霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二六章 総神登丘(そうしんときう)〔一八九四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第74巻 天祥地瑞 丑の巻 篇:第3篇 玉藻霊山 よみ:たまもれいざん
章:第26章 総神登丘 よみ:そうしんときゅう 通し章番号:1894
口述日:1933(昭和8)年10月31日(旧09月13日) 口述場所:水明閣 筆録者:林弥生 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年1月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
一同は、本津真言の神だけでなく、力充男の神もが紫微天宮から下ってきた神であることに驚き、それに気づかなかった自分たちの不明を恥じながら、玉の宮居で歌を歌った。
一方、顕津男の神の従者神たちは、泉で禊をしたあと、顕津男の神たちを待ちながら、禊もしないで玉野丘に登ろうとした自分たちの不明を恥じ、述懐歌を歌っていた。
すると、顕津男の神たちが丘を降りて従者神たちを迎え、あらためて一同揃って丘に登り、諸神力を合わせて、国土生みの神業に従事することとなった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 279頁 修補版: 校定版:444頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 顕津男(あきつを)(かみ)002玉野比女(たまのひめ)(かみ)(たち)は、003本津真言(もとつまこと)(かみ)化身(けしん)(おどろ)(たま)ひしが、004(また)もや力充男(ちからみちを)(かみ)(あま)高鋒(たかほこ)(かみ)天降(あも)りませる化身(けしん)(おどろ)きを(あたら)しくし(たま)ひ、005わが霊線(たましひ)のいたく(くも)りたるを()ぢらひながら、006(たま)宮居(みやゐ)聖所(すがど)にうづくまりつつ、007御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
008 顕津男(あきつを)(かみ)御歌(みうた)
009天晴(あは)天晴(あは)真鶴国(まなづるくに)(かた)めむと
010二柱神(ふたはしらがみ)天降(あも)りましぬる
011わが(たま)(くも)らひにけるか二柱(ふたはしら)
012化身(けしん)をしらですましゐたりき
013毛筋(けすぢ)(ほど)隙間(すきま)もあらぬ天界(てんかい)
014(かみ)神業(みわざ)(かしこ)かりける
015(つち)(わか)きこの国原(くにばら)(かた)めむと
016()大神(おほかみ)天降(あも)りませしよ
017有難(ありがた)(かたじけ)なしと(まを)すより
018わが(こと)()()でざりにける
019(つき)()(きよ)()らへる玉野丘(たまのをか)
020われ(おも)はゆくなりにけるかも
021かくの(ごと)(くも)れる(たま)()(なが)
022国土生(くにう)みの(わざ)をおぼつかなみ(おも)
023()(かみ)(いさを)によりて真鶴(まなづる)
024国土(くに)(かた)めばや(たま)(きよ)めて
025かくまでも(たふと)(かみ)経綸(しぐみ)とは
026(さと)らざりけり(おろか)なる(われ)
027(いま)よりはわが霊線(たましひ)()(なほ)
028(いさ)(すす)まむ国土生(くにう)神生(かみう)みに
029()てしなきこの国原(くにばら)詳細(まつぶさ)
030(かた)めむ(わざ)(かた)きをおもふ
031(かしこ)しや本津真言(もとつまこと)大神(おほかみ)
032()大神(おほかみ)にましましにける
033高鋒(たかほこ)(かみ)聖所(すがど)天降(あも)りまして
034わが霊線(たましひ)()らさせ(たま)ひぬ
035久方(ひさかた)御空(みそら)(きよ)(かがや)けり
036(あふ)げばわが(たま)()づかしきかも
037遠見男(とほみを)(かみ)見捨(みす)てて玉野丘(たまのをか)
038(のぼ)りし(われ)(たま)(くも)れり
039神々(かみがみ)(をか)(ふもと)(のこ)()きし
040わが(あやまち)をいま()ゆるかも
041(いま)よりは(こころ)(きよ)()(きよ)
042(ふもと)(かみ)(みちび)(きた)らむ』
043 玉野比女(たまのひめ)(かみ)御歌(みうた)
044本津真言(もとつまこと)(かみ)言葉(ことば)(うべな)ひて
045(われ)百神(ももがみ)(のこ)()きしはや
046瑞御霊(みづみたま)(かみ)(つみ)にはあらざらめ
047本津真言(もとつまこと)(かみ)御心(みこころ)
