霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 (こころ)手綱(たづな)〔一八七八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第74巻 天祥地瑞 丑の巻 篇:第2篇 真鶴新国 よみ:まなづるしんこく
章:第10章 心の手綱 よみ:こころのたづな 通し章番号:1878
口述日:1933(昭和8)年10月23日(旧09月5日) 口述場所:水明閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年1月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
そもそも宇宙の始め、大虚空の中心に、一点のヽ(ほち)が突然現れ、ヽは次第次第に円満さを増していき、ついに主(ス)の言霊が生まれ出た。
スの声はだんだんと膨張して、ついに七十五声の言霊が、大虚空の中に現れるにいたったのである。
スの言霊は、さらにますます大活動力を発揮することで、神となった。これが、天之峯火夫の神である。またの名を、大国常立の神言(みこと)という。
スの大神の威光はますます発展して、大宇宙を生み成した。その中心である紫微天界に天津高宮を築き、スの大神は永遠にそこに鎮まることとなった。
鎮まりつつ、大宇宙の生成を続け、国を生み、神を生み、幾億万劫の末の今日にいたるまで、一瞬たりともその活動を休まず続けているのである。
主(ス)の神は、ウの言霊から天之道立の神を生み、またアの言霊から太元顕津男の神を生み、まず紫微天界の修理固成を始めた。国土を生み、神を生む神業を、二神に任せることとなったのである。
天之道立の神は宇宙万有の精神界を守り、顕津男の神は紫微天界の霊的物質界を生成し育てるという神業を、それぞれ主の神よりおおせつかった。
この二神による神業もまた、幾億万劫の末の今日まで継続・活躍しており、また限りなく終わりなく続いていくのである。
ここではもっぱら、太元顕津男の神の活動について述べているが、その内容が膨大であるため、ただ数千万分の一程度を開示したに過ぎない。だから、読者はこの物語が天界のすべてではないことを、知って読まなければならない。
国生み神生みについて
顕津男の神と八十柱の比女神たちは、ただ水火(いき)と水火をいっしょに組み合わせる。
すると、鳴り鳴りて鳴りの果てに、神霊の気が感応して、尊い国魂神が生まれるのである。
宇宙一切の生成と育成は、スの神の幸魂である愛の情動より発してる。だから、愛を離れてはいかなる生産もありえない。神々といえでも、女男二柱が見合うときは、必ず恋愛の心が湧き出でるのは、自然の道理なのである。
恋愛は魂がいついて離れないものである。だから、主の神は、国魂神を生ませるために八十柱の比女神を御樋代とするよう、顕津男の神に言いつけたのである。
そして、もし一人の比女神が二柱の国魂神を生むと、権力地位の争いによって滅びてしまう。だから、一つの国に一つの国魂神と定めたのである。
顕津男の神は、最初の国生み神生みのとき、如衣比女への恋着によって神業を遅らせた。その執着心が恐ろしい大蛇となって、如衣比女を葬り去る結果となってしまった。
その前例に恐れ慎み、八十柱の比女神以外の女神に対しては、一切心を動かすことはない顕津男の神であるが、生代比女の恋は激しく、その扱いに困惑していた。
顕津男の神とその従者神たち十一柱の神々は、生代比女の執着を取り払おうと、言霊の限りを尽くし、また祝詞を唱えたが、一向におさまらず、神業を妨害しつづけた。
終に神々は七日七夜の間、主の神の降臨を祈願した。すると、宇宙に主の神の歌が響いた。
主の神の定めた御樋代である八十柱の比女神とのみ見合い、その他の女神は、いかに美しい神であっても、心を動かしてはならない。
すると、妖邪の気は払われ、辺りは一点の雲もないほどに清く明るい国となった。
顕津男の神は主の神の神徳を感謝しつつ、どんな曲津神が襲い来ても、少しも動揺しない大勇猛心を発揮するに至った。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-11-21 12:09:57 OBC :rm7410
