霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 玉国(たまくに)〔一五三五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第60巻 真善美愛 亥の巻 篇:第2篇 東山霊地 よみ:あづもすれいち
章:第10章 第60巻 よみ:たまくに 通し章番号:1535
口述日:1923(大正12)年04月07日(旧02月22日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年8月12日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6010
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 637頁 修補版: 校定版:126頁 普及版:60頁 初版: ページ備考:
001伊太彦(いたひこ)(つかさ)(みちび)かれ
002三千年(さんぜんねん)幽閉(いうへい)
003ヤツと(のが)れて千仭(せんじん)
004地底(ちてい)(やみ)より(のぼ)()
005タクシャカ竜王(りうわう)人体(じんたい)
006変化(へんげ)(じゆつ)使(つか)ひつつ
007満面(まんめん)(ゑみ)(あひ)(たた)
008アヅモス(さん)霊場(れいぢやう)
009(かみ)(まつ)りし(その)(まへ)
010岩戸(いはと)階段(かいだん)(のぼ)りつつ
011(てん)にも(のぼ)心地(ここち)して
012(あら)はれ()でし(たふと)さよ
013玉国別(たまくにわけ)一行(いつかう)
014伊太彦(いたひこ)(つかさ)功績(いさをし)
015(くち)(きは)めて()(なが)
016タクシャカ竜王(りうわう)(うち)(むか)
017言葉(ことば)(やさし)()らす(やう)
018玉国別(たまくにわけ)国常立(くにとこたち)大御神(おほみかみ)
019豊国姫(とよくにひめ)大神(おほかみ)
020(ひら)かせ(たま)三五(あななひ)
021(をしへ)(みち)宣伝使(せんでんし)
022玉国別(たまくにわけ)神司(かむづかさ)
023(かみ)御言(みこと)(かうむ)りて
024ハルナの(みやこ)()でてゆく
025(その)(みち)すがら皇神(すめかみ)
026仕組(しぐみ)(いと)(あやつ)られ
027(こころ)()をもスマの(さと)
028アヅモス(さん)()()れば
029三千年(さんぜんねん)(その)(むかし)
030月照彦(つきてるひこ)大神(おほかみ)
031(この)()(やす)(をさ)めむと
032()めおかれたる()(みたま)
033(すく)(たす)けむ(とき)()
034()れも(なんぢ)(いさ)ましく
035(ふか)(つみ)をば(ゆる)されて
036ここに姿(すがた)(あら)はせる
037(その)光景(くわうけい)(うち)ながめ
038歓喜(くわんき)(なみだ)にたへかねつ
039(おも)はず()らず(そで)(しぼ)
040あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
041タクシャカ竜王(りうわう)(きこ)()
042(この)()(どろ)をすすがむと
043(あら)はれ(たま)ひし埴安(はにやす)
044彦命(ひこのみこと)埴安姫(はにやすひめ)
045(いづ)(みづ)との神柱(かむばしら)
046(たて)(よこ)との経綸(けいりん)
047(はじ)(たま)ひし(うへ)からは
048(みづ)()らさぬ(かみ)(くに)
049(なれ)(いま)より御心(みこころ)
050(きよ)(ただ)しく()(たま)
051(もと)御祖(みおや)大神(おほかみ)
052大神業(だいしんげふ)(つか)へませ
053三千年(さんぜんねん)(その)(あひだ)
054地底(ちてい)(ひそ)(たま)ひたる
055苦心(くしん)(さつ)(たてまつ)る』
056 タクシャカ竜王(りうわう)(ひさ)(ぶり)にて地上(ちじやう)光明(くわうみやう)(よく)し、057(また)(めづ)らしき(ひと)(かほ)四辺(あたり)樹木(じゆもく)青々(あをあを)として(しげ)(さか)ゆる光景(くわうけい)(なが)歓喜(くわんき)()へず、058(うた)(もつ)玉国別(たまくにわけ)(こた)へたり。
059()れは八大竜王(はちだいりうわう)
060(つかさ)(きこ)えしタクシャカの
061九頭(くづ)両舌(りやうぜつ)悪神(あくがみ)
062一度(ひとたび)(まなこ)(ひか)らせば
063万木(ばんもく)万草(ばんさう)(みな)(しぼ)
064一度(ひとたび)(こゑ)(はつ)すれば
065山野河海(さんやかかい)動揺(どうえう)
066さすが(たふと)大神(おほかみ)
067いとど(なや)ませ(たま)ひつつ
068神力無双(しんりきむさう)のエンゼルと