048二柱(ふたはしら)天津高空(あまつたかぞら)(くだ)りまして
049これの聖所(すがど)()らさせ(たま)ひぬ
050常磐樹(ときはぎ)(まつ)にかかれる月光(つきかげ)
051(ひる)なりながら(すが)しかりけり
052(あま)(わた)日光(ひかげ)(きよ)月光(つきかげ)
053()えにさえたり今日(けふ)のいく()
054二柱(ふたはしら)(かみ)神言(みこと)(かしこ)みて
055われ百神(ももがみ)国土(くに)(つく)らばや
056迦陵頻伽(からびんが)ときじくうたひ聖所(すがどこ)
057(つる)神代(かみよ)寿(ことほ)今日(けふ)かも
058白梅(しらうめ)(かを)(ゆか)しくそよ(かぜ)
059(おく)られ(すが)(たま)宮居(みやゐ)
060白梅(しらうめ)(たま)宮居(みやゐ)(ふう)じつつ
061(まつ)樹蔭(こかげ)神代(みよ)(かを)れり
062(くさ)(かげ)(むし)声々(こゑごゑ)さえさえて
063常世(とこよ)(はる)(むか)はしむるも
064この(をか)(みづ)御霊(みたま)()れまして
065(かがや)(たま)国土生(くにう)(うれ)しも』
066 生代比女(いくよひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
067生代比女(いくよひめ)いくよの(すゑ)常磐樹(ときはぎ)
068(まつ)(ちか)ひて()(まも)るべし
069(そこ)(ふか)玉野湖水(たまのこすゐ)(こころ)をば
070岐美(きみ)(ささ)げて御子(みこ)(まも)らむ
071真鶴(まなづる)(やま)雲間(くもま)(そび)ゆれど
072岐美(きみ)(いさを)(およ)ばざるらむ
073瑞御霊(みづみたま)生言霊(いくことたま)()()でし
074真鶴山(まなづるやま)()れし(われ)はも
075(われ)こそは(みづ)御霊(みたま)言霊(ことたま)
076水火(いき)(うま)れし比女神(ひめがみ)なるぞや
077国魂(くにたま)御子(みこ)詳細(まつぶさ)()()へて
078(また)真鶴(まなづる)(かみ)となるべし
079白砂(しらすな)()みさくみつつ白駒(しらこま)
080(またが)りて()玉野森(たまのもり)(すが)
081玉野丘(たまのをか)黄金(こがね)真砂(まさご)()みしめて
082(たふと)(かみ)御声(みこゑ)()きたり
083()(かみ)(ふか)(めぐみ)にうるほひて
084(われ)(うづ)御子(みこ)(はら)みたるかも
085目路(めぢ)(かぎ)白雲(しらくも)(かす)真鶴(まなづる)
086(くに)をひろらに(ひら)きませ岐美(きみ)
087わが(たま)真鶴山(まなづるやま)(しづま)りて
088この神国(かみくに)永遠(とは)(まも)らむ
089(われ)(いま)気体(きたい)なれども御子(みこ)()まば
090(また)霊体(れいたい)となりて(つか)へむ
091御子(みこ)()むと(われ)気体(きたい)()(へん)
092岐美(きみ)()ひつつ(つか)()しはや
093(わが)(こひ)幾万年(いくまんねん)(のち)までも
094天地(あめつち)とともに(ほろ)びざるべし
095愛善(あいぜん)紫微天界(しびてんかい)()くる()
096(こひ)(ゆゑ)(こころ)(くも)りこそすれ
097(こひ)(ゆゑ)(こころ)(ひかり)(こひ)(ゆゑ)
098(こころ)(くも)るぞ(あさ)ましの()や』
099 待合比古(まちあはせひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
100神々(かみがみ)生言霊(いくことたま)(きよ)らかに
101()今日(けふ)()(たの)しかりける
102久方(ひさかた)天津御空(あまつみそら)(かみ)(こゑ)
103()ながらに()きし(さち)をおもふも
104智慧証覚(ちゑしようかく)()らはぬ(われ)天津神(あまつかみ)
105神言(みこと)ほのかに()きし(うれ)しさ
106三柱(みはしら)女男(めを)神等(かみたち)(したが)ひて
107われ永久(とこしへ)(まも)(つか)へむ』
108 かく御歌(みうた)うたひ(たま)(をり)しも、109御空(みそら)(ふう)じて、110幾千万(いくせんまん)とも(かぎ)りなく、111真鶴(まなづる)玉野丘(たまのをか)空高(そらたか)く、112(ひだり)より(みぎ)りに幾度(いくたび)となくめぐりめぐり、113(すが)しき(こゑ)()()げて、114神代(みよ)創立(さうりつ)寿(ことほ)(なが)ら、115(には)()きまで聖所(すがど)(うへ)(くだ)()つ、116(おの)(おの)(かしら)をもたげて、117天津高宮(あまつたかみや)(はい)する(ごと)()えにける。
