霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 (うはさ)(かげ)〔八七六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 篇:第2篇 紅裙隊 よみ:こうくんたい
章:第10章 第31巻 よみ:うわさのかげ 通し章番号:876
口述日:1922(大正11)年08月19日(旧06月27日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3110
愛善世界社版:116頁 八幡書店版:第6輯 84頁 修補版: 校定版:119頁 普及版:53頁 初版: ページ備考:
001日暮(ひぐら)(やま)山麓(さんろく)
002(をしへ)(やかた)(ひら)きつつ
003(あさ)(ゆふ)なにサボリ()
004日暮(ひぐら)(やま)のウラル(けう)
005アナン、ユーズを(はじ)めとし
006ブール教主(けうしゆ)()(しの)
007葡萄酒(ぶだうしゆ)(くら)押開(おしあ)けて
008(ぬす)()したる豊醇(ほうじゆん)
009(うま)しき(さけ)(した)(もつ)
010二人(ふたり)(ひざ)()(あは)
011ヒソヒソ(ばなし)(ふけ)りゐる。
012 ユーズは(よひ)(まは)つた(くち)から、
013『オイ、014アナン、015アラシカ(やま)山麓(さんろく)エリナの(うち)()つた(とき)随分(ずゐぶん)面白(おもしろ)かつただらうなア。016あの(とき)にあゝ()地震(ぢしん)さへ()ければ、017貴様(きさま)(うま)くやつて()たのだらうにのウ、018()しい(こと)をしたものではないか』
019『そりや随分(ずいぶん)面白(おもしろ)かつたよ。020(しか)(なが)流石(さすが)はエスの(むすめ)(だけ)あつて、021随分(ずいぶん)()()しよつた(とき)にや、022流石(さすが)のアナンも一寸(ちよつと)(おどろ)かざるを()なかつたよ。023(しか)(この)(ごろ)大将(たいしやう)御機嫌(ごきげん)()つたら、024サツパリなつてゐないぢやないか。025(なん)とかして機嫌(きげん)()妙案(めうあん)はなからうかねい。026(なに)()つても(この)(あひだ)(やう)にヒルの都攻(みやこぜ)めに失敗(しつぱい)し、027大将(たいしやう)(こが)れて()つた、028紅井姫(くれなゐひめ)生捕(いけど)つて(かへ)つて御目(おめ)にかけないものだから、029御機嫌(ごきげん)(わる)いのだよ』
030馬鹿(ばか)()へ、031教主(けうしゆ)(かぎ)つて、032そんな陽気(やうき)(こころ)がないのはこのユーズも()つてゐるよ。033あれ(だけ)一心(いつしん)神様(かみさま)(こと)(ばか)りして御座(ござ)るのだもの、034……お(まへ)はチト(かんが)(ちが)ひをしてゐるナ』
035『そこが思案(しあん)(ほか)()ふものだ。036(まへ)余程(よほど)目出(めで)たいねい。037(じつ)(ところ)ヒルの都攻(みやこぜ)めに、038(この)(はう)アナンを御遣(おつか)はしなさつたのは、039アナンをして肝腎要(かんじんかなめ)目的(もくてき)紅井姫(くれなゐひめ)生捕(いけどり)にして(かへ)れ……と()ふのが眼目(がんもく)だからなア』
040教主(けうしゆ)(また)如何(どう)してヒルの(やかた)紅井姫(くれなゐひめ)()つてゐるのだ、041それが(わか)らぬぢやないか。042紅井姫(くれなゐひめ)所謂(いはゆる)箱入娘(はこいりむすめ)で、043城外(じやうぐわい)一歩(いつぽ)()()した(こと)がないと()ふのぢやないか』
