霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一章 高宮参拝(たかみやさんぱい)〔一九一八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第76巻 天祥地瑞 卯の巻 篇:第1篇 春風駘蕩 よみ:しゅんぷうたいとう
章:第1章 高宮参拝 よみ:たかみやさんぱい 通し章番号:1918
口述日:1933(昭和8)年12月05日(旧10月18日) 口述場所:水明閣 筆録者:森良仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年3月23日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
太元顕津男の神が、国生み御子生みの御神業のために、高地秀(たかちほ)の宮(東の宮)をただ一人出立したそのあと、残された八柱の御樋代神たちは、天津高宮に詣でて宮の司となる神の降臨を願い出た。主の大神はそれに応えて、鋭敏鳴出(うなりづ)の神、天津女雄(あまつめを)の神、二柱を降して宮仕えを命じた。
顕津男の神の妻神・高野比女は天津高宮の大前に、感謝の歌をささげた。それに対して、鋭敏鳴出の神、天津女雄の神の二神は、顕津男の神の後任として高地秀の宮司として仕える抱負を歌った。
高野比女に仕える侍女神たちは、宮司の神の降臨に、祝いの神楽を催すように進言する。高野比女は喜んで、鋭敏鳴出・天津女雄の二神に、白幣(しろにぎて)・青幣(あおにぎて)、そして二振りの五百鳴(いほなり)の鈴を授けた。
二柱の宮司神は大地を踏み鳴らし、五百鳴の鈴をさやさやと響かせて、右手に持った白幣・青幣を打ち振りながら舞い踊った。
それを見た天津高宮に仕える百の神たちは、天地が一度に開けたような心地がして、喜び勇んだ。鳥たちは微妙の声で御神楽の拍子に合わせて歌い、天と人が和楽する境界を現した。主の大神も、天津高宮の扉を内側から押し開け、この光景をご覧になった。
侍女神たちはこの様を喜び、御神楽をたたえ、主の神への感謝と喜びを歌った。神々はそれぞれ歌を歌い、大御前に祝詞を奏上すると、天津高宮に仕える神々に別れを告げて、高地秀の宮に帰っていった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 491頁 修補版: 校定版:135頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 紫微天界(しびてんかい)()ける神政樹立(しんせいじゆりつ)根元地(こんげんち)なる高地秀(たかちほ)(やま)山麓(さんろく)に、002宮柱太敷立(みやばしらふとしきた)高天原(たかあまはら)千木高知(ちぎたかし)りて、003四方(よも)(かがや)きたまふ高地秀(たかちほ)(みや)一名(いちめい)(ひがし)(みや)(あと)にして、004(おぼ)()すことありとて、005太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)は、006八柱(やはしら)御樋代神(みひしろがみ)(あと)(のこ)し、007一柱(ひとはしら)供神(ともがみ)をも()(たま)はず立出(たちい)(たま)ひければ、008(ここ)八柱(やはしら)御樋代神(みひしろがみ)天津高宮(あまつたかみや)(まう)(たま)ひて、009()大神(おほかみ)神宣(みことのり)()(たま)ひ、010(みや)(つかさ)たるべき(かみ)(くだ)(たま)へと(いの)らせ(たま)へば、011()大神(おほかみ)は、012その願事(ねぎごと)(うべな)(たま)ひて、013(ここ)鋭敏鳴出(うなりづ)(かみ)014天津女雄(あまつめを)(かみ)二柱(ふたはしら)(くだ)(たま)ひて、015(あさ)(ゆふ)なの宮仕(みやづか)へを言依(ことよ)さし(たま)ひしこそ(かしこ)けれ。
016 高野比女(たかのひめ)(かみ)天津高宮(あまつたかみや)大前(おほまへ)願事(ねぎごと)(まを)(たま)ふ、017その御言葉(みことば)
