霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 墓場(はかば)(くわい)〔一一三五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第42巻 舎身活躍 巳の巻 篇:第3篇 意変心外 よみ:いへんしんがい
章:第10章 第42巻 よみ:はかばのかい 通し章番号:1135
口述日:1922(大正11)年11月15日(旧09月27日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年7月1日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
右守はいい機嫌で歌を歌いながら城への道を歩いていると、セーリス姫と白狐におどかされて逃げてきたユーフテスに突き当てられ、道の真ん中に倒れてしまった。
カールチンは怒って怒鳴りつけた。ユーフテスはこの声に、突き当たったのが右守であることを覚った。ユーフテスは白狐におどかされて意味のわからないことを右守に報告している。
カールチンはユーフテスが肘鉄を食わされたのだろうと意にも留めずに城に行こうとするのを、しがみついて止めた。とうとう止めきれずに手を放したとたんに、カールチンは勢い余って小栗の森に飛び込んだ。
この森にはイルナの城に仕えて居た先祖の墓があった。カールチンはせきとうに頭を打って倒れてしまった。
気が付くと、あたりは夕闇となっていた。カールチンは石塔の後ろから狸に話しかけられ、追い払った。
やがて提灯をともしたヤスダラ姫が、小栗の森の墓場の道をやってくるのが見えた。カールチンは、大きな眼をした古狸ことをヤスダラ姫に話した。
ヤスダラ姫はこんな眼か、と大声を出した。カールチンが見ると、ヤスダラ姫の口は耳まで裂け、蛇の目傘のような目をむいていた。カールチンは驚いて闇の道をイルナの城門さして逃げていく。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4210
愛善世界社版:133頁 八幡書店版:第7輯 690頁 修補版: 校定版:137頁 普及版:55頁 初版: ページ備考:
001『イルナの(みやこ)()(たか)
002右守(うもり)(かみ)(つか)へたる
003(われ)(かしこ)きカールチン
004千思万慮(せんしばんりよ)(その)結果(けつくわ)
005バラモン(けう)大棟梁(だいとうりやう)
006大黒主(おほくろぬし)のお見出(みだ)しに
007(あづ)かりまして(いま)ははや
008右守(うもり)(かみ)(たふと)しと
009(おも)うた(こと)(ゆめ)となり
010左守(さもり)右守(うもり)使(つか)()
011イルナの(みやこ)刹帝利(せつていり)
012セーラン(わう)(あと)()
013(とき)めき(わた)るも()のあたり
014うれしき(こと)(かさ)なれば
015よくも(かさ)なるものだなア
016天女(てんによ)(あざむ)美貌(びばう)()
017ヤスダラ(ひめ)(した)はれて
018(おも)はず()らず(かほ)(しわ)
019(にはか)にのびて()たやうだ
020文珠菩薩(もんじゆぼさつ)再来(さいらい)
021曾富戸(そほど)(かみ)生宮(いきみや)
022(なん)だか()らぬが(おれ)(また)
023(たふと)知識(ちしき)があるだらう
024(ふる)くなつたるテーナ(ひめ)
025どうしてやろかと朝夕(あさゆふ)
026思案(しあん)なげ(くび)(いき)()
027(こま)りぬいたる(をり)もあれ
028ヤスダラ(ひめ)忠告(ちうこく)
029(わた)りに(ふね)(よろこ)んで
030テーナの(ひめ)遥々(はるばる)
031(いくさ)(ひき)ゐて遠国(ゑんごく)
032出陣(しゆつぢん)せよと(めい)ずれば
033天下(てんか)武名(ぶめい)(あら)はして
034イルナの(はな)(うた)はれむ
035あゝ面白(おもしろ)しと(いさ)()