044『そこが其処(そこ)だで……(とほ)(やう)でも(ちか)いは(をとこ)(をんな)とか()つてなア。045いつの()にかチヤンと鋭敏(えいびん)教主(けうしゆ)()には、046(とほ)うの(むかし)()まつてゐるのだ。047前達(まへたち)幹部(かんぶ)になつてから、048まだ時日(じじつ)()たないから、049本当(ほんたう)(こと)()らないが五六年前(ごろくねんぜん)(こと)だつた。050ヒルの(みやこ)下手(しもて)から(ふね)()つて、051()順風(じゆんぷう)(はら)ませ、052ブールの教主(けうしゆ)此方(こちら)御帰(おかへ)りの途中(とちう)053(かみ)からスツと(なが)して()遊山船(いうさんぶね)(なか)に、054十四五(じふしご)(なん)とも()れぬ、055天女(てんによ)(やう)(むすめ)()つてゐるぢやないか。056(その)(とき)にブールの教主(けうしゆ)(その)(をんな)()とれて船端(ふなばた)()(はづ)川中(かはなか)(おちい)り、057大変(たいへん)(あぶ)ない(こと)があつたのだ。058このアナンは(その)(とき)(そば)()つたから、059()()つてゐるのだ。060教主(けうしゆ)俺達(おれたち)(かは)(なか)から(すく)()げられ、061御苦労(ごくらう)だとも(なん)とも()はずに……あの綺麗(きれい)(むすめ)は、062一体(いつたい)何処(どこ)(もの)だ……と意味(いみ)ありげに御尋(おたづ)ねになつた(その)(とき)に、063(おれ)教主(けうしゆ)(むか)つて……あの(をんな)はヒルの(みやこ)神館(かむやかた)紅葉彦命(もみぢひこのみこと)(むすめ)御座(ござ)います……と()つた(ところ)064(ただち)にグンニヤリとうな()れ、065それは(じつ)失望落胆(しつばうらくたん)(てい)だつたよ。066(その)()()ふものは、067如何(どう)したものか、068何程(なにほど)よい(えん)があつても、069教主(けうしゆ)(みな)()ねつけて(しま)ひ、070元気(げんき)(ざか)りの()(もつ)て、071(いま)独身(どくしん)生活(せいくわつ)(つづ)けて御座(ござ)るのも、072そこには(ひと)つの思惑(おもわく)があつての(こと)だよ。073(なん)とかしてあの(をんな)引張(ひつぱり)()み、074教主(けうしゆ)(おく)さまにしたいものだ。075さうすれば何時(いつ)もニコニコで御機嫌(ごきげん)()いのだけれど、076(この)(ごろ)(やう)()つかしい(かほ)()せられると、077俺達(おれたち)本当(ほんたう)(たま)らないワ』
078『ユーズは(いま)初耳(はつみみ)だよ。079そんな(こと)御機嫌(ごきげん)(なほ)るのなれば、080(なん)とか(ひと)献身的(けんしんてき)活動(くわつどう)(つづ)けて、081成功(せいこう)させたいものだなア。082そンな秘密(ひみつ)()つて()つて、083何故(なぜ)今迄(いままで)智謀(ちぼう)絶倫(ぜつりん)のユーズに()らさなかつたのだい。084どないでもユーズの()くユーズさまだから、085(とほ)うの(むかし)に、086(おれ)()つて()れば、087成功(せいこう)して()るのだがなア』
088『ユーズ、089(まへ)(さけ)()うた(とき)(ばか)り、090無茶苦茶(むちやくちや)(つよ)いが、091(ゑい)()めると、092サツパリ大水(おほみづ)()いた(あと)(やう)に、093臆病(おくびやう)になり、094シヨビンとして(ちぢ)こまつて()るのだから、095(あて)にならないよ』
096『ナアニ、097そんな(こと)(かけ)たら、098得手(えて)()のユーズだよ。099キツと成功(せいこう)させて()せる』
100『それならお(まへ)101(これ)からヒルの(みやこ)乗込(のりこ)むで、102(なん)とか計略(けいりやく)(もつ)引張(ひつぱり)()して()たら如何(どう)だい』
103『このユーズの(おれ)にはナ、104一切(いつさい)万事(ばんじ)(わが)方寸(はうすん)にありだ。105今日(けふ)前祝(まへいはひ)として、106十分(じふぶん)にブール(ざけ)頂戴(ちやうだい)し、107いよいよ明日(あす)から活動(くわつどう)(まく)()つておろすから、108(うま)()つたら拍手(はくしゆ)喝采(かつさい)(ねが)ひまーすだ。109アツハヽヽヽ面白(おもしろ)面白(おもしろ)い』
110(しか)しユーズ、111(まへ)112(しばら)くヒルの都行(みやこゆき)見合(みあは)して、113ここに()つて()れねばならない(こと)がある』
114『ユーズに見合(みあは)せとは、115そりや(また)如何(どう)()(わけ)だい』
