霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一七章 真言(まこと)(ちから)(二)〔一八八五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第74巻 天祥地瑞 丑の巻 篇:第2篇 真鶴新国 よみ:まなづるしんこく
章:第17章 真言の力(二) よみ:まことのちから 通し章番号:1885
口述日:1933(昭和8)年10月27日(旧09月9日) 口述場所:水明閣 筆録者:森良仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年1月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
従者の神々はさらに、御子誕生を祝い、そして国生みの神である玉野比女との神業への期待を歌った。
一行は駒に乗り、玉野の森の聖所をさして進んでいった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 232頁 修補版: 校定版:267頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 産玉(うぶだま)(かみ)は、002()(わた)湖面(こめん)(うつ)天津日影(あまつひかげ)()(あふ)ぎ、003四方(よも)光景(くわうけい)讃美(さんび)しながら、004御歌(みうた)うたはせ(たま)ふ。
005久方(ひさかた)(あめ)()れたり荒金(あらがね)
006()はよみがへる真鶴(まなづる)(くに)
007()(かみ)()さし(たま)ひし天国(てんごく)
008(さま)ありありとわが()()くるも
009(すさ)まじく(なみ)逆巻(さかま)きし湖原(うなばら)
010()(わた)りたる(かがみ)(うみ)はも
011月影(つきかげ)(くさ)にしのべど天津(あまつ)()
012豊栄昇(とよさかのぼ)(わか)国原(くにばら)
013鳳凰(ほうわう)(たか)(つばさ)(あめ)()
014(つる)(すが)しく()(わた)(くに)
015(うみ)()真白(ましろ)()めて白鳥(しらとり)
016(あそ)べる姿(すがた)はわが()にさやけし
017(うみ)(あを)(そら)(あを)にも()まらずに
018あはれ白鳥(しらとり)(なみ)(およ)げる
019白鳥(しらとり)湖面(こめん)(あそ)(さま)()れば
020(はちす)(はな)()けるがに(おも)
021(とほ)(ちか)(なみ)(うか)べる白鳥(しらとり)
022(かぎ)りも()らぬ今朝(けさ)(よろこ)
023国土(くに)(いま)(わか)くはあれど瑞御霊(みづみたま)
024()でます大野(おほの)(さか)えの(いろ)()
025天地(あめつち)(なか)にこんもり(うか)びたる
026玉野(たまの)(もり)(みどり)さやけし
027瑞御霊(みづみたま)生代(いくよ)比女神(ひめがみ)真心(まごころ)
028(あは)(かがみ)御子(みこ)(はら)みましぬ
029目出度(めでた)さの(かぎ)りなりけり産玉(うぶだま)
030(かみ)(いさを)御子(みこ)(まも)らむ
031安々(やすやす)()みます吉日(よきひ)寿(ことほ)ぎて
032産玉神(うぶだまがみ)御歌(みうた)まゐらす
033永久(とこしへ)()れます御子(みこ)(さき)くませ
034まさきくまして()()かしませよ
035千早(ちはや)()(かみ)()さしに()れませる
036御子(みこ)はくはしく(さか)しくましませ
037瑞御霊(みづみたま)(かみ)(つか)へて(われ)(いま)
038御子(みこ)(はら)みます吉日(よきひ)にあひぬる
039真鶴(まなづる)(わか)国原(くにばら)(かた)めむと
040経綸(しぐみ)御子(みこ)宿(やど)りましけむ
041久方(ひさかた)(そら)(あを)みに()()りて
042今日(けふ)(たの)しき(さち)にあふかな
043久方(ひさかた)御空(みそら)(たか)(うみ)(ふか)
044(みづ)御霊(みたま)(めぐみ)はあつし
045(ひろ)(あつ)大御心(おほみこころ)()らしまして
046生代(いくよ)比女(ひめ)()かし(たま)へり
047生代比女(いくよひめ)(かみ)今日(けふ)より御腹(みはら)なる
048御子(みこ)朝夕(あさゆふ)(こころ)(くば)らせ(たま)
049この御子(みこ)()れます(うへ)真鶴(まなづる)
050(わか)国原(くにばら)いや(さか)ゆべし
051御供(おんとも)(つか)へて(とほ)(わた)りこし
052(われ)(はじ)めて生甲斐(いきがひ)(おも)
053産玉(うぶだま)(かみ)(つかさ)()けられて