018久方(ひさかた)天津高宮(あまつたかみや)(まう)()
019われはいのりぬ(みそぎ)をさめて
020(みそぎ)してはろばろ此処(ここ)八柱(やはしら)
021女神(めがみ)真心(まごころ)ささげて(いの)るも
022久方(ひさかた)(あま)高地秀(たかちほ)宮司(みやづかさ)
023顕津男(あきつを)(かみ)(まも)らせたまへ
024朝夕(あさゆふ)高地秀(たかちほ)宮居(みや)(つか)へつつ
025なほ真心(まごころ)()らぬを()ゆるも
026国土(くに)()国魂神(くにたまがみ)()まさむと
027()でます岐美(きみ)(つつが)あらすな
028天地(あめつち)(なか)一人(ひとり)岐美(きみ)ゆゑに
029われは一入(ひとしほ)()ふしみおもふ
030わが岐美(きみ)(いづ)れの(はて)にましますか
031こころ(もと)なく朝夕(あさゆふ)いのるも
032()(かみ)(めぐみ)かしこし二柱(ふたはしら)
033宮居(みや)(つかさ)をくだしたまひぬ
034鋭敏鳴出(うなりづ)(かみ)はかしこき宮司(みやづかさ)
035高地秀(たかちほ)宮居(みや)(いま)より(さか)えむ
036天津女雄(あまつめを)(かみ)(おも)ざし(なが)むれば
037(みづ)御霊(みたま)()ましつるかも』
038 鋭敏鳴出(うなりづ)(かみ)(いらへ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
039高野比女(たかのひめ)(かみ)神言(みこと)御歌(みうた)()きて
040()らはぬ(われ)(はづ)かしみおもふ
041わが(ちから)(およ)ばざれども村肝(むらきも)
042(こころ)をつくして(つか)へまつらむ
043(ひむがし)宮居(みや)(いま)より(つか)へむと
044(おも)へばうれしこころ(さか)ゆも
045顕津男(あきつを)(かみ)(ちから)(くら)ぶれば
046(あめ)(つち)との差別(けぢめ)ありけり
047(ちから)なき(われ)にはあれど真心(まごころ)
048あらむ(かぎ)りを(つか)へむと(おも)
049八柱(やはしら)御樋代神(みひしろがみ)(まも)りつつ
050(ひむがし)宮居(みや)(まも)りまつらむ
051八柱(やはしら)御樋代神(みひしろがみ)(あるじ)とし
052(つか)へむとおもふ(あさ)(ゆふ)なを
053天地(あめつち)のあらむ(かぎ)りは()(かみ)
054御樋代(みひしろ)なりと(おも)へばかしこし
055国土(くに)(いま)(わか)かる紫微(しび)天界(かみくに)
056()すべき神業(みわざ)(かぎ)りなく(おほ)
057大宮居(おほみや)(まも)りまつりて()(かみ)
058神業(みわざ)(つか)ふとおもへば(たの)
059今日(けふ)よりは(われ)をいたはり(たま)ひつつ
060(つか)はせたまへ御樋代女神(みひしろめがみ)よ』
061 天津女雄(あまつめを)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
062鋭敏鳴出(うなりづ)(かみ)(つかさ)添柱(そへばしら)
063(えら)まれし(われ)今日(けふ)のうれしさ
064幾万里(いくまんり)(ひがし)国土(くに)高地秀(たかちほ)
065宮居(みや)(つか)ふと(おも)へばいさまし
066御樋代(みひしろ)(かみ)御供(みとも)(つか)へつつ
067いざやすすまむ(ひがし)宮居(みや)
068国土(くに)(わか)紫微天界(しびてんかい)大宮居(おほみや)
069(つか)ふるわが()(たま)(さか)えつ
070永久(とこしへ)(さか)えと(よろこ)()たせつつ
071(すす)みて()かむ高地秀(たかちほ)宮居(みや)
072八柱(やはしら)御樋代神(みひしろがみ)ははろばろと
073これの聖所(すがど)()ませる(たふと)
074(やさ)しくて雄々(をを)しくいます八柱(やはしら)
075御樋代神(みひしろがみ)御魂(みたま)ひかれり
