霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第九章 劇流(げきりう)〔一六六五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第65巻 山河草木 辰の巻 篇:第2篇 地異転変 よみ:ちいてんぺん
章:第9章 第65巻 よみ:げきりゅう 通し章番号:1665
口述日:1923(大正12)年07月16日(旧06月3日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年4月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6509
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 648頁 修補版: 校定版:111頁 普及版:51頁 初版: ページ備考:
001 セールは(わが)居間(ゐま)にゐて、002(いよいよ)願望成就(ぐわんまうじやうじゆ)(とき)(いた)れりと、003前祝(まへいはひ)心持(こころもち)にて、004乾児(こぶん)(ども)がそこら(うち)より(ぬす)(きた)れる葡萄酒(ぶだうしゆ)(かたむ)け、005グタグタに()つて(しま)ひ、006その()前後(ぜんご)(わす)れて(ねむ)つて(しま)つた。007エールは(いま)(うち)にセールを(ひつ)(くく)り、008牢獄(らうごく)()()んでやらうと、009(うかが)()つて()れば、010用心(ようじん)(ぶか)いセールは、011錠前(ぢやうまへ)(かた)()ろして、012(ただ)一人(ひとり)(ねむ)つて()るので、013どうする(こと)出来(でき)ず、014その()治道居士(ちだうこじ)牢獄(らうごく)(まへ)(あか)して(しま)つた。015これより(さき)エールは、016治道居士(ちだうこじ)(むか)ひ、017小声(こごゑ)になつて、
018エール『もし、019治道居士(ちだうこじ)(さま)020貴方(あなた)のお手紙(てがみ)()つて(まゐ)りました(ところ)021牢獄(らうごく)(とびら)(まへ)一人(ひとり)大男(おほをとこ)()つて()りますので、022此奴(こいつ)失敗(しま)つたと、023よくよく(かんが)へて()れば、024セールの親方(おやかた)でした。025()()(ろく)()ず、026(をんな)(まへ)(なん)だか愚痴(ぐち)(こと)()つて、027口説(くど)いて()つた(ところ)()えますわい。028本当(ほんたう)(こま)つた(やつ)ですな』
029治道(ちだう)『アハヽヽヽヽ、030其奴(そいつ)面白(おもしろ)い。031そして手紙(てがみ)はうまく先方(むかふ)(とど)いたかな』
032エール『はい、033(たしか)()()んでおきました。034(しか)(なが)らあの二人(ふたり)(をんな)(めう)(こと)()つてゐましたぜ。035(わたし)親分(おやぶん)一時(いつとき)(はや)く、036あちらへ()けと()ふのでその()(たち)()り、037(くら)がりで様子(やうす)()いてゐますと、038ブラヷーダ、039デビスの二人(ふたり)(ひめ)貴方(あなた)非常(ひじやう)(うら)んで()りました』
040治道(ちだう)『あ、041さうだらう さうだらう。042(おれ)もズイ(ぶん)いぢめたからのう』
043エール『エー、044本当(ほんたう)ですか。045随分(ずいぶん)貴方(あなた)悪党(あくたう)ですな……今度(こんど)はセールの大将(たいしやう)(ねが)つて、046二人(ふたり)()つてお(まへ)さまを(なぶり)(ごろし)にさして()れと()つて(ねが)つて()ましたよ。047二人(ふたり)別々(べつべつ)牢獄(らうごく)()れてあるのを一所(いつしよ)()れ、048治道(ちだう)さまをそこへフン(じば)つて突込(つつこ)み、049(なぶり)(ごろし)にさしたら、050セールの()(こと)()くと()つてゐましたが。051一体(いつたい)どうしたら(よろ)しう(ござ)いませうか』
