霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

マヤ(ぞく)万物創造説(ばんぶつさうざうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第76巻 天祥地瑞 卯の巻 篇:前付 よみ:
章:第76巻 よみ:まやぞくのばんぶつそうぞうせつ 通し章番号:
口述日:1933(昭和8)年12月07日(旧10月20日) 口述場所:水明閣 筆録者:白石恵子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年3月23日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm760009
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 444頁 修補版: 校定版:51頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 太初(はじめ)この()には(なに)()くて常闇(とこやみ)八方(はつぱう)(ひろ)がつてゐた。002そして(ただ)神々(かみがみ)だけが存在(そんざい)してゐた。003神々(かみがみ)()は「フラカン」といひ、004「グクマッツ」((もし)くはクェツァルコアトル)と()ひ、005「エックスビヤコック」と()ひ、006「エックスムカネ」と()つた。
007 これ()神々(かみがみ)()大地(だいち)(つく)らなくては何事(なにごと)出来(でき)ぬと()つて、008一人(ひとり)(かみ)(おほ)きな(こゑ)で、
009大地(だいち)よ、010(あら)はれよ』
011(さけ)んだ。012(たちま)ちその(こゑ)(おう)じて大地(だいち)(あら)はれた。013(言霊の妙用を漏らしたる物語也)
014 神々(かみがみ)はお(たがひ)相談(さうだん)をして種々(しゆじゆ)動物(どうぶつ)(こしら)へて大地(だいち)(うへ)()ませる(こと)にした。015それから一番(いちばん)(をは)りの()(きざ)んで沢山(たくさん)(ちひ)さい人間(にんげん)(つく)つたが、016これ()人間(にんげん)どもは、017どうも性質(せいしつ)(わる)くて神々(かみがみ)蔑視(べつし)するので、018神々(かみがみ)はひどく(はら)()てて、
019『こんなやくざな生物(せいぶつ)は、020一思(ひとおも)ひに(ほろ)ぼして(しま)つた(はう)()い』
021(かんが)へたので、022「フラカン」(がみ)大地(だいち)(みづ)()(みづ)(りやう)()し、023同時(どうじ)幾日(いくにち)幾日(いくにち)大雨(おほあめ)()(つづ)かせたので、024()()(おそ)ろしい洪水(こうずゐ)人間(にんげん)(おそ)うて()た。025人間(にんげん)(おどろ)(さわ)いで、026あちらこちらに()げまどうた。027それを()ひまはすやうにして、028「エックセコトコブァック」と()(とり)()()をつつき()し、029「カムラッツ」といふ(とり)はその(かしら)()みきり、030「コツバラム」といふ(とり)はその(にく)(くら)ひつくし、031「テクムバラム」といふ(とり)はその(ほね)(くだ)くのであつた。032いな、033人間(にんげん)()はれてゐた家畜(かちく)人間(にんげん)使(つか)はれてゐた道具(だうぐ)さへも、034()げまどひ()きさけぶ人間(にんげん)(なが)めて気持(きもち)よささうに(あざけ)(わら)ふのであつた。
035『お(まへ)さんたちは(これ)までわたしたちをひどい()にあはせて()たんだ。036今度(こんど)はわたしたちの(ばん)だ。037(おも)ひきり()みついてやるよ』
038(いぬ)(にはとり)()つた。
039『お(まへ)さんたちは毎日(まいにち)(よる)となく(ひる)となく、040わたしたちを(くる)しめた。041わたしたちはいつも()(さけ)んで()た。042さあ今度(こんど)はこつちの(ばん)だ。043わたしたちの(ちから)(ほど)()せてやるよ。044(まへ)さんたちの(にく)()(くだ)いて肉団子(にくだんご)(こしら)へてやるよ』