076顕津男(あきつを)(かみ)光明(ひかり)(あら)はれて
077四方(よも)雲霧(くもきり)()(あか)したまふ
078顕津男(あきつを)(かみ)(つか)へし(うづ)宮居(みや)
079(つか)ふるわれを()づかしみおもふ
080光明(ひかり)なき吾身(わがみ)ながらも()(かみ)
081神言(みこと)なりせばかしこみ(つか)へむ
082鋭敏鳴出(うなりづ)(かみ)(たす)けて八柱(やはしら)
083御樋代神(みひしろがみ)(つか)へむとおもふ
084八柱(やはしら)御樋代比女神(みひしろひめがみ)今日(けふ)よりは
085わが()らはぬを(おぎな)(たま)はれ』
086 梅咲比女(うめさくひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
087白梅(しらうめ)(はな)()きにほふ天界(かみくに)
088(うま)れしわれは御樋代神(みひしろがみ)ぞや
089非時(ときじく)梅咲比女(うめさくひめ)(かみ)なれば
090宮居(みやゐ)(には)(きよ)(つか)へむ
091()(かみ)(めぐ)(かしこ)二柱(ふたはしら)
092(ひがし)宮居(みや)(つかさ)たまひぬ
093(はて)しなき稚国原(わかくにはら)旅立(たびだ)たす
094わが岐美(きみ)()(わざはひ)あらすな
095(わが)岐美(きみ)光明(ひかり)(かみ)にましませば
096(しこ)曲津(まがつ)もさやらざるべし
097岐美(きみ)()ちし()より八年(やとせ)()につれど
098(かりがね)便(たよ)りだにも()かなく
099(わが)岐美(きみ)何処(いづく)(はて)にお()すらむ
100こころ(もと)なく朝夕(あさゆふ)をおもふ
101久方(ひさかた)天津高宮(あまつたかみや)清庭(すがには)
102()言霊(ことたま)()みきらひたり
103言霊(ことたま)森羅万象(すべてのもの)(うま)るなり
104(ただ)ままならぬは岐美(きみ)水火(いき)なり
105凡神(ただがみ)(そし)りあざけり(おも)ひはかり
106つれなく岐美(きみ)()でましにけり
107国魂(くにたま)(かみ)()まむと朝夕(あさゆふ)
108(いの)れど甲斐(かひ)なし水火(すいくわ)()はねば
109(いたづら)(わか)月日(つきひ)()ぬるかと
110おもひて朝夕(あさゆふ)われは()くなり
111いざさらば(これ)宮居(みやゐ)感謝言(ゐやひごと)
112(まを)して(ひがし)宮居(みや)(かへ)らむ』
113 香具比女(かぐひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
114八柱(やはしら)御樋代神(みひしろがみ)はいたづらに
115(ひがし)宮居(みや)(とし)()にけり
116()(かみ)御前(みまへ)復命(かへりごと)(まを)すべき
117功績(いさ)なき(われ)をかなしみ(おも)ふも
118雄心(をごころ)大和心(やまとごころ)()(おこ)
119想像妊娠(おもひはらま)岐美(きみ)御水火(みいき)
120(あめ)(たか)(つち)また(ひろ)(さだ)まりて
121この天界(かみくに)(さか)()めたり
122非時(ときじく)香具(かぐ)()()より()れしてふ
123御樋代(みひしろ)のわれ()()きて(さび)しも
124水火(いき)(かぎ)高地秀山(たかちほやま)神霊(しんれい)
125(つか)へて天界(みくに)()らさむと(おも)
126(わが)岐美(きみ)光明(ひかり)御魂(みたま)()たしつつ
127紫微天界(しびてんかい)(あか)()くべし
128(かみ)(つか)岐美(きみ)(しの)びて朝夕(あさゆふ)
129高地秀(たかちほ)(みね)(とし)()りにけり
130掛巻(かけまく)(かしこ)天津高宮(あまつたかみや)
131(わか)れて言葉(ことば)(つつし)()らむ
132宮司(みやつかさ)二柱神(ふたはしらがみ)()今日(けふ)
133天地(あめつち)(ひら)けし心地(ここち)するかも
134(ひむがし)宮居(みや)(かへ)らむ御樋代神(みひしろがみ)