036(すす)()くこそ(うれ)しけれ
037(さだ)めしテーナは途中(とちう)にて
038(てき)軍勢(ぐんぜい)出会(でつくは)
039奮戦(ふんせん)苦闘(くとう)(その)結果(けつくわ)
040(かなら)討死(うちじに)するだらう
041さうなりや(おれ)活舞台(くわつぶたい)
042これから自由(じいう)(ひら)()
043(たたみ)(ふる)くなつたのと
044居宅(きよたく)()けて女房(にようばう)
045()んだのは()()(あたら)しく
046なるものなりと()(うへ)
047ほんに(うれ)しい(わし)(むね)
048もはや女房(にようばう)(たい)しては
049絶対(ぜつたい)気兼(きがね)はいるまいぞ
050あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
051梵天(ぼんてん)帝釈(たいしやく)自在天(じざいてん)
052(かみ)御目(おんめ)(かな)うたか
053よい(こと)ばかりが続々(ぞくぞく)
054(わが)()(おそ)うて()たやうだ
055それはさておき今頃(いまごろ)
056ヤスダラ(ひめ)(くび)のばし
057カールチンさまはなぜ(おそ)
058(こころ)(かは)つたのぢやあるまいか
059(なん)とはなしに()がもめる
060一時(いつとき)さへも千秋(せんしう)
061(おも)ひがすると(くび)のばし
062(あん)じて()つて()るだらう
063エヘヽヽヘツヘ エヘヽヽヽ
064イヒヽヽヒツヒイあゝぼろい
065(とし)をとつたと(おも)へども
066()れた(をんな)(まなこ)より
067()(とき)(わか)()えるのか
068ほんに合点(がてん)のゆかぬ(こと)
069さはさりながらカールチン
070(いろ)(くろ)ても(びつこ)でも
071()れた弱身(よわみ)(ひめ)(さま)
072(こころ)にうつるは天教(てんけう)
073(やま)()します()出別(でわけ)
074(つかさ)(ごと)くに()えるだらう
075(おれ)矢張(やつぱ)(をんな)()
076もてる(をとこ)(ちが)ひない
077エヘヽヽヘヽヽヽエヘヽヽヽ
078(よだれ)(やつ)めが()らぬ()
079(おれ)(ゆる)しもうけぬ()
080勝手気儘(かつてきまま)(なが)れよる
081アハヽヽヽヽヽ面白(おもしろ)
082此奴(こいつ)また(えら)いエラしこぢや
083右守(うもり)(かみ)恋路(こひぢ)には
084(はなし)にならぬ(とぼ)(かた)
085(さぞ)他人(たにん)()たならば
086()()すだらうと(おも)へども
087そこがかはつた(こひ)(みち)
088唐変木(たうへんぼく)には(わか)らない
089アイタヽタツタ(つまづ)いた
090(たれ)だか()らぬがスタスタと
091(むか)ふの(はう)からやつて()
092もうよい加減(かげん)()()げて
093(のろ)けの(うた)はやめようか
094勿体(もつたい)なやと(おも)へども
095心猿意馬(しんゑんいば)()(くる)ひたち
096中々(なかなか)容易(ようい)にや(をさ)まらぬ
097ヤスダラ(ひめ)(こと)(おも)
098(おも)はず()らずドシドシと
099自然(しぜん)(あし)(はや)くなる
100(をんな)(ちから)()ふやつは
101ほんとに(えら)いものだなア
102(とき)めき(わた)右守(うもり)さへ
103(すず)しい目玉(めだま)をさしむけて
104自由自在(じいうじざい)翻弄(ほんろう)
105中々(なかなか)苦労(くらう)をかけよるな
106とは()ふものの苦労(くらう)せにや
107(まこと)(はな)()かないと
108三五教(あななひけう)でも()つて()
109(こひ)(はな)()くイルナ(じやう)
110(をとこ)沢山(たくさん)ありとても
111(この)(はな)手折(たを)主人公(しゆじんこう)
112カールチンさまより(ほか)にない
113(やま)田地(でんぢ)家倉(いへくら)