052治道(ちだう)『ヤ、053それは面白(おもしろ)い。054流石(さすが)はブラヷーダ(ひめ)055デビス(ひめ)だ。056いや満足(まんぞく)々々(まんぞく)057アハヽヽヽ愉快(ゆくわい)(たま)らないわ』
058エール『もし、059治道(ちだう)さま、060貴方(あなた)どうかしてゐますな』
061治道(ちだう)『ウン、062どうかしてゐるよ』
063バット『もしもし治道(ちだう)(さま)064(めう)(こと)仰有(おつしや)るぢやありませぬか。065貴方(あなた)(なぶり)(ごろし)にあつて、066吾々(われわれ)をどうして(くだ)さる(つも)りですか』
067 かく(はな)(ところ)へヤクがコソコソとやつて()た。
068ヤク『ヤ、069エール、070(まへ)ここに()つたのか。071あまり(おほ)きな(こゑ)()ふと、072(はた)小盗人(こぬすと)()くと大変(たいへん)だぞ』
073エール『どうも合点(がつてん)()かぬ(こと)治道(ちだう)さまが仰有(おつしや)るので、074不思議(ふしぎ)(たま)らないのだ』
075ヤク『アハヽヽヽ、076智勇兼備(ちゆうけんび)治道(ちだう)(さま)だ。077(なに)かよい妙案(めうあん)があるのだらう。078マア心配(しんぱい)するな。079(まへ)(たち)はユツクリ計画(けいくわく)するがよい。080(おれ)はそこらを(まは)つて()るから、081その(あひだ)トツクリ相談(さうだん)しとくがいいわ』
082()ひすて、083見廻(みまは)りに()()つた。
084 治道居士(ちだうこじ)(こゑ)をひそめて、085バット、086カークス、087ベース、0871(および)牢番(らうばん)のエールに(むか)ひ、
088治道(ちだう)二人(ふたり)(ひめ)(さま)は、089(この)治道居士(ちだうこじ)(なぶり)(ごろし)にし()いと()つてゐるのは(ふか)(わけ)があるのだ。090今晩(こんばん)(おそ)いが、091いづれ明日(あす)(ばん)仕事(しごと)だ。092バットが(おれ)身代(みがは)りとなり、093カークス、094ベースの両人(りやうにん)が、095二人(ふたり)(をんな)()り、096(をんな)声色(こわいろ)使(つか)つて(くら)がりを(さいは)ひ、097牢獄(らうごく)()つて一芝居(ひとしばゐ)やるのだな。098そして(この)治道(ちだう)二人(ふたり)(ひめ)(そと)()すのだ。099そしたら言霊(ことたま)(もつ)て、100セールを(はじ)めその()(やつ)一度(いちど)帰順(きじゆん)させる計画(けいくわく)だ。101二人(ふたり)(ひめ)はその計画(けいくわく)をやらうとしてゐるのらしい。102どうだ、103バット、104(まへ)(おれ)声色(こわいろ)使(つか)へるのかな』
105バット『そりや使(つか)へぬ(こと)(ござ)いませぬが、106(わたし)(なぶり)(ごろし)にされちや(たま)りませぬな』
107治道(ちだう)『そこが芝居(しばゐ)だよ。108キヤツキヤツと()きさへすれば()いのだ。109本当(ほんたう)()いたり、110()つたりするものかい。111そして二人(ふたり)(をんな)はカークス、112ベースがするのだが、113(をんな)声色(こわいろ)出来(でき)るかな。114(ちつ)とは使(つか)へるだらう』
115カークス『そいつア面白(おもしろ)い。116(わたし)(わか)(とき)から芝居(しばゐ)()きでしたから、117(をんな)声色(こわいろ)(ばば)アでも、118(むすめ)でも、119古嬶(ふるかかあ)でも、120(なん)でもやりますわ』