045石臼(いしうす)どもが()つた。
046『お(まへ)さんたちは、047わたしたちの(あたま)脇腹(わきばら)をいぶしたし、048()(うへ)にかけて火傷(やけど)をさせたり、049随分(ずゐぶん)(いた)()にあはせたね。050さあ今度(こんど)はこちらの(ばん)だ。051(おも)ひきり火傷(やけど)をさせてやるよ』
052茶碗(ちやわん)(さら)()つた。
053 人間(にんげん)どもは、054みんなに()ひかけられて、055(くる)しまぎれに(いへ)屋根(やね)によぢ(のぼ)つた。056屋根(やね)は、
057『この悪者(わるもの)め、058かうしてくれるぞ』
059()つて、060わざと地面(ぢべた)()()してしまつた。061人間(にんげん)周章狼狽(しうしやうらうばい)して()(うへ)(のぼ)つた。062さうすると()は、
063『このやくざもの()064かうしてくれるぞ』
065()つて、066(はげ)しく(えだ)(うご)かして人間(にんげん)どもを大地(だいち)にふりおとした。067人間(にんげん)どもはモウ(こま)つてしまつて洞穴(ほらあな)(なか)(もぐ)()まうとした。068すると洞穴(ほらあな)は、
069『この性悪(しやうわる)ものめ、070かうしてくれる』
071()つて、072いきなり(くち)()ぢてしまつた。
073 かうして大地(だいち)(うへ)右往左往(うわうさわう)()げまはつてゐるうちに、074(ちひ)さい人間(にんげん)どもは、075(みづ)()められ、076生物(いきもの)(くる)しめられ、077種々(しゆじゆ)品物(しなもの)(いた)()けられて、078たうとう(みな)(ほろ)びて(しま)つた。
079 「フラカン」(がみ)(はじ)天界(てんかい)にある神々(かみがみ)は、080(あたら)しく人間(にんげん)(つく)らうと(かんが)へた。081そこで種々(しゆじゆ)相談(さうだん)した(すゑ)に、082黄色(きいろ)玉蜀黍(たうもろこし)()(しろ)玉蜀黍(たうもろこし)()とを()つて、083一種(いつしゆ)(のり)をこしらへて、084その(のり)四人(よにん)(をとこ)人間(にんげん)(つく)つた。085一人(ひとり)は「バラムキッチェ」((うつく)しい()()(とら)())と()ばれ、086一人(ひとり)は「バラムアガブ」((よる)(とら)())と()ばれ、087一人(ひとり)は「マハクター」((いちじる)しき()())と()ばれ、088(のこ)りの一人(ひとり)は「イキバラム」((つき)(とら)())と()ばれた。
089 これ()人間(にんげん)姿(すがた)(こころ)(はたら)きも(ほとん)(かみ)とかはらなかつた。090「フラカン」(がみ)はそれが()()らなかつた。
091『わしたちの()から(つく)()されたものが、092わしたちのやうに(えら)いものであるのは、093どうも面白(おもしろ)くない。094(なん)とか()なくてはならぬ』
095 「フラカン」(がみ)はかう(かんが)へて、096モウ一度(いちど)()神々(かみがみ)相談(さうだん)をした。097そして、
098人間(にんげん)()ふものは、099もつと不完全(ふくわんぜん)でなくてはならぬ。100もつと知識(ちしき)(すくな)(はう)()い。101人間(にんげん)(けつ)して(かみ)となつてはならぬ』
102()ふことに(はなし)がきまつた。103そこで「フラカン」(がみ)四人(よにん)(をとこ)()をねらつて、104フツと(いき)()きかけると、105()がくもつて大地(だいち)一部(いちぶ)しか()えなくなつた。106神々(かみがみ)大地(だいち)(すみ)から(すみ)まで()ることが出来(でき)るのであつた。
107 かうして四人(よにん)(をとこ)自分(じぶん)たちより(おと)つたものにすると、108神々(かみがみ)(をとこ)たちを(ふか)(ねむ)りに(おとしい)れて、109それから四人(よにん)(をんな)(こしら)へて(をとこ)たちに(つま)として(あた)へることにした。110四人(よにん)(をんな)はそれぞれ「カハ・バルマ」(()ちる(みづ)())と()ばれ、111「チヨイマ」((うつく)しい(みづ)())と()ばれ、112「ツヌニハ」((みづ)(いへ)())と()ばれ、113「カキクサ」((かがや)(みづ)())と()ばれた。114これ()八人(はちにん)男女(だんぢよ)人類(じんるゐ)祖先(そせん)である。
