霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二九章 神洲(しんしう)〔一六〇四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第62巻 山河草木 丑の巻 篇:第6篇 聖地の花 よみ:せいちのはな
章:第29章 第62巻 よみ:しんしゅう 通し章番号:1604
口述日:1923(大正12)年05月16日(旧04月1日) 口述場所:教主殿 筆録者:明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6229
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 244頁 修補版: 校定版:375頁 普及版:61頁 初版: ページ備考:
001第五三二
002
003宮柱(みやばしら)太敷(ふとしき)()てし(その)(かみ)
004(しの)ぶは一人(ひとり)われのみならず。
005
006円山(まるやま)姿(すがた)はとみに(かは)れども
007御空(みそら)(つき)はいよよさやけし。
008
009新聞(しんぶん)記者(きしや)(ささや)腐鶏(くだかけ)
010(あかつき)またで()きたつるかな。
011
012円山(まるやま)(みや)(ふたた)()ちぬべし
013()(くだ)きたる(しこ)(あは)れさ。
014
015醜弓(しこゆみ)のひきて(かへ)らぬ(あやま)ちに
016(まと)射外(いはづ)せし(おに)のはかなさ。
017第五三三
018
019桶伏(をけふせ)(やま)八重雲(やへくも)棚曳(たなび)きて
020(むらさき)(そら)(つき)はかがよふ。
021
022(むらさき)御空(みそら)(ひろ)くしめながら
023かがやき(わた)円山(まるやま)(つき)
024
025本宮山(ほんぐうやま)()()のさやぎ(しづ)まりて
026(あら)ふが(ごと)夏月(なつづき)()れり。
027
028(いしずゑ)(あと)()らして(なつ)(つき)
029(めぐみ)(つゆ)(あめ)(そそ)げり。
030
031(ただ)さへに(きよ)けきものを円山(まるやま)
032(つき)にかがやく(いしずゑ)(つゆ)
033第五三四
034
035円山(まるやま)底津岩根(そこついはね)(おごそ)かに
036(むかし)(かた)(うづ)(いしずゑ)
037
038円山(まるやま)(つき)にあこがれ(のぼ)()れば
039(つゆ)三年(みとせ)(なみだ)あふるる。
040
041(つき)(きよ)(いしずゑ)(きよ)円山(まるやま)
042木々(きぎ)(こずゑ)はいとど(すが)しも。
043
044金竜(きんりう)(いけ)(うか)べる魚族(うろくづ)
045(しこ)(あらし)(おそ)れざりけり。
046
047西(にし)(ひがし)(みなみ)(きた)醜神(しこがみ)
048(おそ)ひし(むかし)(ゆめ)となりぬる。
049第五三五
050
051梓弓(あづさゆみ)(はる)円山(まるやま)(みどり)して
052(こずゑ)(つゆ)(つき)宿(やど)せり。
053
054(ひと)()百度(ももたび)千度(ちたび)(うつ)るとも
055(つき)(むかし)姿(すがた)なりけり。
056
057(かぎ)りある(ひと)(いのち)(くさ)におく
058(つゆ)()()朝顔(あさがほ)(はな)
059
060円山(まるやま)にかかりし(くも)のあと()れて
061(いま)はさやけき(つき)()るかな。
062
063みちのくの(つき)()むとて()()れば
064聖地(せいち)(おと)りて(にご)れる心地(ここち)す。
065第五三六
066
067()(つき)(ひかり)(かは)りなけれども
068(ひと)(こころ)(そら)はいろいろ。
069
070円山(まるやま)()(のこ)したる杜鵑(ほととぎす)
071(うら)(かな)しげに(あだ)()になく。
072
073何人(なにびと)御空(みそら)(つき)はめづるものを
