霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 野路(のぢ)草枕(くさまくら)〔一八七〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第74巻 天祥地瑞 丑の巻 篇:第1篇 渺茫千里 よみ:びょうぼうせんり
章:第2章 野路の草枕 よみ:のじのくさまくら 通し章番号:1870
口述日:1933(昭和8)年10月20日(旧09月2日) 口述場所:水明閣 筆録者:森良仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年1月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
顕津男の神は、雲を払った多々久美の神の言霊を褒め称える。
多々久美の神は恐縮して謙遜するが、顕津男の神は、自分の心にかかった現世比女への恋着の曇りをも払ってくれた、と感謝の歌を歌う。
一行、この原野で野宿することとなったので、おのおの、述懐歌を歌う。
一夜を明かした一行は、朝日とともに、再び原野を歌うたいつつ進んで行った。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7402
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 168頁 修補版: 校定版:26頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 広袤千里(くわうばうせんり)原野(げんや)(おほ)ひたる夕空(ゆふぞら)叢雲(むらくも)を、002生言霊(いくことたま)()(はら)ひ、003天地(てんち)(きよ)めたる多々久美(たたくみ)(かみ)功績(いさをし)(ふか)(かん)(たま)ひて、004御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
005顕津男(あきつを)(かみ)天晴(あは)天晴(あは)多々久美(たたくみ)(かみ)言霊(ことたま)
006天地(あめつち)をこめし(くも)()らへり
007言霊(ことたま)御水火(みいき)()れしもの(みな)
008また言霊(ことたま)()()するかも
009わが行手(ゆくて)(ふか)(つつ)みし醜雲(しこぐも)
010()れて(すが)しき(ゆふべ)広野(ひろの)
011久方(ひさかた)天津御空(あまつみそら)(ほし)かげは
012黄金(こがね)白銀(しろがね)とかがよひにけり
013多々久美(たたくみ)(かみ)功績(いさをし)なかりせば
014科戸(しなど)(かぜ)()かざるべきを
015わが(とも)(つか)へて(きみ)はいやさきに
016(うづ)(いさを)()(たま)ひける
017三笠山(みかさやま)頂上(いただき)つつみし白雲(しらくも)
018(いま)はあとなく()(わた)るらむ
019夕月(ゆふづき)(かげ)やうやくに(あらは)れて
020草葉(くさば)(つゆ)()()めにけり
021(つき)()でて草葉(くさば)にすだく(むし)()
022いよよ(すが)しくなりにけらしな
023天津(あまつ)()はかくろひ(たま)へども月読(つきよみ)
024(かみ)(ひかり)草枕(くさまくら)やすし
025草枕(くさまくら)(たび)(かさ)ねて大野原(おほのはら)
026(やみ)(くも)とに(つつ)まれしはや
027久方(ひさかた)(そら)(かがや)(つき)かげを
028()ればわが(たま)()(わた)()
029現世(うつしよ)比女神(ひめがみ)今日(けふ)月読(つきよみ)
030(あふ)ぎつ(われ)(しの)びますらむ』
031 多々久美(たたくみ)(かみ)は、032御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
033『はづかしも(みづ)御霊(みたま)称言(たたへごと)
034()けば(うれ)しも今宵(こよひ)(むね)
035御尾前(みをさき)(つか)(まつ)りて言霊(ことたま)
036(ちから)をはじめて(こころ)みしはや
037岐美(きみ)()(みち)雲霧(くもきり)あらせじと
