霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第九章 真鶴鳴動(まなづるめいどう)〔一八七七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第74巻 天祥地瑞 丑の巻 篇:第1篇 渺茫千里 よみ:びょうぼうせんり
章:第9章 第74巻 よみ:まなづるめいどう 通し章番号:1877
口述日:1933(昭和8)年10月21日(旧09月3日) 口述場所:水明閣 筆録者:内崎照代 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年1月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
宣伝歌
そもそも天地の中に、生言霊の御威光よりも尊いものは、他にない。
生言霊の功によって、山河が生まれ、草木が萌え出、あらゆる神々が生まれ出でるのだから。
紫微天界は、もともと愛と善の国土である。そして愛と善は、主の神の魂であり、姿そのものである。
愛は、神の心を生かすようにと生まれた、主の神の御賜物であった。
しかし、時がたつにつれ、愛があやしい恋の炎となり、さまざまな災いを起こすという、恐ろしい事態になった。
真鶴山の御魂として現れた生代比女は、太元顕津男の神への恋の炎を燃やした。
主の神の御言に忠実な顕津男の神に拒まれると、その失望は恨みと変じ、大蛇の姿となって、八十比女の一人、玉野比女を呪った。
そして、自ら恋の恨みの炎を消そうと、湖水に自ら飛び込んだ。
結比合(むすびあわせ)の神の歌
天界のすべてのものを結び合わせる誠の力は、恋である。
一方、喜びも悲しみも、楽しみも騒ぎも、また恋から湧き出でる。
恋はとどめることができない、ゆえに、玉野比女、生代比女の真心を、私はどうすることもできない。
美味素(うましもと)の神の歌
愛の果て、善の極みは恋となり、誠となって現れる。
しかし、恋の炎は天地のすべてを焼き払う炎ともなる。恋心は天地を塞ぎ、神の心を闇に包むことにもなる。
恐ろしきも楽しきも恋である。
二神が歌い終わると、再び山麓から猛火が燃え上がり、顕津男の神の身辺近く迫ってきた。顕津男の神は、神々を率いて、サソスセシ、ザゾズゼジの言霊と共に、生代比女を諭す歌を歌った。
すると、火焔はたちまち消えて、再び紫微天界の清浄さが辺りによみがえった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7409
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 194頁 修補版: 校定版:123頁 普及版: 初版: ページ備考:
001(あめ)(つち)との()(なか)
002生言霊(いくことたま)御稜威(みいづ)より
003(たふと)きものはほかに()
004(あめ)神国(みくに)()(くに)
005生言霊(いくことたま)のいさをしに
006山河(やまかは)(うま)草木(くさき)()
007(もも)神々(かみがみ)()()でぬ
008そもそも紫微(しび)天界(てんかい)
009(あい)(ぜん)との国土(こくど)なり
010(あい)(ぜん)とは()(かみ)
011(まこと)のみたまみすがたよ
012(あい)天界(みくに)のはじめより
013(かみ)(こころ)()かすべく
014(うま)()でたる御賜(みたまもの)
015さはあれ(あい)(かさ)なりて
016(つひ)にはあやしき(こひ)となり
017(むね)(ほのほ)(あめ)()
018(つち)(こが)して諸々(もろもろ)
019(わざはひ)おこす(おそろ)しさ
020真鶴山(まなづるやま)のみたまとし
021あらはれ()でし生代比女(いくよひめ)
022(かみ)神言(みこと)瑞御霊(みづみたま)
023太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)
024雄々(をを)しき御姿(みすがた)()るよりも
025(こひ)(ほのほ)()(さか)
026(おも)ほてりつつ(たま)()
027(いのち)をかけて()(たま)へば
028()大神(おほかみ)御旨(おんむね)
029そむかむ(こと)をおそれまし
030言葉(ことば)たくみに(ことわり)
031()らせ(たま)ふを比女神(ひめがみ)
032(たちま)失望落胆(しつばうらくたん)
033(ふち)(しづ)ませ(たま)ひつつ
034(むね)(ほのほ)()えさかり
035天地(てんち)(つつ)黒雲(くろくも)
036(たちま)(へん)(おそろ)しき
037大蛇(をろち)姿(すがた)(あらは)れて
038玉野(たまの)比女(ひめ)(あだ)せむと