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 197頁 修補版: 校定版:137頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 大虚空(だいこくう)中心(ちうしん)に、002一点(いつてん)(ほち)忽然(こつぜん)として(あらは)れ、003(ほち)次第(しだい)円満(ゑんまん)()(くは)へ、004(つひ)()言霊(ことたま)(うま)()でぬ。005(ごゑ)次第々々(しだいしだい)膨張(ばうちやう)して、006(つひ)七十五声(しちじふごせい)言霊(ことたま)大虚空中(だいこくうちう)(あらは)(たま)ふに(いた)れり。007スの言霊(ことたま)はいよいよ大活動力(だいくわつどうりよく)発揮(はつき)して、008(つひ)(かみ)となり(たま)ふ。009(これ)天之峯火夫(あまのみねひを)(かみ)(また)御名(みな)大国常立(おほくにとこたち)神言(みこと)(しよう)(たてまつ)る。010(ここ)大神(おほかみ)御稜威(みいづ)益々(ますます)発展(はつてん)(たま)ひて、011大宇宙(だいうちう)()みなし(たま)ひ、012(その)中心(ちうしん)たる紫微天界(しびてんかい)天津高宮(あまつたかみや)(きづ)(たま)ひ、013大神(おほかみ)永遠(とこしへ)(しづ)まり(たま)ひて、014大宇宙(だいうちう)()国土(くに)()(かみ)()(たま)ひつつ、015幾億万劫(いくおくまんごふ)(すゑ)今日(こんにち)(いた)(まで)016一瞬間(いつしゆんかん)(いへど)(その)活動(くわつどう)(やす)(たま)ひし(こと)なし。
017 スの言霊(ことたま)にして万々一(まんまんいち)018一秒間(いちべうかん)(いへど)(その)活動(くわつどう)休止(きうし)(たま)(とき)は、019三千大千世界(さんぜんだいせんせかい)たる大宇宙(だいうちう)一切万有(いつさいばんいう)は、020(たちま)生命(せいめい)(うしな)滅亡(めつばう)するに(いた)るべし。021ここに()(かみ)は、022ウの言霊(ことたま)より天之道立(あめのみちたつ)(かみ)()み、023(また)アの言霊(ことたま)より太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)()ませ(たま)ひて、024まづ紫微天界(しびてんかい)修理固成(しうりこせい)(はじ)国土生(くにう)神生(かみう)みの神業(みわざ)()させ(たま)ひしなり。025(しかう)して天之道立(あめのみちたつ)(かみ)はあらゆる神人(しんじん)(はじ)め、026宇宙(うちう)万有(ばんいう)精神界(せいしんかい)(まも)(たま)ひ、027顕津男(あきつを)(かみ)紫微天界(しびてんかい)()ける、028霊的物質界(れいてきぶつしつかい)生成化育(せいせいくわいく)神業(みわざ)奉仕(ほうし)(たま)ふの重大(ぢうだい)なる責任(せきにん)を、029()(かみ)神言(みこと)もて()はせ(たま)ひしぞ(かしこ)けれ。030(この)神業(みわざ)幾億万々劫(いくおくまんまんごふ)(すゑ)今日(こんにち)(いた)ると(いへど)も、031無限絶対無始無終的(むげんぜつたいむしむしうてき)継続(けいぞく)して活躍(くわつやく)(たま)ふなり。
032 (ここ)天之道立(あめのみちたつ)(かみ)御神業(ごしんげふ)(しばら)くおき、033太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)御活動(ごくわつどう)情態(じやうたい)(つい)て、034大海(たいかい)一滴(いつてき)()すべき(ほど)事蹟(じせき)()べむとするも、035浩瀚(かうかん)にして容易(ようい)()(つく)(こと)(あた)はざるなり。036(われ)(ただ)数千万分(すうせんまんぶん)(いち)(あた)るべき御活動(ごくわつどう)情態(じやうたい)開示(かいじ)せむとす。037(ゆゑ)読者(どくしや)(この)物語(ものがたり)()みて、038天界活動(てんかいくわつどう)全部(ぜんぶ)(あら)ざるを(わきま)()るべし。
039 ()大神(おほかみ)()さし(たま)ひし国土生(くにう)神生(かみう)みの神業(みわざ)(つい)ても、040八十柱(やそはしら)比女神(ひめがみ)()(たま)ひたれども、041現界人(げんかいじん)(ごと)き、042性的(せいてき)行動(かうどう)をなし(たま)(ごと)(こと)なく、043唯単(ただたん)水火(いき)水火(いき)とを()(あは)せもやひ(あは)せ、044()()りて()りの()てに神霊(しんれい)()感応(かんのう)(たま)ひて、045ここに(たふと)国魂神(くにたまがみ)()ませ(たま)ふの神業(みわざ)なり。046(しか)しながら宇宙(うちう)一切(いつさい)生成化育(せいせいくわいく)は、047スの(かみ)幸魂(さちみたま)たる(あい)情動(じやうどう)より発生(はつせい)するものなれば、048(あい)(はな)れて絶対的(ぜつたいてき)生産(せいさん)(もと)むべからず。