038(われ)御尾前(みをさき)(つか)(まつ)りぬ
039惟神(かむながら)(かみ)()みてし天界(てんかい)にも
040(くも)のさやるは(あや)しきろかも』
041 顕津男(あきつを)(かみ)042(ふたた)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
043愛善(あいぜん)(みち)をはづして(こひ)となりし
044わが(むね)()ゆくもらひにけむ
045比女神(ひめがみ)()ふる(こころ)(むね)()
046雲霧(くもきり)となりて(そら)にあふれしか
047現世比女(うつしよひめ)(かみ)(おも)ひは(あめ)()
048わが霊線(たましひ)(つち)(おほ)へり
049執着(しふちやく)(こころ)(いで)黒雲(くろくも)
050群立(むらた)ちにつつ行手(ゆくて)なやますも
051今日(けふ)よりは(こころ)駿馬(はやこま)(つな)()めて
052(やす)らに(たひ)らに神業(みわざ)(つか)へむ
053天界(てんかい)といへども(いま)()()へぬ
054国土(くに)(あや)しの雲霧(くもきり)()つも
055科戸辺(しなどべ)(かみ)伊吹(いぶき)四方(よも)(くに)
056(つつ)める雲霧(くもきり)(はら)ふたふとさ』
057 近見男(ちかみを)(かみ)(うた)(たま)ふ。
058瑞御霊(みづみたま)()でます神業(みわざ)大野原(おほのはら)
059(つつ)みし(くも)()(わた)りけり
060()(わた)御空(みそら)(おく)にかがやける
061(つき)(おもて)のにこやかなるも
062瑞御霊(みづみたま)月読(つきよみ)(かみ)(ちから)にて
063国土生(くにう)みの御供(みとも)(つか)(まつ)らな
064見渡(みわた)せば大野(おほの)(はら)湯気(ゆげ)()ちて
065()(くに)(わか)一樹(ひとき)だにもなし
066()(かぎ)(くさ)ばうばうの荒野原(あらのはら)
067()()(みち)のはろけくもあるか
068()(かみ)神霊(みたま)()れし国土(くに)なれば
069(やす)(すす)まむ(しこ)荒野(あらの)
070多々久美(たたくみ)(かみ)()ひますこの旅路(たびぢ)
071(くも)()(さわ)ぐも(なに)おそるべき
072多々久美(たたくみ)(かみ)(いさを)(かぜ)(かみ)
073科戸辺比古(しなどべひこ)()ましめにけり
074国土造(くにつく)(みち)ははろけし(われ)(いま)
075荒野(あらの)(ゆふべ)(むし)()()くなり
076駿馬(はやこま)(あし)(いそ)げど大野原(おほのはら)
077(はて)しなければ(ゆふ)さりにけり
078(ゆふ)されば(むし)()(すが)しきこの野辺(のべ)
079(かがみ)(つき)()()らひたり
080(あふ)()御空(みそら)(くも)なく(ほし)(うみ)
081(なみ)(しづ)かに月舟(つきふね)()
082月舟(つきふね)御空(みそら)(なが)るるさま()つつ
083(うつ)()()(しの)ばれにける』
084 圓屋比古(まるやひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
085(おも)ひきや万里(とほ)荒野(あらの)瑞御霊(みづみたま)
086(つき)()らされ(むし)()くとは
087瑞御霊(みづみたま)行手(ゆくて)はろけし圓屋比古(まるやひこ)
088(われ)気永(けなが)(つか)(まつ)らな
089久方(ひさかた)天津高宮(あまつたかみや)()(をが)
090(はろ)けく()らむ善言美詞(みやびことば)
091善言美詞(みやびごと)朝夕(あしたゆふべ)()りつれど
092非時(ときじく)(くも)るわが(たま)あやしも』
093 (ここ)国中比古(くになかひこ)(かみ)御歌(みうた)()(たま)ふ。
094(かぎ)りなき(ひろ)けき紫微(しび)天界(てんかい)
095国魂神(くにたまがみ)()ます(かしこ)
096(うるは)しき紫微天界(しびてんかい)国中(くになか)
097さやる黒雲(くろくも)わが(にく)らしも
098神々(かみがみ)(こころ)(くも)(かた)まりて
099水火(いき)(にご)りつつ(くも)となりつる
