霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一四章 真心(まごころ)(くも)らひ〔一八八二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第74巻 天祥地瑞 丑の巻 篇:第2篇 真鶴新国 よみ:まなづるしんこく
章:第14章 第74巻 よみ:まごころのくもらい 通し章番号:1882
口述日:1933(昭和8)年10月24日(旧09月6日) 口述場所:水明閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年1月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
宇宙間において、もっとも強く美しいものは、愛の発動である。なぜなら、大虚空中に愛の発動があったからこそスの言霊が生まれ、天地の万神が生まれたからである(=神は愛なり力なり)。
ただ、愛からスク、スカヌの言霊が生まれるとおり、その度合いによって、生成化育が成就するときもあれば、度が過ぎて一切を破壊することにもなりうる。
だから、愛には善、悪、大、小がある、というのである。神の愛は善にして大、一方小愛・悪愛は、自己愛となり、他を害し、争いと破壊をもたらす。
生代比女の顕津男の神に対する愛は積み重なり、募って怨恨となってしまった。その炎は比女の身魂を焼き、大蛇となって玉野湖底に潜むにいたった。
大蛇は神々の一行を待ち受けており、静かだった玉野湖はたちまち暗黒となり、荒れ狂った。
顕津男の神は比女を諭す歌を歌うが、生代比女は闇の中から突然現れ、顕津男の神への恨みを吐露し、幾億万劫の末までも恋の悪魔となって祟る、と呪った。
諭しの歌も大蛇となった生代比女には届なかった。顕津男の神はついに、如何なる罪に問われようとも、主の神の神言に背いても、比女の誠の心に報いようとの決意を歌った。
すると、たちまち天は晴れ渡り、湖も鏡のようにおさまった。満月の光が晧晧と、湖面を照らした。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7414
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 217頁 修補版: 校定版:213頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 無始(むし)無終(むしう)宇宙間(うちうかん)(おい)て、002(もつと)(つよ)(うるは)しきものは(あい)発動(はつどう)なり。003大虚空中(だいこくうちう)(あい)発動(はつどう)ありて(はじ)めてスの言霊(ことたま)(うま)れ、004天地(てんち)万神(ばんしん)(うま)る。005(ゆゑ)(かみ)(あい)なり(ちから)なりと(しよう)する所以(ゆゑん)なり。006(あい)あるが(ゆゑ)宇宙(うちう)創造(さうざう)され、007万物(ばんぶつ)発生(はつせい)す。008宇宙間(うちうかん)一切(いつさい)のものはこの(あい)左右(さいう)され、009創造(さうざう)建設(けんせつ)破壊(はくわい)滅亡(めつばう)混乱(こんらん)(しやう)ずるものなり。010(あい)(もつと)(たふと)むべくかつ(おそ)るべきものとす。011(あい)よりスク、012スカヌの言霊(ことたま)(うま)るるなり、013(あい)情動(じやうどう)にしてその度合(どあひ)よろしければ、014生成化育(せいせいくわいく)神業(みわざ)完成(くわんせい)し、015(あい)情動(じやうどう)度合(どあひ)()ぐれば、016(つひ)には一切(いつさい)破壊(はくわい)するに(いた)る。