116『お(まへ)()つてゐる(とほ)り、117国依別(くによりわけ)宣伝使(せんでんし)使(つか)はしたキジ、118マチの両人(りやうにん)119あゝして何時迄(いつまで)陥穽(おとしあな)へほり()み、120毎日(まいにち)(くさ)つた(なし)蜜柑(みかん)(ふた)つや(みつ)(はう)()みて、121生命(いのち)をつながせ、122虐待(ぎやくたい)して(かへ)してやらぬものだから、123国依別(くによりわけ)今頃(いまごろ)日暮(ひぐら)(やま)(つか)はした両人(りやうにん)(いま)(かへ)つて()ない、124どうして()るのだらう。125まさかあれ(だけ)熱心(ねつしん)だから、126よもやウラル(けう)逆転(ぎやくてん)してゐるのでもあるまい、127大方(おほかた)陥穽(おとしあな)へでも(おと)されて(くるし)みて()るに(ちがひ)ない。128(ひと)実地(じつち)探険(たんけん)出掛(でかけ)ようか……などと()つて、129のしのしとやつて()ようものなら、130それこそ(この)(あひだ)地震(ぢしん)ぢやないが、131(この)霊場(れいぢやう)地異(ちい)天変(てんぺん)大惨事(だいさんじ)突発(とつぱつ)するのだ。132アナンはそれが第一(だいいち)()(かか)つてならないのだ。133(なん)とか国依別(くによりわけ)がやつて()よつたら、134今迄(いままで)とは態度(たいど)一変(いつぺん)し、135最善(さいぜん)方法(はうはふ)(かう)じて()ねばなるまいぞ』
136『さうだなア、137今度(こんど)はユーズを()かし、138此方(こちら)から極下(ごくした)()て、139御客(おきやく)さま(あつかひ)にし、140国依別(くによりわけ)(こころ)(そこ)から得心(とくしん)させ、141さうして都合(つがふ)()くば、142ウラル(けう)副教主(ふくけうしゆ)推薦(すいせん)してやつたら、143何程(なにほど)頑固(ぐわんこ)彼奴(あいつ)だつて、144今日(こんにち)普通(ふつう)宣伝使(せんでんし)境遇(きやうぐう)から(くら)べて()れば、145(その)地位(ちゐ)名望(めいばう)(おい)雲泥(うんでい)相違(さうゐ)だから、146(よろこ)(おう)ずるに(ちが)ひないワ。147ウラル(けう)(この)(ごろ)(やう)秋風(あきかぜ)()いて、148()()寂寥(せきれう)空気(くうき)(つつ)まれて()(さい)だから、149(てき)(もつ)(てき)(せい)する筆法(ひつぱふ)で、150あゝ()立派(りつぱ)(をとこ)を、151此方(こつち)味方(みかた)()()みたならば、152ウラル(けう)(ふたた)勢力(せいりよく)盛返(もりかへ)し、153(むかし)(やう)立派(りつぱ)教団(けうだん)になるであらうと(おも)ふが、154(まへ)如何(どう)(かんが)へるか』
155『それもさうだ。156(しか)(なが)ら、157ユーズの()(とほ)りにさう(うま)着々(ちやくちやく)(この)事業(じげふ)進行(しんかう)するだらうかなア』
158(けつ)してアナンどの、159御心配(ごしんぱい)御無用(ごむよう)だよ』
160(はな)してゐる(とき)しも、161門番(もんばん)のハル、162ナイルの両人(りやうにん)(あはた)だしく()(きた)り、163ハルが、
164申上(まをしあ)げます。165只今(ただいま)国依別(くによりわけ)岩戸(いはと)(くち)(まで)(まゐ)りまして、166それはそれは(うつく)しい紅井姫(くれなゐひめ)とかエリナとか()つて、167二人(ふたり)素的(すてき)(をんな)(ともな)ひ、168(はや)幹部(かんぶ)(たれ)かに()はして()れよと()つて、169(なん)()つても(かへ)りませぬ。170如何(いかが)取計(とりはか)らつたら(よろ)しう御座(ござ)いませうかなア』
171 アナンはハツと(おどろ)(なが)ら、172(やや)(こゑ)(ふる)はせて、
173『ナヽ(なん)(まを)す。174クヽ国依別(くによりわけ)()たと(まを)すか』
175紅井姫(くれなゐひめ)176エリナの両人(りやうにん)がお()えになつたと()ふのか。177そりや人違(ひとちがひ)ではあろまいな。178チツトばかり、179ユーズも心配(しんぱい)だからのウ』
