霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 死生観(しせいくわん)〔四七〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第11巻 霊主体従 戌の巻 篇:第1篇 長駆進撃 よみ:ちょうくしんげき
章:第3章 第11巻 よみ:しせいかん 通し章番号:470
口述日:1922(大正11)年02月28日(旧02月02日) 口述場所: 筆録者:岩田久太郎 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年9月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
この吉兆に、時公も東彦を疑う心はやや晴れ、宣伝使の話を聞かせて欲しいと願い出た。
東彦は、人間とは神様の水火(いき)から生まれたもので、神の御子たるはたらきをするために、肉体に入って生まれてきたのだ、と説いた。
時公は、何千万年も前から自分が生き通しであるとは信じられない、と返すが、東彦は、それは一日も長く現世に留まって、つらい現世の勤めを果たすために、死を恐れる精神を与えられてあるからだ、と答えた。
さらに東彦は、人間と生まれた本分を尽くし、神様のために御用を勤めて、霊界から天使のお迎えがあるまでは、何ほど自分が死にたいと思っても、神様がお許しにならなければ死ぬことはできない、と説いた。
時公は、子供のときは何もわからないのはどうしてでしょう、と質問した。東彦は答えて、子供は身体がまだ弱いので、霊魂が肉体に全部移って働くのは、一人前の体になってからだからだ、と答えた。
続けて、しかし現世で悪事ばかりをなした人間は、結構な霊界に帰ることができず、根の国底の国に落ちてしまうのだ、と注意を促した。
暗くなってきたので、二人はその場で野宿することになった。東彦は、人間の霊魂は生き通しであり、この世に肉体を持って何度も生まれ変わってくるのは、神様の御用を現世で行うためである、という宣伝歌を歌った。
時公は続けて、人間の霊魂が生き通しであることを聞いた喜びを、滑稽な宣伝歌に歌った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1103
愛善世界社版:26頁 八幡書店版:第2輯 523頁 修補版: 校定版:26頁 普及版:10頁 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎著作集 > 第三巻「愛と美といのち」 > [2] 人生 > [2-1] 永遠のいのち > [2-1-3] 死生観
001 ()(わた)音楽(おんがく)(こゑ)002馥郁(ふくいく)たる(はな)(かを)りに(つつ)まれて、003(たちま)時公(ときこう)精神(せいしん)恍惚(くわうこつ)とし、004(てん)(あふ)いで(こゑ)する(はう)(なが)めてゐる。
005 (うめ)(さくら)(もも)(はな)か、006翩翻(へんぽん)として(うるは)しき花瓣(はなびら)(ゆき)(ごと)くに()つて()る。007()はますます(かんば)しく、008音楽(おんがく)はいよいよ()え、009(しん)()(めう)(てつ)する(ばか)りなり。
010東彦(あづまひこ)『オー、011(とき)さま、012()(とばり)(あが)つただらう、013(みみ)(ふた)()れたであらう。014(はな)活返(いきかへ)つたであらう』
015『ヤアー、016豁然(かつぜん)として(はちす)(はな)一度(いちど)にパツと(ひら)いたごとき心持(こころもち)になりました』
017(これ)でも(わし)化物(ばけもの)(おも)ふか』
018化物(ばけもの)化物(ばけもの)だが、019一寸(ちよつと)()(はう)化物(ばけもの)ですなア。020(これ)(だけ)では時公(ときこう)もトント合点(がつてん)()きませぬが、021最前(さいぜん)貴方(あなた)のおつしやつた、022(わたくし)何万年(なんまんねん)とやら(まへ)(いき)()つたとか()ふ、023その(わけ)()かして(くだ)さい』