017 (しか)して、018(あい)には(ぜん)あり、019(あく)あり、020(だい)あり、021(せう)あり。022(かみ)(あい)愛善(あいぜん)にして、023世間(せけん)一切(いつさい)(あい)愛悪(あいあく)なり。024(かみ)(あい)大愛(たいあい)にして世間(せけん)(あい)小愛(せうあい)なり。025わが()(あい)し、026わが(いへ)(あい)し、027わが郷土(きやうど)(あい)し、028わが国土(こくど)(あい)するは所謂(いはゆる)自己愛(じこあい)にして、029(かみ)大愛(たいあい)()して雲泥(うんでい)相違(さうゐ)あり。030(ゆゑ)小愛(せうあい)我情(がじやう)我欲(がよく)(こころ)増長(ぞうちやう)せしめ、031(つひ)には自己愛(じこあい)のために他人(たにん)(がい)し、032他家(たけ)(やぶ)り、033他郷(たきやう)(あらそ)ひ、034()(くに)(たたか)ひ、035(つひ)彼我共(ひがとも)惨禍(さんくわ)洗礼(せんれい)()くるに(いた)る。036(また)(かみ)(あい)大愛(たいあい)なれば、037宇宙(うちう)一切(いつさい)万有(ばんいう)普遍(ふへん)して(がう)依怙(えこ)沙汰(さた)なし。038世間(せけん)(あい)()(かへり)みず、039只管(ひたすら)にわが()(あい)し、040わが(いへ)(あい)し、041わが郷土(きやうど)(あい)し、042わが国家(こくか)(あい)するが(ゆゑ)に、043()よりもし不利益(ふりえき)(くは)へらるると()(とき)は、044(たちま)()つて反抗(はんかう)争闘(さうとう)し、045()(やぶ)(いへ)(やぶ)国家(こくか)(やぶ)るに(いた)る。046(おそ)るべきは(あい)情動(じやうどう)度合(どあひ)なり。
047 (ここ)生代比女(いくよひめ)(かみ)個性的(こせいてき)(あい)()(かさ)なりて(こひ)となり、048(こひ)ますます(つの)りて怨恨(ゑんこん)となり、049(むね)瞋恚(しんい)(ほのほ)()えさかり、050(その)心魂(しんこん)()きし(ほのほ)濛々(もうもう)として()(のぼ)り、051黒煙(こくえん)となりて(てん)(つつ)み、052()()()れぬままに霊魂化(れいこんくわ)して大蛇(をろち)となり、053炎熱(えんねつ)(くる)しみを(ふせ)がむとして、054(つひ)には玉野湖底(たまのこてい)にひそみたるこそ、055()(おそろ)しき次第(しだい)なり。056(すべ)(こひ)なるものは自己愛(じこあい)(ぞく)するが(ゆゑ)に、057()(かへり)みるの(いとま)なく(つひ)にはわが()(やぶ)り、058(ひと)(そこな)世界(せかい)(どく)天下(てんか)(みだ)すに(いた)るものなり。059(ゆゑ)顕津男(あきつを)(かみ)(その)()(かみ)(きよ)(あか)(ただ)しき御心(みこころ)より(ほとばし)生言霊(いくことたま)(ちから)をもつてするも、060猛烈(まうれつ)なこの(こひ)(ほのほ)()しとむるに(よし)なかりける。061(しか)りと(いへど)大愛(たいあい)(こころ)より()でし(あか)(きよ)(まこと)言霊(ことたま)には反抗(はんかう)する(あた)はず、062(つひ)には帰順(きじゆん)せざるを()ざるに(いた)るは、063(げん)として(をか)すべからざる(かみ)御稜威(みいづ)なればなり。
064 (ここ)生代比女(いくよひめ)(かみ)は、065真鶴山(まなづるやま)聖場(せいぢやう)()ける、066顕津男(あきつを)(かみ)(なさけ)のこもりし生言霊(いくことたま)御歌(みうた)によりてしばし(こころ)(なご)(たま)ひしが、067(ふたた)恋々(れんれん)情火(じやうか)()えさかり、068黒雲(こくうん)(てん)(みなぎ)りて(みづ)御霊(みたま)進路(しんろ)(さまた)げ、069(つひ)にはスの(かみ)(おごそ)かなる威力(ゐりよく)畏服(ゐふく)して真鶴山(まなづるやま)()て、070玉野比女(たまのひめ)(かみ)永久(とは)(しづ)まりたまふ宮居(みやゐ)(ちか)玉野湖水(たまのこすゐ)蛇身(じやしん)となりて湖底(こてい)(ふか)(ひそ)み、071(みづ)御霊(みたま)(わた)()ませるを(いま)(おそ)しと、072さしもに(ひろ)湖水(こすゐ)(みづ)を、073(むね)()()きかへらせつ、074(こひ)意地(いぢ)(たつ)せむと()ちかまへ()たまひしぞ(おそ)ろしき。