霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 玉野(たまの)神丘(みをか)〔一八八七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第74巻 天祥地瑞 丑の巻 篇:第2篇 真鶴新国 よみ:まなづるしんこく
章:第19章 第74巻 よみ:たまののみおか 通し章番号:1887
口述日:1933(昭和8)年10月27日(旧09月9日) 口述場所:水明閣 筆録者:林弥生 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年1月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
一行は、玉野の森の白砂の上を馬に乗って、ようやく玉野比女の館のある丘に着いた。
玉野丘と言われる平坦な高台の聖地である。
顕津男の神が丘のふもとから見上げると、丘の上には紅・白・紫・黄・青の五色の幔幕が張りまわされており、尊い神がご降臨されている様子であった。
顕津男の神は、なるほど、それで玉野比女が出迎えに来られなかったのか、と歌を歌う。後から来た生代比女は、どうやら主の神がご降臨されているらしい、と顕津男の神に歌いかける。後から来た神々は、丘の厳かな様子にいっせいに馬を下りた。
従者神たちが述懐歌を歌っていると、玉野比女が大麻を手に悠然として現れた。玉野比女は、顕津男の神を待ちかねて老いてしまったこと、今まさに主の神がご降臨されて、顕津男の神をお待ちになっていることを告げる。
玉野比女と生代比女は対面する。玉野比女は、生代比女が自分の代わりに御子を身ごもったのは、神の神言によってであったと述懐し、ともに神国を作ろうと呼びかける。
玉野比女に仕える本津真言の神・待合比古の神は、瑞の御霊来着の喜びを歌う。
一方、顕津男の神の従者神たちは、主の神のご降臨をかしこみ、丘のふもとで神言を奏上していた。一行は、大神のご降臨とは知らずに馬で聖地を汚してしまったことを悔い、いったん森の入り口まで戻った。そして清水に身を清めてから徒歩で戻ってくると、もうあくる日の夕方になっていた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7419
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 242頁 修補版: 校定版:305頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 白梅(しらうめ)(かを)玉野(たまの)(もり)白砂(はくしや)を、002(こま)(ひづめ)()みなづみながら、003老松(らうしよう)(かげ)(くぐ)りて、004(やうや)玉野比女(たまのひめ)(かみ)(しづ)まり(たま)聖所(すがど)()(たま)ふ。
005 この(をか)は、006玉野丘(たまのをか)(しよう)し、007南北(なんぼく)一里(いちり)008東西(とうざい)二里(にり)にわたる平坦(へいたん)高地(かうち)にして、009白銀(しろがね)(すな)は、010天津(あまつ)()()りかがよひ、011神苑(みその)(つつ)める常磐樹(ときはぎ)蜿蜒(ゑんえん)として(えだ)(まじ)へ、012紫微天界(しびてんかい)(すゐ)(あつ)めたるばかり(おも)はるる聖所(すがど)なりける。
013 顕津男(あきつを)(かみ)は、014(やま)(ふもと)(こま)()()(たま)ひ、015(をか)(うへ)をふりさけ見給(みたま)ふに、016(あか)017(しろ)018(むらさき)019()020(あを)五色(ごしき)幔幕(まんまく)()(まは)され、021何事(なにごと)(たふと)(かみ)御降臨(ごかうりん)ありし様子(やうす)なり。022(ここ)顕津男(あきつを)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
023国土(くに)()むと(こま)(またが)()()れば
024箒目(ははきめ)(ただ)しく(きよ)められあり
025何神(なにがみ)天降(あも)りますかは()らねども
026いと(たふと)くぞ(おも)はれにける
027玉野比女(たまのひめ)わが()()ちをよそにして
028出迎(でむか)へまさぬは(わけ)あるらしも