024東彦(あづまひこ)今度(こんど)真面目(まじめ)()きなさい。025人間(にんげん)()ふものは、026神様(かみさま)水火(いき)から(うま)れたものだ。027神様(かみさま)万劫末代(まんがふまつだい)生通(いきとほ)しだ。028その神様(かみさま)分霊(わけみたま)人間(にんげん)となるのだ。029さうして、030肉体(にくたい)人間(にんげん)()(もの)だ。031この肉体(にくたい)(かみ)(みや)であつて、032人間(にんげん)ではないのだ。033人間(にんげん)はこの肉体(にくたい)使(つか)つて、034(かみ)御子(みこ)たる(はたら)きをせなくてはならぬ。035肉体(にくたい)には栄枯盛衰(えいこせいすい)があつて、036何時(いつ)(まで)(はな)(さか)りで()ることは出来(でき)ぬ。037されどもその本体(ほんたい)生替(いきかは)死替(しにかは)り、038つまり肉体(にくたい)(あたら)しうして、039それに這入(はい)り、040(ふる)くなつて(よう)()たなくなれば、041また出直(でなほ)して(あたら)しい身体(しんたい)宿(やど)つて()るのだ。042人間(にんげん)()ぬといふことは、043(べつ)(うれ)ふべき(こと)でも(なん)でもない。044ただ墓場(はかば)()えて、045もう(ひと)(むか)ふの(あたら)しい肉体(にくたい)()(かは)ると()(こと)だ。046元来(ぐわんらい)(かみ)には生死(せいし)区別(くべつ)がない、047その分霊(わけみたま)()けた人間(にんげん)もまた同様(どうやう)である。048()すると()(こと)を、049(いま)人間(にんげん)非常(ひじやう)(いや)(こと)のやうに(おも)ふが、050人間(にんげん)本体(ほんたい)としては(なん)ともない(こと)だ』
051時公(ときこう)『さうすれば、052(わたくし)何万年前(なんまんねんぜん)から(いき)()つたと()(こと)が、053自分(じぶん)(わか)りさうなものだのにチツとも(わか)りませぬ。054貴方(あなた)のおつしやる(とほ)りなら、055(さき)()には(なん)()(もの)(うま)れ、056何処(どこ)にどうして()つて、057どういう手続(てつづ)きで(うま)れて()たと()(こと)(おぼ)えて()りさうなものです。058さうしてそんな結構(けつこう)(こと)なれば、059なぜ(いま)はの(きは)まで、060()ぬと()ふことが(いや)なやうな()がするのでせうか』
061東彦(あづまひこ)『そこが神様(かみさま)有難(ありがた)いところだ。062(まへ)(さき)()では、063かう()(こと)をして()た、064霊界(れいかい)でこンな結構(けつこう)なことがあつたと()(こと)記憶(きおく)して()らうものなら、065アヽアヽ、066こんな(つら)(たたか)ひの()(なか)()るよりも、067(もと)霊界(れいかい)(はや)(かへ)りたい、068()んだがましだと()()になつて、069人生(じんせい)本分(ほんぶん)(つく)(こと)出来(でき)ない。070(すべ)人間(にんげん)(この)()肉体(にくたい)(そな)へて()たのは、071神様(かみさま)(ある)使命(しめい)(はた)(ため)()たのである。072()ぬのが(をし)いと()(こころ)があるのは、073つまり一日(いちにち)でもこの()(なが)()つて、074(ひと)つでも余計(よけい)神様(かみさま)御用(ごよう)(つと)めさせる(ため)に、075()(おそ)れる精神(せいしん)(あた)へられて()るのだ。076実際(じつさい)(こと)()へば、077現界(げんかい)よりも霊界(れいかい)(はう)が、078いくら(たのし)いか面白(おもしろ)いか(わか)つたものでない、079いづれ千年先(せんねんさき)になれば、080(まへ)(わし)霊界(れいかい)這入(はい)つて「ヤア、081東彦様(あづまひこさん)」「ヤア時様(ときさん)か」「どうして()つた」「お(まへ)何時(いつ)()んだのか」「さうだつたかね、082ホンニホンニ何時(いつ)やら()んだやうに(おも)ふなア」ナント()つて(たがひ)(わら)(こと)があるのだ』
