霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 二本松(にほんまつ)(かげ)〔一九二七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第76巻 天祥地瑞 卯の巻 篇:第3篇 孤軍奮闘 よみ:こぐんふんとう
章:第10章 二本松の蔭 よみ:にほんまつのかげ 通し章番号:1927
口述日:1933(昭和8)年12月07日(旧10月20日) 口述場所:水明閣 筆録者:内崎照代 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年3月23日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
見渡す限り夏草が萌える大野ヶ原を進みつつ、朝香比女は馬上に歌を吟じながら進んでいた。昨日の曲津神の来襲と勝利をふりかえりつつ、顕津男の神への思いをつづっていた。
比女は駒をひらりと降りると、二本松の樹下にしばし休らった。どこまでも広がる青空の下の草原の木陰で休息を取った朝香比女は、顕津男の神への思いを述懐歌に歌った。
日のまだ高いうちに再び馬上の人となった比女は、栄城山を目指して進んだ。顕津男の神が、御樋代神もおらず、スウヤトゴルの大曲津神が待ち受けている西方の国へと向かったことを風の便りに聞き、かの地に思いを馳せた。
その日の黄昏頃、比女は栄城山に着いた。栄城山の神々たちは、御樋代神がやってくることを伝え聞いており、山麓の谷川の岸辺まで出迎えに来ていた。機造男の神、散花男の神、中割男の神、小夜更の神、親幸男の神の五柱、いずれもウ声の言霊から生る出でた神々だった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 549頁 修補版: 校定版:352頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 見渡(みわた)(かぎ)夏草(なつぐさ)()ゆる大野ケ原(おほのがはら)(つゆ)(こま)(ひづめ)()みくだきながら、002朝香比女(あさかひめ)(かみ)馬上(ばじやう)(ゆたか)に、003小声(こごゑ)御歌(みうた)(ぎん)じつつ(すす)ませ(たま)ふ。
004丹牡丹(にぼたん)()ゆる高地秀(たかちほ)
005宮居(みや)聖所(すがど)()()でて
006駿馬(はやこま)()(またが)りつ
007(はて)しも()らぬ大野原(おほのはら)
008(すす)みて(きた)(をり)もあれ
009(かすみ)ただよふ()(はて)
010ひとり(さび)しも天津(あまつ)()かげは()にかくれ
011黄昏(たそがれ)(まく)はおそひ()
012(こま)脚並(あしなみ)いそいそと
013とある河辺(かはべ)()きぬれば
014(やみ)はますます(ふか)みつつ
015ただ一条(ひとすぢ)河瀬(かわせ)(いろ)
016(やみ)白々(しろじろ)(よこた)はり
017せせらぎの(おと)(かすか)(ひび)
018かかる(さび)しき(かは)()
019(こま)(またが)(たたず)める
020(をり)しもあれや曲津見(まがつみ)
021火玉(ひだま)となりて河下(かはしも)
022(やみ)()らしつ(せま)()
023よくよく()れば()(たま)
024(まなこ)(ひと)つに(くち)(やつ)
025各自(おのもおのも)(くち)(ひら)
026巨大(きよだい)(はち)()(いだ)
027(われ)(こま)とを(おそ)ひければ
028(こま)はかしこく水中(すゐちう)
029()ををどらして()()みつ
030(はち)(わざはひ)のがれける
031(わらは)言霊(ことたま)()()げて
032(かみ)(いの)りつ燧石(ひうちいし)
033かちりかちりと()()せば
034(たちま)真火(まひ)はほとばしり
035あたりを()らす功績(いさをし)
036さすが曲津見(まがつみ)(おそ)()
037(けむり)となりて()()りぬ
038(をり)しもあれや(ひむがし)
039(そら)はほのぼの東雲(しのの)めて
040(かささぎ)(こゑ)さわやかに
041(むし)()(きよ)朝風(あさかぜ)
042おもむろに大野ケ原(おほのがはら)()
043せせらぎの(おと)さやさやに
044(ひび)(わた)れる(あかつき)
045(そら)より(のぼ)天津(あまつ)()
046(ひかり)(かぎ)りを(ひか)らせつ