114(ゑくぼ)(なか)()()んで
115(おれ)(たま)までグチヤグチヤに
116(わか)らぬやうにして(しま)
117(をんな)魔神(まがみ)()きつれど
118あんな(やさ)しい(かほ)をして
119右守(うもり)(かみ)やヤスダラ(ひめ)
120(こころ)貴方(あなた)(わか)らぬか
121(かな)しう御座(ござ)ると()いた(とき)
122(おれ)もチヨツクリ()きかけた
123右守(うもり)(をとこ)(かな)しうて
124(けつ)して()いたのぢやないほどに
125(あま)(うれ)して(うれ)()
126あんな(ところ)をテーナ()
127一寸(ちよつと)のぞいた(こと)ならば
128地震(ぢしん)(かみなり)()(あめ)
129ガラガラ ビシヤビシヤ ピカピカと
130乱痴気(らんちき)(さわ)ぎが(おこ)るだらう
131桑原々々(くはばらくはばら)惟神(かむながら)
132(あぶ)ないところであつたわい
133アイタヽタツタ、イツタイ……』
134()つた途端(とたん)に、135ドスンと何者(なにもの)にか()(あた)られ、136大道(だいだう)真中(まんなか)仰向(あふむけ)(たふ)れて(しま)つた。137()(あた)つた(をとこ)は、138セーリス(ひめ)(おど)かされて、139(いのち)からがら尻引(しりひ)きまくり、140(あたま)(さき)(しり)一間(いつけん)ばかりつき()して、141(むか)()ずに()んで()たユーフテスであつた。
142『タヽ(たれ)ぢやい。143往来(わうらい)(ある)くのに、144ちつと()をつけぬか。145(ひと)衝突(しようとつ)しよつて何者(なにもの)ぢや。146勿体(もつたい)なくも(おれ)はイルナの(しろ)右守司(うもりのかみ)だぞ。147もはや了簡(れうけん)ならぬ。148姓名(せいめい)名乗(なの)れ。149(あと)から捕吏(ほり)(つか)はして相当(さうたう)処分(しよぶん)をなしてやる』
150呶鳴(どな)(こゑ)(ふる)つて()る。151ユーフテスは(この)(こゑ)(はじ)めて右守(うもり)たる(こと)()り、152衝突(しようとつ)したる(あたま)(いた)さを(こら)(かほ)(しか)めながら、
153『マヽ(まこと)にすみませぬ。154タヽ大変(たいへん)ですよ。155()うにも()うにも、156ドテライ(をんな)出会(でつくわ)して(わたし)はもう懲々(こりこり)(いた)しました。157貴方(あなた)もこれから(をんな)(ところ)()くのでせう。158(わる)(こと)()ひませぬ。159おきなさい。160むきますぜ。161それはそれは(おほ)きな(やつ)を、162おまけに(おな)(やつ)二人(ふたり)()ますぜ。163あゝ(こは)(こは)い、164あた(いや)らしい』
165『ナヽ(なん)(まを)す。166むくとは(なに)をむくのぢや。167膝節(ひざぶし)()むいたのか、168大変(たいへん)慌方(あわてかた)ぢやないか』
169『これが(あわ)てずに(なん)としませう。170それはそれはむきましたぜ。171セーリス(ひめ)だと(おも)うて()つたら、172ドテライ(きつね)でした。173もう(わたし)(あきら)めました。174旦那様(だんなさま)175(わる)(こと)()ひませぬ。176サアこれから(わたし)(やかた)(かへ)りませう』
177貴様(きさま)()(こと)は、178(なに)(なん)だか曖昧(あいまい)模糊(もこ)として捕捉(ほそく)する(こと)出来(でき)ないぢやないか。179もつとハツキリ(わか)るやうに()はぬかい。180一体(いつたい)(なに)()たと()ふのぢや』
181『それが(わか)るやうな(こと)なら、182()うして()げて(かへ)りますものか。183(えら)(こと)頬辺(ほつぺた)をつめりますぜ、184(いた)いの(いた)くないのつて、185(なみだ)一升(いつしよう)(ほど)()ました』
186一升(いつしよう)(なみだ)がどこから()たのだ』