029ともかくも(つつし)みいやまひこの(をか)
030(こころ)(きよ)めて(のぼ)()むかな』
031 ()(うた)(たま)(をり)しも、032(こま)(はや)めて()(きた)りし生代比女(いくよひめ)(かみ)は、033ひらりと(こま)()()り、034御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
035瑞御霊(みづみたま)(はや)くも此処(ここ)()ませるよ
036(われ)(いそ)ぎて(あと)()ひまつりぬ
037この聖所(すがど)()大神(おほかみ)天降(あも)りますか
038いと(おごそ)かに(おも)はるるなり
039神生(かみう)みの神業(みわざ)(つか)へし(われ)にして
040岐美(きみ)(おく)れむ(こと)をはぢけり
041()(かみ)天降(あも)りますにや()(かぜ)
042かをり(たへ)なり白梅(しらうめ)(をか)
043いざさらば(さき)()ちませわれこそは
044御後(みあと)(したが)御山(みやま)(のぼ)らむ』
045 ()(うた)(たま)(をり)しも、046遠見男(とほみを)(かみ)一行(いつかう)(その)()神々(かみがみ)は、047(やうや)()けつけ(たま)ひ、048一斉(いつせい)(こま)()()り、049老松(らうしよう)(えだ)手綱(たづな)(むす)びつけ、050(いき)(やす)ませながら、051遠見男(とほみを)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
052(みち)(とほ)白駒(しろこま)かけて(やうや)くに
053岐美(きみ)在所(ありか)をさぐり()にけり
054何神(なにがみ)天降(あも)りますにやこの聖所(すがど)
055(そら)()(かぜ)(たへ)にかをれり
056真鶴(まなづる)(くに)真秀良場(まほらば)この聖所(すがど)
057国土生(くにう)(たま)ふにふさはしきかも
058此処(ここ)にして(くに)御柱(みはしら)たて(たま)
059真鶴国(まなづるくに)(をさ)(たま)ふか
060この(をか)(しげ)れる常磐(ときは)松並木(まつなみき)
061すぐれて(ふと)(さか)えけるかも
062松毎(まつごと)千歳(ちとせ)(つる)()ぐひたる
063この清丘(すがをか)(かみ)御舎(みあらか)
064()(かみ)天降(あも)りましたる心地(ここち)して
065(のぼ)りなづみぬこの清丘(すがをか)を』
066 圓屋比古(まるやひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
067如何(いか)ならむ(たふと)(かみ)天降(あも)りますか
068わが(あし)さへも(ちぢ)まりにけり
069稜威(いづ)(たか)(かみ)(しづ)まる(かみ)(をか)
070わけは()らねど(われ)(かしこ)みぬ
071()(かぜ)(おだや)かにしてわが(おも)
072(すが)しく()らす木洩陽(こもれび)のかげ』
073 ()(うた)(たま)(をり)しも、074玉野比女(たまのひめ)(かみ)大麻(おほぬさ)()にしながら、075悠然(いうぜん)として(あらは)(たま)ひ、076御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
077岐美(きみ)()ちて気永(けなが)くなりし玉野比女(たまのひめ)
078常磐(ときは)(まつ)(とも)()いぬる
079神生(かみう)みの神業(みわざ)(つか)ふと永年(ながとせ)
080岐美(きみ)()ちかねて()いにけらしな
081幾万里(いくまんり)荒野(あらの)をわたり()()ます
082岐美(きみ)真心(まごころ)(うれ)しかりける
083幾度(いくたび)指折(ゆびを)(かぞ)へよき月日(つきひ)
084()甲斐(かひ)ありて岐美(きみ)()ふかも
085()(かみ)はいと(おごそ)かに天降(あも)りまし
086奥殿(おくでん)(ふか)(のぞ)ませ(たま)へり
087いざさらば顕津男(あきつを)(かみ)(のぼ)りませ
088われは御前(みまへ)にたちて(つか)へむ』
089 顕津男(あきつを)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
090千万里(せんまんり)大野(おほの)をわたり公許(きみがり)