047草葉(くさば)(つゆ)(たま)()らし
048中天(ちうてん)(たか)(のぼ)ります
049ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
050高地秀山(たかちほやま)()()でて
051(はじ)めて()ひし曲津見(まがつみ)
052(まが)(わざはひ)()(はら)
053(きは)みも()らぬ(なつ)()
054(われ)ただ一人(ひとり)(すす)むなり
055わが()岐美(きみ)(いま)何処(いづこ)
056一日(ひとひ)(はや)(めぐ)()
057(つも)(おも)ひの数々(かずかず)
058岐美(きみ)御前(みまへ)()()けて
059日頃(ひごろ)(こひ)意地(いぢ)()
060水火(いき)水火(いき)とを(あは)せつつ
061(かみ)()さしの神業(かむわざ)
062(つか)(まつ)らでおくべきか
063(われ)女神(めがみ)()なれども
064御樋代神(みひしろがみ)(えら)まれし
065()大神(おほかみ)国土生(くにう)みの
066(うづ)(うつは)(たから)ぞや
067(つる)御空(みそら)()(あそ)
068小鳥(ことり)天界(みよ)(はる)うたひ
069千草(ちぐさ)にすだく(むし)()
070わが()()ちを寿(ことほ)ぎつ
071(こま)(いなな)(いさ)ましく
072(かぜ)(ひびき)()えきりて
073わが()野辺(のべ)広々(ひろびろ)
074(はて)しも()らぬ()(かみ)
075御稜威(みいづ)此処(ここ)にあらはせり
076ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
077栄城(さかき)(やま)(ちか)づきぬ
078駿馬(はやこま)(ひづめ)(やす)めて(いま)しばし
079(われ)(いこ)はむ常磐樹(ときはぎ)
080二本(ふたもと)(なら)ぶこの樹蔭(こかげ)
081(うた)はせつつ(こま)をひらりと()()り、082二本松(にほんまつ)樹下(こした)(しば)しを(やす)らひ(たま)ふ。
083久方(ひさかた)御空(みそら)(たか)()(ひろ)
084その真中(まんなか)をわれ一人(ひとり)()くも
085国土(くに)(わか)大野(おほの)(こま)(またが)りて
086()くはたのしも岐美(きみ)(ちから)
087()にさはるもの(ひと)つなき広野原(ひろのはら)
088(めづら)しきかも二本(ふたもと)(まつ)
089二本(ふたもと)(まつ)樹蔭(こかげ)(やす)らへば
090御空(みそら)(ひく)田鶴(たづ)()ふなり
091この(まつ)(こずゑ)こもれり真鶴(まなづる)
092(つばさ)(やす)むる聖所(すがど)なるらむ
093駿馬(はやこま)青草(あをぐさ)むしりわれは(いま)
094生言霊(いくことたま)水火(いき)()ふなり
095天界(かみくに)(うま)れて(きよ)言霊(ことたま)
096水火(いき)()ひつつ()くる(われ)なり
097百草(ももぐさ)(はな)はいろいろ()()ちて
098わが()(みち)(かざ)りたつるも
099種々(くさぐさ)(はな)()(にほ)大野原(おほのはら)
100(しば)しやすらひ岐美(きみ)(うた)()まむ
101顕津男(あきつを)(かみ)神言(みこと)瑞御霊(みづみたま)
102あつき(こころ)のわれには()けむ
103(ふゆ)()(こほり)(ごと)(かた)くとも
104(ねつ)には()くる瑞御霊(みづみたま)かも
105御子生(みこう)みの神業(みわざ)(つか)ふる岐美(きみ)(ゆゑ)
106わが伊行(いゆ)くとも(いな)みたまはじ
107おほらかに御樋代神(みひしろがみ)名乗(なの)りつつ
108われは(つか)へむ岐美(きみ)御前(みまへ)
109その岐美(きみ)在処(ありか)(いま)()らねども
110矢竹心(やたけごころ)のかよはざらめや
111高地秀(たかちほ)(うづ)宮居(みやゐ)()()でて
112一人旅(ひとりたび)すも岐美(きみ)()はむと
113曲津見(まがつみ)(しこ)(すさ)びを(こと)むけて
114岐美(きみ)()はむとわが()つるかも
115よしやよし万里(ばんり)(とほ)きにいますとも
116たづね()かなむ真心(まごころ)(こま)
117わが(こま)(あゆ)みも(はや)幾万里(いくまんり)
118彼方(あなた)(そら)もやすく(すす)まむ
119二本(ふたもと)常磐(ときは)(まつ)(かげ)()ちて
120岐美(きみ)(われ)とのすがた()るかな
