霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二二章 別離(べつり)(うた)〔一一四七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第42巻 舎身活躍 巳の巻 篇:第5篇 出風陣雅 よみ:しゅっぷうじんが
章:第22章 第42巻 よみ:べつりのうた 通し章番号:1147
口述日:1922(大正11)年11月25日(旧10月7日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年7月1日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
黄金姫、清照姫らは別れにあたって、セーラン王たちイルナの国の人々に述懐と訓戒の歌を歌った。
ヤスダラ姫は、三五教の宣伝使となる覚悟を歌った。
また右守司の従者ハルマンは、実は言依別命の命で身分を隠し、イルナの国に潜入していた三五教の宣伝使・駒彦であると素性を明かした。
それぞれ一同、別れに当たって抱負と覚悟を明かす歌を歌った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-07-22 12:52:32 OBC :rm4222
愛善世界社版:268頁 八幡書店版:第7輯 738頁 修補版: 校定版:276頁 普及版:114頁 初版: ページ備考:
001 黄金姫(わうごんひめ)(わか)れに(のぞ)んで宣伝歌(せんでんか)(うた)ふ。
002朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
003(つき)()つとも()くるとも
004仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
005(まこと)(ひと)つの三五(あななひ)
006(をしへ)(みち)()(すく)
007斎苑(いそ)(やかた)()でしより
008(かみ)(めぐみ)(まも)られて
009(とら)(おほかみ)獅子(しし)(くま)
010伊猛(いたけ)(くる)荒野原(あらのはら)
011(やうや)(わた)高照(たかてる)
012(うづ)岩窟(いはや)(みちび)かれ
013神徳(しんとく)無限(むげん)北光(きたてる)
014(かみ)薫陶(くんたう)()けながら
015親子(おやこ)(いさ)入那城(いるなじやう)
016四方(よも)(ふさ)がる黒雲(くろくも)
017(かみ)(ちから)()(はら)
018セーラン(わう)危難(きなん)をば
019(すく)(たす)けて(いま)(はや)
020天地清明(てんちせいめい)日月(じつげつ)
021天津御空(あまつみそら)(かがや)きて
022(ふゆ)とは()へど(はな)(にほ)
023常世(とこよ)(はる)心地(ここち)しつ
024曲津(まがつ)(すさ)みをさまりて
025(いで)()(われ)こそ(たの)しけれ
026セーラン(わう)(きこ)()
027如何(いか)なる(こと)のあるとても
028天地(てんち)(かみ)(あた)へたる
029(きさき)(きみ)のサマリー(ひめ)
030(かなら)見捨(みす)(たま)ふまじ
031(あめ)(つち)とにたとへたる
032夫婦(めをと)(みち)はどこまでも
033(きび)しく(まも)(すす)みませ
034夫婦(めをと)(みち)大本(おほもと)
035ヤスダラ(ひめ)神司(かむつかさ)
036(なれ)(みこと)御心(みこころ)
037かけさせ(たま)(こと)もなく
038科戸(しなど)(かぜ)執着(しふちやく)
039(くも)()(はら)天地(あめつち)
040(まこと)千代(ちよ)永久(とこしへ)
041()てさせ(たま)惟神(かむながら)
042(かみ)(ちか)ひて()ぎまつる
043(われ)はこれより天地(あめつち)
044(かみ)(めぐみ)(たす)けられ
045魔神(まがみ)(すさ)荒野原(あらのはら)
046()()についで(すす)みつつ
047歓喜(くわんき)(はな)()くハルナ(じやう)
048大黒主(おほくろぬし)肉体(からたま)
049()ぐふ曲神(まがみ)言向(ことむ)けて
050(かみ)(つかさ)天職(てんしよく)
051(つく)しまつらむ惟神(かむながら)
052(かみ)吾等(われら)(とも)にあり
053北光神(きたてるがみ)よセーラン(わう)
054(わが)()(さき)(つつが)なく
055(まも)らせ(たま)へと神床(かむどこ)
056(こころ)(しづ)めて(いの)りませ
057(あめ)(つち)とは清照(きよてる)
058(ひめ)(みこと)諸共(もろとも)
059(をさ)まる御代(みよ)もヤスダラ(ひめ)
060(うづ)(みこと)神司(かむつかさ)
061三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
062駒彦司(こまひこつかさ)のハルマンと
063(ここ)一行(いつかう)四人連(よにんづ)
064(きよ)(たふと)聖城(せいじやう)
065名残(なごり)()しくも(あと)()
066(われ)はこれより()でて()
067あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
068御霊(みたま)(さち)はへましませよ』
069 清照姫(きよてるひめ)(また)(うた)ふ。