091今日(けふ)(やうや)(たづ)()つるも
092(こけ)むして(かみ)さびたてる老松(らうしよう)
093かげをし()れば(きみ)(しの)ばゆ
094姫小松(ひめこまつ)はや老松(らうしよう)(さか)ゆまで
095()たせる(きみ)をいとしみ(おも)
096かくならば神生(かみう)()さむ(すべ)もなし
097(こころ)(あは)せて国土(くに)()まむか
098生代比女(いくよひめ)(われ)(むか)へて(うづ)御子(みこ)
099(はら)ませ(たま)へり(きみ)(かは)りて』
100 生代比女(いくよひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
101(おと)()玉野(たまの)比女(ひめ)御姿(みすがた)
102(たふと)(すが)しさ(かしこ)みまつる
103真鶴(まなづる)(やま)(せい)より()()でで
104(われ)御子生(みこう)みの(わざ)(つか)へし』
105 玉野比女(たまのひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
106(あい)らしき生代(いくよ)比女(ひめ)(こころ)かな
107(こころ)(やす)かれ(われ)(いは)はむ
108神業(かむわざ)(はた)(たま)ひし生代比女(いくよひめ)
109(かみ)神言(みこと)(たふと)しと(おも)
110(いま)よりは御腹(みはら)御子(みこ)(はごく)みて
111ともに神国(みくに)(つく)らむと(おも)ふ』
112 生代比女(いくよひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
113有難(ありがた)玉野(たまの)比女(ひめ)御言葉(おんことば)
114いくよの(すゑ)まで(わす)れざるべし
115国魂(くにたま)(かみ)(はら)みし(われ)にして
116(きみ)言葉(ことば)有難(ありがた)(おも)ふ』
117 顕津男(あきつを)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
118『けなげなる玉野(たまの)比女(ひめ)言葉(ことば)かな
119(われ)はいふべき(こと)()()
120ともかくも玉野(たまの)比女(ひめ)(したが)ひて
121この清丘(すがをか)(すす)(のぼ)らむ』
122 玉野比女(たまのひめ)(かみ)御供(みとも)(つか)へまつり、123此処(ここ)(あらは)(たま)本津真言(もとつまこと)(かみ)は、124御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
125(われ)こそはウ(ごゑ)()れし本津真言(もとつまこと)(かみ)
126今日(けふ)(うれ)しくも岐美(きみ)(むか)へし
127比女神(ひめがみ)()ちに()たせる瑞御霊(みづみたま)
128(むか)ふる今日(けふ)(うれ)しかりけり
129はろばろと荒野(あらの)をわたり(うみ)()
130()ませる岐美(きみ)(たふと)(おも)
131()(かみ)天降(あも)りましける聖所(すがどこ)
132()かせる岐美(きみ)雄々(をを)しき(かみ)はも
133真鶴(まなづる)(くに)のひらけし(はじ)めより
134かかる目出度(めでた)(ためし)はあらじ
135()(かみ)天降(あも)りましまし瑞御霊(みづみたま)
136此処(ここ)()れます今日(けふ)目出度(めでた)
137玉野比女(たまのひめ)岐美(きみ)(むか)へむとおぼせども
138大神(おほかみ)のみそば(はな)れかねつつ
139はろばろと岐美(きみ)()でまし出迎(でむか)への
140(おく)れし(つみ)(ゆる)させ(たま)
141玉野比女(たまのひめ)(かみ)(かは)りて(いま)此処(ここ)
142ことわけのぶる本津真言(もとつまこと)(かみ)よ』
143 待合比古(まちあはせひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
144(あさ)まけて()大神(おほかみ)(くだ)りまし
145(みづ)御霊(みたま)(いま)()れましぬ
146愛善(あいぜん)紫微天界(しびてんかい)真秀良場(まほらば)
147今日(けふ)(うれ)しも神々(かみがみ)(むか)へて
