霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一三章 姉妹教(しまいけう)〔八七九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 篇:第2篇 紅裙隊 よみ:こうくんたい
章:第13章 第31巻 よみ:しまいきょう 通し章番号:879
口述日:1922(大正11)年08月19日(旧06月27日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
ブールは、ユーズがエスを連れてくるものと思っていたが、ユーズはエスが牢から出ようとしないことを報告した。エリナに責められたユーズは、ブールの命によってエスを牢に入れて虐待していたのだ、と言い訳を始めた。
一行はブールとユーズの案内で、水牢のエスに会いに行った。国依別は牢内のエスに、三五教の味方をしてくれたことのお礼を述べた。
エスは国依別に挨拶とお礼を述べ、自分を教主に讒言して牢に入れ虐待していた張本人は、ユーズであることを明かした。エリナはエスの苦労話を聞いてわっと泣き伏した。ユーズはエリナに駆け寄って介抱しようとしたが、エリナに突き飛ばされて、水牢の中に落ちてしまった。
エスはその隙に水牢を出ると、外から鍵をかけてしまった。一行はユーズを牢に置いたまま、ブールの居間に戻ってきて歓談した。ブールは祭服を着けて一行を祭壇に導き、改心の意を表した。
ここに国依別の裁定によってブールをこの地の三五教の教主となした。そして紅井姫をその奥方と定め、エリナを内事の司とし、ヒルの神館と提携してヒルの国・カルの国双方に三五教を広めることとなった。
アナンとユーズは牢内で修行の末助け出されて赦され、改心して神の道に仕え、一生を安く暮らすことができた。国依別は四五日逗留したのち、キジとマチを連れて日暮シ山に別れを告げ、ブラジル峠を指して宣伝歌を歌いながら進んで行く。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3113
愛善世界社版:151頁 八幡書店版:第6輯 97頁 修補版: 校定版:154頁 普及版:71頁 初版: ページ備考:
001 ブールは国依別(くによりわけ)一行(いつかう)(とも)(おく)()端坐(たんざ)しキジ、002マチ、003エリナ、004などより(みみ)(いた)(やう)なくすぐつたい(やう)御礼(おれい)(ことば)()(なが)ら、005どうぞ(はや)くユーズがエスを此処(ここ)()れて()(うま)くやつてくれないかなア……と心待(こころま)ちに()つて()た。
006 そこへユーズが拍子(へうし)()けのした(かほ)をさげてやつて()たので、007ブールは(はや)くも(その)顔色(かほいろ)(なが)め、008エスがもしや牢死(ろうし)でもしてゐたのではなからうか、009万々一(まんまんいち)そンな(こと)があろうものなら、010如何(どう)して(この)()(うま)()()けようか、011数百人(すうひやくにん)部下(ぶか)はあつても、012(いづ)れも国依別(くによりわけ)(たい)しては、013無勢力(むせいりよく)腰抜(こしぬけ)(ばか)りだ。014進退(しんたい)これ(きは)まつた……と(こころ)(うち)(ひと)打案(うちあん)(なが)ら、015ブールは余所余所(よそよそ)しく、
016『オイ、017ユーズ、018エス(さま)御機嫌(ごきげん)ようゐらせられたかなア』
019何時(いつ)()にやら御歴々方(ごれきれきがた)御入来(ごじゆらい)020ヤアこれはこれは国依別(くによりわけ)(さま)021よくマア(この)茅屋(あばらや)へゐらせられました。022何分(なにぶん)親指(おやゆび)がなつてゐないものですから、023(うま)滑車(くわつしや)運転(うんてん)(いた)しませぬ。024吾々(われわれ)(ほとん)機関(きくわん)(あぶら)()れて、025(こゑ)()げむ(ばか)りになつて()ます……あなたは素敵(すてき)滅法界(めつぽふかい)なナイスさま、026どこからお()しになりましたか。027(あま)河原(かはら)(たま)御舟(みふね)(うか)べ、028(つき)(かがみ)懐中(ふところ)()れ、029黄金(こがね)(さを)をさして、030(くだ)(あそ)ばした棚機姫(たなばたひめ)(さま)か、031(ただし)天教山(てんけうざん)()花咲耶姫(はなさくやひめ)さまの御降臨(ごかうりん)か、032松代姫(まつよひめ)(さま)御再来(ごさいらい)か、033(なん)とも()へぬ立派(りつぱ)なお(かた)御座(ござ)いますなア』
