霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章 黒雲晴明(こくうんせいめい)〔一八七六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第74巻 天祥地瑞 丑の巻 篇:第1篇 渺茫千里 よみ:びょうぼうせんり
章:第8章 第74巻 よみ:こくうんせいめい 通し章番号:1876
口述日:1933(昭和8)年10月21日(旧09月3日) 口述場所:水明閣 筆録者:白石恵子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年1月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
顕津男の神の厚い情けの歌に、生代比女の恨みはおさまり、辺りは紫微天界の様相を取り戻した。
従者神たちは、みな口々にこの奇跡をたたえる歌を歌った。そして、天津高宮に向けて恭しく神言を奏上し、七十五声の言霊を繰り返し、祈った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7408
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 191頁 修補版: 校定版:113頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 ここに真鶴山(まなづるやま)(ふか)(つつ)みし生代比女(いくよひめ)(かみ)の、002(うら)みの(ほのほ)黒煙(こくえん)となりて、003一行(いつかう)神々(かみがみ)(なや)めたりしが、004(みづ)御霊(みたま)(あつ)(なさけ)言葉(ことば)に、005(やや)(こころ)(やす)んじたるか、006さしもに(ふか)黒雲(くろくも)は、007(ぬぐ)ふが(ごと)()(わた)り、008梅ケ香(うめがか)四方(よも)(くん)じ、009紫微天界(しびてんかい)真相(しんさう)(あら)はしければ、010遠見男(とほみを)(かみ)(よろこ)びの(あま)り、011御歌(みうた)うたひ(たま)ふ。
012『いたましき生代(いくよ)比女神(ひめがみ)(こころ)かな
013()ゆる(むね)()黒雲(くろくも)となりしか
014(おそろ)しきものは(こひ)かも言葉(ことば)かも
015(やみ)(たちま)()(わた)りける
016(あま)()(こひ)黒雲(くろくも)ふさぐとは
017われは(ゆめ)にも(おも)はざりしよ
018愛善(あいぜん)天界(てんかい)なれば()ふるてふ
019(こころ)のおこるも是非(ぜひ)なかるべし
020(あい)されて(あい)(かへ)すは天界(てんかい)
021(みち)(かな)へるものとし(おも)
022瑞御霊(みづみたま)(かみ)のやさしき言霊(ことたま)
023()(わた)りける(こひ)黒雲(くろくも)
024(あい)すてふ(こころ)はめぐしわれもまた
025(あい)(あい)され()ままく(おも)ふ』
026 美波志比古(みはしひこ)(かみ)はうたひ(たま)ふ。
027二柱(ふたはしら)(かみ)(こころ)をみたすべく
028われ言霊(ことたま)神橋(みはし)かけばや
029はしかけのわれ(かみ)となりこの(こひ)
030〓(うまら)委曲(つばら)()げさせ()きもの
031さりながら()大神(おほかみ)御依(みよ)さしに
032そむかせまつるは心苦(こころぐる)しも
033ことわりにあはねど(こひ)(こひ)として
034()くべき(こころ)(ことわり)ぞある
035(ことわり)(そと)(なが)るる恋雲(こひぐも)
036(かみ)(ちから)(およ)ばざりけり
037ウの(こゑ)生言霊(いくことたま)(うま)れたる
038われには(こひ)のかげだにもなし
039ただ()ふるわれの(こころ)瑞御霊(みづみたま)
040神業(みわざ)(ひかり)のみなりにける』
041 国中比古(くになかひこ)(かみ)御歌(みうた)うたひ(たま)ふ。
042(たま)(うみ)(みぎは)(もり)にとこしへに
043います比女神(ひめがみ)(こころ)いぢらし
044玉野比女(たまのひめ)(かみ)もこの(こと)()かすならば
045またもや(ほのほ)をもやし(たま)はむ
046(かみ)()にかかる(ためし)はあらせじと
047万代(よろづよ)のためわれは(いの)るも
048(いの)りても(なに)甲斐(かひ)なき恋衣(こひごろも)
049(やぶ)らむ(すべ)のなきぞ(かな)しき
050(さか)えゆく豊葦原(とよあしはら)国中(くになか)