148いざさらば玉野(たまの)比女(ひめ)(みちび)きに
149(のぼ)らせ(たま)へこの清丘(すがをか)へ』
150 顕津男(あきつを)(かみ)は、
151有難(ありがた)三柱神(みはしらがみ)()(むか)
152(あつ)(こころ)(われ)(うれ)しむ』
153(うた)(たま)ひつつ、154しづしづと緩勾配(くわんこうばい)丘道(をかみち)(のぼ)らせ(たま)へば、155遠見男(とほみを)(かみ)以下(いか)神々(かみがみ)は、156()(かみ)御降臨(ごかうりん)()きて(かしこ)み、157(やま)(のぼ)(くち)両掌(りやうて)(あは)神言(かみごと)奏上(そうじやう)しながら、158(とき)(いた)るを()たせ(たま)ひける。
159 遠見男(とほみを)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
160(おも)ひきや(みづ)御霊(みたま)(つか)()
161()大神(おほかみ)天降(あも)りにあふとは
162()(かみ)天降(あも)(たま)ひしこの(くに)
163いやますますに(さか)えますらむ
164鬱蒼(うつさう)(てん)(ふう)じてそそり()
165常磐樹(ときはぎ)(もり)によき(こと)()くも
166かくならば吾等(われら)(つつし)(かしこ)みて
167()大神(おほかみ)(きよ)(いの)らむ』
168 圓屋比古(まるやひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
169老松(らうしよう)四方(よも)をかしこみしこの(もり)
170かかる目出度(めでた)(おも)はざりけり
171()(かみ)天降(あも)(たま)ひしこの(をか)
172(むらさき)(くも)棚引(たなび)きにけり
173五色(いついろ)(まく)(すが)しく()(まは)
174()大神(おほかみ)(いつ)きたるらし
175この(まく)()ゆる(すべ)なきわが御魂(みたま)
176まだ()れやらぬ(こころ)(くも)りに
177智慧証覚(ちゑしようかく)(いま)()らねば()(かみ)
178まみえむ(すべ)()きが(かな)しき
179久方(ひさかた)(あめ)より(くだ)りし()(かみ)
180(いさを)(をが)(をか)(ふもと)に』
181 多々久美(たたくみ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
182智慧証覚(ちゑしようかく)よし(おと)るとも真心(まごころ)
183(ひかり)しあらばのぼり()べけむ
184よしやよしわが真心(まごころ)()らずとも
185神国(みくに)(おも)(こころ)(たふと)
186さりながら(みづ)御霊(みたま)大神(おほかみ)
187御許(みゆる)しなくばのぼる(みち)なし
188玉野比女(たまのひめ)(みづ)御霊(みたま)生代比女(いくよひめ)
189生言霊(いくことたま)をのべて(かへ)らせり
190神々(かみがみ)一言(ひとこと)だにもかけまさず
191(かへ)(たま)ひし(こと)のうたてさ
192真心(まごころ)(ひかり)(いま)だこの(をか)
193のぼらむ(ちから)()きぞうたてき』
194 宇礼志穂(うれしほ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
195『うれしくもこの清丘(すがをか)(ふもと)まで
196御供(みとも)(つか)へしわが(さち)(おも)
197言霊(ことたま)()みきりあへぬ(われ)にして
198これの聖所(すがど)(きた)りしを(よろこ)
199老松(らうしよう)のかげに(こころ)(きよ)めつつ
200この真清水(ましみづ)にうつしてや()
201あちこちに(たま)(あら)へと真清水(ましみづ)
202()()でにける(かみ)(いさを)
203幾何(いくばく)御手洗池(みたらしいけ)のある(なか)
204ただによぎりし(こと)のくやしさ
205わが(きた)(みぎ)りと(ひだり)()()でし
206清水(しみづ)(たま)(あら)真清水(ましみづ)
207 美波志比古(みはしひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
208宇礼志穂(うれしほ)(かみ)言霊(ことたま)()らされて
209われ()づかしくなりにけらしな
210()(きよ)(たま)(あら)ひて(すす)むべき
