霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二四章 (まこと)化身(けしん)〔一八九二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第74巻 天祥地瑞 丑の巻 篇:第3篇 玉藻霊山 よみ:たまもれいざん
章:第24章 第74巻 よみ:まことのけしん 通し章番号:1892
口述日:1933(昭和8)年10月30日(旧09月12日) 口述場所:水明閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年1月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
本津真言の神が大幣を打ち振りながら先頭にたち、宮の階段を登っていった。顕津男の神はその後に従い、階段の最上段にうずくまって神言をあげ、大神のご託宣を願った。
しかし、大神からの神宣はいつまでたってもこなかった。
次に、玉野比女が宣旨の願いを歌に込めて歌ったが、何も起こらなかった。
続いて、生代比女が祈りの歌を歌ったが、やはり何も起こらない。
待合比古の神の後、最後に力充男の神が歌った。力充男の神は、本津真言の神こそが、主の神の御化身であったのだ、と悟りの歌を歌う。
この歌に、顕津男の神・玉野比女の神・生代比女の神・待合比古の神は驚いて、まず力充男の神へ敬拝し、そして本津真言の神の前にひざまずいて不礼を謝った。
神々が主神である本津真言の神に歌を歌う間、本津真言の神は厳然としていたが、その顔はますます輝いた。その間、不思議にも一言も言葉を発することはなかった。
最後に、力充男の神が、瑞御霊の御神業を助けて国造りをしようと誓いの歌を歌うと、主の神の化身である本津真言の神は、望みどおり国造りを助けよう、と歌うと、たちまち天から迎え来た紫紺の雲に包まれて、天空へと帰って行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7424
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 269頁 修補版: 校定版:407頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 本津真言(もとつまこと)(かみ)は、002(とき)(いた)れりと先頭(せんとう)()大幣(おほぬさ)()ちふり、003(には)()(きよ)めながら、004(みや)階段(かいだん)をしづしづ(のぼ)(たま)へば、005顕津男(あきつを)(かみ)御後(みしりへ)(したが)ひ、006階段(かいだん)最上段(さいじやうだん)(うづくま)りて神言(かみごと)()らせ(たま)ふ。
 
007()(まく)(あや)(かしこ)き、008()大神(おほかみ)天降(あも)らせ(たま)玉藻ケ丘(たまもがをか)聖所(すがど)に、009大宮柱(おほみやはしら)太知(ふとし)()て、010高天原(たかあまはら)千木高知(ちぎたかし)れる(これ)聖宮(すがみや)に、011今日(けふ)()()()(とき)を、012天降(あも)(たま)ひし、013大御神(おほみかみ)神言(みこと)()ひのみまつりて、014まだ国土(くに)(わか)真鶴(まなづる)荒野原(あらのはら)(ひら)(かた)めむとす。015(あふ)(ねが)はくは()大御神(おほみかみ)生言霊(いくことたま)御稜威(みいづ)(さちは)(たま)ひて、016太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)()さし(たま)へる神業(みわざ)を、017〓(うまら)委曲(つばら)(まも)(たす)け、018紫微天界(しびてんかい)(みなみ)(くに)国津柱(くにつはしら)()ましめ(たま)へ。019(かしこ)くも紫微(しび)宮居(みやゐ)()()でて、020四方(よも)荒野原(あらのはら)国土生(くにう)神生(かみう)みの(わざ)(つか)へまつるとすれど、021(われ)はもとより言霊(ことたま)(ちから)(まつた)からねば(おも)ふに(まか)せず、022御依(みよ)さしの(わざ)もはかどりまつらず、023(おそ)(つつし)(あさ)(ゆふ)なに我身(わがみ)(かへり)みつつ(つか)へまつる(こと)のよしを、024(たひら)けく(やす)らけく(きこ)()して、025わが願言(ねぎごと)(うべな)(たま)へ、026国土(くに)(つく)神業(みわざ)につきても、027わが(たら)はぬ(ところ)(たし)(をし)(みちび)(たま)ひて、028()(まも)()(まも)りに(まも)(さちは)(たま)へ、029大御神(おほみかみ)大神言(おほみこと)()()かし(たま)へと、030(つつし)(ゐやま)(かしこ)(かしこ)みも(まを)す』
 
