霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第76巻(卯の巻)

あらすじ[?]このあらすじは飯塚弘明の作成です。[×閉じる]
太元顕津男(おほもとあきつを)の神の後を追って旅立った朝香比女の神の物語。国津神に火食の道を授ける話が記されている。
総説
日本を始め世界各地の神話伝説がたくさん列記しており、霊界物語における天地開闢宇宙創造説と比較して、天地の相違があることが示されている。
第1~5章
太元顕津男の神が「高地秀(たかちほ)の宮」を出て国生み神生みの旅に出発した後、高野比女の神を始め八柱の御樋代神(みひしろがみ)は、天津高宮に詣でた。高地秀の宮に帰る途中、曲津神が深い渓流と化して進路を妨害していたため、言霊の力で追い払う。再び曲津神が長大な山脈となり、その前に深い渓流をつくって妨害するが、これも言霊の力で消え去った。
第6~8章
高地秀の宮に帰った後、御樋代神の一人・朝香比女の神は、太元顕津男の神に対する恋慕の心が募り、一人で太元顕津男の神の元へ旅立つ決心をする。他の神々がそれを制止するが、朝香比女の神は一人で駒に乗って一目散に駆けて行く。
第9~15章
大野ケ原を一人で進む朝香比女の神の前に曲津神が巨大な怪物となって現れる。しかし火打ち石を打って真火(まひ)の光で追い払う。
栄城山の聖場で一夜を明かし、再び出発するが、その前に大沼が横たわっている。火で枯れ草を焼き、曲津神の化身である岩石を言霊の力で木舟に変じ、その舟で沼を渡る。
丘陵に国津神の村があり、朝香比女の神は魚介類を真火の力で火食する方法を教える。こうして紫微天界(しびてんかい)で火食の道が始まった。
朝香比女の神は、国津神の長の狭野比古(さぬひこ)を従えて、「西方(にしかた)の国」へ向かって進んで行く。
主な登場人物[?]基本的にセリフやアクションがある人物のみ採録しています。名前だけしか出てこない人は省いています。[×閉じる]
太元顕津男の神
高野比女の神太元顕津男の神の妻神
(八柱の御樋代神)
宇都子比女の神
朝香比女の神
梅咲比女の神
花子比女の神
香具比女の神
小夜子比女の神
寿々子比女の神
狭別の比女の神

鋭敏鳴出の神天津女雄の神高地秀の宮の宮司
胎別男の神鋭敏鳴出の神の補佐

八十曲津見邪神

(栄城山の神々 5柱)
機造男の神散花男の神中割男の神小夜更の神親幸男の神いずれもウの言霊より生り出でる

狭野比古国津神の長、15章(77巻では狭野彦)
概要:
凡例:
  • 現代では差別的表現と見なされる箇所もありますが修正せず底本通りにしました。
  • 文中[※]及び[#]記号で囲まれた部分は当サイトで独自に付けた脚注・注記です。底本にはありません。
  • 底本で傍点が付されている文字は太字で表記しています。
  • 漢字の旧字体は新字体に変更しています。
  • 本文中のアンカー(3~4桁の算用数字)は当サイトで独自に付けたものです。底本にはありません。
底本:『霊界物語 第七十六巻』天声社、1981(昭和56)年4月1日 改装版
初版発行日:1934(昭和9)年3月23日