069(あら)はれ(たま)ひし月照彦(つきてるひこ)
070(かみ)(みこと)天降(あまくだ)
071有無(うむ)()はせず言霊(ことたま)
072伊吹(いぶき)(われ)霊縛(れいばく)
073アヅモス(さん)()(そこ)
074(いま)(まで)(ふう)(たま)ひけり
075かくなる(うへ)(われ)とても
076いかでか(あく)(この)まむや
077仁慈無限(じんじむげん)大神(おほかみ)
078大御心(おほみこころ)(こころ)とし
079蒼生(あをひとぐさ)(くさ)()
080片葉(かきは)(つゆ)(いた)(まで)
081(こころ)(つく)()(つく)
082いと(ねもごろ)(まも)るべし
083(われ)(たから)()めおきし
084夜光(やくわう)(たま)伊太彦(いたひこ)
085(ふところ)(ふか)(をさ)めまし
086(いま)(この)()()れましぬ
087タクシャカ竜王(りうわう)改心(かいしん)
088至誠(しせい)(あらは)(その)(ため)
089風水火災(ふうすいくわさい)自由(じいう)にせし
090(この)宝玉(はうぎよく)(たてまつ)
091何卒(なにとぞ)()けさせ(たま)へかし
092(あさひ)()るとも(くも)るとも
093(つき)()つとも()くるとも
094仮令(たとへ)大地(だいち)(やぶ)るとも
095一旦(いつたん)(かみ)(ちか)ひたる
096(わが)言霊(ことたま)(うご)かまじ
097(うべな)(たま)惟神(かむながら)
098玉国別(たまくにわけ)御前(おんまへ)
099(つつし)(ゐやま)()ぎまつる』
100玉国別(たまくにわけ)()(みだ)八岐大蛇(やまたをろち)祖神(おやがみ)
101()きたる竜神(かみ)(なんぢ)なりしか。
102面白(おもしろ)(こころ)(そこ)より(あらた)めて
103(たま)(かへ)せし(なれ)(かみ)なり。
104つゆ(しづく)(いつは)()たぬ(こと)()
105(われ)(うれ)しく(たま)()けなむ。
106伊太彦(いたひこ)教司(をしへつかさ)大神(おほかみ)
107神業(みわざ)(きよ)(つか)()へぬる』
108伊太彦(いたひこ)(わが)身魂(みたま)(よわ)甲斐(かひ)なく(ちから)なく
109(かみ)のまにまに(つと)(おほ)せし』
110ワックス『伊太彦(いたひこ)(つかさ)(あと)(したが)ひて
111さも(おそ)ろしき(ゆめ)()(かな)
112さり(なが)(いま)(よろこ)()るにつけ
113(おも)はず()らず(こころ)(いさ)みぬ』
114エル『(おも)はざる(しこ)魔神(まがみ)にさへられて
115(きも)(つぶ)したる(こと)(おろか)さ。
116さり(なが)伊太彦(いたひこ)(つかさ)諸共(もろとも)
117無事(ぶじ)(かへ)りし(こと)(うれ)しき』
118真純彦(ますみひこ)伊太彦(いたひこ)(こころ)おちゐぬ(ひと)とのみ
119(おも)ひし(こと)(はづか)しき(かな)
120三千彦(みちひこ)鉋屑(かんなくづ)()()(とき)のあるものと
121()きし言葉(ことば)(おも)()されぬ。
122言霊(ことたま)(にご)(をとこ)とさげすむな
123(われ)幾度(いくたび)揶揄(からかは)れたる()よ』
124伊太彦(いたひこ)惟神(かむながら)とは()(なが)(いも)()
125(すす)()()(うらや)ましく(おも)へば』
126デビス(ひめ)伊太彦(いたひこ)教司(をしへつかさ)功績(いさをし)
127岩戸(いはと)(びら)きの(わざ)(まさ)れる』
128バーチル『(むかし)より()(かく)れしと(つた)へたる
129(この)神山(かみやま)岩戸(いはと)(ひら)きぬ』
130サーベル(ひめ)()(まで)(みたま)(きよ)(かみ)ますと
131(われ)(ゆめ)にも(おも)はざりけり。
132猩々(しやうじやう)(ひめ)(みこと)(をし)へられ
133(なれ)(むか)へし今日(けふ)(うれ)しさ』
134タクシャカ『(いま)よりは猩々翁(しやうじやうおきな)()をかへて
135これの神山(みやま)(なが)(つか)へむ』
136玉国別(たまくにわけ)千代(ちよ)八千代(やちよ)万代(よろづよ)までも(この)(みや)
137いと(やす)らけく(つか)(たま)はれ』
138チルテル『(いぶ)かしや猩々(しやうじやう)(ひこ)猩々姫(しやうじやうひめ)
139猩々翁(しやうじやうおきな)(あら)はれむとは。
140九頭竜(くづりう)(しこ)魔神(まがみ)()きぬれど
141(なれ)姿(すがた)(かみ)にましけり』
142 ()(うた)(ところ)へ、143大地(だいち)(にはか)震動(しんどう)して、1431キヨメの(うみ)(なみ)(たち)(くる)ひ、144(うみ)はパツと(ふた)つに(ひら)いて、1441(なか)より、145さも(おそ)ろしきサーガラ竜王(りうわう)146七八才(しちはちさい)乙女(をとめ)()()(なが)ら、147スマの浜辺(はまべ)(うか)()で、148(たちま)老媼(おうな)姿(すがた)となり、149(あい)らしき幼児(えうじ)(かか)へ、150(きり)(つつ)まれ(なが)ら、151中空(ちうくう)(かけ)つて、1511タクシャカ竜王(りうわう)(まへ)(あら)はれ(きた)り、
