霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一一章 神勲(しんくん)〔一五八六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第62巻 山河草木 丑の巻 篇:第3篇 四尾の嶺 よみ:よつおのみね
章:第11章 第62巻 よみ:しんくん 通し章番号:1586
口述日:1923(大正12)年05月12日(旧03月27日) 口述場所:教主殿 筆録者:明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6211
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 177頁 修補版: 校定版:135頁 普及版:61頁 初版: ページ備考:
001第三五二
002
003()(とも)()(つど)ひつつ皇神(すめかみ)
004(いさを)たたふる(こゑ)(いさま)しも。
005
006(よろこ)びて生命(いのち)(きみ)御前(おんまへ)
007伊寄(いよ)(つど)へる神人(かみびと)(むれ)
008
009(うたが)はず(こころ)(まよ)はずためらはず
010(かみ)大路(おほぢ)にとく(すす)めかし。
011
012(かぎ)りなき(ひと)霊魂(みたま)(たの)しみは
013(かみ)御園(みその)(くら)ぶるものなし。
014
015皇神(すめかみ)(みち)によりての(まじ)はりは
016(した)しみ(なが)くうつる(こと)なし。
017
018()みの()のいやつぎつぎに相伝(あひつた)
019(かみ)大道(おほぢ)(まも)りゆくべし。
020第三五三
021
022皇神(すめかみ)(むた)永久(とこしへ)(かぎ)りなき
023(うづ)生命(いのち)(さか)(うれ)しき。
024
025(しづ)()(きよ)生命(いのち)永久(とこしへ)
026(あた)へたまひし(たふと)(かみ)はも。
027
028荒野(あらの)()(さび)しき(たび)(よる)(ごと)
029(ちか)づきにけり(もと)のわが()に。
030
031(かすみ)(おく)(くも)彼方(あなた)皇神(すめかみ)
032黄金(こがね)御門(みかど)はえ()めにけり。
033
034永久(とこしへ)(うづ)(いのち)をたまひてし
035(みづ)御霊(みたま)(めぐみ)かしこし。
036
037(いま)()(いづ)御霊(みたま)御勲(おんいさを)
038(みづ)御霊(みたま)(ふか)(めぐみ)を。
039第三五四
040
041(ひと)()()えずかからず永久(とこしへ)
042(ひか)(かがや)神国(みくに)ありけり。
043
044()(くも)もあとなく()れて(くる)しみの
045(あめ)さへ()らぬ皇神(すめかみ)(その)
046
047(さち)(なが)(よろこ)(あふ)御栄(みさかえ)
048()きぬは(かみ)御園(みその)なりけり。
049
050瑞御霊(みづみたま)黄金(こがね)(とぼそ)()きあけて
051()たせたまへど(おそ)れて()らず。
052
053天使(あまつかひ)()(くだ)()てわが(よわ)
054(たま)(みちび)(かみ)御園(みその)へ。
055
056大空(おほぞら)(きよ)(きこ)ゆる(うた)(こゑ)
057天津(あまつ)(ひじり)(たた)ふるなるらむ。
058第三五五
059
060()(ちり)をはき(きよ)めつつ(えら)まれし
061(きよ)けき(たみ)(むれ)()らばや。
062
063(うら)(やす)宴会(うたげ)(むしろ)(まね)かれて
064(たま)御歌(みうた)()くはうれしき。
065
066綾錦(あやにしき)ミロクの殿(との)直会(なほらひ)
067()ひし(むかし)のなつかしきかな。
068
069(いま)だみぬ()きぬ御幸(みさち)のおぼろげに
070うつるも(かしこ)しミロクの殿(との)は。
071
072瑞御霊(みづみたま)生命(いのち)(きみ)(あふ)ぎつつ
073(まこと)御子(みこ)(あつ)まり(きた)るも。
074
075()()りし(うれ)(なや)みも(いま)ははや
076よろこび(ごと)(たね)となりぬる。
077
078瑞御霊(みづみたま)(その)(いさをし)(たか)らかに
079(した)しくほむる()こそ()たるる。
080第三五六
081
082()いゆきて夕日(ゆふひ)(かげ)なすわが(いのち)
083()するも()いじ(かみ)とありせば。
084
085黄金(こがね)なす(つばさ)にのりて故郷(ふるさと)
086(いさ)みて()かむ(かみ)(まも)りに。
087
