霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二二章 神樹(しんじゆ)〔一五九七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第62巻 山河草木 丑の巻 篇:第5篇 金竜世界 よみ:きんりゅうせかい
章:第22章 第62巻 よみ:しんじゅ 通し章番号:1597
口述日:1923(大正12)年05月14日(旧03月29日) 口述場所: 筆録者:隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6222
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 216頁 修補版: 校定版:275頁 普及版:61頁 初版: ページ備考:
001第四六二
002
003葦原(あしはら)瑞穂(みづほ)(くに)のことごとは
004天津御神(あまつみかみ)御許(みもと)(つか)ふ。
005
006天地(あめつち)のすべてを(つく)(たま)ひたる
007(かみ)御前(みまへ)山河(さんか)()()む。
008
009山河(やまかは)皇大神(すめおほかみ)大前(おほまへ)
010より()(つか)ふる御代(みよ)(たふと)き。
011
012(こと)()(むね)(おも)ひもよろこびも
013みな皇神(すめかみ)のめぐみし(たま)もの。
014
015大前(おほまへ)(くに)のことごと(あつ)まりて
016みいづ(たた)へむ()(ちか)づきぬ。
017
018(いそ)(かみ)ふるき神代(かみよ)(はじ)めより
019(かみ)御国(みくに)とえらまれし大和(くに)
020
021(かみ)(たみ)とえりぬかれたる国人(くにびと)
022さすらひの(ゆめ)(いま)()めけり。
023
024葦原(あしはら)中津御国(なかつみくに)(くだ)ります
025(をし)への(きみ)(あふ)ぎつつ()つ。
026
027よろこびを(むね)にたたへて皇神(すめかみ)
028いづの(すく)ひをまつの()のたみ。
029一〇
030わが(たま)(うづ)(をしへ)によみがへり
031(くも)より(きた)(かみ)にならへよ。
032第四六三
033
034(かぎ)りなき(をしへ)(かみ)御恵(みめぐ)みを
035(こころ)にとめて(ゆめ)(わす)れそ。
036
037いたづきの()もやすかれと朝夕(あさゆふ)
038わが皇神(すめかみ)はわづらひたまふ。
039
040ほろびゆく生命(いのち)(すく)(あい)(あめ)
041そそがせ(たま)(みづ)大神(おほかみ)
042
043ゆたかなる(めぐみ)(あめ)()りそそぎて
044(いかり)のちりを(きよ)めさせたまひぬ。
045
046とこしへに(いか)らせたまふ(こと)もなく
047せむることなき(みづ)大神(おほかみ)
048
049(ひと)(つみ)(かぞ)へたまはず(にく)みまさず
050(ただ)(あい)のみを御身(みま)となしたまふ。
051
052天津空(あまつそら)(たか)きがごとく皇神(すめかみ)
053みいづはスメール(ざん)(およ)ばじ。
054
055(ひがし)西(にし)(わか)るるごとくわが(つみ)
056(とほ)ざけたまふ仁愛(みろく)大神(おほかみ)
057
058(はじ)めなく(をは)りも()らに(さか)えませ
059すべてを(つく)(まも)大神(おほかみ)
060第四六四
061
062千引岩(ちびきいは)(うご)かぬ(きみ)御恵(みめぐみ)
063(ちから)となして(すす)(うれ)しさ。
064
065(よろこ)びの(こゑ)(そろ)へて皇神(すめかみ)
066あれます(みやこ)()(たた)へかし。
067
068天地(あめつち)(すべ)ての(かみ)()(たま)
069(まこと)(かみ)(いづ)大神(おほかみ)
070
071足曳(あしびき)(やま)(いただ)(うみ)(そこ)
072(みな)皇神(すめかみ)御手(みて)にありけり。
073
074海陸(うみくが)(つく)(たま)ひし皇神(すめかみ)
075御子(みこ)(うま)れし(ひと)(かみ)なり。
076
077(ひざまづ)きてわが()()ましし元津祖(もとつおや)
078(あや)高天原(たかま)()(をが)むかな。
079
080村肝(むらきも)(こころ)(きよ)供物(そなへもの)
081()けさせ(たま)元津大神(もとつおほかみ)
082
083()(かぎ)りその大前(おほまへ)(かしこ)みて
084いと(うるは)しく(たた)へまつれよ。
085
086(ただ)しきと(まこと)をもちて諸々(もろもろ)