070(かみ)(おもて)(あら)はれて
071善神(ぜんしん)邪神(じやしん)()()ける
072三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
073清照姫(きよてるひめ)神司(かむつかさ)
074(きよ)(たふと)御教(みをしへ)
075(こころ)(こま)()(なほ)
076(むちう)(すす)膝栗毛(ひざくりげ)
077(こころ)(かる)蓑笠(みのかさ)
078草鞋(わらぢ)脚絆(きやはん)()(かた)
079猛虎(まうこ)のたけぶ荒野原(あらのはら)
080善言美辞(ぜんげんびし)言霊(ことたま)
081()()しながら堂々(だうだう)
082(すす)()くこそ(いさ)ましき
083行手(ゆくて)如何(いか)なる曲神(まがかみ)
084さやりて進路(しんろ)(ふさ)ぐとも
085(なに)かは(おそ)れむ敷島(しきしま)
086大和心(やまとごころ)(きよ)()
087仁慈(じんじ)(こま)()(はな)
088(しこ)曲霊(まがひ)はあらざらめ
089あゝ(いさ)ましや(いさ)ましや
090入那(いるな)(しろ)黒雲(くろくも)
091(きよ)(すず)しく()(わた)
092天国(てんごく)浄土(じやうど)有様(ありさま)
093現出(げんしゆつ)したる今日(けふ)(そら)
094(こころ)(のこ)(こと)もなし
095いざこれよりは(おや)()
096(こころ)(あは)(ちから)をば
097(ひと)つに(かた)(つき)(くに)
098さやる曲津(まがつ)(ことごと)
099(みづ)(みたま)言向(ことむ)けて
100(すす)みて()かむ惟神(かむながら)
101北光神(きたてるがみ)やセーラン(わう)
102(きみ)(みこと)(うれ)しくも
103(つつし)(わか)れを()げまつる
104あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
105御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
106 ヤスダラ(ひめ)(また)(うた)ふ。
107入那(いるな)(くに)刹帝利(せつていり)
108(たふと)家系(かけい)(うま)れたる
109左守司(さもりつかさ)のクーリンス
110(かみ)(つかさ)(うづ)()
111(うま)れあひたるヤスダラ(ひめ)
112神命(しんめい)(くだ)(いま)(ここ)
113(こひ)しき(ちち)大君(おほぎみ)
114あれます(くに)(あと)にして
115()にも(たふと)三五(あななひ)
116黄金姫(わうごんひめ)神司(かむつかさ)
117清照姫(きよてるひめ)(したが)ひて
118悪魔(あくま)征途(せいと)(のぼ)りゆく
119あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
120御霊(みたま)(さち)はひましまして
121ヤスダラ(ひめ)(たましひ)
122無限(むげん)無窮(むきう)神力(しんりき)
123(そそ)がせ(たま)天地(あめつち)
124皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)
125(つつし)(いやま)()ぎまつる
126朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
127(つき)()つとも()くるとも
128仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
129(まこと)(ちから)()(すく)
130(まこと)(ひと)つの三五(あななひ)
131(をしへ)(まも)りいつまでも
132イルナの(くに)浦安(うらやす)
133(まも)らせ(たま)大君(おほぎみ)
134御前(みまへ)(つつし)みヤスダラ(ひめ)
135(つつし)(かしこ)(いま)此処(ここ)
136(わか)れに(のぞ)()ぎまつる
137天国(てんごく)浄土(じやうど)(はな)()
138ミロクの神世(みよ)北光(きたてる)
139(あめ)目一(まひと)神司(かむづかさ)
140高照山(たかてるやま)(かへ)りなば
141()妻神(つまがみ)竹野姫(たけのひめ)
142御前(みまへ)(たい)しヤスダラ(ひめ)
143(みち)(つかさ)種々(いろいろ)
144(めぐみ)()けし(うれ)しさを
145感謝(かんしや)()たりと委細(まつぶさ)
146(つた)へたまはれ惟神(かむながら)
147(かみ)(ちか)ひて()ぎまつる
148(われ)(これ)より黄金(わうごん)
149(ひめ)(みこと)(したが)ひて
150荒野ケ原(あらのがはら)()(わた)
151(あらし)(かみ)(くしけづ)
152(あられ)(ゆき)()をそぼち
153()なりも(いや)しき蓑笠(みのかさ)
154いと軽々(かるがる)(すす)()
155セーラン(わう)よサマリー(ひめ)
156(わが)()(あと)(むつま)じく
157天地(てんち)(かみ)神業(しんげふ)
158(たがひ)(たす)(たす)()
159(いそ)しみたまへヤスダラ(ひめ)
160(かみ)(つかさ)旅立(かしまだち)
161(わか)れに(のぞ)()ぎまつる
162あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