051(こひ)なかりせば神代(みよ)(さか)えじ
052よき(こと)曲事(まがごと)いつき曲事(まがごと)
053よき(こと)いつく神代(かみよ)なるかも
054(おに)となり魔神(まがみ)となりて(むね)()
055真鶴山(まなづるやま)(くも)(つつ)みし
056(おそろ)しくまた(やさ)しきは(こひ)すてふ
057(こころ)(ほのほ)()ゆるなりけり』
058 産玉(うぶだま)(かみ)御歌(みうた)うたひ(たま)ふ。
059瑞御霊(みづみたま)(かみ)(こころ)(くる)しさを
060(おも)へばわれは(かな)しかりけり
061玉野比女(たまのひめ)生代比女神(いくよひめがみ)(なか)にたち
062(こころ)なやます岐美(きみ)(しの)ばゆ
063ままならば岐美(きみ)(なや)みを(すく)はむと
064(おも)へど(およ)ばじ醜面(しこづら)われは』
065 圓屋比古(まるやひこ)(かみ)(ふたた)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
066国土造(くにつく)(かみ)()まさむ神業(かむわざ)
067(かた)きをつくづく今日(けふ)(さと)りけり
068顕津男(あきつを)(かな)しき(こころ)(いま)()
069(くに)(はしら)()たすが(ゆゑ)
070凡神(ただがみ)()にしおはさば(おほ)らかに
071(こひ)(たの)しみ(たま)はむものを
072()(かみ)言葉(ことば)(おも)生代比女(いくよひめ)
073(かみ)(こころ)(ほのほ)とわき()
074()ゆる()(なか)()たせる(おも)ひして
075なやみ(たま)へる瑞御霊(みづみたま)あはれ
076真鶴(まなづる)国津柱(くにつはしら)()(たま)
077()もなく(くも)(つつ)まれ(たま)ひぬ
078村肝(むらきも)(こころ)をつつむ恋雲(こひぐも)
079生代(いくよ)比女(ひめ)()らしまさずや
080如何(いか)にしてこの難関(なんくわん)瑞御霊(みづみたま)
081のがれ(たま)ふと(わづら)ふわれは
082生代比女(いくよひめ)()ゆる(むね)()()(すべ)
083なかりけらしな瑞御霊神(みづみたまがみ)も』
084 宇礼志穂(うれしほ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
085如何(いか)にして(こひ)縺毛(もつれげ)とかばやと
086(おも)ふも(みづ)御霊(みたま)御為(おんた)
087生代比女(いくよひめ)(かみ)(かな)へば玉野比女(たまのひめ)
088(かみ)(こころ)をなやまし(たま)はむ
089上下(うへした)のへだてを()らぬ(こひ)なれば
090(こころ)のつよき霊止(ひと)()つらし
091真鶴山(まなづるやま)黒雲(くろくも)ただに()れぬれど
092まだ()れやらぬ岐美(きみ)(こころ)
093われは(いま)(みづ)御霊(みたま)御胸(おんむね)
094(おも)ひて(なみだ)(とど)めあへずも
095(こひ)すてふ(みち)神代(かみよ)(かぎ)りとし
096(すゑ)()までも(のこ)さじと(いの)
097(いの)るとも(こひ)詮術(せんすべ)なかるらむ
098(こころ)(いと)(もつ)れし女神(めがみ)に』
099 魂機張(たまきはる)(かみ)(うた)(たま)ふ。
100『たまきはる生命(いのち)をかけし恋衣(こひごろも)
101(やぶ)らむ(すべ)もあらじと(おも)
102たまきはる生命(いのち)()しまぬ比女神(ひめがみ)
103(こひ)(ほのほ)(おに)となりしか
104(こひ)ゆゑに生命(いのち)()てむと(おも)ふこそ
105(こころ)のいろのまことなるらし
106瑞御霊(みづみたま)雄々(をを)しき(やさ)しきものごしに
107比女神(ひめがみ)(こころ)いつきたりけむ
108(ことはり)(みち)をなみしてひた(すす)
109(こひ)(やみ)には木戸(せき)なかりけり
110ともかくも百神(ももがみ)たちよ真鶴(まなづる)
111(やま)聖所(すがど)神言(みこと)()らばや』
112 この御歌(みうた)百神等(ももがみたち)は、113(こころ)(きよ)()(きよ)め、114(うやうや)しく神言(かみごと)を、115天津高宮(あまつたかみや)(はう)(むか)つて奏上(そうじやう)し、116七十五声(しちじふごせい)言霊(ことたま)を、117()(かへ)()(かへ)し、118(いの)(たま)ふぞ(ひさ)しけれ。
119昭和八・一〇・二一 旧九・三 於水明閣 白石恵子謹録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)