211真清水(ましみづ)(いけ)(とほ)()しかも
212黙々(もくもく)(かみ)(をしへ)()(たま)
213(たま)(あら)へと清水(しみづ)()かせり
214瑞御霊(みづみたま)御供(みとも)(つか)へてしらずしらず
215わが魂線(たましひ)(たか)ぶりにけむ』
216 産玉(うぶだま)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
217幾百(いくひやく)(かぎ)りもしらぬ玉野池(たまのいけ)
218かたへをただに(とほ)りしを()
219この(もり)のあらむ(かぎ)りの真清水(ましみづ)
220(いけ)(もと)めて(たま)(あら)はばや
221取返(とりかへ)しならぬ(あやま)()しにけり
222この御手洗(みたらし)(かろ)()なしつ
223(おのづか)(もり)樹蔭(こかげ)()きし(みづ)
224(かろ)(おも)ひしことを(いま)()ゆ』
225 魂機張(たまきはる)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
226『たまきはる生命(いのち)清水(しみづ)()ながらに
227(すく)はむ(みち)(わす)れゐたりき
228()(さき)をただ(いそ)ぎつつ()(した)
229清水(しみづ)をよそにわが()つるかも
230()(かみ)天降(あも)りましたるこの(もり)
231(きよ)御魂(みたま)(すす)むべきのみ
232玉野森(たまのもり)馬蹄(ばてい)にけがせしわが(つみ)
233(ゆる)させ(たま)()大御神(おほみかみ)
234 結比合(むすびあはせ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
235『いざさらば元来(もとき)(みち)引返(ひきかへ)
236(こま)(とど)めて徒歩(かち)(ある)きせむ
237()(かみ)今日(けふ)のよき()天降(あも)りますを
238()らず(すす)みし迂濶(うくわつ)さを()ゆ』
239 美味素(うましもと)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
240常磐樹(ときはぎ)(まつ)(すが)しく()(つる)
241(われ)をいましむ神声(みこゑ)なりけり
242(おろか)しき(われ)(おも)へば()づかしく
243(みづ)御霊(みたま)にまみえむ(すべ)なし
244瑞御霊(みづみたま)生代(いくよ)比女(ひめ)(われ)(あと)
245かけ()でましし御心(みこころ)(さと)りぬ
246(いま)となり(みづ)御霊(みたま)御心(みこころ)
247(おも)ひはかりて()づかしくなりぬ
248何時(いつ)()にかわが魂線(たましひ)(たか)ぶりて
249(みそぎ)(わざ)(わす)れゐたるよ
250()(かみ)天降(あも)りましたるこの(もり)
251(うま)(ひづめ)にけがせし(かな)しさ』
252 真言厳(まこといづ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
253(いま)となりて(われ)()づかしくなりにけり
254真言(まこと)いづみの(みそぎ)(わす)れて
255いざさらば神々(かみがみ)たちよ(こま)()めて
256元来(もとき)(みち)引返(ひきかへ)()
257この(もり)(そと)()()数多(かずおほ)
258(いづみ)御魂(みたま)(あら)ひて(すす)まむ』
259 ()神々(かみがみ)は、260(うま)(ひづめ)()らず()らず聖所(すがど)(けが)せし(こと)()い、261一目散(いちもくさん)元来(もとき)(みち)引返(ひきかへ)し、262(こま)玉野(たまの)(もり)入口(いりぐち)(とほ)(つな)()き、263(おの)(おの)真清水(ましみづ)()(きよ)(こころ)(きよ)め、264天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)し、265(ふたた)()(かみ)天降(あも)ります(をか)()して、266真砂(まさご)(あし)()みなづみつつ、267(その)(あく)()黄昏(たそが)るる(ころ)268(から)うじて(をか)(ふもと)()(たま)ひける。
269昭和八・一〇・二七 旧九・九 於水明閣 林弥生謹録)