054(うみ)御霊(みたま)御子(みこ)(まも)らむ
055神々(かみがみ)(はら)ます御子(みこ)(たひら)かに
056いと(やす)らけく()ませ(まつ)らむ
057産玉(うぶだま)(かみ)なる(われ)(うぶ)(かみ)
058万代(よろづよ)までも産子(うぶこ)(まも)らむ
059天地(あめつち)(なか)(うま)れし真鶴(まなづる)
060(わか)国原(くにばら)()れます御子(みこ)はも
061大空(おほぞら)天津(あまつ)()(かがや)()(うへ)
062百草(ももぐさ)()ゆる稚国原(わかくにばら)
063はしけやし真鶴(まなづる)(くに)中空(なかぞら)
064神代(みよ)(いは)ひて鳳凰(ほうわう)()ふなり
065玉野森(たまのもり)常磐(ときは)(まつ)(しげ)()
066御子(みこ)(そだ)つる真鶴(まなづる)(むれ)
067八十日日(やそかひ)はあれども今日(けふ)生日(いくひ)こそ
068ためしもあらぬ(よろこ)びに()つるも
069(ねがは)くは千代(ちよ)万代(よろづよ)(さか)えませ
070真鶴(まなづる)()()ひし国原(くにばら)
071 魂機張(たまきはる)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
072『たまきはる生命(いのち)(かぎ)天地(あめつち)
073真言(まこと)(みち)(われ)(つか)へむ
074(はら)ませる御子(みこ)生命(いのち)永久(とこしへ)
075(まも)()かさむ魂機張(たまきはる)(かみ)
076一片(ひとひら)のあだ(ぐも)もなく()みきらふ
077御空(みそら)(した)()つる(よろこ)
078洋々(やうやう)()(わた)りたる(うみ)()
079()()(あそ)べる白鳥(しらとり)あはれ
080天地(あめつち)寿(ことほ)ぎますか中空(なかぞら)
081真鶴(まなづる)鳳凰(ほうわう)()ひつ(あそ)びつ
082九皐(きうかう)(きよ)(ひび)ける真鶴(まなづる)
083(こゑ)(うま)るる千歳(ちとせ)(よろこ)
084(いさ)ましき姿(すがた)なりけり(うみ)()
085(こま)()(なら)(わた)らす姿(すがた)
086竜頭(りうとう)(ゆたか)()ちて(なみ)()
087(すす)ませ(たま)ひし女神(めがみ)(たふと)
088瑞御霊(みづみたま)あとに(したが)駿馬(はやこま)
089(よる)湖原(うなばら)やすく(わた)りし
090駿馬(はやこま)(いなな)今朝(けさ)殊更(ことさら)
091()みきらひつつ朝日(あさひ)はかがよふ
092若楊(わかやぎ)(かぜ)(かみ)をば(くしけづ)
093姿(すがた)生代(いくよ)比女(ひめ)()たるも
094青苔(せいたい)(なみ)(あら)ひて天津風(あまつかぜ)
095おもむろに()玉野湖(たまのうみ)はも
096次々(つぎつぎ)(みぎは)(ひろ)くなりにつつ
097(うみ)水量(みづかさ)ひきくなりゆく
098瑞御霊(みづみたま)国土(くに)(つく)りますしるしにや
099つぎつぎかわく玉野湖(たまのみづうみ)
100そよと()(かぜ)にも(なび)葭葦(よしあし)
101(もつ)れて()くる天地(あめつち)(みち)
102(もつ)()(から)()ひつつ(よし)(あし)
103天地(てんち)水火(いき)をささやきてをり
104さらさらと(あし)()(わた)(かぜ)(おと)
105のりて(にほ)へる白梅(しらうめ)(かをり)
106白梅(しらうめ)所狭(ところせ)きまで玉野森(たまのもり)
107彼方此方(かなたこなた)(わら)へる目出度(めでた)
108白梅(しらうめ)(はな)(すが)しも(かんば)しも
109生代(いくよ)比女(ひめ)(よそほ)ひに()
110白梅(しらうめ)(はな)(くちびる)()(てふ)
111(こころ)やさしき瑞御霊(みづみたま)かも
112()(あふ)御空(みそら)(きよ)()みきらひ
113()青草(あをぐさ)()ゆる楽土(らくど)
114()かる()()かる神業(みわざ)(つか)ふるも
115(かみ)のたまひし(さち)なりにけり
116まだ国土(くに)(わか)くあれども(あま)(わた)
117月日(つきひ)(かげ)はさやけかりけり
118くはし御子(みこ)(いま)御腹(みはら)宿(やど)りまして
119国土(くに)(はしら)()ちます(たふと)
120たまきはる御子(みこ)生命(いのち)永久(とこしへ)
121(まも)りて(われ)(つか)(まつ)らむ
122(やま)()()()らひたる()(かみ)
123(めぐみ)(つゆ)(さか)ゆる神等(かみたち)
124 結比合(むすびあはせ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