087(たみ)(さば)かせ(たま)(とき)()ぬ。
088一〇
089元津御祖(もとつみおや)(いづ)(みづ)との二柱(ふたはしら)
090御稜威(みいづ)常磐(ときは)にあれと(いの)りつ。
091第四六五
092
093神国(みくに)には御栄光(みさかえ)あれや()(うへ)
094平穏(おだやか)あれよ(めぐ)みあれかし。
095
096皇神(すめかみ)()めつ(たた)へつ(をろが)みつ
097御栄光(みさかえ)(あふ)ぎて御稜威(みいづ)(あが)む。
098
099(あめ)にます大国常立大神(おほくにとこたちおほかみ)
100(すべ)てのものの(まこと)(おや)なり。
101
102祖神(おやがみ)(みづ)御霊(みたま)(みづ)()
103(くだ)して()をば(すく)はせ(たま)ふ。
104
105()(つみ)をわが()(ひと)つに引受(ひきう)けし
106(みづ)御霊(みたま)(めぐ)(かしこ)し。
107
108(けが)れたるわが(たましひ)(あら)へかし
109(みづ)御霊(みたま)(をしへ)(きみ)よ。
110
111皇神(すめかみ)(みぎ)にまします瑞御霊(みづみたま)
112わが(いの)りをも()けさせ(たま)へ。
113
114いと(きよ)(たふと)(みづ)神霊(かむみたま)
115(いづ)御霊(みたま)()()かしますも。
116
117厳御霊(いづみたま)(みづ)御霊(みたま)祖神(おやがみ)
118栄光(さかえ)(なか)にいや(さか)(たま)ふ。
119第四六六
120
121神路山(かみぢやま)五十鈴(いすず)(かは)水上(みなかみ)
122()(てら)します(かみ)はましけり。
123
124(くら)()(てら)さむ(ため)厳御霊(いづみたま)
125教祖(みおや)(みや)(くだ)りましけり。
126
127更生主(かうせいしゆ)(たま)宿(やど)りて天地(あめつち)
128(くし)(まこと)(さと)(たま)へり。
129
130()(きた)(しこ)(あだ)さへ(にく)まずに
131言向和(ことむけやは)(みづ)大神(おほかみ)
132
133遠津祖(とほつおや)世々(よよ)祖等(おやたち)(つか)へよと
134(をし)(たま)ひぬ(みづ)御霊(みたま)は。
135
136()(てら)(あぶら)教主(きみ)はあれましぬ
137(ふる)(ちか)ひを(あか)しせむため。
138
139御教(みをしへ)(きよ)(ただ)しき(こと)()
140(つか)ふる()こそ(たの)しかりけり。
141
142精霊(せいれい)()たし(たま)ひて更生主(かうせいしゆ)
143天降(あも)りし(くに)常立(とこたち)(かみ)
144
145(おい)()(しづ)伏屋(ふせや)(よこ)たへて
146(あか)(たふと)(みち)()べけり。
147一〇
148皇神(すめかみ)(ふか)(めぐみ)罪人(つみびと)
149(すく)はむとして(くだ)りましけり。
150一一
151御恵(みめぐみ)(うづ)(ひかり)()(かげ)
152(くら)身魂(みたま)(てら)しましけり。
153一二
154わが(あし)(やす)大道(おほぢ)(みちび)かむと
155(かがや)(たま)(いづ)大神(おほかみ)
156第四六七
157
158わが(こころ)(いづ)御霊(みたま)(あがめ)つつ
159(よろこ)(いは)更生(かうせい)(かみ)を。
160
161元津神(もとつかみ)(いづ)御霊(みたま)御教(みをしへ)
162(つた)(たま)へる更生(かうせい)御神(みかみ)
163
164瑞御霊(みづみたま)万代(よろづよ)までもわが(たま)
165真幸(まさき)くあれと(まも)りますかも。
166
167御力(みちから)()ませ(たま)へる(いづ)(かみ)
168わが()(たか)きものとなしませり。
169
170()(きよ)(めぐみ)(ふか)皇神(すめかみ)
171(おそ)るるものは世々(よよ)(めぐ)まれむ。
172
173村肝(むらきも)(こころ)(おご)れる枉人(まがびと)
174(まが)()らして(すく)はせ(たま)ふ。
175
176高山(たかやま)伊保里(いほり)()けて(たに)(くだ)
177いやしきものを(のぼ)らせ(たま)ふ。
178
179(うゑ)(かわ)(ひと)をば()かせ()めるものも
180(ゆる)させ(たま)()(ちか)づけり。
181
182神孫(かみのこ)(その)御裔(みすゑ)をば(かぎ)りなく
183(あは)れみ(たま)元津大神(もとつおほかみ)
184一〇
185遠津祖(とほつおや)(ちか)(たま)ひし(こと)()
186(あらは)(たま)(とき)()にけり。
187一一
188(いにしへ)(かみ)(ちか)ひを詳細(まつぶさ)