135これの清庭(すがには)神楽(かぐら)をかなでよ』
136 (ここ)高野比女(たかのひめ)(かみ)は、137(かく)比女神(ひめがみ)神言(みこと)提言(ていげん)(いた)(よろこ)(うべな)ひたまひ、138鋭敏鳴出(うなりづ)(かみ)139天津女雄(あまつめを)(かみ)二柱神(ふたはしらがみ)に、140白幣(しろにぎて)青幣(あをにぎて)(およ)二振(ふたふり)五百鳴(いほなり)(すず)(さづ)(たま)へば、141二神(にしん)天津高宮(あまつたかみや)聖所(すがど)(つち)()()らし、142白衣長袖(びやくえちやうしう)しとやかに(をど)らせ(たま)へば、143八柱(やはしら)御樋代比女神(みひしろひめがみ)(はじ)め、144天津高宮(あまつたかみや)(つか)(まつ)(もも)神達(かみたち)異口同音(いくどうおん)(いは)ひの御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
145 その御歌(みうた)
146天晴(あは)天晴(あは)目出度(めでた)(こと)のかぎりかも
147タータータラリ タラリーラー アガリララーリトー チリーヤ タラリ ララリトー』
148 (ここ)二柱(ふたはしら)宮司神(みやつかさがみ)大地(だいち)()みならし、149五百鳴(いほなり)(すず)をさやさやに(ひび)かせ、150右手(めて)白幣(しろにぎて)青幣(あをにぎて)打振(うちふ)(たま)ひつつ()(をど)(たま)へば、151(もも)神等(かみたち)天地(あめつち)一度(いちど)(ひら)けし心地(ここち)して、152(ゑら)(よろこ)(いさ)(たま)ふ。153百鳥(ももとり)微妙(びめう)(こゑ)(はな)ちて、154御神楽(みかぐら)拍子(ひやうし)()して、155弥々(いよいよ)(ここ)天人和楽(てんじんわらく)(きやう)現出(げんしゆつ)せり。156()大神(おほかみ)天津高宮(あまつたかみや)(とびら)(うち)より()()(たま)ひ、157()光景(くわうけい)御覧(みそな)はすこそ(かしこ)けれ。
158 (ここ)寿々子比女(すずこひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
159()(かみ)光明(ひかり)(われ)()らされて
160まなこくらみぬこの清庭(すがには)
161次々(つぎつぎ)(わが)眼界(まなかひ)(ひか)りつつ
162今日(けふ)(いは)ひの神楽(かぐら)()しはや
163二柱(ふたはしら)(かみ)(つか)ふる神楽(かぐら)(まひ)
164(すが)しき姿(すがた)にとけ()りにける
165()(かみ)(うべな)(たま)ふか御扉(みとびら)
166細目(ほそめ)(ひら)きて(のぞ)かせ(たま)へり
167今日(けふ)よりは(ひがし)宮居(みや)(にぎは)しく
168かがやきわたらむ宮司(みやつかさ)()
169わが岐美(きみ)のいまさぬ宮居(みや)(さび)しさも
170わすれて御苑(みその)神楽(かぐら)()しかや
171御樋代(みひしろ)(かみ)()さし(たま)ひし八柱(やはしら)
172女神(めがみ)もいまだ神業(みわざ)つかへず
173朝夕(あさゆふ)高地秀(たかちほ)(みや)清庭(すがには)
174()ちて御空(みそら)(つき)(あふ)ぎつ
175(あま)(わた)(つき)(かがみ)(あふ)ぎつつ
176岐美(きみ)安否(あんぴ)(おも)ひわづらふ
177(くも)りたる(つき)をし()れば一入(ひとしほ)
178(おも)ふは岐美(きみ)(うへ)なりにけり
179瑞々(みづみづ)しき(つき)(かがみ)(あふ)()
180岐美(きみ)御幸(みさち)(おも)ひて(たの)しむ
181(わが)岐美(きみ)(とほ)()きませども(あふ)()
182(つき)姿(すがた)(こころ)なぐさむ』
183 宇都子比女(うづこひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
184『はろばろと(ひがし)宮居(みや)()()でて