034追従(ついしやう)たらだら()()てる。
035左様(さやう)(こと)(たづ)ねて()るのでない。036エス(さま)御機嫌(ごきげん)うるはしくゐらせられたか……と()ふのだ』
037『ハイ、038教主様(けうしゆさま)のあなたが発頭人(ほつとうにん)水牢(みづろう)打込(うちこ)(あそ)ばした、039あのエスさまの(こと)ですかい。040()(まを)したと()つて、041千座(ちくら)置戸(おきど)()ふのは、042(ひと)(しやう)たる(もの)当然(たうぜん)()ふべき職掌(しよくしやう)ですから、043どうぞ(わる)()らない(やう)にして(くだ)さいませ。044吾々(われわれ)一統(いつとう)はそンな残酷(ざんこく)なことをするものでないと御意見(ごいけん)申上(まをしあ)げましたのに、045あなた(さま)(くび)左右(さいう)傲然(ごうぜん)とお()(あそ)ばし、046ジヤイロコンパスの(やう)目玉(めだま)急速度(きふそくど)(もつ)回転(くわいてん)させ、047チツともお()(あそ)ばさぬものだから、048とうとうあの(やう)大惨事(だいさんじ)突発(とつぱつ)したので御座(ござ)いますよ。049あなたの仰有(おつしや)(とほ)り、050吾々(われわれ)正直(しやうぢき)(まも)つて()るものならば、051エスさまは(とほ)(むかし)052幽界(あのよ)(ひと)になつてゐられるのですが、053()えつ(かく)れつ、054(この)ユーズが(うま)(もの)持運(もちはこ)び……オツト、055ドツコイ教主(けうしゆ)さま、056そンな()つかしい(かほ)をしちやなりませぬぞ。057すべて部下(ぶか)罪悪(ざいあく)一身(いつしん)引受(ひきう)け、058一言(ひとこと)(つぶや)かないのが(しやう)たる(もの)襟度(きんど)御座(ござ)いますよ。059マア()(かく)060(あと)()はいでもお(さつ)しを(ねが)へば、061国依別(くによりわけ)さま、062エリナさま、063大体(だいたい)判断(はんだん)はつくで御座(ござ)いませう』
064『ブール(さま)065随分(ずいぶん)エスさまは苛酷的(かこくてき)御同情(ごどうじやう)(かうむ)られたと()えますねい』
066『さう()つて(もら)ひますと、067(なん)とも御返事(ごへんじ)仕方(しかた)御座(ござ)いませぬが、068(じつ)(ところ)はユーズが……』
069『モシモシ教主(けうしゆ)さま、070さう脱線(だつせん)しちやいけませぬよ。071それでは教主(けうしゆ)たる価値(かち)はサツパリ(ゼロ)ですよ。072モウ()うなる(うへ)旗色(はたいろ)()(はう)()くのが利益(りえき)だ。073仮令(たとへ)ブールさまに何々(なになに)せられても、074(かま)ひませぬワイ。075国依別(くによりわけ)(さま)何々(なになに)してドツとお()()り、076結構(けつこう)宣伝使(せんでんし)にして(もら)つて、077都合(つがふ)()くば、078エー○○を○○に(もら)ふやうになるかも()れない。079それだから、080()えつ(かく)れつ、081()うさまのエスさまを大切(たいせつ)にして()たのだ。082なア、083エリナさま、084()()えても、085(おもて)(おもて)086(うら)には(しん)(うる)はしい慈愛(じあい)(なみだ)(たた)へて()苦労人(くらうにん)御座(ござ)いますよ』
087 エリナは『ヘエン、088左様(さやう)ですかいナ』と(そら)にうそぶく。
089(なに)()つてゐるのだ。090エス(さま)(はや)(むか)へて()ぬか』
091『ハイ、092(なん)()つても、093流石(さすが)はエスさまさまですよ。094ヤツパリ(わたくし)(にら)ンだ(とほ)り、095(えら)いですな、096見上(みあ)げたものですよ。097(わたくし)何程(なにほど)申上(まをしあ)げてもビクとも(うご)かうともなさいませぬワイ。098(まる)()ンだ(うま)(やう)ですワ』
099 エリナはサツと顔色(かほいろ)()へ、
100『エー、101()うさまが()くなつたのですか』