189(あか)させ(たま)(みづ)大神(おほかみ)
190第四六八
191
192(あたら)しき御歌(みうた)(かみ)大前(おほまへ)
193(むか)ひて(うた)(こゑ)(すず)しく。
194
195神津代(かみつよ)(くし)(たふと)物語(ものがたり)
196(なか)(まじ)はる(いづ)御歌(みうた)を。
197
198御救(みすく)ひを()らせ(ただ)しき(ことわり)
199()(ことごと)(しめ)させ(たま)ふ。
200
201瑞御霊(みづみたま)(あらは)れまして五十鈴(いそすず)
202(いへ)堅磐(かきは)(まも)らせ(たま)ふ。
203
204()のはても(かみ)(すく)ひを()たりけり
205()けよ諸人(もろびと)(かみ)言葉(ことば)を。
206
207(こと)()(うた)(こゑ)もて皇神(すめかみ)
208(あが)めまつれよ(かみ)にある(ひと)
209
210(うみ)(やま)(みな)諸共(もろとも)()(どよ)
211やがては(かみ)御代(みよ)となるべし。
212
213瑞御霊(みづみたま)(かみ)御前(みまへ)()()てば
214山川(やまかは)(とも)(こゑ)()げて(こた)へむ。
215
216()(うへ)(すべ)てのものは大前(おほまへ)
217(をのの)(かしこ)(つか)ふる御代(みよ)かな。
218一〇
219()(うへ)(すべ)ての(たみ)(さば)かむと
220(くだ)(たま)ひぬ(かみ)言葉(ことば)に。
221第四六九
222
223節分(せつぶん)()退(やら)はれし(わが)(かみ)
224(ふたた)()れます(とき)()にけり。
225
226邪心(よこしま)悪徳(あしき)()てて愛善(あいぜん)
227(まこと)種子(たね)()(うへ)()け。
228
229瑞御霊(みづみたま)(あづま)(そら)(よみがへ)
230(くも)()りつつ(きた)()(ちか)し。
231
232(つみ)()(かみ)()きたる瑞御霊(みづみたま)
233(いま)(この)()(はしら)なりけり。
234
235至聖(しせい)なる(もと)(みやこ)(くも)(ごと)
236(くだ)らせ(たま)(とき)()にけり。
237
238(とき)()ちて(すく)ひの(かみ)元津国(もとつくに)
239(よみがへ)りましぬ(きた)りて(あが)めよ。
240
241瑞御霊(みづみたま)五六七(みろく)のもとに()(つど)
242(まこと)(ひと)生命(いのち)(たま)はむ。
243第四七〇
244
245三柱(みはしら)御前(みまへ)(むか)ひて(よろこ)びの
246(こゑ)()げつつ(うた)()へかし。
247
248わが身魂(みたま)()ませ(たま)ひて(ねもごろ)
249哺育(はぐく)みたまふ元津祖神(もとつおやがみ)
250
251身体(からたま)霊魂(みたま)(かみ)のものならば
252(ただ)御心(みこころ)(まか)すのみなり。
253
254綾錦(あやにしき)(いづ)御門(みかど)()(きた)
255()めよ(たた)へよ(いづ)御前(みまへ)に。
256
257千早振(ちはやふ)神代(かみよ)(おろ)万代(よろづよ)
258(すゑ)(まも)らす元津大神(もとつおほかみ)
259第四七一
260
261惟神(かむながら)御霊(みたま)(さちは)ひましませと
262三柱神(みはしらがみ)御前(みまへ)(いの)る。
263
264スメールの(やま)何処(いづく)(うち)(あふ)
265わが()(うつ)(むらさき)(くも)
266
267わが(たま)(たす)(まも)らす皇神(すめかみ)
268三柱神(みはしらがみ)(ほか)なかりけり。
269
270わが()てる五官(いつつ)機関(はたらき)あるうちに
271(いの)れよ(たた)へよ(いそ)しみ(つか)へよ。
272
273葦原(あしはら)()(ことごと)(まも)ります
274(かみ)夜昼(よるひる)(ねむ)(たま)はず。
275
276(ひと)(ただ)(かみ)(まも)りを()くるより
277(ほか)栄光(さかえ)(みち)こそ()けれ。
278
279()(まも)(ひる)(まも)りと月日(つきひ)(かみ)
280(ひか)(めぐ)みを(あた)(たま)ひぬ。
281
282諸々(もろもろ)(しこ)(わざはひ)(うち)(はら)
283わが(たましひ)(まも)らせ(たま)ふ。
284
285皇神(すめかみ)永久(とこしへ)までも(なれ)()
286()づると()るとを(まも)(たま)はむ。
287大正一二・五・一四 旧三・二九 隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。