180『エヽ(けつ)して(けつ)してハルの言葉(ことば)間違(まちがひ)御座(ござ)いませぬ。181三倉山(みくらやま)谷間(たにあひ)()宣伝使(せんでんし)です。182そして一人(ひとり)はエリナに間違(まちがひ)御座(ござ)いませぬ。183紅井姫(くれなゐひめ)()(かた)是迄(これまで)()つた(こと)がないから、184真偽(しんぎ)(わか)りませぬが、185随分(ずいぶん)綺麗(きれい)(をんな)です。186(この)岩館(いはやかた)でも一目(ひとめ)(にら)みたら、187ガチヤガチヤと(くだ)いて(しま)ひさうな目付(めつき)をして()りますよ。188……ナア、189ナイル、190随分(ずゐぶん)別嬪(べつぴん)だつたなア』
191御両人様(ごりやうにんさま)192(けつ)してナイルの()では間違(まちがひ)はなからうと(おも)ひます。193(なん)とか返事(へんじ)をせなくてはなりませぬが、194如何(どう)(いた)しませう』
195との(たづ)ねにアナンは、
196一寸(ちよつと)()て、197(かんが)へがあるから』
198(うつ)むき、199ユーズと(とも)(うで)()み、200(かんが)()むでゐる。201(その)()にハル、202ナイルの両人(りやうにん)逸早(いちはや)(この)()立去(たちさ)り、203表口(おもてぐち)(あら)はれ(きた)り、204国依別(くによりわけ)(むか)ひ、205両人(りやうにん)(くち)(そろ)へて、
206『オイ、207一寸(ちよつと)()て、208此方(こつち)にも(かんが)へがあるから……とアナン、209ユーズの御大将(おんたいしやう)(あふ)せになりましたぞ』
210『なに、211一寸(ちよつと)()て、212こつちに(かんが)へがあるから……とは()しからぬ。213よし其方(そつち)がさうなら此方(こちら)にも(かんが)へがある……サア(ひめ)(さま)214エリナさま、215(わたし)()いてお()でなさいませ』
216窟内(くつない)()()まうとする。217ハル、218ナイルの両人(りやうにん)大手(おほて)(ひろ)げて、
219『マアマア()つて(くだ)さいませ。220タヽ大変(たいへん)御座(ござ)います。221一寸(ちよつと)()て、222此方(こつち)にも(かんが)へがある……と二人(ふたり)大将(たいしやう)仰有(おつしや)つたのだから、223さう勝手(かつて)押入(おしい)つて(もら)ひますと、224あとで(わたし)如何(どん)()()はされるかも(わか)りませぬ。225一寸(ちよつと)(おく)から返事(へんじ)がある(まで)226(しばら)其処(そこ)(やす)みてゐて(くだ)さいませ』
227『あゝ仕方(しかた)がない、228国依別(くによりわけ)(しばら)(ここ)休息(きうそく)がてら()つて(つか)はす、229(はや)返答(へんたふ)(いた)(やう)に、230(おく)へマ一度(いちど)(うかが)つて()い』
231 ハル小声(こごゑ)で、
232(はじ)めて()よつて、233偉相(えらさう)に、234俺達(おれたち)奴扱(やつこあつかひ)にしよるワイ。235えゝ怪体(けたい)(わる)い……』
236(つぶや)(なが)ら、237(ふたた)びアナン、238ユーズの居間(ゐま)(はし)()つた。
239 二人(ふたり)(たがひ)(うで)()み、240差俯(さしうつ)むいて途方(とはう)()(なが)ら、241一寸(ちよつと)(かほ)をあげて()ると、242最前(さいぜん)使(つかい)()両人(りやうにん)何時(いつ)()にか其処(そこ)()ないので、243アナンは顔色(かほいろ)()へて、
244『あゝ二人(ふたり)(やつ)245どこへ()きよつたのかなア。246まだ返事(へんじ)()かない(うち)から飛出(とびだ)したのではあるまいか。247(わざはい)(しも)からと()つて、248せうもない(こと)()ひよると、249(あと)面倒(めんだう)になつて(まと)まりがつかなくなる。250折角(せつかく)神謀鬼策(しんぼうきさく)駄目(だめ)になつた(ため)しもある(なら)ひだ。251えゝ(こま)つた(やつ)だナア』
252両人(りやうにん)(かほ)見合(みあは)して(つぶや)いて()る。253其処(そこ)(あはた)だしくハル、254ナイルの両人(りやうにん)(はし)(きた)り、