115 (つぎ)()起源(きげん)について面白(おもしろ)(はなし)がある。116それによると人間(にんげん)どもは(はじ)()()つて()なかつた。117だから(よる)真暗(まつくら)(ところ)()なくてはならぬし、118(さむ)(とき)には(ただ)がたがたと(ふる)へて()なくてはならなかつた。119そして折角(せつかく)(とり)(けもの)()()れても(なま)のままで()べるより(ほか)なかつた。120「トヒル」(ぶらつく(もの)())といふ(かみ)がそれを()て、
121『どうも可哀(かあい)さうだ。122人間(にんげん)どもに()(あた)へてやる(こと)にしよう』
123()つて、124両方(りやうはう)(あし)(はげ)しく()(あは)せると(たちま)()()えだした。125人間(にんげん)どもはその()をもらつて(みな)()けることにした。126そしてそれを()やさないやうに大切(たいせつ)にしてゐたが、127ある(とき)大雨(おほあめ)()りつづいて国中(くにぢう)()をすつかり()してしまつた。128人間(にんげん)どもは非常(ひじやう)(なげ)きかなしんだ。129すると「トヒル」(がみ)がそれを()て、
130『よし、131わしがモ一度(いちど)()(こしら)へてやらう』
132()つて、133自分(じぶん)(あし)(あし)とを()(あは)せると、134(たちま)()()()した。
135 かうして人間(にんげん)どもは()をなくする(たび)に「トヒル」(がみ)のお(かげ)で、136それを()()れることが出来(でき)るのであつた。
137 (かみ)から(つく)られた四人(よにん)(をとこ)四人(よにん)(をんな)とは、138(やみ)世界(せかい)()んでゐなくてはならなかつた。139その(ころ)はまだ太陽(たいやう)がなかつたので、140八人(はちにん)男女(だんぢよ)(てん)(あふ)いで神々(かみがみ)に、
141『どうか、142わたくし(たち)光明(くわうみやう)(あた)へて(くだ)さい。143(やす)らかな生活(せいくわつ)(めぐ)んで(くだ)さい』
144(いの)つた。145が、146いつまで()つても太陽(たいやう)(あら)はれなかつた。147彼等(かれら)(かな)しみ(なや)んで「ツラン・ジヴァ」((なな)つの洞窟(どうくつ)())といふ()(うつ)つて()つた。148(しか)しそこでも太陽(たいやう)()(こと)出来(でき)なかつた。149さうしてゐるうちに、150どうしたのか、151言葉(ことば)混乱(こんらん)(おこ)つて八人(はちにん)男女(だんぢよ)は、152(たがひ)にお(たがひ)()(こと)(わか)らぬやうになつた。153彼等(かれら)はモウすつかり(こま)つてしまつて「トヒル」(がみ)に、
154『どうかわたくし(たち)(ひき)ゐて、155どこかもつと幸福(かうふく)土地(とち)(うつ)して(くだ)さい』
156(いの)つた。157たうとう彼等(かれら)は「トヒル」(がみ)(をしへ)によつて(なが)旅路(たびぢ)についた。
158 (たか)(やま)をいくつとなく()えて()くうちに、159(おほ)きな(うみ)()た。160(ふね)()たぬ彼等(かれら)は、161どうして漫々(まんまん)たる海原(うなばら)(わた)らうかと(おも)(わづら)つて()ると、162不思議(ふしぎ)にも(みづ)がさつと(ふた)つに(わか)れて、163一筋(ひとすぢ)(みち)出来(でき)た。164彼等(かれら)はその(みち)辿(たど)つて「ハカヴィツ」といふ(やま)(ふもと)()た。
165『わたしたちは、166ここに(とどま)らなくてはならぬ。167「トヒル」(がみ)さまのお()げによると、168わしたちは此所(ここ)太陽(たいやう)()ることが出来(でき)るのだから』
169四人(よにん)(をとこ)()つた。
170『ええさうしませう。171()(ひかり)()ることが出来(でき)たら、172どんなに(うれ)しいでせう』