074(はな)(こころ)()られ()くなり。
075
076仇花(あだばな)(しげ)()ひたる(あだ)()
077色香(いろか)(たへ)なる白梅(しらうめ)はなし。
078
079皇神(すめかみ)(ふか)(めぐみ)白梅(しらうめ)
080(はな)手折(たを)らむと(あだ)()彷徨(さまよ)ふ。
081第五三七
082
083()(つき)真下(ました)()めばわが(かげ)
084いとも(ちひ)さく()ゆるものかな。
085
086月影(つきかげ)(かたむ)(とき)はわが(かげ)
087いと長々(ながなが)しく()ゆるものなり。
088
089小夜衣(さよごろも)かけはなれても赤心(まごころ)
090(かよ)ひし(とも)はなつかしきかな。
091
092有難(ありがた)さに()つる(なみだ)(たま)神諭(ふみ)
093わが永久(とこしへ)生命(いのち)なりけり。
094
095(そら)(つつ)(よる)(とばり)もあきの(そら)
096(かがや)(つき)(かげ)(こひ)しさ。
097第五三八
098
099()(はな)(かみ)(みこと)永久(とこしへ)
100(しづ)まり()ます富士(ふじ)神山(かみやま)
101
102瑞御霊(みづみたま)厳島姫(いつくしまひめ)永久(とこしへ)
103竹生(ちくぶ)(しま)(しづ)まりたまふ。
104
105高熊(たかくま)(みね)()れます玉照彦(たまてるひこ)
106(ひかり)(かがや)(とき)()にけり。
107
108黄金(こがね)なす(みね)(ふもと)(あらは)れし
109玉照姫(たまてるひめ)御世(みよ)となりぬる。
110
111桶伏(をけふせ)(やま)にひそめる杜鵑(ほととぎす)
112五月(さつき)(そら)()ちつつ()るも。
113第五三九
114
115一箸(ひとはし)(はこ)びの()にも()(かげ)
116(ひと)のまはりをつけ(ねら)()る。
117
118もてなしのいと(ねもごろ)昼食(ひるげ)こそ
119(あぢ)殊更(ことさら)(うるは)しきかな。
120
121(はな)かざす乙女(をとめ)玉手(たまで)にくめる()
122いと(かん)ばしき(かを)(ただよ)ふ。
123
124()(つき)(きよ)(こころ)のます(かがみ)
125のぞくも(うれ)金竜(きんりう)のうみ。
126
127()()しの(くさ)(つゆ)にも(かがや)きぬ
128(みづ)御霊(みたま)(つき)御影(みかげ)は。
129第五四〇
130
131大前(おほまへ)(あま)のさかてを(ただ)一人(ひとり)
132うつの山鳩(やまばと)(くだ)()にけり。
133
134大前(おほまへ)(さかき)にかけし十寸鏡(ますかがみ)
135(きよ)けき(かみ)(こころ)なりけり。
136
137(くも)りなき(かがみ)(おも)(なが)むれば
138わが心根(こころね)(はづ)かしきかな。
139
140円山(まるやま)(のぼ)月影(つきかげ)いと(きよ)
141ミロクの御代(みよ)(まも)りますらむ。
142
143神代(かみよ)より(きよ)(なが)れし和知川(わちがは)
144水瀬(みなせ)()める(あき)()(つき)
145第五四一
146
147巌窟(いはやど)をあけし(かがみ)をたづぬれば
148御空(みそら)()める(つき)(こた)へむ。
149
150御剣(みつるぎ)(かがみ)(たま)瑞御霊(みづみたま)
151岩戸(いはと)(ひら)(たから)なりけり。
152
153(かみ)()()有様(ありさま)をたづねむと
154(つき)にとへども(つき)(こた)へず。
155
156()(くだ)草葉(くさば)(つゆ)()()せて
157むかしを(かた)(つき)大神(おほかみ)
158
159榊葉(さかきば)にたれたる(みづ)白木綿(しらゆふ)
160(かみ)(こころ)をかけてや()るらむ。
161大正一二・五・一六 旧四・一 於教主殿 明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。