187尿道(ねうだう)から()ました』
188『エヽ貴様(きさま)のやうな没分暁漢(わからずや)相手(あひて)になつて()(ところ)ぢない。189ヤスダラ(ひめ)()つて()るわい、190大方(おほかた)貴様(きさま)肱鉄(ひぢてつ)()はされよつたのだなア』
191()ひながら、192(また)もや尻引(しりひ)つからげ()()さうとするのを、193ユーフテスは(うしろ)から(こし)をグツと(つか)んだ。194カールチンは(むか)ふに()()られ、195ユーフテスが剛力(がうりき)(まか)(こし)()いて()るのにも()()かず、196(おな)(ところ)ばかり()()つて(いし)づきをやつて()る。197恰度(ちやうど)横槌(よこづち)(たて)にして、198()石亀(いしがめ)をのせたやうなスタイルである。
199『あゝ、200(なん)ぼう(ある)いても(はかど)らぬ(みち)だなア。201(ちか)いやうでも(とほ)いのは(こひ)(みち)だワイ。202ウントコドツコイ ドツコイ、203これでも(すす)めば、204何時(いつ)かは()くだらう。205(なん)だか後髪(うしろがみ)()かれるやうだ。206(にはか)(からだ)(おも)くなつて()よつた』
207益々(ますます)石亀(いしがめ)地団駄(ぢだんだ)()んで()る。208ユーフテスはとうとう根負(こんまけ)をして()(はな)した。209(その)(いきほひ)にバタバタバタと三間(さんげん)ばかり急進(きふしん)し、210バタリと(たふ)れ、
211『アイタツタツタ、212(また)膝頭(ひざがしら)()りむいた』
213()ひながら、214覚束(おぼつか)ない(あし)無理(むり)()()り、215タヽヽヽと一目散(いちもくさん)()けて()く。216(いきほひ)あまつて(ひだり)へおりる(みち)一町(いつちやう)ばかり(みぎ)()り、217小栗(をぐり)(もり)()()んで(しま)つた。218(この)(もり)はイルナの(しろ)(つか)へて()神司(かむつかさ)先祖(せんぞ)身内(みうち)のものが(はうむ)つてある墓場(はかば)であつた。219矢庭(やには)墓場(はかば)()()み、220石塔(せきたふ)(あたま)()つて、
221『アイタツタツタ』
222(さけ)ぶと(とも)()から(ほし)のやうにパツと()()た。223自分(じぶん)()から()()(おどろ)いてドスンと(こし)をおろし、224どうしたものか一声(ひとこゑ)()なくなつて(しま)つた。225カールチンは(ひる)(ごろ)から(いち)のくらみになる(まで)ビクとも(うご)かず、226ウンとも得言(えい)はず、227(はか)石塔(せきたふ)(にら)()ひをして()た。228(こころ)のせいか、229(なに)()らず石塔(せきたふ)(うしろ)から(ばば)赤黒(あかぐろ)()しう(まへ)()らし、230()()くやうな(こゑ)で、
231(うら)めしや』
232とやり()した。233カールチンは益々(ますます)(おどろ)きよくよく()れば女房(にようばう)のテーナ(ひめ)(かほ)にそつくりである。
234『ヤア貴様(きさま)はテーナぢやないか………ハ……テーナ……いつの()に、235こんな(ところ)()やがつたのだ。236エーン』
237『お(まへ)はカールチンぢやないか。238ヤスダラ(ひめ)(うつつ)()かし、239(わたし)をハルナの(みやこ)(いくさ)()し、240(その)(あひだ)(うま)(こと)241(こひ)欲望(よくばう)()げようとした悪性男(あくしやうをとこ)だ。242(この)テーナは途中(とちう)(おい)非業(ひごふ)最後(さいご)()げ、243先祖(せんぞ)(ほね)(うづ)めてある(この)(はか)幽霊(いうれい)となつて()()たのだ。244(しか)(この)(ばば)も、245かう幽霊(いうれい)になつた(うへ)は、246(まへ)()(わけ)にも()かぬ。247()()(ふり)をして()るから、248(なか)よくヤスダラ(ひめ)()ふがよからう』