163御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
164 ハルマンは(また)(うた)ふ。
165三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
166(われ)駒彦(こまひこ)神司(かむづかさ)
167言依別(ことよりわけ)御言(みこと)もて
168イルナの(くに)()(やつ)
169(しの)()りしは三年前(みとせまへ)
170上下(しやうか)(とき)めく右守司(うもりつかさ)
171カールチン(やかた)()()せて
172(いや)しき下僕(しもべ)となり(さが)
173バラモン(けう)(まよ)ひたる
174曲人達(まがびとたち)(ことごと)
175(まこと)(みち)言向(ことむ)けて
176(かみ)御前(みまへ)(かへ)(ごと)
177(まを)さむものと朝夕(あさゆふ)
178(かみ)(いの)りし甲斐(かひ)ありて
179いよいよ()()時津風(ときつかぜ)
180(わが)職責(しよくせき)(いま)(はや)
181(やうや)(つく)しあらためて
182三五教(あななひけう)神柱(かむばしら)
183黄金姫(わうごんひめ)諸共(もろとも)
184曲津(まがつ)(たけ)(つき)(くに)
185ハルナの(みやこ)(わだか)まる
186八岐大蛇(やまたをろち)征服(せいふく)
187(すす)()くこそ(いさ)ましき
188コーカス(ざん)聖場(せいぢやう)
189()()(ここ)早三年(はやみとせ)
190(あだ)月日(つきひ)(おく)りしを
191(こころ)(なげ)()たりしに
192一陽来復(いちやうらいふく)三五(あななひ)
193(まこと)(はな)()()でて
194(こころ)(いさ)春駒(はるこま)
195()もハルマンと(あらた)めて
196正々堂々(せいせいだうだう)(すす)()
197あゝ面白(おもしろ)面白(おもしろ)
198北光神(きたてるがみ)大君(おほぎみ)
199(わが)()(あと)天地(あめつち)
200(かみ)(をしへ)朝夕(あさゆふ)
201()らし(たま)ひて永久(とこしへ)
202蒼生(あをひとぐさ)(たひら)けく
203いと(やす)らけく(まも)りませ
204(われ)(たふと)大神(おほかみ)
205御霊(みたま)(せな)()ひながら
206第二(だいに)故郷(こきやう)()みなれし
207イルナの(みやこ)(あと)にして
208(ここ)(わか)れを()げまつる
209あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
210御霊(みたま)(さち)はひましませよ。
211いざさらば(こころ)駒彦(こまひこ)(いさ)()
212ハルナの(みやこ)()ちて(むか)はむ。
213大君(おほぎみ)心安(こころやす)けくましませよ
214(なれ)(みたま)(かみ)ましませば。
215北光(きたてる)(かみ)(みこと)(もの)(まを)
216(わが)()(さき)(まも)らせ(たま)へ』
217北光(きたてる)(なれ)こそは三五教(あななひけう)神司(かむづかさ)
218駒彦(こまひこ)なりしかいとも(めづ)らし。
219天地(あめつち)(かみ)経綸(しぐみ)はどこまでも
220ゆき(わた)りけれ(たふと)しの()や。
221ハルマンの(かみ)(つかさ)駒彦(こまひこ)
222(さと)()ざりし(われ)(おろか)さ』
223清照(きよてる)清照(きよてる)(ひめ)(つかさ)駒彦(こまひこ)
224みな化物(ばけもの)(たぐひ)なりしか。
225(われ)こそは小化物(こばけもの)なり駒彦(こまひこ)
226大化物(おほばけもの)(おそ)ろしく(おも)ふ』
227駒彦(こまひこ)清照(きよてる)(ひめ)(みこと)言問(ことと)はむ
228(なれ)(こころ)化物(ばけもの)ならずや。
229(われ)よりも()(みこと)こそ(おそ)ろしき
230右守(うもり)(かみ)をもてあそびまし。
231(われ)こそは右守(うもり)(つかさ)使(つか)はれて
232下僕(しもべ)(はぢ)(しの)()たりし。
233(かへり)みれば(われ)こそ(なれ)(くら)べては
234()にも(ちひ)さき化物(ばけもの)ぞかし』
235黄金(わうごん)()(をは)大化物(おほばけもの)(あら)はれて
236智者(ちしや)学者(がくしや)()(ころ)すなり。
237現界(うつしよ)(とき)めく(ひと)大方(おほかた)
238大化物(おほばけもの)(うつは)なりけり。
239()(なか)大化物(おほばけもの)(ことごと)御校正本では「盡」(尽)に「ことごと」とルビ。
240言向(ことむ)(やは)三五(あななひ)(みち)
241ヤスダラ『面白(おもしろ)大化物(おほばけもの)のさやる()
242(あら)はれ()でし(かみ)化物(ばけもの)
243()かされて(たま)(あら)ひしカールチン
244(われ)(だま)されたくぞ(おも)ひぬ』
245カールチン『清照(きよてる)(ひめ)(みこと)(あやつ)られ
246()(つぶ)されて真人(まびと)となりぬ。
247()(なか)善悪(ぜんあく)不二(ふじ)正邪一如(せいじやいちによ)
248その(ことわり)(いま)(さと)りぬ。
249(ぜん)()(あく)(とな)ふも(ひと)()
250(なか)(へだ)つる玉垣(たまがき)()る』
251大正一一・一一・二五 旧一〇・七 加藤明子録)