121治道(ちだう)『そんならお(まへ)はデビスになつて()れ。122デビスは二十二三(にじふにさん)だから、123そのつもりでゐてくれ。124(なに)せよ(くら)がりだから、125(こゑ)()()せばいいのだ』
126カークス『(声色(こわいろ))「(なんぢ)(うら)(かさ)なる治道居士(ちだうこじ)であらうがな。127よくもよくも(わらは)侮辱(ぶじよく)(くは)へよつたな。128(おも)ひしれやー……」と(これ)ではどうですか』
129治道(ちだう)『アハヽヽヽうまいうまい、130それなら秀逸(しういつ)だ。131サア(これ)でデビス(ひめ)出来(でき)た。132オイ、133ベース、134(まへ)はブラヷーダになるのだ。135まだ十六(じふろく)だ。136(むすめ)(こゑ)使(つか)へるかな』
137ベース『使(つか)へますとも。138やつて()ませうか……(声色(こわいろ))「(なんぢ)治道居士(ちだうこじ)ではないか。139ようもようも(わたし)をさいなみよつたな。140(てん)飽迄(あくまで)罪人(ざいにん)をお(ゆる)しなさらぬぞや。141サア(わらは)両人(りやうにん)(やいば)(さび)となれ。142(うらみ)はつもる、143虎熊(とらくま)(やま)」ヘヽヽヽ。144この(くらゐ)でどうですかな』
145治道(ちだう)『アハヽヽヽ、146上等(じやうとう)上等(じやうとう)147()(これ)でブラヷーダ(ひめ)出来(でき)た。148オイ、149バット、150(まへ)(おれ)声色(こわいろ)使(つか)ふのだ。151どうだ、152(ひと)つここでやつて()ないか』
153バット『(声色(こわいろ))「(これ)心得(こころえ)ぬ、154デビス(ひめ)155ブラヷーダ(ひめ)とやら、156拙者(せつしや)はそなたに(むか)つて侮辱(ぶじよく)(くは)へた(こと)(ござ)らぬ。157()(なか)には同名異人(どうめいいじん)沢山(たくさん)(ござ)るぞ。158そなたは(くら)がりの(こと)とて間違(まちが)つて(おも)ひがめ()るのだらう。159ても()ても迷惑千万(めいわくせんばん)160如何(いか)(くら)がりとは()へ、161(こゑ)(いろ)でも(わか)るであらう。162誤解(ごかい)せられちや(こま)りますよ……」もし治道(ちだう)(さま)この(くらゐ)如何(どう)ですか』
163治道(ちだう)『マア()なりだ。164(しか)(なが)二人(ふたり)(ひめ)懐剣(くわいけん)(もつ)て、165グツと、166()くによつて、167その(とき)(いた)さうな(こゑ)()さねばならぬぞ』
168バット『ハイ、169(わたし)勘平(かんぺい)腹切(はらきり)をやつた(こと)(ござ)いますから、170(いた)さうな(こゑ)()すのは(なん)でもありませぬ。171安心(あんしん)して(くだ)さいませ』
172治道(ちだう)『オイ、173勘平(かんぺい)では落付(おちつき)がない。174塩谷(えんや)判官(はんぐわん)(ぐらゐ)(ところ)でやつて()よ』
175バット『ハイ、176やつて()ませう……。177力弥(りきや)々々(りきや)178由良之助(ゆらのすけ)はまだ()ぬか。179……ハハア()参上(さんじやう)(つかまつ)りませぬ……。180エー、181チエヘー、182エ、183是非(ぜひ)もない……」と覚悟(かくご)(さだ)懐剣(くわいけん)()くより(はや)く、184左手(ゆんで)脇腹(わきばら)へグツとつき()て……「アー、185由良之助(ゆらのすけ)()はぬのが残念(ざんねん)だわいイ……由良之助(ゆらのすけ)186只今(ただいま)187参上(さんじやう)……ヤ()()ねたぞや。188(ちか)(ちか)う……」ハツハヽヽヽヽ』