102『イエイエどうしてどうして、103海老(えび)(やう)にピンピンシヤンシヤン()ねまはつてゐられます。104(じつ)(ところ)(なに)もかもブチあけて申上(まをしあ)げますが、105今日迄(こんにちまで)大変(たいへん)にブールさまの命令(めいれい)()つて虐待(ぎやくたい)をして()りましたが、106あなた(がた)がお()でになつたと()ふので、107レコの大将(たいしやう)108ブールブールと地震(ぢしん)(まご)(やう)にふるひ()し、109(おほい)蒟蒻(こんにやく)困惑(こんわく)(いた)しまして、110(にはか)(おも)(つき)一芝居(ひとしばい)111エスさまを、112あなた(がた)よりも一足先(ひとあしさき)ここへ()()(もら)ひ、113(さけ)でもドツサリ()まして篏口令(かんこうれい)()き、114ヤツと(この)()(ごみ)(にご)さうと(あそ)ばしたのですが、115(まへ)さまの()やうが(あま)(はや)かつたものだから、116すべての計画(けいくわく)()ひちがひ、117たうとう画餅(ぐわへい)になつて(しま)つたのです。118子供(こども)(なん)ぞの(やう)に、119(さけ)(くらゐ)()まして機嫌(きげん)をとり、120今迄(いままで)虐待(ぎやくたい)(ぶり)(かく)さうと(おも)つても、121駄目(だめ)なことはきまつてをるのに、122あわてた(とき)()ふものはそれ(くらゐ)知慧(ちゑ)より()ませなンだワイ。123本当(ほんたう)(あんま)教主様(けうしゆさま)知慧(ちゑ)(うす)つぺらなのには、124部下(ぶか)一同(いちどう)こンにやく(いな)困惑(こんわく)(てい)御座(ござ)います。125(けつ)して(けつ)して(この)ユーズが(わる)いのぢや御座(ござ)いませぬ。126一番(いちばん)(さき)にエスを()れようと発起(ほつき)したのはユーズぢや御座(ござ)いませぬから、127(その)(つも)りで(ねが)ひますよ。128そしてエスさまは(なに)もかもチヤンと御存(ごぞん)じで、129あなたのここにお()でになつた(こと)とうしだとか、130すいのうだとかで、131よく御承知(ごしようち)御座(ござ)いましたよ。132こンな結構(けつこう)()みとの(なか)において(もら)うて、133(たれ)()るものか、134千年(せんねん)万年(まんねん)()つたとて、135いつかな(うご)きは(いた)さぬと、136それはそれはエライ頑張(ぐわんば)(やう)御座(ござ)いす。137(さつ)する(ところ)教主(けうしゆ)のブールさまが、138エスさまのお(そば)(みづか)らお()でになり、139(あたま)(さげ)てお(わび)をなさらねば到底(たうてい)()ましになる気遣(きづか)ひはありませぬワ』
140『ブールさま()うでせう。141国依別(くによりわけ)直接(ちよくせつ)エスさまの()られる(ところ)(まゐ)りましたら……さうでなければ、142年寄(としより)片意地(かたいぢ)143中々(なかなか)(うご)きますまいで……』
144『あンな(ところ)()られましては、145(まこと)()みませぬ。146(これ)から(わたし)(まゐ)つてお()(まを)して()ますから、147どうぞ此処(ここ)(しばら)()つてゐて(くだ)さいませ。148……サア、149ユーズお(まへ)()()い、150(また)せうもない(こと)(しやべ)ると()けないから……』
151『さうでせう。152(わたくし)がここに()りますのは、153(さだ)めて御都合(ごつがふ)(わる)(こと)ぢやと、154前以(まへもつ)承知(しようち)(いた)して()りますワ』
155『サア(みな)さま、156()きませう。157ユーズさま、158案内(あんない)して(くだ)さい、159エリナさま、160これから(こひ)しいお()うさまに()はして()げませう。161御喜(およろこ)びなさいや』
162『ハイ、163有難(ありがた)御座(ござ)います。164何分(なにぶん)(よろ)しく御願(おねがひ)(まを)します』
165 (ここ)にユーズを先頭(せんとう)に、166ブールを(はじ)め、167国依別(くによりわけ)一行(いつかう)地底(ちてい)薄暗(うすぐら)水牢(みづろう)(かたはら)(さぐ)(さぐ)立寄(たちよ)り、
168(わたくし)三五教(あななひけう)国依別(くによりわけ)(まを)(もの)御座(ござ)います。169あなたはウラル(けう)宣伝使(せんでんし)であり(なが)ら、170よくもマア三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)御世話(おせわ)して(くだ)さいました。171(その)(ため)あなたは斯様(かやう)(ところ)押込(おしこ)められ、172さぞさぞ御難儀(ごなんぎ)(こと)御座(ござ)いましたでせう』
173 エスは(なみだ)(なが)(なが)ら、
