霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説(そうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第65巻 山河草木 辰の巻 篇:前付 よみ:
章:第65巻 よみ:そうせつ 通し章番号:
口述日:1923(大正12)年07月15日(旧06月2日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年4月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm650002
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 609頁 修補版: 校定版:3頁 普及版:1頁 初版: ページ備考:
001 芸術(げいじゆつ)宗教(しうけう)とは、002兄弟(けいてい)姉妹(しまい)(ごと)く、003親子(おやこ)(ごと)く、004夫婦(ふうふ)(ごと)きもので、005(ふた)(なが)人心(じんしん)至情(しじやう)根底(こんてい)(かた)め、006(とも)霊最深(れいさいしん)要求(えうきう)(みた)しつつ、007(ひと)をして(かみ)温懐(をんくわい)()(うつ)らしむる、008人生(じんせい)大導師(だいだうし)である。009地獄的(ぢごくてき)苦悶(くもん)生活(せいくわつ)より、010天国(てんごく)浄土(じやうど)生活(せいくわつ)旅立(たびた)たしむる嚮導者(けうだうしや)である。011(ゆゑ)吾々(われわれ)左手(ゆんで)芸術(げいじゆつ)()かせ、012右手(めて)宗教(しうけう)(ゆだ)ねて、013人生(じんせい)逆旅(げきりよ)(たの)しく(さち)(おほ)く、014辿(たど)()かしめむと(ほつ)するのである。015矛盾(むじゆん)(おほ)憂患(いうくわん)(しげ)人生(じんせい)旅路(たびぢ)をして、016(さなが)(とり)(うた)(はな)(わら)楽園(らくゑん)(くわん)あらしむるものは、017(じつ)()(うる)はしき姉妹(しまい)018(すなは)芸術(げいじゆつ)宗教(しうけう)好伴侶(かうはんりよ)(いう)するが(ゆゑ)である。019()しも()(ふた)つのものが()かつたならば、020如何(いか)(さび)しく味気(あぢき)なき憂世(うきよ)なるか、021想像(さうざう)出来(でき)がたきものであらうと(おも)ふ。022人生(じんせい)(はな)(がた)趣味(しゆみ)(いだ)かしむるものは、023(ただ)()(ふた)つの姉妹(しまい)存在(そんざい)するが(ゆゑ)である。
024 (そもそ)()(ふた)つのものは、025(とも)人生(じんせい)導師(だうし)たる(てん)(おい)ては、026相一致(あひいつち)して()る。027(しか)(なが)芸術(げいじゆつ)一向(ひたすら)()(もん)より、028人間(にんげん)天国(てんごく)(みちび)かむとするもの、029宗教(しうけう)(しん)(ぜん)との(もん)より、030人間(にんげん)(かみ)御許(みもと)(いた)らしめむとする(てん)(おい)て、031(すこ)しく(その)立場(たちば)相異(さうい)があるのである。032(かたち)033(いろ)034(こゑ)035(にほひ)など()自然美(しぜんび)媒介(ばいかい)(もち)ゐて、036吾人(ごじん)をして天国(てんごく)()ならぬ風光(ふうくわう)(しの)ばしむるものは芸術(げいじゆつ)である。037宗教(しうけう)(すなは)(しか)らず、038霊性(れいせい)内観(ないくわん)一種(いつしゆ)神秘的(しんぴてき)なる洞察力(どうさつりよく)()りて、039(ただ)ちに(ひと)をして(かみ)生命(せいめい)接触(せつしよく)せしむるものである。040(ゆゑ)(かなら)ずしも顕象界(けんしやうかい)事相(じさう)媒介(ばいかい)()さず、041所謂(いはゆる)神智(しんち)042霊覚(れいかく)043交感(かうかん)044孚応(ふおう)一境(いつきやう)()つて、045()(いま)()(みみ)(いま)()かず、046(ひと)(こころ)(いま)(おも)はざる、047霊界(れいかい)真相(しんさう)捕捉(ほそく)せしめむとするのは、048宗教(しうけう)本来(ほんらい)面目(めんぼく)である。