118 玉野丘(たまのをか)(ふもと)には、119遠見男(とほみを)(かみ)(はじ)め、120圓屋比古(まるやひこ)神等(かみたち)九柱(ここのはしら)は、121(おの)魂線(たましひ)(くも)りたるを()(たま)ひて、122(たま)(いづみ)()(きよ)め、123言霊(ことたま)水火(いき)(みが)()ませつつ、124(みづ)御霊(みたま)(まね)(たま)(とき)()(たま)ひ、125(おの)(おの)もに御歌(みうた)()ませ(たま)ひぬ。
126 遠見男(とほみを)(かみ)御歌(みうた)
127(うめ)(かを)玉野(たまの)(をか)(のぼ)りましし
128岐美(きみ)音信(おとづれ)()かまほしけれ
129わが(たま)(くも)りにくもり言霊(ことたま)
130(にご)りて神丘(みをか)(のぼ)るよしなし
131()づかしきことの(かぎ)りよ玉野丘(たまのをか)
132(ふもと)(われ)()てられにけむ
133(とほ)(たび)御供(みとも)(つか)へて(いま)となり
134(われ)()づかしき憂目(うきめ)()ひぬる
135(つな)()きし(こま)にも(こころ)()づかしく
136なりにけらしな言霊(ことたま)(にご)りて
137玉泉(たまいづみ)御魂(みたま)ひたして(あら)へども
138智慧(ちゑ)(ひかり)(くら)きをおそるる
139真鶴(まなづる)常磐(ときは)(まつ)(うれ)(たか)
140長閑(のどか)にうたふ玉野森(たまのもり)はや
141真鶴(まなづる)(つばさ)ありせば(われ)(また)
142この玉野丘(たまのをか)(のぼ)らむものを
143南方(なんぱう)(くに)()らせとわが岐美(きみ)
144よさしの言葉(ことば)如何(いか)(つか)へむ
145生代比女(いくよひめ)(かみ)魔神(まがみ)(おも)ひしに
146これの神丘(みをか)(のぼ)りましける
147いぶかしも生代比女神(いくよひめがみ)のすたすたと
148()()きもせず(のぼ)らせにける
149生代比女(いくよひめ)(くも)れる(たま)(くら)ぶれば
150なほわが(たま)(にご)(ふか)きか
151いや(ひろ)紫微天界(しびてんかい)(なか)にして
152(われ)()づかしく(こころ)をののく
153()をおもふ(きよ)けき(むね)高鳴(たかな)りに
154もだへて夜半(よは)()きつ(をのの)きつ
155国土生(くにう)みの御供(みとも)(つか)ふる(みち)なくば
156野辺(のべ)()(かぜ)となりて(ほろ)びむか
157(なげ)くとも詮術(せんすべ)もなきわが()かな
158(みづ)御霊(みたま)(とほ)ざかりつつ』
159 圓屋比古(まるやひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
160遠見男(とほみを)(かみ)よなげかせ(たま)ふまじ
161(かみ)試練(ためし)とわれは(よろこ)
162いと(きよ)(ただ)しく(ひろ)真鶴(まなづる)
163(くに)(つかさ)とならむ()()
164(なれ)こそは(みづ)御霊(みたま)のよさしたる
165この国原(くにばら)(つかさ)なるぞや
166真鶴(まなづる)(くに)外字(うまら)()()へて
167()永遠(とことは)(しづ)まるべき()
168()(かみ)天降(あも)りましたる(をか)なれば
169(いま)しばらくを()つべかりける
170()(かみ)御許(みゆるし)あれば(われ)(ただ)
171この神丘(かみをか)(のぼ)らむと(おも)ふ』
172 宇礼志穂(うれしほ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
173『とにもあれかくもあれかし玉野森(たまのもり)
174わが()しことを(うれ)しみおもふ
175(とく)(いま)(まつた)からぬを()(かみ)
176(をが)まむ(こと)(おそろ)しとおもふ
177(つき)()御空(みそら)(きよ)(かがや)ける
178この神森(かみもり)にいねし(うれ)しさ
179(よろこ)びの(ひかり)()つる玉野森(たまのもり)
180(われ)(うれ)しみて(たま)をどるかも
181(うれ)しさの(きは)みなるかも玉野森(たまのもり)
182これの聖所(すがど)(きた)りし(さち)よ』
183 美波志比古(みはしひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
184瑞御霊(みづみたま)(かみ)(わか)れて一夜(ひとよさ)
185(つき)()らされ(こころ)ときめきぬ
186やがて(いま)()大神(おほかみ)言霊(ことたま)
187みはしかからむ玉野(たまの)(をか)
188みはしなき(やま)(のぼ)らむ(すべ)もなし
189(いま)しばらくを()たせよ百神(ももがみ)
190国土(くに)(つく)(かみ)神業(みわざ)安々(やすやす)
191この神丘(かみをか)(のぼ)()べきや』