075(そら)(あを)(うみ)(また)(あを)く、076(かぜ)白梅(しらうめ)()(おく)り、077(なみ)(おだや)かに満月(まんげつ)(かげ)(きよ)(うか)みて(かがみ)(ごと)()()り、078落着(おちつ)きたる(ゆふべ)湖面(こめん)(たちま)暴風(ばうふう)()(おこ)り、079大雨(たいう)沛然(はいぜん)として(いた)り、080(なみ)逆巻(さかま)きて容易(ようい)()ゆべからざるに(いた)らしめたるぞ是非(ぜひ)なけれ。081今迄(いままで)清皎々(せいかうかう)(かがや)きたる(つき)(たちま)黒雲(くろくも)にかくれ、082四辺(しへん)をつつみし湯気煙(ゆげけむり)は、083灰白色(くわいはくしよく)となりて、084神々(かみがみ)一行(いつかう)(あた)りをつつみ、085如何(いかん)ともなす(よし)なきに(いた)らしめたるも、086猛烈(まうれつ)なる(こひ)より()()でたる瞋恚(しんい)(ほのほ)(すさ)びなりける。087(ゆゑ)(もつと)(した)しむべきは(かみ)にして、088(もつと)(おそ)るべきは(こひ)情動(じやうどう)なりと()るべし。
089 嗚呼(ああ)惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
090 顕津男(あきつを)(かみ)は、091(たちま)湖上(こじやう)光景(くわうけい)一変(いつぺん)して、092四辺(しへん)暗黒(あんこく)となり、093不快(ふくわい)なる空気(くうき)身辺(しんぺん)(つつ)みたれば、094生言霊(いくことたま)御稜威(みいづ)によりてこの暗憺(あんたん)たる天地(てんち)(きよ)めむと、095御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
096『あさましも天地(あめつち)一度(いちど)にふさぎたる
097この黒雲(くろくも)(こひ)(ほのほ)
098大愛(たいあい)()大神(おほかみ)神言(みこと)もて
099国土(くに)(つく)(われ)(なや)ますな(ゆめ)
100(うるは)しき紫微天界(しびてんかい)をかくのごと
101(くも)らす(こひ)曲神(まがかみ)(あや)しも
102(われ)こそは国土生(くにう)神生(かみう)みの神業(かむわざ)
103(つか)ふる(かみ)大愛(たいあい)(かみ)
104生代比女(いくよひめ)(こころ)(めぐ)しと(おも)へども
105(かみ)()さしに(そむ)くよしなき
106片時(かたとき)もはやく天地(てんち)(あか)しませ
107わが大愛(たいあい)(こころ)さとりて
108久方(ひさかた)(つき)(ひかり)()ゆれども
109この醜雲(しこぐも)射通(いとほ)(すべ)なき
110生代比女(いくよひめ)(こころ)(たひら)(やす)らかに
111わが大愛(たいあい)(こころ)(さと)らせ
112(おも)ひきや国魂神(くにたまがみ)()(たび)
113(しこ)曲神(まがみ)にさやらるるとは
114至善(しぜん)至美(しび)(はて)しも()らぬ天界(てんかい)
115(せま)(こころ)()てよ比女神(ひめがみ)
116()(かみ)(あい)(みたま)()らしつつ
117(みだ)れたる(おも)ひをのぞかせ(たま)へ』
118 ()御歌(みうた)()ませ(たま)ふや、119(やみ)(なか)より茫然(ばうぜん)夢幻(ゆめまぼろし)(ごと)(あらは)れたる生代比女(いくよひめ)(かみ)は、120獰猛(だうもう)なる(おも)一行(いつかう)(まへ)(あらは)し、121(うら)みの形相(ぎやうさう)(すさま)じく、
122(うら)めしき岐美(きみ)(こころ)言霊(ことたま)
123(われ)はなやみて大蛇(をろち)となりぬる
124(きよ)かりし乙女(をとめ)(むね)をこがしたる
125岐美(きみ)大蛇(をろち)()みましにけり
126(われ)(いま)かかる姿(すがた)となり()てて
127ますます岐美(きみ)(うら)みこそすれ
128水底(みなそこ)常磐堅磐(ときはかきは)(しづ)()
129(こひ)(あだ)をば(むく)いむと(おも)
130女神(めがみ)男神(をがみ)この湖原(うなばら)(わた)りなば