173四人(よにん)(をんな)()つた。
174 かうして彼等(かれら)がひたすら()(ひかり)()ちこがれてゐると、175やがて太陽(たいやう)赤々(あかあか)(ひがし)(そら)から(あら)はれて、176(あか)るく(あたた)かな()(ひかり)野山(のやま)()()ちた。177もつとも(はじ)めのうちは()(ひかり)が、178さほど(つよ)くなかつた。179あとでは祭壇(さいだん)(うへ)犠牲(いけにへ)()をすぐに()ひとつてしまふほど(はげ)しい(ねつ)(はつ)するやうになつた。180太陽(たいやう)(はじ)めて八人(はちにん)男女(だんぢよ)()にうつつた(とき)には、181(かがみ)(なか)(かげ)のやうに()えたのであつた。182それでも(はじ)めて太陽(たいやう)()たので、183(をとこ)(をんな)獣類(けだもの)(うれ)しさの(あま)(ほとん)(をど)(くる)はむばかりであつた。184彼等(かれら)(こゑ)をそろへて「カムク」といふ(うた)をうたひ()した。185「カムク」とは「吾等(われら)()つ」といふ意味(いみ)で、186つまり(はじ)めて太陽(たいやう)()(とき)(むね)(うち)歓喜(くわんき)がおのづから(ほとばし)()たのであつた。
187 かうして八人(はちにん)男女(だんぢよ)は「ハカヴィツ」(やま)(ふもと)に「キシエ」(ぞく)最初(さいしよ)(まち)をこしらへて、188そこに(なが)()むことになつた。189(とき)がたつにつれて、190人間(にんげん)(かず)がだんだんに()ゑて()た。191そしてその()である八人(はちにん)男女(だんぢよ)も、192だんだんと年老(としよ)りになつた。193ある()194神々(かみがみ)(まぼろし)のやうに八人(はちにん)男女(だんぢよ)たちの(まへ)(あら)はれて、
195『お(まへ)たちの子孫(しそん)末長(すゑなが)(さか)えることを(ねが)ふなら、196わたしたちに人間(にんげん)犠牲(いけにへ)をささげなくてはならぬ』
197()つた。
198 八人(はちにん)男女(だんぢよ)神々(かみがみ)(をしへ)(したが)ふために、199(ちか)くの()()んでゐる()部落(ぶらく)(おそ)うた。200()部落(ぶらく)のもの(ども)は、201八人(はちにん)男女(だんぢよ)(ひき)ゐられた「キシェ」(ぞく)(たい)して(はげ)しく(あらそ)つた。202血腥(ちなまぐさ)(たたかひ)(なが)(つづ)いて、203どちらが()つとも()えなかつた。204すると、205どこからとなく地蜂(ぢばち)熊蜂(くまばち)(むれ)(あら)はれて()て、206「キシェ」(ぞく)(たす)けて(てき)(つはもの)どもの(かほ)()びついては(はげ)しくその()()した。207(てき)(つはもの)()がつぶれて武器(ぶき)()りまはすことが出来(でき)なくなつて(ことごと)降参(かうさん)してしまつた。208八人(はちにん)男女(だんぢよ)敵勢(てきぜい)のうちから幾人(いくにん)かを()()して犠牲(いけにへ)として神々(かみがみ)にささげた。
209 かうして「キシェ」(ぞく)次第(しだい)(ちか)くの部落(ぶらく)をきり(したが)へて()つたが、210その(うち)彼等(かれら)()である四人(よにん)(をとこ)はいよいよ(とし)がいつた。211彼等(かれら)臨終(りんじう)(ちか)づいたといふ(こと)(さと)つて、212(わか)れの言葉(ことば)()つて()かすために、213()(まご)親族(しんぞく)たちを自分(じぶん)のまはりに()びよせた。214そして(わか)れの言葉(ことば)がすむと四人(よにん)(をとこ)姿(すがた)(たちま)()えなくなつた。215そして(その)あとに(おほ)きな巻束(まきたば)(あら)はれた。216「キシェ」(ぞく)はその巻束(まきたば)を「(つつ)まれたる(いづ)(たから)」と()づけて、217(けつ)して(これ)(ひら)かなかつた。
218 (えう)するに、219この物語(ものがたり)は「キシェ」(ぞく)(さむ)地方(ちはう)から(あたたか)南方(なんばう)移住(いぢう)した史的事実(してきじじつ)反映(はんえい)してゐるやうに(かんが)へられるのである。