霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 神教(しんけう)〔一五八七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第62巻 山河草木 丑の巻 篇:第3篇 四尾の嶺 よみ:よつおのみね
章:第12章 第62巻 よみ:しんきょう 通し章番号:1587
口述日:1923(大正12)年05月12日(旧03月27日) 口述場所:教主殿 筆録者:明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6212
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 180頁 修補版: 校定版:147頁 普及版:61頁 初版: ページ備考:
001第三六二
002
003この(とし)(かみ)御業(みわざ)(おん)(ため)
004(ささ)げまつらむ(ゆる)させたまへ。
005
006たとへ()(さち)あらずとも()(ため)
007(つく)身魂(みたま)となさしめたまへ。
008
009いとし()()(さちはひ)のあれかしと
010(いの)るは(おや)(こころ)なりけり。
011
012明日(あす)()如何(いか)にならむと村肝(むらきも)
013(こころ)なやめず今日(けふ)(たの)しめ。
014
015御恵(みめぐみ)(つゆ)はわが()におきそひて
016(かみ)大道(おほぢ)にさきくあれかし。
017
018御教(みをしへ)(うづ)言霊(ことたま)(ちから)にて
019()(あらは)さむ(かみ)御稜威(みいづ)を。
020
021村雲(むらくも)のよしやわが日常()(つつ)むとも
022(たちま)()れむ(かみ)(ひか)りに。
023
024安河(やすかは)誓約(うけひ)たまひしわが(きみ)
025(しの)びまつりて()をや(つく)さむ。
026第三六三
027
028()をしらす(わが)皇神(すめかみ)(うづ)()
029(すが)れば()には(おそ)るべきなし。
030
031(あたら)しき(はる)長閑(のどか)(めぐ)()
032(かみ)(めぐみ)のとこしへにして。
033
034旅枕(たびまくら)(くさ)(しとね)にねむるとも
035(まも)らせたまひぬ(みづ)大神(おほかみ)
036
037わが()かむ(みち)(ふさ)がる深霧(ふかぎり)
038()きはらひませ科戸辺(しなどべ)(かみ)
039
040夜昼(よるひる)(つね)()()()(なか)
041(かみ)より(ほか)(たよ)るべきなし。
042
043わが身魂(みたま)(さか)ゆる(とき)(おとろ)ふる
044(をり)にも(かみ)見捨(みす)(たま)はず。
045第三六四
046
047皇神(すめかみ)御前(みまへ)()ぬる(やす)けさは
048(ゆめ)浮世(うきよ)()(ひと)もなし。
049
050死出(しで)(やま)()()(とき)厳御霊(いづみたま)
051(みづ)御霊(みたま)御名(みな)(やす)けき。
052
053(わが)(かみ)(とも)にありせば(さち)(ふか)
054(おそ)(なや)みも()()せゆくなり。
055
056(やす)らかに(やまひ)(とこ)()しながら
057生命(いのち)(くに)(のぞ)(たの)しさ。
058
059御教(みをしへ)(まなこ)さむるぞ(うれ)しけれ
060(よみがへ)()くわが()(おも)へば。
061第三六五
062
063()()りし(とも)()(うへ)(かな)しむな
064()こそ神国(みくに)(のぼ)架橋(かけはし)
065
066()(かげ)(おそ)(きた)るも(いと)はまじ
067(とは)のやすみは神国(みくに)にありせば。
068
069先立(さきだ)ちし親子(おやこ)兄弟(はらから)友垣(ともがき)
070(めぐ)りあふ()死出(しで)(たび)なり。
071
072(すゑ)()(せま)(きた)らば(はか)()
073(よみがへ)りつつ(さかえ)()けむ。
074
075()のねむり(さま)御声(みこゑ)()ちわびて
076(うづ)むる(とも)(なみだ)(おく)る。
077第三六六
078
079()(くだ)()()(こと)をまつぶさに
080()めさせたまふ(みづ)大神(おほかみ)
081
082かへり()(ひと)(した)ひて()(とき)
083(なぐさ)めたまふ(かみ)御声(おんこゑ)
084
085千座(ちくら)をば()()ひながら嘲罵(あざけり)
086(しひた)げうけし(みづ)大神(おほかみ)
087
088わが(つみ)(うれ)(かな)しむ(とき)こそは
089(みづ)御霊(みたま)(たす)けありけり。
090
091千座(ちくら)をば()はせたまひて許々多久(ここたく)