174『ハイ、175有難(ありがた)御座(ござ)います。176よう()(くだ)さいました。177(じつ)昨日(きのふ)(まで)178非常(ひじやう)な、179そこに()りまするユーズの(やつ)180虐待(ぎやくたい)(くは)へましたが、181(にはか)態度(たいど)一変(いつぺん)し、182最前(さいぜん)最前(さいぜん)とて、183追従(つゐしやう)たらだら、184(わたし)引出(ひきだ)し、185今迄(いままで)悪逆無道(あくぎやくぶだう)帳消(ちやうけ)しの材料(ざいれう)にせうと()(やう)な、186ズルイ(こと)(かんが)へて()(こと)(わか)りましたので、187ワザと頑張(ぐわんば)つて、188千年(せんねん)万年(まんねん)もこんな結構(けつこう)()みとは()ないと意地(いぢ)()つてやりました。189さうした(ところ)が、190それを()()けて心配(しんぱい)(いた)し、191(たの)むの(たの)まないのつて、192(じつ)()(どく)なやうでした。193(たれ)だつて、194斯様(かやう)(ところ)半時(はんとき)()()りたいものが御座(ござ)いませうか、195御推量(ごすゐりやう)(くだ)さいませ』
196()(こゑ)さへも、197(なみだ)湿(しめ)つて(きこ)えて()る。198エリナは(これ)()くよりワツと(ばか)りに(その)()()()した。199ユーズは周章(あわて)()(おこ)し、
200『もしもしエリナ(さま)201シツカリなさいませ。202(この)親切(しんせつ)なユーズが御介抱(ごかいほう)(いた)しますれば、203モウ大丈夫(だいぢやうぶ)御座(ござ)います』
204『エー(ちち)仇敵(かたき)205(もの)()ふも(けが)らはしい、206(わたし)(からだ)(さわ)つてお()れな』
207()(なが)らドンと()(はな)した。208途端(とたん)(ろう)入口(いりくち)(をり)よく()いてあつた(ため)209(たちま)(ろう)(なか)水溜(みづたま)りへ真逆様(まつさかさま)にドブンと落込(おちこ)ンで(しま)つた。
210 エスは(その)(すき)(はや)くも牢内(ろうない)駆出(かけだ)し、211(そと)から入口(いりくち)()をピシヤリと()め、212(ぢやう)(おろ)して(しま)つた。213ユーズは水溜(みづたま)りより()(あが)り、
214『モシモシ()けて(くだ)さい、215(わたくし)御座(ござ)います』
216『お(まへ)だから、217()()ンだのだよ。218サア今迄(いままで)エス(さま)をいろいろと讒言(ざんげん)(いた)して(つみ)におとした(その)(はう)(こと)だから、219今日(けふ)から(つみ)(ほろ)ぼしにエス(さま)(かは)りに水牢(みづろう)(ずま)ひを(いた)すのだ。220天罰(てんばつ)()ふものは(おそ)ろしいものだ。221現在(げんざい)エスさまの(むすめ)エリナさまに押込(おしこ)まれたぢやないか。222(これ)(けつ)してブールがしたのぢやない。223(まへ)(つみ)(かさ)なつて、224(まへ)水牢(みづろう)投込(なげこ)ンだのだよ』
225『それは(あま)胴欲(どうよく)ぢや(ござ)いませぬか。226一寸(ちよつと)(そと)(わす)れた(もの)御座(ござ)いますなり、227アナンに()うて()ひたい(こと)沢山(たくさん)ありますから、228這入(はい)れなら這入(はい)りますから、229一遍(いつぺん)(だけ)()して(くだ)さいな』
230『ならぬならぬ、231自分(じぶん)悪事(あくじ)(のこ)らず、232教主(けうしゆ)千座(ちくら)置戸(おきど)()ふべきものだなぞと(まを)して、233国依別(くによりわけ)(さま)一統(いつとう)(まへ)でブールの讒言(ざんげん)(いた)したであらう。234その(やう)大悪人(だいあくにん)(そと)放養(はうやう)するのは、235モールバンドを()(はな)つたやうなものだからのウ』
236『お(まへ)さま、237チツと其処(そこ)修行(しうげふ)をなさいませ。238何程(なにほど)弁解(べんかい)したつて駄目(だめ)ですよ。239(この)エスがお(まへ)さまの部下(ぶか)に、240(もん)入口(いりくち)(とら)まへられ、241教主様(けうしゆさま)(まへ)引出(ひきだ)された(とき)242教主(けうしゆ)(なん)仰有(おつしや)つたか、243(おぼ)えて()るであらう。244あの(とき)御言葉(おことば)に……ユーズ、245(まへ)はエスをさう(わる)()ふけれど、246チツとは(かんが)へてやらねばなろまい。