152サーガラ『三千年(みちとせ)(なや)(しの)びて目出度(めでた)くも
153(わが)()(きみ)()()でにけり。
154(この)御子(みこ)(わが)身魂(みたま)より()()でし
155如意(によい)宝珠(ほつしゆ)化身(けしん)なりけり』
156タクシャカ『恋慕(こひした)(なれ)(みこと)(めぐ)()
157(うれ)しさ(むね)三千年(みちとせ)今日(けふ)
158玉国(たまくに)(かみ)(つかさ)諸人(もろびと)
159(すく)はれ(かみ)(ゆる)しうけけり』
160サーガラ『()(みこと)()()でませば(われ)(また)
161(ひと)姿(すがた)となりて(つか)へむ。
162玉国(たまくに)(わけ)(つかさ)諸人(もろびと)
163(あは)れみ(たま)へこれの夫婦(ふうふ)を』
164玉国別(たまくにわけ)(むかし)より(えにし)(ふか)夫婦(めをと)づれ
165いや永久(とこしへ)()(まも)りませ』
166 サーガラ竜王(りうわう)は、167(わき)(かか)へし七八才(しちはちさい)(ばか)りの乙女(をとめ)()(おろ)し、168夫婦(ふうふ)(たが)ひに水火(いき)()きかけた。169(たちま)乙女(をとめ)如意宝珠(によいほつしゆ)(たま)(へん)じた。170サーガラ竜王(りうわう)(おし)(いただ)き、
171サーガラ『(この)(たま)(あさ)(ゆふ)なに(いだ)きてし
172如意(によい)宝珠(ほつしゆ)(きみ)(ささ)げむ』
173玉国別(たまくにわけ)玉国別(たまくにわけ)(かみ)(みこと)()()ひし
174(われ)(ふた)つの(たま)()にけり。
175(この)(たから)(ふた)(そろ)うて()()らば
176いかで(おそ)れむ大黒主(おほくろぬし)を』
177真純彦(ますみひこ)()(きみ)御名(みな)(いま)こそ()られけり
178玉守別(たまもりわけ)()(なほ)しませ』
179三千彦(みちひこ)玉守別(たまもりわけ)ならで玉取別神(たまとりわけがみ)
180()(なほ)しませ(わが)()(きみ)よ』
181玉国別(たまくにわけ)国魂(くにたま)(みぎ)(ひだり)()けし()
182玉国別(たまくにわけ)名乗(なの)るこそよき』
183伊太彦(いたひこ)肝腎(かんじん)(たま)(わが)()(もの)となり
184(ゆび)かみ()つて伊太彦(いたひこ)(われ)
185デビス(ひめ)(なれ)はなぜ玉取別(たまとりわけ)名乗(なの)らざる
186伊太彦(いたひこ)(つかさ)()こそ()しけれ』
187伊太彦(いたひこ)(いま)となり()宣直(のりなほ)(すべ)もなし
188(かみ)()さしの(とな)へなりせば』
189真純彦(ますみひこ)因縁(いんねん)霊々(みたまみたま)御用(ごよう)をば
190させると(かみ)(をしへ)なりけり。
191言霊(ことたま)真純(ますみ)(ひこ)()()ふも
192(たま)(にご)らばいかにとやせむ。
193(われ)(また)(こころ)(たま)(みが)()
194(わが)()(きみ)にあやかりて()む』
195 これよりタクシャカ竜王(りうわう)は、196人体(じんたい)変化(へんげ)し、197猩々翁(しやうじやうおきな)となり、198サーガラ竜王(りうわう)猩々媼(しやうじやうおうな)となり、199(めづら)しき果物(くだもの)(さけ)(つく)り、200朝夕(あさゆふ)神前(しんぜん)(けん)じて、2001神慮(しんりよ)(なぐさ)め、201自分(じぶん)(つみ)(しや)する(こと)となつた。202バーチル夫婦(ふうふ)(ふた)つの(みや)宮司(ぐうじ)として、2021永久(えいきう)(つか)へ、203子孫(しそん)繁栄(はんゑい)し、204(かみ)(はしら)()(うやま)はれた。205(また)バラモンのチルテル夫婦(ふうふ)はバーチルの(やかた)一隅(いちぐう)(きよ)(かま)へ、206スマの(さと)里庄(りしやう)となり207(あつ)(かみ)(つか)へて、2071村民(そんみん)愛撫(あいぶ)し、208部下(ぶか)はカンナ、209ヘールを家僕(いへのこ)とし、210(その)()(いづ)れも里人(さとびと)(れつ)(くは)へ、211(うる)はしく(あたら)しき(むら)(つく)つて、212余生(よせい)(たの)しく(おく)り、213(その)(みたま)天国(てんごく)(いた)つて、214天人(てんにん)(れつ)(くは)はり、215アヅモス(さん)聖地(せいち)(まも)(こと)となつた。
216大正一二・四・七 旧二・二二 於皆生温泉浜屋 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。