100朝夕(あさゆふ)(いづ)言霊(ことたま)()()げて
101()黒雲(くろくも)(はら)(きよ)めむ
102(やま)(あを)(みづ)(また)(きよ)天界(てんかい)
103(なか)(うま)れしわが(さち)(おも)へり
104言霊(ことたま)水火(いき)(きよ)めて()(かみ)
105()さしの神業(みわざ)朝夕(あさゆふ)(まも)らむ
106御供(おんとも)(つか)(まつ)りてこの(よひ)
107わが言霊(ことたま)はひらき()めたり
108()(かみ)天津真言(あまつまこと)言霊(ことたま)
109この天地(あめつち)弥栄(いやさか)えまさむ
110(きよ)(あか)(ただ)しき真言(まこと)言霊(ことたま)
111(あら)ぶる(かみ)(やは)()すなり
112瑞御霊(みづみたま)(かみ)御供(みとも)(つか)へつつ
113今日(けふ)言霊(ことたま)(いさを)をさとりぬ
114多々久美(たたくみ)(かみ)(いさを)言霊(ことたま)
115(きよ)(あか)るき水火(いき)(ちから)よ』
116 宇礼志穂(うれしほ)(かみ)(うた)(たま)ふ。
117草枕(くさまくら)(たび)のなやみの(そら)()れし
118このたそがれを宇礼志穂(うれしほ)(かみ)
119天地(あめつち)(よろこ)()つる国原(くにばら)
120(おも)へば(われ)宇礼志穂(うれしほ)(かみ)
121()(かみ)神言(みこと)かしこみ瑞御霊(みづみたま)
122(かみ)(つか)へて宇礼志穂(うれしほ)(かみ)
123宇礼志穂(うれしほ)(かみ)(よろこ)(はな)となり
124(また)(つき)となり四方(よも)にかをらむ
125()()れて(やみ)(つつ)まれ(さび)しかる
126(ゆふべ)()でし(つき)宇礼志穂(うれしほ)
127御子(みこ)()ませ(よろこ)(いさ)宇礼志穂(うれしほ)
128いとまもあらに()()(たま)ひぬ
129幾千里(とほどほしく)荒野(あらの)(わた)瑞御霊(みづみたま)
130岐美(きみ)()るかも(つき)(ゆふべ)を』
131 国中比古(くになかひこ)(かみ)(ふたた)(うた)(たま)ふ。
132天晴(あは)天晴(あは)天津(あまつ)()()(つき)()
133()(はな)(にほ)(むし)()()えたる
134久方(ひさかた)天津神国(あまつみくに)国中(くになか)
135(われ)(たの)しも神業(みわざ)(つか)へて
136瑞御霊(みづみたま)(かみ)神言(みこと)功績(いさをし)
137この曠原(ひろはら)神国(みくに)()つらむ
138国土造(くにつく)国魂神(くにたまがみ)()まさむと
139(いそ)しみ(たま)(いさを)(かしこ)
140(うるは)しき(あめ)(つち)との国中(くになか)
141比古比女(ひこひめ)二神(にしん)御子(みこ)()ませり
142永久(とこしへ)神国(みくに)(たね)瑞御霊(みづみたま)
143()ませる御子(みこ)(くに)(ひら)けむ
144瑞御霊(みづみたま)(かみ)御稜威(みいづ)高照(たかてる)
145尾上(をのへ)(はろ)けし月読(つきよみ)のかげは
146瑞御魂(みづみたま)(あさ)(ゆふ)なをさすらひて
147八十比女神(やそひめがみ)(なみだ)そそがす
148(たふと)さを(おも)へば(あした)夕暮(ゆふぐれ)
149わが(たましひ)(くも)らひにつつ
150月読(つきよみ)(かみ)のかがやく(ゆふべ)()
151(こま)諸共(もろとも)安寝(やすい)するかも
152神々(かみがみ)はいねましにけむ(くさ)()
153(いびき)(なみ)打寄(うちよ)せにつつ』
154 ()(おの)(おの)述懐(じゆつくわい)(うた)(たま)ひて、155一夜(いちや)(あか)し、156天津(あまつ)()豊栄昇(とよさかのぼ)りし(ころ)157近見男(ちかみを)(かみ)先頭(せんとう)に、158(みづ)御霊(みたま)神柱(みはしら)は、159(こま)(むち)うち、160際限(さいげん)もなき草莽々(くさばうばう)()を、161御歌(みうた)をうたひながら(すす)ませ(たま)ふぞ(かしこ)けれ。
162昭和八・一〇・二〇 旧九・二 於水明閣 森良仁謹録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。