189治道(ちだう)『オイ、190そこは、191(ちか)(ちか)うと()はずに治道(ちだう)治道(ちだう)()ふのだよ。192(しか)し、1921芝居(しばゐ)になつちや(てき)(さと)られるから、193ヤツパリ治道居士(ちだうこじ)でなくちやいかぬぞ』
194バット『そんな(こと)抜目(ぬけめ)がありますか。195マア安心(あんしん)して(くだ)さい』
196エール『ア、197此奴(こいつ)面白(おもしろ)いアツハヽヽヽヽ。198(わたし)牢番(らうばん)(さいは)ひ、199うまくすりかへて()ませう。200明日(あす)(ばん)()(どほ)しいわい』
201 ヤクは(あわ)ただしく()(きた)り、
202ヤク『オイオイ、203さう(おほ)きな(こゑ)()しちや、204露見(ろけん)するぞ。205(いま)(まへ)のやつてゐた芝居(しばゐ)一丁(いつちやう)(ほど)(むか)ふへ(きこ)えたよ。206(さいは)(たれ)(ほか)()なかつたから()いが、207もしも(ひと)(きこ)えたら大変(たいへん)だ』
208治道(ちだう)『フン、209(まへ)はヤクか、210ヤク()御苦労(ごくらう)211大儀(たいぎ)だ。212充分(じゆうぶん)(こころ)(くば)つて(おれ)(たち)世話(せわ)ヤクのだよ。213その(かは)りおヤク()んだら、214ヤク(そく)(どほ)り、215立派(りつぱ)宣伝使(せんでんし)にしてやるからな』
216ヤク『はい、217有難(ありがた)う』
218 かく(はな)(ところ)足音(あしおと)(たか)く、219一人(ひとり)牢番(らうばん)がやつて()た。220治道居士(ちだうこじ)(この)()誤魔化(ごまくわ)さむとて経文(きやうもん)とも()ともつかぬ(こと)(しやべ)()した。
221治道(ちだう)弥勒(みろく)(しん)弥勒(みろく)222水銀無仮(すゐぎんむか)223分身千百億(ぶんしんせんひやくおく)224阿魏無真(あぎむしん)225長汀子来也(ちやうていしらいや)226(まなこ)三角(さんかく)(しやう)じ、227(かうべ)五嶽(ごがく)(そびやか)す。228(かう)(いま)(かなら)(かう)ならず。229(あく)(いま)(かなら)(あく)ならず。230布袋(ほてい)(とう)(ひら)くや、231隈々(わいわい)〓(たいたい)たり、232骨々(こつこつ)董々(とうとう)たり。233(かる)きことは毫毛(がうまう)(ごと)く、234(おも)きことは丘山(きうさん)(ごと)し。235拈得(ねんとく)して便(すなは)(なげう)ち、236拏得(どとく)して便(すなは)(もち)ふ。237払子(ほつす)(たて)て、238(いは)(なほ)()兜率陀天底(とそつだてんてい)239(ただ)弥勒未生(みろくみしやう)以前(いぜん)(ごと)きは如何(いかん)剖露(ばうろ)せむ。240(しやう)()つて(いは)く、241雨声(うせい)収拾(しうじゆ)して旧樹(きうじゆ)()す。242放教(さもあらばあれ)秋色(しうしよく)梧桐(ごどう)(いた)るを。243五祖(ごそ)六祖(ろくそ)(ざう)(だい)して()はく、244(こん)(さつ)()頭陀(づだ)245(やま)()すとも(うらみ)()せず。246(われ)(いま)檐頭(えんとう)(おも)く、247(なんぢ)(ため)に、248(まつ)()うる(おほ)し」西巌(せいがん)三十余年(さんじふよねん)249仏鑑(ぶつかん)(ところ)所得(しよとく)する(てい)250拈出(ねんしゆつ)して(ひと)(しめ)す、251涓滴(けんてき)滲漏(しんろふ)なし。252(のち)三十年(さんじふねん)253点眼(てんがん)(くすり)なり』
254 ()深閑(しんかん)として(ふけ)(わた)り、255時々(ときどき)かすかな(かぜ)が、256雨戸(あまど)をゴトゴトと()する(こゑ)のみ、257ちぎれちぎれに(きこ)えてゐる。
258大正一二・七・一六 旧六・三 於祥雲閣 北村隆光録)