049芸術(げいじゆつ)対象(たいしやう)()そのものであり、050(しか)()(かみ)姿(すがた)にして、051(その)(こころ)では()い。052(その)(きぬ)であつて、053(その)身体(からだ)では()い。054(かみ)(れい)なれば(これ)(はい)するものも(また)055(れい)(しん)とを(もつ)(これ)(はい)すべし』と()つたキリストの言葉(ことば)万古不易(ばんこふえき)断案(だんあん)である。056()対象(たいしやう)とする芸術(げいじゆつ)は、057()(ひと)をして(かみ)御姿(みすがた)()(なが)めしむる(こと)()るも、058(いま)(もつ)(その)(こころ)()り、059(その)(れい)(まじ)はり、060(かみ)(とも)にあり、061(かみ)(とも)(うご)き、062(かみ)(とも)(いき)る、063妙境(めうきやう)(たつ)せしむることは出来(でき)()ない。064(たとへ)(わづ)かに(かみ)裳裾(もすそ)(さは)らしめる(こと)出来得(できう)るも、065(その)(あたたか)(むね)(いだ)かれ、066(その)生命(せいめい)動悸(どうき)()れしむる(こと)は、067到底(たうてい)(のぞ)まれない。068芸術(げいじゆつ)極致(きよくち)は、069自然美(しぜんび)賞翫(しやうぐわん)悦楽(えつらく)により、070現実界(げんじつかい)制縛(せいばく)脱離(だつり)して、071(くわう)として(われ)(わす)るるの一境(いつきやう)にあるのである。072それ(ゆゑ)073その悦楽(えつらく)はホンの一時的(いちじてき)で、074永久的(えいきうてき)のものでは()いのである。075(その)悠遊(いういう)世界(せかい)は、076想像(さうざう)世界(せかい)(とど)まつて、077現実(げんじつ)活動(くわつどう)世界(せかい)でなく、078一切(いつさい)労力(らうりよく)奮闘(ふんとう)とを(はな)れたる夢幻界(むげんかい)悦楽(えつらく)没入(ぼつにふ)して、079陶然(たうぜん)として()へるが(ごと)きは、080(すなは)()審美的(しんびてき)状態(じやうたい)真相(しんさう)である。081()しそれ宗教(しうけう)極致(きよくち)(いた)つては、082(はるか)()れとは超越(てうゑつ)せるものがある。083宗教的(しうけうてき)生活(せいくわつ)渇仰(かつかう)憧憬(どうけい)して()まざる(ところ)のものは、084自然美(しぜんび)悦楽(えつらく)では()く、085精神美(せいしんび)実現(じつげん)である。086その憧憬(どうけい)対象(たいしやう)形体美(けいたいび)ではなくて人格美(じんかくび)である。087(かみ)(うち)(そん)する(しん)(ぜん)とを(わが)()体現(たいげん)して、088永遠無窮(ゑいゑんむきう)(かみ)(とも)()き、089(かみ)(とも)(うご)かむと(ほつ)する、090霊的(れいてき)活動(くわつどう)向上(かうじやう)発展(はつてん)は、091(すなは)()宗教的(しうけうてき)生活(せいくわつ)真相(しんさう)であらうと(おも)ふ。092芸術家(げいじゆつか)が、093()賞翫(しやうぐわん)もしくは創造(さうざう)()つて、094一時(いちじ)人生(じんせい)憂苦(いうく)(わす)るるが(ごと)き、095軽薄(けいはく)なものでは()い。096飽迄(あくまで)現実世界(げんじつせかい)聖化(せいくわ)し、097自我(じが)霊能(れいのう)発揮(はつき)して、098(きよ)気高(けだか)人格(じんかく)優美(いうび)を、099(われ)(わが)()活現(くわつげん)せなくては()まないのが(すなは)宗教家(しうけうか)日夜(にちや)不断(ふだん)努力(どりよく)奮闘(ふんとう)であり、100向上(かうじやう)精進(しやうじん)である。