121一本(ひともと)雄松(をまつ)なりけり一本(ひともと)
122わが()()たる雌松(めまつ)なるかも
123()()りし(まつ)一葉(ひとは)二本(ふたもと)
124鉢葉(はりは)(かた)くはなれざりけり
125広々(ひろびろ)(はて)しも()らぬ()(なか)
126()ふる二本(ふたもと)(まつ)めづらしも
127雌雄(めを)(まつ)(こずゑ)手折(たを)りてわが(かみ)
128かざし(すす)まむ(とほ)大野(おほの)
129わがかざす(まつ)(こずゑ)岐美(きみ)がりに
130(ちか)ひまゐらすしるしともがな
131わが行手(ゆくて)(いは)ひて()ふか真鶴(まなづる)
132頭上(づじやう)(たか)くつばさ()つなり
133(やす)らかにあるべき()ながら(こひ)(ゆゑ)
134われは万里(ばんり)(たび)()つかも
135広々(ひろびろ)(はて)しも()らぬ天界(かみくに)
136一人(ひとり)岐美(きみ)()はむと()くかも
137わが(こひ)御空(みそら)(ごと)くはろけかり
138月読(つきよみ)(ふね)のそれならなくに
139比女神(ひめがみ)(かた)(こころ)岩ケ根(いはがね)
140(つらぬ)かずしておくべきものかは
141いざさらば(ふたた)(こま)(またが)りて
142万里(ばんり)広野(ひろの)()()かむかも』
143 ()(うた)(たま)ひ、144ひらりと(こま)(またが)り、145御空(みそら)(かがや)()御光(みかげ)(あふ)ぎながら、146またもや御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
147高照(たかてる)(やま)()()()でし()
148わが頭辺(かしらべ)にかがやき(たま)へり
149高地秀(たかちほ)(みね)(しづ)ます(ころ)ほひは
150栄城(さかき)(やま)にわれは(すす)まむ
151なつかしき栄城(さかき)(やま)よわが岐美(きみ)
152(いの)りたまひし聖所(すがど)(おも)へば
153栄城山(さかきやま)()()宮居(みや)(まう)でつつ
154岐美(きみ)行方(ゆくへ)をうかがはむかも
155(みむなみ)国土(くに)(めぐ)りて西方(にしかた)
156国土(くに)にいますと便(たよ)りは()けども
157西方(にしかた)国土(くに)には御樋代神(みひしろがみ)あらず
158われは(すす)みて神業(みわざ)(つか)へむ
159スウヤトゴルの大曲津見(おほまがつみ)黒雲(くろくも)
160なりて()()(たけ)ぶとぞ()
161()岐美(きみ)(なや)ます(しこ)曲津見(まがつみ)
162(われ)はやらはむ真火(まひ)(いさを)
163鋭敏鳴出(うなりづ)(かみ)神言(みこと)(をし)へたる
164真火(まひ)(ちから)刃向(はむか)曲津(まが)なし
165曲津見(まがつみ)(むか)ひてこよなき武器(ぶき)こそは
166(ひうち)真火(まひ)にまさるものなし
167曲津見(まがつみ)陽火(やうくわ)をおそれ陰火(いんくわ)もて
168国津神等(くにつかみたち)(なや)ましをるかも
169そよそよと()()(かぜ)(かむ)ばしき
170栄城(さかき)(やま)千花(ちばな)のかをりか
171由縁(ゆかり)ある栄城(さかき)(やま)()けつけて
172岐美(きみ)御後(みあと)(しの)びまつらむ
173栄城山(さかきやま)遠野(とほの)(おく)(かす)みたり
174ひと(むち)あててわれ(いそ)がばや』
175 ()(うた)はせ(たま)ひつつ、176(はるか)(そら)にぼんやりと(かす)栄城(さかき)(やま)目当(めあて)に、177()()黄昏(たそが)れる(ころ)178朝香比女(あさかひめ)(かみ)安々(やすやす)()かせ(たま)ひける。179栄城山(さかきやま)神々(かみがみ)御樋代神(みひしろがみ)()でますと、180(かりがね)便(たよ)りに()()りまして、181山麓(さんろく)(よこた)はる細溪川(ほそたにがは)岸辺(きしべ)まで出迎(でむか)(たま)ふ。182()(かみ)御名(みな)機造男(はたつくりを)(かみ)183散花男(ちるはなを)(かみ)184中割男(なかさきを)(かみ)185小夜更(さよふけ)(かみ)186親幸男(ちかさちを)(かみ)五柱(いつはしら)にして、187(いづ)れもウ(ごゑ)言霊(ことたま)より()()(たま)ひし神々(かみがみ)におはせり。
188昭和八・一二・七 旧一〇・二〇 於水明閣 内崎照代謹録)