031 顕津男(あきつを)(かみ)大御前(おほみまへ)()()して、032祝詞(のりと)(かしこ)申上(まをしあ)(たま)へども、033()大神(おほかみ)御心(みこころ)如何(いか)にましますか、034(なん)神宣(みことのり)(くだ)(たま)はず、035寂然(せきぜん)として(まつ)()くそよ(かぜ)(おと)もなく、036(しづ)まりかへれるぞ不思議(ふしぎ)なれ。037(ここ)顕津男(あきつを)(かみ)(おそ)れみ(つつし)み、038御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
039『かけまくも(かしこ)きこれの大神(おほかみ)
040神言(みこと)たまはれ国土(くに)(つく)るため
041御依(みよ)さしの国土生(くにう)神生(かみう)朝夕(あさゆふ)
042(つか)へてなほもおそれ()ぢらふ
043わがなさむ(わざ)(ことごと)()(かみ)
044御旨(みむね)のままに(つか)へまつるも
045真鶴(まなづる)国土(くに)(わか)ければ()(かみ)
046御水火(みいき)(たす)けに(かた)めむと(おも)
047(ねがは)くは(いづ)言霊(ことたま)()れたまひ
048わがゆく(みち)(しめ)したまはれ
049玉野比女(たまのひめ)(かみ)神言(みこと)神生(かみう)みの
050(わざ)(おく)れましわが(つみ)にして
051ためらへる(あひだ)年月(としつき)うつりつつ
052神業(みわざ)(おこた)りし(われ)()いまつる
053大神(おほかみ)御心(みこころ)(くも)らせ(たてまつ)
054わが(おこた)りをゆるさせたまへ
055(ちから)なき(われ)にしあれば大神(おほかみ)
056()けの(なかば)もならぬを(おそ)
057一言(ひとこと)生言霊(いくことたま)をたまへかし
058膝折(ひざを)()せて()ひのみまつるも
059鹿児自物(かごじもの)膝折(ひざを)りふせて宇自物(うじもの)(われ)
060頸根(うなね)突貫(つきぬ)()ひのみまつる
061小雄鹿(さをしか)(みみ)()()てて(きこ)()
062わが国土生(くにう)みの太祝詞(ふとのりごと)を』
063 ()真心(まごころ)をこめて顕津男(あきつを)(かみ)種々(さまざま)願言(ねぎごと)(まを)(たま)へども、064()大神(おほかみ)御心(みこころ)いかに面白(おもしろ)からず(おぼ)()しけむ、065只一言(ただひとこと)神宣(みのり)さへも(たま)はらねば、066神々(かみがみ)御神慮(ごしんりよ)(ほど)をはかりかね階段(かいだん)()()して、067(かしこ)(をのの)(たま)ふのみ。068(ここ)玉野比女(たまのひめ)(かみ)(かしら)(もた)げ、069拍手(はくしゆ)(おと)(さはや)かに願言(ねぎごと)(まを)(たま)はく、
070久方(ひさかた)天津高宮(あまつたかみや)(はろ)けくも
071天降(あも)りし(かみ)(いさを)(かしこ)
072年月(としつき)玉野(たまの)(みや)(つか)()
073今日(けふ)天降(あも)りに()ふぞ(うれ)しき
074神生(かみう)みの神業(みわざ)(そむ)きし(あやまち)
075ゆるさせ(たま)()大御神(おほみかみ)
076そよと()(かぜ)さへもなき今日(けふ)()
077しづけさ神心(みこころ)はかりかねつも
078真鶴(まなづる)(つばさ)(おと)(とど)まりて
079(まつ)(こずゑ)()(かげ)(にぶ)
080()(かみ)神心(みこころ)如何(いか)になごめむと
081(われ)(こころ)千々(ちぢ)(くだ)きつ
082顕津男(あきつを)(かみ)をゆるさせたまへかし
083神生(かみう)みの神業(みわざ)()むなく(おく)れしを
084ためらひの(こころ)(つひ)神生(かみう)みの
085神業(みわざ)(はづ)(つみ)となりぬる
086皇神(すめかみ)()さし言葉(ことば)をためらひて
087()(なら)ひたる(つみ)(ゆる)しませ