088ヨルダンの岸辺(きしべ)(つゆ)()みわけて
089神国(みくに)(のぼ)()(ちか)づきぬ。
090
091天使(あまつかひ)(くだ)()ますか黄金(こがね)なす
092(つばさ)(おと)(きこ)()にけり。
093
094綾錦(あやにしき)(いづ)(みやこ)にあれませる
095教主(きみ)()()()ちわびにけり。
096第三五七
097
098(さび)(くさ)()()(たから)(なに)かあらむ
099(まこと)(たから)神国(みくに)()まばや。
100
101(なに)よりもわが(もと)むるは天津国(あまつくに)
102(よる)なき(その)清所(すがど)なりけり。
103
104わが()をも(しる)させたまへ天津国(あまつくに)
105(きよ)御文(みふみ)(かがや)くばかり。
106
107(あめ)(ほし)真砂(まさご)(かず)罪咎(つみとが)
108(はら)はせたまへ(みづ)大神(おほかみ)
109
110八千座(やちくら)置戸(おきど)()ひて()(ひと)
111(すく)ひやらむと(ちか)ひしわが教主(きみ)
112
113わが()をば生命(いのち)(ふみ)(しる)されしと
114天津(あまつ)たよりに()()(うれ)しき。
115
116天津国(あまつくに)()(わた)りたる諸声(もろごゑ)
117(きよ)御霊(みたま)(うた)ふなるらむ。
118
119(つゆ)ばかり(みだ)(ほろ)びも()(くに)
120(みやこ)(いた)ると(おも)へばうれしき。
121第三五八
122
123()(あふ)天津御空(あまつみそら)(かがや)ける
124(たの)しき住所(すみか)ありと()らずや。
125
126わが(たま)(かがや)(かみ)御国(みくに)にて
127(した)しき(とも)(とも)(かた)らむ。
128
129諸々(もろもろ)(なげ)(くる)しみ()(わす)
130御民(みたみ)となりて神業(みわざ)(いそ)しめ。
131
132(ゆたか)なる(かみ)(めぐみ)永久(とこしへ)
133(ゑら)(たの)しむ天津国人(あまつくにびと)
134第三五九
135
136(うれ)しさの(なみだ)かわきて(たの)もしく
137(かな)しくありし()はくれてゆく。
138
139現身(うつそみ)(いのち)()ゆる(その)()まで
140(かみ)(やす)けく(まも)りましけり。
141
142(あたら)しく天津御国(あまつみくに)(よみがへ)
143()きぬ(いのち)をまたも(たま)はる。
144
145(けが)れたる諸人(もろびと)(たち)(つみ)(ゆる)
146御禊(みそぎ)(わざ)(すく)はせたまへ。
147
148()(よる)(もも)(けが)れを(はき)(きよ)
149長閑(のどか)(はる)()()(うれ)しき。
150
151皇神(すめかみ)(めぐみ)(なか)にやすらひて
152天津使(あまつつかひ)とともに(つか)へむ。
153第三六〇
154
155(ゆめ)()月日(つきひ)はたちて(とし)()いぬ
156ただ()(うへ)(かみ)のまにまに。
157
158(ひと)()(いのち)如何(いか)(なが)くとも
159百年(ももとせ)()ゆるものは(まれ)なり。
160
161()(かへ)(あゆ)みし(みち)(なが)むれば
162(つみ)(けが)れの足跡(あしがた)のみなる。
163
164(かな)しみし(こころ)重荷(おもに)となり()てて
165()(なや)むほど(とし)()れけり。
166
167わが(たま)(きよ)(すま)して皇神(すめかみ)
168姿(すがた)をうつす(かがみ)となせよ。
169
170(あたら)しき(あした)(むか)へて(あらた)なる
171(はる)(ひか)りに()はさせたまへ。
172第三六一
173
174とどめ()月日(つきひ)(あゆ)(はや)ければ
175わが()(はな)はうつろひにけり。
176
177()(あき)紅葉(もみぢ)(いろ)もはやあせて
178(ふゆ)間近(まぢか)くなりにけるかな。
179
180()(かへ)()()(かた)(なが)むれば
181(くも)(ひらめ)(いなづま)(ごと)し。
182
183()(みづ)(おもて)(うか)水泡(うたかた)
184わが()(はて)(かげ)(とど)めず。
185
186水泡(うたかた)水玉(みたま)()えしわが(たま)
187(よる)なき(くに)(よみがへ)りつつ。
188
189永久(とこしへ)()きぬ(いのち)()ちながら
190(ゆめ)浮世(うきよ)()ひて(ゆめ)()つ。
191大正一二・五・一二 旧三・二七 於教主殿 明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)