192 産玉(うぶだま)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
193『やがて御子(みこ)()れます()まで産玉(うぶだま)
194(かみ)(われ)ここにひかへまつらな
195真鶴(まなづる)(こゑ)高々(たかだか)(きこ)ゆなり
196()大神(おほかみ)(かへ)りますにや
197迦陵頻伽(からびんが)白梅(しらうめ)(うれ)になきたつる
198(こゑ)神代(かみよ)寿(ことほ)ぐなるらむ
199白梅(しらうめ)(かを)(ゆか)しきこの(もり)
200()大神(おほかみ)天降(あも)らす聖所(すがど)
201(つき)()(まつ)(しげ)みに()ざされて
202(すな)(ゑが)ける樹洩陽(こもれび)のかげ
203わが(ちから)(いま)()らねば(もり)かげに
204ひそみて()てとの神慮(みこころ)なるらめ』
205 魂機張(たまきはる)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
206『たまきはる生命(いのち)(かみ)(あらは)れて
207われは(まも)らむ御子(みこ)生命(いのち)
208ここに()(こころ)(すが)しくなりにけり
209この神丘(かみをか)(のぼ)()ねども
210この(もり)紫微天界(しびてんかい)(うつ)しかも
211()ることごとは(かがや)きにけり』
212 結比合(むすびあはせ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
213二夜(ふたよさ)(みそぎ)(をは)りて(われ)(いま)
214(むす)(あは)せの神業(みわざ)(つか)へむ
215(あめ)(つち)(かみ)(かみ)とを(むつま)じく
216(むす)(あは)せて神代(みよ)(まも)らむ
217いや(ひろ)常磐樹(ときはぎ)(しげ)玉野森(たまのもり)
218(うめ)()(すが)(かみ)います(その)
219玉野比女(たまのひめ)(かみ)(しづ)まるこの(をか)
220(かがや)(つよ)しわが()まばゆく
221この(うへ)()大神(おほかみ)御心(みこころ)
222(まか)せまつりて(とき)()つべし
223何事(なにごと)(かみ)(こころ)のままなれば
224われ一言(ひとこと)言挙(ことあ)げはせじ』
225 美味素(うましもと)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
226美味素(うましもと)高天原(たかあまはら)より(くだ)ります
227()大神(おほかみ)(いさを)(たふと)
228()(かみ)(たま)(ひかり)(つつ)まれて
229(よる)(あか)るき玉野森(たまのもり)はや
230月光(つきかげ)御空(みそら)(たか)()えにつつ
231(まつ)(すか)して吾等(われら)()らせり
232白梅(しらうめ)(はな)のよそほひ()るにつけ
233玉野(たまの)比女(ひめ)(しの)ばれにける』
234 真言厳(まこといづ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
235『はろばろと岐美(きみ)(つか)へて(われ)(いま)
236玉野(たまの)(もり)(つき)()らさる
237真鶴(まなづる)国土(くに)(つく)ると言霊(ことたま)
238水火(いき)(きよ)めたり(たま)(いづみ)
239()(かみ)天降(あも)(たま)ふと()(をか)
240真鶴(まなづる)(こゑ)(たか)(きこ)ゆる
241()(かみ)生言霊(いくことたま)(かしこ)みて
242此処(ここ)()つるも国土(くに)(つく)るとて
243常磐樹(ときはぎ)(まつ)(こけ)むして天津空(あまつそら)
244(とざ)せる(もり)(よろこ)びあれかし』
245 かく神々(かみがみ)述懐(じゆつくわい)(うた)(たま)ひ、246(とき)()たせる(をり)もあれ、247太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)は、248玉野比女(たまのひめ)(かみ)249生代比女(いくよひめ)(かみ)250待合比古(まちあはせひこ)(かみ)251(その)()数多(あまた)神々(かみがみ)(したが)へて、252悠々(いういう)(をか)(くだ)り、253諸神(しよしん)敬意(けいい)(へう)(たま)ひ、254(ふたた)(をか)(うへ)一柱(ひとはしら)(のこ)らず(みちび)(たま)ひ、255いよいよここに国土生(くにう)みの神業(みわざ)に、256諸神(しよしん)(ちから)(あは)せて、257従事(じうじ)(たま)(こと)とはなりぬ。258ああ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
259昭和八・一〇・三一 旧九・一三 於水明閣 林弥生謹録)