101宗教家(しうけうか)悦楽(えつらく)は、102(たん)(かみ)(うる)はしき御姿(みすがた)(はい)する而已(のみ)でなく、103(その)聖善(せいぜん)()合体(がつたい)し、104契合(けいがふ)し、105融化(ゆうくわ)せむと(ほつ)して(すす)()途上(とじやう)の、106向上的(かうじやうてき)努力(どりよく)にあるのである。107()せるカンバスや(つめ)たき大理石(だいりせき)材料(ざいれう)とせず、108()ける(あたた)かき自己(じこ)霊性(れいせい)材料(ざいれう)として、109(かみ)御姿(みすがた)()霊魂中(れいこんちう)(みと)めむとする、110偉大(ゐだい)なる(しん)芸術家(げいじゆつか)である。111(ゆゑ)宗教家(しうけうか)悦楽(えつらく)は、112時々(じじ)刻々(こくこく)一歩(いつぽ)々々(いつぽ)(かみ)栄光(えいくわう)(ちか)づきつつ(すす)()く、113永久(えいきう)活動(くわつどう)その(もの)である。114(ゆゑ)にその生命(いのち)のあらむ(かぎ)りは、115その悦楽(えつらく)常住不変(じやうぢうふへん)のもので、116(その)慰安(ゐあん)(また)空想(くうさう)世界(せかい)より(きた)るに(あら)ず。117(もつと)真実(しんじつ)なる(かみ)実在(じつざい)世界(せかい)より(きた)るものである。
118 『(わが)(あた)ふる平安(へいあん)は、119()(あた)ふる(ところ)(ごと)きに(あら)ず。120爾曹(なんぢら)(こころ)(うれ)ふる(なか)れ、121(また)(おそ)るる(なか)れ』とは(まさ)しく這般(しやはん)消息(せうそく)(つた)ふるものである。122()理想(りさう)実現(じつげん)するには、123()()源泉(げんせん)(さぐ)らねばならぬ。124(その)源泉(げんせん)到着(たうちやく)し、125(これ)(とも)()き、126(これ)(とも)(うご)くのでなければ実現(じつげん)するものでは()い。127(しか)して(その)実現(じつげん)たるや、128現代人(げんだいじん)所謂(いはゆる)芸術(げいじゆつ)(ごと)く、129形体(けいたい)(うへ)(あら)はるる一時的(いちじてき)悦楽(えつらく)(あら)ず、130内面的(ないめんてき)にその人格(じんかく)(うへ)に、131その生活(せいくわつ)(うへ)活現(くわつげん)せなくてはならないのである。132(しん)芸術(げいじゆつ)なるものは生命(せいめい)あり、133活力(くわつりよく)あり、134永遠無窮(ゑいゑんむきう)悦楽(えつらく)あるものでなくてはならぬ。135瑞月(ずゐげつ)はかつて芸術(げいじゆつ)宗教(しうけう)(はは)なりと()つた(こと)がある。136(しか)(その)芸術(げいじゆつ)とは、137今日(こんにち)社会(しやくわい)(おこな)はるる(ごと)きものを()つたのでは()い。138造化(ざうくわ)偉大(ゐだい)なる(ちから)()りて(つく)られたる、139天地間(てんちかん)森羅万象(しんらばんしやう)は、140(いづ)れも(みな)(かみ)芸術的(げいじゆつてき)産物(さんぶつ)である。141()大芸術者(だいげいじゆつしや)142(すなは)造物主(ざうぶつしゆ)内面的(ないめんてき)真態(しんたい)()れ、143(かみ)(とも)悦楽(えつらく)し、144(かみ)(とも)()き、145(かみ)(とも)(うご)かむとするのが、146(しん)宗教(しうけう)でなければならぬ。147瑞月(ずゐげつ)霊界物語(れいかいものがたり)口述(こうじゆつ)したのも、148(しん)芸術(げいじゆつ)宗教(しうけう)とを一致(いつち)せしめ、149(もつ)両者(りやうしや)(とも)完全(くわんぜん)なる生命(せいめい)(あた)へて、150(もつ)天下(てんか)同胞(どうはう)をして、151(しん)天国(てんごく)永久(とこしへ)(たの)しく(あそ)ばしめむとするの微意(びい)より(いで)たものである。152そして宗教(しうけう)芸術(げいじゆつ)とは、153双方(さうはう)一致(いつち)すべき運命(うんめい)()にある(こと)(さと)り、154本書(ほんしよ)出版(しゆつぱん)するに(いた)つたのである。
155   大正十二年七月十七日
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)