185()(かみ)います宮居(みや)(まう)でつ
186西東(にしひがし)皇大神(すめおほかみ)永久(とこしへ)
187(しづ)まりいます宮居(みや)(あき)らけし
188八柱(やはしら)御樋代比女神(みひしろひめがみ)ははろばろと
189今日(けふ)吉日(よきひ)西宮(みやゐ)(まう)でつ
190久方(ひさかた)天之道立神司(あめのみちたつかむつかさ)
191今日(けふ)神姿(すがた)荘厳(おごそか)なるも
192道立(みちたつ)(かみ)永久(とこしへ)(つか)へます
193天津高宮(あまつたかみや)荘厳(おごそか)なるも
194四方八方(よもやも)雲霧(くもきり)()ちし稚国土(わかぐに)
195(かた)めむとして岐美(きみ)()でませり
196(われ)(また)高地秀(たかちほ)宮居(みや)朝夕(あさゆふ)
197(つか)へて(かみ)(いさ)めむとおもふ
198天界(てんかい)(あい)(しん)との神国(みくに)なれば
199真言(まこと)(いの)りを(かなめ)(おも)へり
200天界(てんかい)()みて(たふと)神業(かむわざ)
201(いづ)言霊(ことたま)(みそぎ)なりけり
202朝夕(あさゆふ)(たま)(いづみ)(みそぎ)して
203百神等(ももがみたち)(さち)(いの)らむ
204百鳥(ももどり)(こゑ)(さや)かに(ひび)くなり
205天津高宮(あまつたかみや)(には)百樹(ももき)
206昼月(ひるづき)(かげ)ほのぼのと()えながら
207御空(みそら)にさやる雲影(くもかげ)もなし
208()(かみ)御水火(みいき)()れし天津(あまつ)()
209(ひかり)はますます()えわたりつつ
210天津(あまつ)()(ひかり)(かぎ)りを(ひか)りつつ
211われ()(くら)(たま)(てら)すも
212(つき)()(なら)びてかがよふ天界(かみくに)
213(つか)へてわれは(なに)(なげ)かむ
214(ある)()(ある)ひは()くる大空(おほぞら)
215(つき)(さと)りぬ()のありさまを
216()(かさ)ねうつろひて()月影(つきかげ)
217(さだ)まらぬ()(われ)(さと)りけるかも
218いざさらば二柱神(ふたはしらかみ)(ともな)ひて
219(とも)(かへ)らむ高地秀(たかちほ)宮居(みや)へ』
220 狭別比女(さわけひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
221有難(ありがた)天津高宮(あまつたかみや)清庭(すがには)
222(われ)(すが)しき神楽(かぐら)()しはや
223天地(あめつち)一度(いちど)(ひら)心地(ここち)して
224この清庭(すがには)神楽(かぐら)()しはや
225(すず)()もいとさやさやに(ひび)かひつ
226紫微天界(しびてんかい)はいよよあかるし
227白梅(しらうめ)非時(ときじく)(かを)(うぐひす)
228弥生(やよひ)(はる)をすがしくうたふ
229常磐樹(ときはぎ)(まつ)(こずゑ)()ぐひたる
230(つる)十二(じふに)(たまご)()めり
231真鶴(まなづる)千歳(ちとせ)をうたふ(こゑ)(いろ)
232すがしく(ひび)きて(さか)ゆる天界(みくに)
233(わが)岐美(きみ)行衛(ゆくゑ)(いま)()らねども
234御空(みそら)(つき)(あふ)ぎてなぐさむ
235御空(みそら)()(つき)(かがみ)(きよ)()
236岐美(きみ)(さか)えを(おも)ひて(たの)しむ
237いざさらば高日(たかひ)宮居(みや)(をろが)みて
238いそぎ(かへ)らむ(ひがし)宮居(みや)
239久方(ひさかた)天之道立神司(あめのみちたつかむつかさ)
240(いづ)(をしへ)はたふとかりけり
241厳御霊(いづみたま)(みづ)御霊(みたま)御教(みをしへ)
242世界(せかい)十字(じふじ)()みならす太元(もと)かも
243()(みづ)(つち)(ちから)天界(かみくに)
244(いま)あきらけく(かた)まりにける』
245 花子比女(はなこひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