088朝夕(あさゆふ)(つつし)御前(みまへ)につかへつつ
089なほ神業(かむわざ)(おく)るるを(おそ)れつ
090一言(ひとこと)()大神(おほかみ)神宣言(みのりごと)
091()かま()しやと()きつつ(いの)るも』
092 ()玉野比女(たまのひめ)(かみ)生言霊(いくことたま)(いの)りにも(なん)御言葉(みことば)もなく、093四辺(あたり)はますます(しづ)まりかへるのみ。094生代比女(いくよひめ)(かみ)御前(みまへ)に、095(かしこ)(いの)りの御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
096真鶴(まなづる)(やま)御魂(みたま)(あらは)れし
097(われ)生代比女神(いくよひめがみ)あはれみたまへ
098生代比女(いくよひめ)(おそ)(おほ)くも瑞御霊(みづみたま)
099神生(かみう)みの(わざ)(つか)へまつりし
100(つみ)ならばきためたまひてわが(たま)
101みがかせたまへ()大御神(おほみかみ)
102()(かみ)御水火(みいき)のこもるわが(はら)
103宿(やど)らせたまふ(うづ)御子(みこ)かも
104おそるおそるこれの聖所(すがど)(まう)でけり
105(こひ)(おぼ)れしことを()いつつ
106真心(まごころ)()(かた)まりて(うづ)神子(みこ)
107わが体内(みのうち)にやどりましぬる
108真鶴(まなづる)国土(くに)(わか)ければ貴御子(うづみこ)
109(はぐ)くみそだてて(つか)へまつらむ
110玉野比女(たまのひめ)(とし)さびませるをあななひて
111(われ)(つか)へたる神生(かみう)みの神業(みわざ)
112大神(おほかみ)()さしなけれど(うづ)御子(みこ)
113(はら)める(われ)をゆるさせたまへ
114天地(あめつち)はそよ(かぜ)(おと)もなきままに
115(しづ)まりかへる今日(けふ)不思議(ふしぎ)
116言霊(ことたま)水火(いき)なかりせばもろもろの
117(かみ)草木(くさき)もしなび()つべし
118(ねがは)くは()大神(おほかみ)御水火(みいき)より
119()()りませよ国土(くに)()かすべく
120()(かみ)御水火(みいき)()まらば天地(あめつち)
121(かみ)草木(くさき)()()つるべし
122真心(まごころ)()らして(いの)れど()(かみ)
123御水火(みいき)かからぬ今日(けふ)(さび)しさ
124村肝(むらきも)(こころ)あせれど如何(いか)にせむ
125()大神(おほかみ)言葉(ことば)なければ
126玉野森(たまのもり)常磐(ときは)(まつ)真鶴(まなづる)
127(しを)れそめたりこのたまゆらを
128真鶴(まなづる)(こゑ)(きこ)えずなりにけり
129()大神(おほかみ)御水火(みいき)とまりて
130常磐樹(ときはぎ)(まつ)さへ(みどり)(いろ)あせて
131四辺(あたり)(さび)しくなりにけらしな』
132 ()御歌(みうた)()ませ(いの)(たま)へども、133(あたか)岩石(がんせき)(むか)つて(かた)るが(ごと)く、134(なん)反響(はんきやう)もなかりける。135(ここ)待合比古(まちあはせひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
136(つき)()(かさ)ねて()ちし今日(けふ)()
137(さび)しさ(おも)へば(われ)(かな)しも
138年月(としつき)玉野(たまの)比女(ひめ)(つか)()
139今日(けふ)(さび)しき清庭(すがには)にあふかな
140()(かみ)(もだ)したまへるたまゆらに
141わが魂線(たましひ)(しを)れむとすも
142国土(くに)()(かみ)()ますと瑞御霊(みづみたま)
143()れます今日(けふ)(まも)らせたまへ』
144 力充男(ちからみちを)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
145言霊(ことたま)のス(ごゑ)水火(いき)はとまりたれど
146われはウ(ごゑ)言霊(ことたま)()かさむ
147ウーウーウーウウアーアーアーアアアア底本では文字の向きに変化あり。ウ(直立)ーウ(右90度転倒)ーウ(左90度転倒)ーウウ(この2文字は180度逆転)ア(直立)ーア(右90度転倒)ーア(左90度転倒)ーアア(この2文字は直立)ア(左90度転倒)ア(180度逆転)