092()をしのびてし(たふと)教主(きみ)なり。
093
094(かみ)()審判(さばき)()くる(その)(とき)
095(めぐ)ませたまへ(みづ)大神(おほかみ)
096第三六七
097
098(いま)(はや)(なや)みのあとも(とど)めずに
099御手(みて)()かれて御園(みその)(すす)むも。
100
101現世(うつしよ)(あら)浪風(なみかぜ)()()けて
102永久(とは)長閑(のどか)(きし)(わた)らむ。
103
104()()くも(この)()にありて(はたら)くも
105(かみ)(めぐみ)()るることなし。
106第三六八
107
108()()りし友垣(ともがき)(あと)(しの)ぶれば
109(こころ)(さび)しくなり(まさ)りゆく。
110
111身体(からたま)藻脱(もぬ)けのからとなるとても
112(たま)神国(みくに)()きて(さか)えむ。
113
114皇神(すめかみ)(きよ)大道(おほぢ)辿(たど)りつつ
115まめに(つか)へし(ひと)(さち)なる。
116
117()(なか)(のこ)しおきたる()(こと)
118(はな)()()でて(みの)神国(かみくに)
119
120浪風(なみかぜ)(あら)()()(その)()をも
121吾等(われら)がために(まも)らせたまふ。
122
123(かみ)()りて(なや)みに()へし(こころ)こそ
124いや永久(とこしへ)()(むす)ぶなり。
125
126(うつ)()(まな)びし知恵(ちゑ)()()られ
127(とみ)()えゆく(もと)神国(みくに)なり。
128
129(ただ)(かみ)言葉(ことば)によりて(さと)()
130智慧(ちえ)(とみ)とは永久(とは)(さか)えむ。
131第三六九
132
133(えら)まれし世人(よびと)のために(きづ)かれし
134神国(みくに)殿(との)()()(うれ)しも。
135
136(かがや)ける(かみ)御国(みくに)花園(はなぞの)
137()つわが(とも)()ふは(うれ)しき。
138
139皇神(すめかみ)御許(みもと)(のぼ)るわが(たま)
140()きな(とど)めそ(かみ)のまにまに。
141
142いろいろとかけし(のぞ)みも()(はな)
143果敢(はか)なき(この)()(おも)へばうたてき。
144
145永久(とことは)御栄(みさかえ)()(たましひ)
146(とど)まるべしやはここに(しば)しも。
147
148(なみだ)なく(くる)しみもなく(よろこ)びの
149()きぬ神国(みくに)(のぼ)るは(たの)しも。
150
151瑞御霊(みづみたま)(いづ)(いさを)天人(あまびと)
152(うた)ふよき()()たれぬるかな。
153第三七〇
154
155(いかづち)(ふえ)()となし(いなづま)
156(つるぎ)となして天地(あめつち)しらす。
157
158天地(あめつち)(ゆたか)にしらす皇神(すめかみ)
159(ひかり)平和(やすき)(くだ)したまひぬ。
160
161(ただ)しきを(まも)平和(やすき)(まも)ります
162(かみ)(ふところ)いとどゆたけし。
163
164(かみ)(のり)()てて大道(おほぢ)(さか)らひし
165(われ)にも(かみ)はやすきをたまへり。
166
167御怒(みいか)りを(はな)ちたまはで(おや)(ごと)
168(めぐ)ませたまひぬ元津御神(もとつみかみ)は。
169
170青雲(あをくも)棚曳(たなび)(きは)白雲(しらくも)
171むかふす(かぎ)御名(みな)(たた)へむ。
172第三七一
173
174天津神(あまつかみ)(いづ)御座(みくら)()れまして
175葦原(あしはら)(くに)(まも)らせたまへり。
176
177大前(おほまへ)御稜威(みいづ)(かしこ)()(をが)
178(その)(こと)()(よろこ)びあふるる。
179
180(よろこ)びを如何(いか)(つつ)まむ(すべ)もなし
181(かみ)のみやびの(こと)()のかげ。
182
183蝦夷(えぞ)千島(ちしま)高砂島(たかさごじま)(そと)までも
184わが大君(おほきみ)(めぐみ)あまねし。
185
186国民(くにたみ)(きみ)御功(みいさを)をあがめつつ
187とこしへなれとひたに(いの)るも。
188
189大空(おほぞら)(そび)ゆる富士(ふじ)高山(たかやま)
190()()(たに)(きみ)()(くに)
191
192瑞枝(みづえ)さす(はやし)(とも)御言葉(みことば)
193(ひかり)()ひて()(むす)ぶなり。
194
195鄙都(ひなみやこ)へだてもあらにわが(きみ)
196御稜威(みいづ)(うた)(こゑ)うるはしも。
197大正一二・五・一二 旧三・二七 於教主殿 明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)