049(しか)るが(ゆゑ)女男(めを)二柱(ふたはしら)神々(かみがみ)見合(みあ)ひます(とき)は、050(かなら)愛恋(あいれん)(こころ)湧出(ゆうしゆつ)すべきは自然(しぜん)道理(だうり)なり。051(あい)(あい)され(その)結果(けつくわ)は、052(つひ)(こひ)となり恋愛(れんあい)となりて、053(たましひ)のいつきて(はな)れざるものなるが(ゆゑ)に、054()(かみ)八十柱(やそはしら)国魂神(くにたまがみ)()ましめむとして、055(ふか)御心(みこころ)(おは)します(まま)に、056八十柱(やそはしら)比女神(ひめがみ)御子生(みこう)みの御樋代(みひしろ)として、057顕津男(あきつを)(かみ)言依(ことよ)さし(たま)ひたるなり。058(しか)るが(ゆゑ)(みづ)御霊(みたま)(おは)します顕津男(あきつを)(かみ)は、059一度(ひとたび)見合(みあ)ひますれば(ひと)つの国魂神(くにたまがみ)()(たま)ふが(ゆゑ)に、060一所(ひとところ)(とど)まりて現代人(げんだいじん)(ごと)夫婦(ふうふ)生活(せいくわつ)()らせ(たま)(こと)(あた)はざりしなり。061八十柱(やそはしら)(かみ)にしても、062もし二柱(ふたはしら)()ませ(たま)(こと)あらむか、063(かなら)(その)(くに)(つひ)権力(けんりよく)位置(ゐち)(あらそ)ひによりて崩壊(ほうくわい)すべし。064(ここ)()(かみ)深謀遠慮(しんぼうゑんりよ)結果(けつくわ)065(ひと)つの(くに)(ひと)つの国魂神(くにたまがみ)()ませ(たま)ふべく言依(ことよ)させ(たま)ひしなり。
066 顕津男(あきつを)(かみ)は、067高日(たかひ)(みや)幾年(いくとせ)(あひだ)(こも)(つか)(たま)ひ、068如衣比女(ゆくえひめ)(かみ)艶麗(えんれい)なる容色(ようしよく)恋々(れんれん)として国土生(くにう)神生(かみう)みの神業(みわざ)(おく)れさせ(たま)ひけるが、069(その)執着心(しふちやくしん)(たちま)鬱結(うつけつ)して中津滝(なかつたき)大蛇(をろち)(くわ)し、070如衣比女(ゆくえひめ)(かみ)(つひ)蛇腹(じやふく)(はうむ)りけるにぞ、071顕津男(あきつを)(かみ)(おそ)(かしこ)み、072(わが)(あやま)れることを(さと)りて(なが)()みなれし高日(たかひ)(みや)(あと)に、073(はて)しも()らぬ大野原(おほのはら)国土生(くにう)御子生(みこう)まむと()(たま)ひけるが、074(ここ)(いま)国土(くに)(わか)浮脂(うきあぶら)(ごと)(ただよ)へる真鶴(まなづる)(くに)(つく)(かた)め、075国魂神(くにたまがみ)()まむと(おも)(たま)(をり)しも、076真鶴山(まなづるやま)山霊(さんれい)より(うま)()でませる生代比女(いくよひめ)(かみ)は、077顕津男(あきつを)(かみ)聖雄的(せいゆうてき)神格(しんかく)恋々(れんれん)(じやう)()(がた)く、078(しき)りに心火(しんくわ)()やしつつ(せま)(たま)へども、079顕津男(あきつを)(かみ)如衣比女(ゆくえひめ)神去(かむさ)りにつき、080(いた)(つつし)(おそ)れみ(たま)ひければ、081()(かみ)御樋代(みひしろ)ならぬ女神(めがみ)(たい)して(こころ)(うご)かし(たま)はざりける。082生代比女(いくよひめ)(かみ)恋着(れんちやく)益々(ますます)(ふか)くして、083(みづ)御霊(みたま)(その)取捨(しゆしや)困惑(こんわく)し、084(あさ)(ゆふ)なに天津神言(あまつかみごと)奏上(そうじやう)生言霊(いくことたま)()りあげて、085生代比女(いくよひめ)(かみ)(こころ)(やは)らげむとなしたまふぞ(かしこ)けれ。086嗚呼(ああ)惟神(かむながら)()大神(おほかみ)()さしならずば、087何事(なにごと)をなすと(いへど)一々万々(いちいちばんばん)088成就(じやうじゆ)せざるは今日(こんにち)()(いへど)同一(どういつ)なりと()るべし。