148久方(ひさかた)のス(ごゑ)にかへれわが言霊(ことたま)
149ウーウーウーアーアーアーアアー底本では文字の向きに変化あり。ウーウーウーアーアーアー(ここまでは直立)アア(この2文字は180度逆転)ー
150力充男(ちからみちを)(かみ)はス(ごゑ)によみがへりてむ
151スースースー底本では文字の向きに変化あり。ス(直立)ース(右90度転倒)ース(左90度転倒)ー(しづか)(みや)御扉(みとびら)
152(ひら)きて()でませ(もと)親神(おやがみ)
153サソスセシ(かみ)伊吹(いぶき)言霊(ことたま)
154よみがへれかし玉野(たまの)(もり)
155()()きて()きの(はて)なき天界(てんかい)
156如何(いか)にス(ごゑ)のとどまるべきやは
157かくまでにわが言霊(ことたま)()りつれど
158御扉(みとびら)あかぬは不思議(ふしぎ)なるかも
159()(かみ)吾等(われら)身魂(みたま)をみがかむと
160本津真言(もとつまこと)(かみ)とあれますか
161(おろか)なるわが魂線(たましひ)()(かみ)
162本津真言(もとつまこと)(かみ)なりしはや』
163 この御歌(みうた)(おどろ)きて、164太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)165玉野比女(たまのひめ)(かみ)166生代比女(いくよひめ)(かみ)167待合比古(まちあはせひこ)(かみ)はまづ力充男(ちからみちを)(かみ)敬拝(けいはい)し、168本津真言(もとつまこと)(かみ)御前(みまへ)拝跪(はいき)して不礼(ぶれい)(しや)し、169言霊歌(ことたまうた)()らせ(たま)ふ。
170 顕津男(あきつを)(かみ)御歌(みうた)
171(おろか)なる(わが)霊線(たましひ)()(かみ)
172みそば(ちか)くにありて()らざりき
173かくのごと(くも)りし(たま)如何(いか)にして
174国土生(くにう)神生(かみう)みの神業(みわざ)なるべき
175()(かみ)(われ)(さと)りたるたまゆらに
176本津真言(もとつまこと)(かみ)(おそ)れし
177本津真言(もとつまこと)(かみ)とわが(まへ)()れますを
178()らぬわが()(おろか)さを()
179天地(あめつち)真言(まこと)はとほきに(あら)ずして
180わが()(まへ)(ひか)らせにけり
181本津真言(もとつまこと)(かみ)()らずにうつろなる
182(みや)(いの)りし(われ)()づかしも
183本津真言(もとつまこと)(かみ)とあれます()(かみ)
184(ゆる)させたまへ(ゐや)なき(われ)
185今日(けふ)よりは(たま)(あら)ひて言霊(ことたま)
186(きよ)()ませつ国土生(くにう)みに(つか)へむ
187一言(ひとこと)()さし言葉(ことば)()かずして
188(われ)はますます心許(こころもと)なき』
189 本津真言(もとつまこと)(かみ)儼然(げんぜん)としてますます御面(みおも)(かがや)かせ(たま)ひ、190一言(ひとこと)()らせ(たま)はぬぞ不思議(ふしぎ)なる。191玉野比女(たまのひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
192朝夕(あさゆふ)(した)しく御姿(みすがた)(をが)みつつ
193()大神(おほかみ)(さと)らざりしよ
194今迄(いままで)(ゐや)なき(つみ)をゆるせかし
195本津真言(もとつまこと)()(かみ)なりしよ
196ウアの水火(いき)(かみ)()れまし(いま)ここに
197本津真言(もとつまこと)(かみ)(うま)せり
198(たま)(みや)きづきまつると朝夕(あさゆふ)
199本津真言(もとつまこと)(かみ)はつとめし
200()(かみ)(ふか)経綸(しぐみ)()らずして
201宮司(みやつかさ)とのみ(おも)ひけるかな
202神生(かみう)みの(わざ)をつぶさに(はた)()ざるも
203わが魂線(たましひ)のくもればなりける
204(いま)となり神生(かみう)みの(わざ)(つか)へずて
205(とし)さびにけるよしを(さと)りぬ
206(わか)くても智慧証覚(ちゑしようかく)()らずして
207国津柱(くにつはしら)御子(みこ)(うま)るべき
208生代比女(いくよひめ)(かみ)神言(みこと)はすがすがし
209御子(みこ)(はら)ませるを(うべ)よと(おも)
