(大正14)年6月15日