039(こと)あげ(たま)(おそろ)しさ
040顕津男(あきつを)(かみ)はじめとし
041百神等(ももがみたち)(なや)みまし
042比女(ひめ)(こころ)(なご)めむと
043よきほどほどに瑞御霊(みづみたま)
044()()(のが)(たま)ひしが
045(むね)(ほのほ)はをさまらず
046全身(ぜんしん)(ねつ)して()(さか)
047(つよ)(なや)みに()へかねて
048湖水(こすゐ)()()みなやましさ
049()(とど)めむとなし(たま)
050比女(ひめ)(こころ)ぞいぢらしき
051嗚呼(ああ)惟神(かむながら)々々(かむながら)
052(かみ)(あい)なり(めぐみ)なり
053(あい)(なさけ)終極(しうきよく)
054とくにとかれぬ(こひ)(いと)
055もつれ(みだ)るぞ是非(ぜひ)なけれ。
056 結比合(むすびあはせ)(かみ)御歌(みうた)うたひ(たま)ふ。
057天界(てんかい)(すべ)てのものを(むす)()はす
058(まこと)(ちから)(こひ)なりにけり
059(むす)()(むつ)()ひつつ水火(いき)(あは)
060(みこと)()まむ神業(みわざ)かしこき
061比古神(ひこがみ)比女神(ひめがみ)()比女神(ひめがみ)
062比古神(ひこがみ)()ふる天界(てんかい)(みち)
063(よろこ)びもまた(かな)しみも(たの)しみも
064(さわ)ぎも(こひ)よりわき()づるなり
065如何(いか)にせむ(とど)むるよしもなきものは
066(こひ)てふ(こま)のあがきなりけり
067ウの(こゑ)水火(いき)(うま)れし(むす)(あは)せの
068(かみ)なるわれはかなしと(おも)へり
069玉野比女(たまのひめ)生代(いくよ)比女(ひめ)真心(まごころ)
070なだむる(よし)(われ)なかりける』
071 美味素(うましもと)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
072美味国(うましくに)弥栄(いやさか)(くに)(たま)(くに)
073ときじくひらく(こひ)(はな)かも
074(あい)()(ぜん)(きは)みは(こひ)となり
075(まこと)となりてあらはるるなり
076天界(てんかい)(こひ)てふもののなかりせば
077さびしかるらむこれの国原(くにばら)
078やがて(いま)(ふたた)(すさ)(たま)ふらむ
079生代(いくよ)比女(ひめ)湖水(こすゐ)()りて
080この(とき)天地(あめつち)一度(いちど)(ゆる)()
081(かぜ)()(すさ)(あめ)()(あふ)れむ
082言霊(ことたま)()()(たま)ひし美味素(うましもと)
083(くに)(ふたた)泥濘(ぬかるみ)となるらむ
084久方(ひさかた)御空(みそら)をはじめ()(うへ)
085(すべ)てを()かむ(こひ)(ほのほ)
086恋心(こひごころ)(あめ)(つち)とにふさがりて
087(かみ)(こころ)(やみ)(つつ)まむ
088(おそろ)しきものは(こひ)なり(たの)しきも
089恋路(こひぢ)にかをる(はな)なりにけり』
090 ()(うた)はせ(たま)(をり)しも、091(ふたた)山麓(さんろく)より猛火(まうくわ)()(あが)り、092顕津男(あきつを)(かみ)身辺(しんぺん)(ちか)(せま)()ければ、093(みづ)御霊(みたま)()むを()ず、094百神等(ももがみたち)(ひき)ゐまして、
095『サーソースーセーシー
096ザーゾーズーゼージー
097さがれさがれ(ほのほ)(けむり)
098(みづ)御霊(みたま)(ほのほ)()さむ。
099真鶴(まなづる)(やま)(たふと)(かみ)(やま)
100曲津(まがつ)(かみ)威猛(ゐたけ)るべきやは
101生代比女(いくよひめ)(かみ)はひたすらわれ()ひつ
102(ほのほ)となりしかあさましとおもふ
103国土(くに)()御子(みこ)()まさむ(みち)()
104さまたげするな(こひ)比女神(ひめがみ)
105(われ)(いま)恋心(こひごころ)なしさはあれど
106しばしを(なれ)犠牲(いけにへ)とならむ
107国魂(くにたま)(かみ)()()(われ)はただ
108(さか)りて(すす)まむ(くる)しき()なるよ
109生代比女(いくよひめ)(われ)()ふるも如何(いか)にせむ
110ただ一度(ひとたび)手枕(たまくら)なりせば』
111 ()(うた)(たま)ふや、112足下(あしもと)まで()(あが)りし火焔(くわえん)(たちま)(あと)なく()えて、113芳香(はうかう)四辺(しへん)(くん)じ、114迦陵頻伽(かりようびんが)()()さへ(すが)しく(きこ)()たるぞ不思議(ふしぎ)なれ。
115昭和八・一〇・二一 旧九・三 於水明閣 内崎照代謹録)