246白梅(しらうめ)(はな)(よそほ)(なが)むれば
247(みづ)御霊(みたま)岐美(きみ)のここちす
248非時(ときじく)(にほ)神苑(みその)百千花(ももちばな)
249手折(たを)りささげむ(かみ)御前(みまへ)
250白梅(しらうめ)一枝(ひとえ)手折(たを)りて黒髪(くろかみ)
251(かざし)となさばや花子比女(はなこひめ)われは
252(はな)(かを)(まつ)(ひびき)(すが)しけれ
253()(かみ)います宮居(みやゐ)(には)
254(ひむがし)宮居(みや)(つかさ)(ともな)ひて
255(ゑら)(かへ)らむ()とはなりけり
256いざさらば(かみ)御前(みまへ)感謝言(ゐやひごと)
257うまらにつばらに()りて(かへ)らむ
258高地秀(たかちほ)(みね)ははろけしさりながら
259(こま)(ひづめ)のためらひもなし』
260 小夜子比女(さよこひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
261瑞御霊(みづみたま)高地秀(たかちほ)宮居(みや)()でしより
262御樋代(みひしろ)われは(さび)しく(とし)()
263(かみ)をあがめ岐美(きみ)()ひつつ(とり)()
264(なが)月日(つきひ)()れにけるかな
265高地秀(たかちほ)(やま)松風(まつかぜ)朝夕(あさゆふ)
266(ひび)けど岐美(きみ)音信(おとづれ)はなし
267高地秀(たかちほ)(みね)()()()(つき)
268(かは)らず(おも)へばたふとかりける
269小夜(さよ)()けて(あふ)月光(つきかげ)()(わた)
270もの()はすげに(おも)はするかな
271(つき)()れば岐美(きみ)(たま)よと(おも)ひつつ
272ながき(わか)れをなぐさめしはや
273久々(ひさびさ)にこの高宮(たかみや)(まう)()
274わが魂線(たましひ)はよみがへりつつ
275八柱(やはしら)御樋代神(みひしろがみ)朝夕(あさゆふ)
276(むつ)(なご)みて宮居(みや)(つか)へつ
277(うら)(ねた)みなき真心(まごころ)(つか)()
278宮居(みや)聖所(すがど)雲霧(くもきり)もなし
279いざさらば()大神(おほかみ)拝礼(ゐやひ)して
280はろばろ(ひがし)宮居(みや)(かへ)らな』
281 朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
282()(かみ)宮居(みや)(はじ)めて(まう)でけり
283高地秀(たかちほ)宮居(みや)にあるここちして
284真心(まごころ)筑紫(つくし)宮居(みや)清庭(すがには)
285国土(くに)(はじ)めの神楽(かぐら)()しはや
286西(にし)宮居(みや)筑紫(つくし)宮居(みや)()(かみ)
287光明(ひかり)一入(ひとしほ)つよかりにける
288御樋代神(みひしろがみ)(えら)まれし(われ)はためらはず
289岐美(きみ)のみあとをまぎて()くべし
290いたづらに()ちて月日(つきひ)(おく)るよりも
291すすみて()かむ御子生(みこう)みの(たび)
292()(かみ)御前(みまへ)(ちか)(まを)すべし
293われは(すす)みて神業(みわざ)(つか)へむ
294いざさらば筑紫(つくし)宮居(みや)(あと)にして
295ともに(かへ)らむ(ひがし)宮居(みや)へ』
296 (かく)神々(かみがみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ひつつ、297大御前(おほみまへ)御声(みこゑ)(さや)けく祝詞(のりと)奏上(そうじやう)し、298天津高宮(あまつたかみや)(つか)へます百神等(ももがみたち)(わか)れを()げ、299各自(おのもおのも)(あめ)斑駒(ふちこま)()(またが)り、300高地秀(たかちほ)宮居(みや)をさして(いそ)がせ(たま)ふぞ(かしこ)けれ。
301昭和八・一二・五 旧一〇・一八 於水明閣 森良仁謹録)