249蟷螂(かまきり)のやうなスタイルをして、250(わけ)(わか)らぬ(こと)(しやべ)りたて、251クルクルと(まり)のやうな()()いて()せた。
252『コリヤコリヤ、253貴様(きさま)(たぬき)ぢやな。254(おれ)女房(にようばう)はそんな(よわ)いものと(ちが)ふわい。255馬鹿(ばか)にさらすと了簡(れうけん)ならぬぞ。256(はや)(おれ)(こし)(なほ)さぬか』
257何時(いつ)()にやら言論(げんろん)機関(きくわん)円滑(ゑんくわつ)(はたら)()した。
258(じつ)(ところ)(おれ)小栗(をぐり)(もり)古狸(ふるだぬき)だよ。259どうぞこれぎり、260キツト()ませぬとは(まを)さぬから、261(ゆる)して(くだ)さい。262左様(さやう)なら、263(また)明晩(みやうばん)(あらた)めてお()にかかりませう』
264 ブスツと(ざう)()こいたやうな(おと)をして()えて(しま)つた。265カールチンは(やうや)()(あが)り、
266(なん)(たぬき)()267馬鹿(ばか)にしやがつた。268何時(いつ)()にか(あわ)ててこんな(ところ)()()んで()たと()えるわい。269(おれ)もやつぱり(こひ)暗路(やみぢ)(まよ)うて()るのかなア。270(をんな)一人(ひとり)関係(くわんけい)をつけようと(おも)へば大抵(たいてい)(こと)ぢやない、271(いのち)がけだ』
272(つぶや)いて()る。273そこへ提灯(ちやうちん)(とぼ)してスタスタとやつて()(うつく)しい(をんな)がある。274カールチンは(その)(をんな)(かほ)(あや)しみながら、275こはごは(のぞ)いて()ると、276豈計(あにはか)らむやヤスダラ(ひめ)であつた。
277『ヤア貴女(あなた)はヤスダラ(さま)ぢやありませぬか。278どうしてまアこんな物騒(ぶつそう)(ところ)へ、279(をんな)()としてお()しなさつたのですか』
280『ハイ、281(わたし)()()れたので、282貴方(あなた)のお()しを()つて()ました(ところ)283(いで)(おそ)いものだから、284じれつたくて仕方(しかた)がなく、285そこで一寸(ちよつと)人目(ひとめ)(しの)び、286裏門(うらもん)からお(むか)へに(まゐ)りました。287こんな(おそ)ろしい(ところ)に、288ようまア(ひと)(なん)ともありませなんだなア。289(わたし)ならよう(まゐ)りませぬわ。290(こひ)しい貴方(あなた)御座(ござ)ると(おも)へばこそ、291ここ(まで)(むか)へに()たのですよ』
292 カールチンは(うれ)しさうに、
293『あゝさうでしたか、294御親切(ごしんせつ)にようまア(むか)へに()(くだ)さつた』
295(なに)(かは)つた(こと)(ござ)いませなんだかなア』
296(わたし)()がカールチンだと(おも)うて、297余程(よほど)カールたチン((かは)つた(ちん))な(こと)古狸(ふるだぬき)(やつ)やつて()せたのですよ。298随分(ずゐぶん)(おほ)きな()むきましたよ。299(その)(とき)には(わたし)随分(ずゐぶん)(きも)(つぶ)しました』
300悪戯(いたづら)(たぬき)もあつたものですなア。301どんなに(おほ)きな()でしたか、302こんなんですか』
303団栗(どんぐり)のやうな()むい()せた。
304 カールチンは(なん)だか(すこ)(あや)しいと(おも)ひながら、
305『そんな(ちひ)さなのぢやありませぬ、306随分(ずゐぶん)(おほ)きな()でしたよ』
307『こんなんか』
308(おほ)きな(こゑ)()し、309(みみ)まで()けた(くち)()け、310(じや)()(かさ)のやうな()を、311クリクリとむい()せた。312カールチンはビツクリして一生懸命(いつしやうけんめい)(やみ)(みち)をスタスタとイルナ(じやう)表門(おもてもん)さして()げて()く。
313大正一一・一一・一五 旧九・二七 加藤明子録)