247()(なか)相身(あひみ)(たがひ)だから、248仮令(たとへ)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)宿(やど)をしたと()つて、249そンな(ちひ)さい(こと)()ふものでない、250(ゆる)してやつたがよかろと仰有(おつしや)つた(とき)には、251(おれ)有難(ありがた)(なみだ)(こぼ)れたのだ。252それに貴様(きさま)駄々(だだ)をこねて、253教主(けうしゆ)からして、254そンな規則(きそく)をお(やぶ)りになるのならば、255(この)ユーズは数多(あまた)信徒(しんと)一人(ひとり)(のこ)らず引率(いんそつ)して、256バラモン(けう)入信(にふしん)し、257(この)(やかた)転覆(てんぷく)させて(しま)ひますと()つて、258脅迫(けふはく)し、259(つひ)()むを()ず、260教主(けうしゆ)(おれ)をこンな(ところ)()()(こと)黙許(もくきよ)されたのだ。261さうだからお(まへ)(あく)張本人(ちやうほんにん)だ。262(まへ)さへ()うして何時迄(いつまで)(ここ)蟄居(ちつきよ)して()れば、263三五教(あななひけう)とウラル(けう)(こころ)(そこ)から()()うて、264(たがひ)(ちやう)()り、265(たん)(おぎな)ひ、266姉妹教(しまいけう)となつて、267(なか)よく神業(しんげふ)参加(さんか)する(こと)出来(でき)るのだ。268サア(みな)さま、269何時迄(いつまで)()ンな(ところ)()つても仕方(しかた)がありませぬ。270どつかへ(まゐ)りませうか』
271 ブールは、
272『どうぞ(わたくし)居間(ゐま)(まで)御越(おこ)(くだ)さいませ。273御案内(ごあんない)(いた)しませう』
274(さき)()つて、275(わが)居間(ゐま)(かへ)()く。276(あと)にユーズは(こゑ)をあげ、
277『オーイ オーイ、278(たす)けて()れ (たす)けて()れ』
279()ばはつて()る。280一同(いちどう)委細(ゐさい)(かま)はず、281ブールの居間(ゐま)(かへ)(きた)つて、282葡萄酒(ぶだうしゆ)(あた)へられ、283(うま)さうに、284四方山(よもやま)(はなし)(ふけ)(なが)ら、285()ンでゐる。286少時(しば)らくあつて、287教主(けうしゆ)(おく)()よりいかめしき祭服(さいふく)(ちやく)(きた)り、
288『サア御一同様(ごいちどうさま)289(わたし)(これ)より神殿(しんでん)(まゐ)ります。290どうぞあなた(がた)御参(おまゐ)(くだ)さいませ』
291 国依別(くによりわけ)以下(いか)(うち)うなづき(なが)神殿(しんでん)(すす)み、292ブール導師(だうし)(もと)神言(かみごと)奏上(そうじやう)し、293(をは)つて(ふたた)(おく)()引返(ひつかへ)し、294ブールは(こころ)(そこ)より改心(かいしん)()(へう)し、295国依別(くによりわけ)裁決(さいけつ)()つて、296エスを教主(けうしゆ)となし、297エリナは内事(ないじ)一切(いつさい)(つかさ)(にん)じ、298紅井姫(くれなゐひめ)(しばら)賓客(ひんきやく)として、299日暮(ひぐら)(やま)(はな)(うた)はれ、300(つひ)三五教(あななひけう)()て、301ブールの(つま)となり、302ヒルの神館(かむやかた)相提携(あひていけい)して、303ヒル、304カル両国(りやうごく)(わた)り、305大勢力(だいせいりよく)拡充(くわくじゆう)し、306万民(ばんみん)(すく)(たす)芳名(はうめい)(とどろ)かしける。
307 ユーズは百日(ひやくにち)(あひだ)苦行(くげう)をさされた(うへ)308(ゆる)されて、309(ふたた)(かみ)(つか)へ、310アナンも(また)陥穽(おとしあな)(そこ)より(すく)()され、311()(あらた)めて(かみ)(みち)(きよ)(つか)へ、312一生(いつしやう)(やす)(おく)(こと)とはなりぬ。
313 (ここ)国依別(くによりわけ)四五日(しごにち)逗留(とうりう)(うへ)314キジ、315マチの両人(りやうにん)(したが)へ、316日暮(ひぐら)(やま)(わか)れを()げ、317山野河沼(さんやかせう)(わた)り、318ブラジル(たうげ)()して、319宣伝歌(せんでんか)(うた)(なが)(すす)()く。320あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
321大正一一・八・一九 旧六・二七 松村真澄録)
322(昭和九・一二・一八 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)