255申上(まをしあ)げます。256大変(たいへん)剛情(がうじやう)(やつ)で、257無理(むり)押入(おしい)らうと(いた)しますので、258あなたの御言葉(おことば)(とほ)り……オイ一寸(ちよつと)()て、259此方(こつち)にも(ひと)(かんが)へがあるから……とかましてやりましたら、260国依別(くによりわけ)(やつ)……ナニ猪口才(ちよこざい)な、261そちらに(かんが)へがあれば此方(こちら)にも(かんが)へがある……とエラさうな(こと)()つてましたぜ。262御用心(ごようじん)なさらぬと、263あンな(つよ)(やつ)(あら)はれた以上(いじやう)大変(たいへん)ですぞ』
264『オイ、265ハル、266ナイルの両人(りやうにん)267(たれ)がそンな(こと)国依別(くによりわけ)(もう)せと()つたか、268いつ(また)(この)(はう)左様(さやう)言葉(ことば)()したか』
269『モシ、270アナン(さま)271モウ御忘(おわす)れになりましたか。272あなた(たしか)に……ここにナイルも()いて()りましたが、273一寸(ちよつと)()て、274此方(こつち)にも思案(かんがへ)があるからと()つたぢやありませぬか。275今更(いまさら)()はぬと仰有(おつしや)つても、276そンな無理(むり)何程(なにほど)上役(うはやく)でも(とほ)りませぬぞや』
277『それは(その)(はう)(たい)して、278一寸(ちよつと)()て……と()つたのだ』
279『さうでせう、280(わたし)仰有(おつしや)つたから、281(すなは)(わたし)があなたの代理(だいり)となつて、282国依別(くによりわけ)一言(ひとこと)間違(まちがひ)もない(やう)(つた)へたのです。283それが何処(どこ)(わる)御座(ござ)いますか』
284『あゝ(こま)つた(やつ)だなア。285モウ()うなつちや仕方(しかた)がない。286……アンナさま、287肝玉(きもだま)(はう)()して、288あなたとユーズの二人(ふたり)国依別(くによりわけ)(まへ)十分(じふぶん)慇懃(いんぎん)(ことば)使(つか)つて、289言向和(ことむけやは)し、290(おこ)らさない(やう)にして、291(うま)()けばウラル(けう)副教主(ふくけうしゆ)(まつ)()げ、292紅井姫(くれなゐひめ)教主(けうしゆ)奥方(おくがた)となし、293エリナは(わたし)奥方(おくがた)決定(きめ)ておいて、294腹帯(はらおび)()めて(ひと)円滑(ゑんくわつ)舌剣(ぜつけん)(ふる)ふて()ようぢやありませぬか。295一枚(いちまい)(した)使(つか)ひやうに()つて、296平和(へいわ)女神(めがみ)ともなり、297戦争(せんそう)魔神(まがみ)ともなるのだから、298十分(じふぶん)巧妙(かうめう)辞令(じれい)(もち)ゐ、299三五教(あななひけう)ぢやないが善言美詞(ぜんげんびし)言霊(ことたま)(もつ)て、300(てき)悦服(えつぷく)させると()手段(しゆだん)()ようぢやありませぬか』
301『それは至極(しごく)妙案(めうあん)でせう。302(しか)しそれに先立(さきだ)ち、303ブールの教主(けうしゆ)申上(まをしあ)げておかなくてはなりますまい。304あなた御苦労(ごくらう)だが、305(その)(にん)(あた)つて(くだ)さい。306(わたし)(これ)から表口(おもてぐち)()国依別(くによりわけ)都合(つがふ)をよく胡麻(ごま)をすつて()ますから……』
307(にはか)()れ、308(おれ)(ことば)(あらた)め、309(うつく)しい言葉(ことば)使(つか)(なが)ら、310ユーズは教主(けうしゆ)居間(ゐま)へ、311アナンは入口(いりぐち)へと持場(もちば)(さだ)めて(すす)()く。
312 ハル、313ナイルの二人(ふたり)はアナンの(まへ)()ち、
314『サアサア一寸先(いつすんさき)如何(どう)なる(こと)やら、315(やみ)月夜(つきよ)(すつぽん)か、316(こま)つた(こと)出来(でき)()た』
317(つぶや)(なが)ら、318入口(いりぐち)()して()()しにける。
319大正一一・八・一九 旧六・二七 松村真澄録)
320(昭和九・一二・一七 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。