089 太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)(はじ)十一柱(じふいちはしら)神々(かみがみ)は、090(きよ)(あか)(ただ)しき(まこと)(こころ)()めて、091生代比女(いくよひめ)(かみ)執着心(しふちやくしん)(はら)(きよ)めむと、092言霊(ことたま)(かぎ)りをつくし、093天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)し、094七十(ななそ)まり(いつ)言霊(ことたま)間断(かんだん)なく()らせ(たま)ひけれども、095生代比女(いくよひめ)(かみ)恋着(れんちやく)(こころ)容易(ようい)にをさまらず、096()()(ほのほ)(むね)()き、097(つひ)には黒煙(こくえん)()()(たま)ひ、098次第々々(しだいしだい)(ひろ)ごりて真鶴山(まなづるやま)国土(こくど)(つつ)み、099咫尺(しせき)暗憺(あんたん)として日月(じつげつ)(ひかり)をかくし、100暴風(ばうふう)(いた)豪雨(がうう)()大地(だいち)(たちま)震動(しんどう)して、101まだ(つち)(わか)真鶴(まなづる)国原(くにばら)()もあてられぬ惨状(さんじやう)(くわ)せむとせしぞ(うたて)けれ。102生代比女(いくよひめ)(かみ)(すこ)しく(こころ)(やはら)ぎし(とき)天変地妖(てんぺんちえう)をさまり、103(ふたた)恋着(れんちやく)猛火(まうくわ)()ゆる(とき)(たちま)天地(てんち)暗黒(あんこく)(くわ)し、104(みづ)御霊(みたま)神業(みわざ)妨害(ばうがい)となる(こと)(はなはだ)しかりける。
105 (ここ)顕津男(あきつを)(かみ)(はじ)諸々(もろもろ)神等(かみたち)は、106(おの)(おの)もあらむ(かぎ)りの(ちから)(つく)して、107七日七夜(ななかななよ)(あひだ)()(かみ)降臨(かうりん)祈願(きぐわん)(たま)ひける。108(この)(とき)宇宙(うちう)()(かみ)御声(みこゑ)ありて御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
109国土(くに)()(かみ)()むなる神業(かむわざ)
110なれに()させし(みち)をこそゆけ
111言霊(ことたま)(きよ)きすがしき水火(いき)をもて
112八十(やそ)御樋代(みひしろ)のみに見合(みあは)
113容貌(みめかたち)如何(いか)(うるは)しき(かみ)なりとも
114神業(みわざ)ならねば(こころ)()むるな
115瑞御霊(みづみたま)はわが御霊代(みひしろ)八十比女(やそひめ)
116わが御子(みこ)()ます御樋代(みひしろ)なるよ
117御樋代(みひしろ)(わが)(さだ)めたる比女神(ひめがみ)
118(ほか)見合(みあ)はむ(かみ)あらじかし』
119 かく(うた)(をは)(たま)ふや、120四辺(あたり)をつつみし妖邪(えうじや)空気(くうき)(たちま)()(わた)り、121蒼空(さうくう)一点(いつてん)(くも)なきまでに(きよ)(あか)るき国原(くにばら)となりぬ。122顕津男(あきつを)(かみ)()(かみ)神言(みこと)(かしこ)み、123()妖邪(えうじや)空気(くうき)跡形(あとかた)もなく(きよ)(たま)ひたる()大神(おほかみ)神徳(しんとく)感謝(かんしや)しながら、124御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
125久方(ひさかた)天津宮(あまつみや)より(くだ)りまし
126永久(とは)神教(みのり)()らせたまひぬ
127()(かみ)神旨(みむね)(そむ)如何(いか)にして
128われはまみえむ(あだし)(かみ)
129弥益(いやます)(こころ)(きよ)()(きよ)
130(まこと)(みち)(ひかり)てらさむ
131あだし(がみ)如何程(いかほど)(せま)()るとても
132御樋代(みひしろ)ならぬ(かみ)にまみえじ
133天地(あめつち)のわるるが(ごと)(わざはひ)
134われは(おそ)れじ生言霊(いくことたま)
135生代比女(いくよひめ)(かみ)(こころ)()ぐしけれど
136われは見合(みあ)はむすべなかりける
137この(くに)玉野(たまの)比女(ひめ)(おは)(くに)
138(われ)見合(みあ)ひて貴御子(うづみこ)()まむ』
139 ()(みづ)御霊(みたま)()(かみ)神言(みこと)により、140如何(いか)なる曲神(まがかみ)(おそ)(きた)るとも、141寸毫(すんがう)(うご)かざる大勇猛心(だいゆうまうしん)発揮(はつき)(たま)ひて、142(ここ)神魂(しんこん)()り、143いよいよ(すす)んで神生(かみう)みの神業(みわざ)(つか)(たま)御心(みこころ)こそ(かしこ)けれ。
144昭和八・一〇・二三 旧九・五 於水明閣 加藤明子謹録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。