125久方(ひさかた)天津高宮(あまつたかみや)()(わた)
126スの言霊(ことたま)()(ひび)くなり
127言霊(ことたま)(すが)しき水火(いき)(むす)(あは)
128()れます真鶴(まなづる)(くに)のさやけさ
129愛善(あいぜん)天界(てんかい)なれば夜嵐(よあらし)
130生言霊(いくことたま)()()みにける
131恋雲(こひぐも)(ふか)(つつ)みし比女神(ひめがみ)
132(こころ)()れぬ生言霊(いくことたま)
133天津真言(あまつまこと)(こも)らずあれば言霊(ことたま)
134水火(いき)(くも)りて(つゆ)だも()らず
135一時(ひととき)のなだめ言葉(ことば)久方(ひさかた)
136天津真言(あまつまこと)水火(いき)にかなはず
137瑞御霊(みづみたま)なだめの言葉(ことば)()()して
138天津真言(あまつまこと)比女(ひめ)()かせり
139毛筋(けすぢ)ほども(いつは)りのなき天界(てんかい)
140その()のがれの言葉(ことば)(ふさ)はず
141目前(まのあたり)(われ)真言(まこと)言霊(ことたま)
142(ちから)()たり(ひかり)(をが)めり
143久方(ひさかた)天津真言(あまつまこと)国津真言(くにつまこと)
144(むす)(あは)せて(さか)ゆる(みち)なり
145天津(あまつ)()豊栄昇(とよさかのぼ)神国(かみくに)
146如何(いか)(ゆる)さむなだめ言葉(ことば)
147善悪(よしあし)差別(けぢめ)をただし天地(あめつち)
148(かみ)(みちび)()なれば(やす)
149水火(いき)水火(いき)(むす)(あは)せの(かみ)となり
150国土生(くにう)神生(かみう)みの神業(みわざ)(まも)らむ』
151 美味素(うましもと)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
152『スの(こゑ)言霊(ことたま)外字(うまら)()()げて
153この稚国土(わかぐに)(ひら)(かた)めむ
154美味素(うましもと)(かみ)(あらは)(われ)(いま)
155真鶴国(まなづるくに)真秀良場(まほらば)()
156真鶴(まなづる)(くに)真秀良場(まほらば)玉野森(たまのもり)
157国土(くに)()みますと()たせる女神(めがみ)
158玉野森(たまのもり)常磐(ときは)(まつ)(しろ)きまで
159()ぐへる(つる)(こゑ)()みきらふ
160真鶴(まなづる)(ただ)一声(ひとこゑ)のひびかひに
161(しづ)まりかへる百千鳥(ももちどり)かも
162(よる)(うみ)(こま)()()(わた)()
163()大神(おほかみ)(めぐみ)(おも)
164()(かみ)()ませ(たま)ひし国原(くにばら)
165邪曲(まが)(たけ)びの如何(いか)であるべき
166村肝(むらきも)(こころ)(くも)りて邪曲(まが)()
167(わざはひ)()神代(みよ)なりにけり
168神々(かみがみ)(まよ)ひの水火(いき)(あつま)りて
169天地(あめつち)水火(いき)(けが)すは(おそろ)し』
170 真言厳(まこといづ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
171(いか)しくも雄々(をを)しくもあるか瑞御霊(みづみたま)
172雄心(をごころ)()りて御子(みこ)(はら)みませり
173生代比女(いくよひめ)(かみ)真言(まこと)(あらは)れて
174(みづ)御霊(みたま)(つゆ)宿(やど)せり
175万代(よろづよ)(すゑ)(すゑ)まで(ひか)るらむ
176これの目出度(めでた)神嘉言(かむよごと)かも
177(くさ)()生言霊(いくことたま)(なび)きつつ
178(はな)()()ちて()(わた)国土(くに)
179そよと()科戸(しなど)(かぜ)(かんば)しさ
180経綸(しぐみ)(はな)()()てる国土(くに)
181白梅(しらうめ)(はな)(よそほ)岐美(きみ)()
182今日(けふ)湖畔(こはん)(すが)しき(なが)めよ
183()(かぎ)大野(おほの)(はら)()(わた)
184真鶴山(まなづるやま)(そら)(そび)えつ
185国中比古(くになかひこ)(かみ)(いさを)真鶴(まなづる)
186(やま)常磐樹(ときはぎ)(しげ)らへるかも』
187 一行(いつかう)神々(かみがみ)(よろこ)びに()ち、188天地(てんち)光景(くわうけい)讃美(さんび)しながら、189(ふたた)(こま)()(またが)り、190程遠(ほどとほ)からぬ玉野(たまの)(もり)聖所(すがど)をさして(すす)ませ(たま)ふぞ(いさ)ましき。
191昭和八・一〇・二七 旧九・九 於水明閣 森良仁謹録)