210()(かみ)()さしの神生(かみう)(わざ)さへも
211(たま)(くも)れば(つか)ふるすべなし
212()(かみ)はわが言霊(たましひ)のくもれるを
213(さと)らせ生代(いくよ)にかへたまひしか
214(おろか)なるわが魂線(たましひ)(にご)りたる
215わが言霊(ことたま)(かな)()づかし
216瑞御霊(みづみたま)(おく)れしわけもわが(たま)
217年経(としふ)りしよしも(さと)()今日(けふ)よ』
218 生代比女(いくよひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
219瑞御霊(みづみたま)わがあこがれしたまゆらの
220真言(まこと)御子(みこ)(はら)みたまひし
221恋雲(こひぐも)(つつ)まれし(われ)()(かみ)
222天津真言(あまつまこと)によみがへりたり
223()(かみ)水火(いき)真言(まこと)によみがへる
224そのたまゆらを御子(みこ)(はら)ませり
225今日(けふ)よりは御子(みこ)(はごく)むと村肝(むらきも)
226(こころ)くばりて(こひ)(わす)れむ
227()(かみ)経綸(しぐみ)(いと)にしばられて
228われは(しば)しを(くる)ひたるかも
229(いま)となりて(こころ)(ひら)きぬわが(たま)
230とこよの(はる)によみがへりけむ
231真鶴(まなづる)(くに)国魂神(くにたまがみ)なれば
232朝夕(あさゆふ)御子(みこ)をつつしみ(まも)らむ
233いやしかるわが体内(たいない)()(かみ)
234御霊(みたま)やどらす(かしこ)(たふと)
235本津真言(もとつまこと)(かみ)御側(みそば)(ちか)(つか)
236わが魂線(たましひ)(いさ)みたちたり
237この(をか)(われ)(のぼ)りてゆ()(かみ)
238本津真言(もとつまこと)(かみ)(さと)りぬ
239()(かく)(みづ)御霊(みたま)(したが)ひて
240(われ)はつつしみ(もだ)()たりぬ
241本津真言(もとつまこと)(かみ)御身(おんみ)(ひかり)なりき
242わが()にうつるは月光(つきかげ)のみにて
243真寸鏡(ますかがみ)かかりし(ごと)心地(ここち)して
244(われ)()づかしく()らされて()
245今日(けふ)よりは玉野湖(たまのみづうみ)(みづ)あせむ
246わが(くも)りたる(こころ)()るれば
247一片(ひとひら)雲霧(くもきり)もなしわが(たま)
248すみきらひたり月日(つきひ)(ごと)くに』
249 力充男(ちからみちを)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
250『この(をか)(たま)(いづみ)朝夕(あさゆふ)
251みそぎて(まこと)(かみ)()らざりき
252本津真言(もとつまこと)(かみ)はまさしく()(かみ)
253化身(けしん)なりしか(われ)()づかしも
254()(かみ)御霊(みたま)になりし玉野丘(たまのをか)
255(つか)へて(まこと)(かみ)()らざりしよ
256瑞御霊(みづみたま)(すが)しく雄々(をを)しくましまして
257玉野湖畔(たまのこはん)御子(みこ)(はら)ませり
258今日(けふ)よりは(われ)つつしみて瑞御霊(みづみたま)
259神業(みわざ)(たす)けて国土造(くにつく)りせむ
260遠見男(とほみを)(かみ)一行(いつかう)山麓(さんろく)
261(みそぎ)したまへば(むか)(きた)らむ』
262 (ここ)にはじめて本津真言(もとつまこと)(かみ)は、263言霊(ことたま)(ほがら)かに御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
264(かしこ)しや力充男(ちからみちを)(かみ)言葉(ことば)
265(われ)うべなひて国土生(くにう)(たす)けむ
266いざさらば天津高宮(あまつたかみや)にかへるべし
267百神等(ももがみたち)(すこや)かにあれ』
268 ()(うた)(たま)ひて、269()(かみ)化身(けしん)なる本津真言(もとつまこと)(かみ)は、270(たちま)天上(てんじやう)より(くだ)(きた)紫紺(しこん)(くも)(つつ)まれて、271久方(ひさかた)(そら)(たか)(かへ)らせ(たま)ひしぞ(たふと)けれ。
272昭和八・一〇・三〇 旧九・一二 於水明閣 加藤明子謹録)