131(われ)大蛇(をろち)となりて()むべし
132玉野比女(たまのひめ)見合(みあは)岐美(きみ)(うら)めしさ
133(ちから)(かぎ)りになやましまつらむ
134生言霊(いくことたま)如何(いか)()らすも(こひ)(ゆゑ)
135(みだ)れし(われ)をまつらふ(すべ)なけむ
136わが(おも)黒雲(くろくも)となりて(あめ)()
137大蛇(をろち)となりて(つち)(みだ)さむ
138(こひ)すてふ(こころ)なければかくまでも
139岐美(きみ)(にく)しと(おも)はざりけむ
140岐美(きみ)(ゆゑ)(われ)はなやめり岐美(きみ)(ゆゑ)
141(われ)(こが)れて大蛇(をろち)となりける
142めぐしさの(かさな)()ひて(にく)しみの
143(ほのほ)()えつつ大蛇(をろち)となりける
144(うるは)しき真鶴山(まなづるやま)(まも)(がみ)
145岐美(きみ)(ゆゑ)大蛇(をろち)となりしを()らずや
146わが(おも)幾億万劫(いくおくまんごふ)(すゑ)までも
147(こひ)悪魔(あくま)となりて(たた)らむ
148(おそ)るべきものは恋路(こひぢ)思召(おぼしめ)
149岐美(きみ)がつくりし国土(くに)(あだ)せむを
150わが(おも)()りかたまりて(やま)(うみ)
151(かは)(また)(ぬま)(ひそ)みてなやめむ』
152 顕津男(あきつを)(かみ)御歌(みうた)うたひ(たま)ふ。
153『ねもごろにわが()きさとす(こと)()
154(きみ)()かずや(うべな)ひまさずや
155(おごそ)かなる紫微天界(しびてんかい)(うま)()でで
156大蛇(をろち)となりし(きみ)ぞいぢらし
157(こひ)すてふ(こころ)(まこと)(うべな)へど
158わが(まま)ならぬ神生(かみう)みの(たび)
159あだし()見合(みあ)ひて永久(とは)(つみ)(けがれ)
160()(のこ)さむを(おそ)るる(われ)なり
161言霊(ことたま)(いづ)(ひかり)もつつむなる
162(こひ)(ほのほ)のあつくもあるかな
163何事(なにごと)湖水(こすゐ)(みづ)(なが)しまして
164わが言霊(ことたま)によみがへりませよ
165アオウエイあつき(こころ)(ほのほ)をば
166この真清水(ましみづ)にあらひて()かせよ
167天地(あめつち)(おそ)るるものは(われ)なけど
168(こひ)(ほのほ)(なや)まされける』
169 生代比女(いくよひめ)(かみ)(かすか)(うた)ふ。
170『いとこやの岐美(きみ)をめぐしみ(われ)(つひ)
171(にくみ)(かみ)となり()てにける
172いとしさの(むね)にあまりて(にく)しみの
173(ふか)くなりぬる(われ)(かな)しも
174(うら)むべき(みち)なき岐美(きみ)(うら)みまつり
175(われ)大蛇(をろち)霊魂(みたま)となりぬる
176岐美(きみ)(ゆゑ)(われ)よみがへり岐美(きみ)(ゆゑ)
177わが魂線(たましひ)(ほろ)ぶと()らずや
178わが(たま)はよし(ほろ)ぶともこの(おも)
179いや次々(つぎつぎ)(つた)へて()まじ』
180 顕津男(あきつを)(かみ)
181()(かみ)神言(みこと)(そむ)くと()りながら
182いとしの(きみ)(たす)けむと(おも)
183如何(いか)ならむ(つみ)(しづ)むも比女神(ひめがみ)
184(まこと)にむくゆと(こころ)(さだ)めし
185村肝(むらきも)(こころ)やすかれ(いま)よりは
186なが真心(まごころ)(うべな)ひまつるも』
187 ()(うた)(たま)ふや一天(いつてん)(たちま)()(わた)り、188()(くる)湖原(うなばら)(にはか)(かがみ)(ごと)くをさまりて、189満月(まんげつ)(ひかり)皎々(かうかう)として、190さしもに(ひろ)湖面(こめん)(さら)なり、191目路(めぢ)(とほ)国原(くにばら)(くま)なく()らし(たま)ひける。
192昭和八・一〇・二四 旧九・六 於水明閣 加藤明子謹録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)