083時公(ときこう)『アヽそンなものですか。084そんなら(わたくし)(やう)に、085この(やう)長生(ながいき)をして(つみ)(つく)るより、086(つみ)(つく)らん(うち)に、087(はや)()ンだ(はう)(かへ)つて幸福(かうふく)ですなア』
088東彦(あづまひこ)『サア、089さう()()になるから、090霊界(れいかい)(こと)()かすことが出来(でき)ぬのだ。091この()ほど結構(けつこう)なとこは()い。092一日(いちにち)でも長生(ながいき)をしたいと(おも)うて、093その(あひだ)人間(にんげん)(うま)れた本分(ほんぶん)(つく)し、094(ひと)つでも()いことを()し、095神様(かみさま)(ため)御用(ごよう)(つと)めて、096もう(これ)でよいから霊界(れいかい)(かへ)れと、097天使(てんし)御迎(おむか)ひがある(まで)は、098勝手気儘(かつてきまま)にこの()()(こと)出来(でき)ぬ。099(なに)ほど自分(じぶん)から()()いと(おも)つても、100(かみ)御許(おゆる)しなければ()(こと)出来(でき)ぬものだ』
101時公(ときこう)(ひと)(たづ)ねますが、102(わたくし)子供(こども)(とき)は、103西(にし)(ひがし)()らなかつた。104(むかし)から生通(いきどほ)しの(かみ)霊魂(みたま)であるとすれば、105子供(こども)(とき)から、106もう(すこ)(なに)()(わか)つて()りさうなものだのに、107段々(だんだん)(をし)へられて、108追々(おひおひ)智慧(ちゑ)がついて()たやうに(おも)ひます。109(これ)一体(いつたい)どう()(わけ)ですか』
110東彦(あづまひこ)子供(こども)肉体(にくたい)虚弱(きよじやく)だから、111それに(おう)ずる程度(ていど)(たましひ)宿(やど)るのだ。112全部(ぜんぶ)本人(ほんにん)霊魂(みたま)肉体(にくたい)(うつ)つて(はたら)くのは、113一人前(いちにんまへ)身体(からだ)になつた(うへ)(こと)だ。114それ(まで)(すこ)(づつ)(うま)(かは)るのだ』
115時公(ときこう)『さうすると人間(にんげん)本尊(ほんぞん)十月(とつき)(はら)()つて、116それから、117あと二十年(にじふねん)もせぬと、118スツカリと(うま)(かは)(こと)出来(でき)ぬのですか』
119東彦(あづまひこ)『マアそンなものだ。120(しか)(なに)ほど霊界(れいかい)結構(けつこう)だと()つても、121人生(じんせい)使命(しめい)(はた)さず、122(わる)(こと)()うたり、123(あく)ばかりを(はたら)いて()んだら、124(けつ)して(もと)結構(けつこう)(ところ)へは(かへ)(こと)出来(でき)ぬ。125それこそ()(くに)(そこ)(くに)の、126無限(むげん)責苦(せめく)(うけ)るのだ。127それだから(この)(しやう)(あひだ)に、128(ひと)つでも()(こと)をせなくてはならぬ』
129時公(ときこう)大分(だいぶ)(わか)りました。130一遍(いつぺん)(をし)へて(もら)うと、131(わす)れますから、132(また)(すこ)(づつ)小出(こだ)しをして(くだ)さい』
133東彦(あづまひこ)『サア、134()かう、135(よる)(たび)(かへ)つて面白(おもしろ)いものだ』
136時公(ときこう)『エー、137終日(しうじつ)荒野(あれの)(ある)いて、138(よる)(まで)(ある)くとは、139チツト勉強(べんきやう)()ぎはしませぬか。140日輪様(にちりんさま)でも()さりは黒幕(くろまく)(おろ)してお(やす)みだのに、141それは(あま)りです』
142東彦(あづまひこ)(よる)(たび)()(こと)()(こと)だ。143サア、144(いこ)うと()(こと)(やす)むと()(こと)だ、145アハヽヽヽヽ。146また今晩(こんばん)(かや)(しとね)肱枕(ひぢまくら)147(くも)蒲団(ふとん)でお(やす)みだ。148(かみ)(めぐみ)(つゆ)御恩(ごおん)感謝(かんしや)する(ため)に、149神言(かみごと)奏上(そうじやう)し、150宣伝歌(せんでんか)(うた)つて(やす)(こと)としよう』
151時公(ときこう)(あたら)しい宣伝歌(せんでんか)()つから(ぞん)じませぬ。152(なん)でも(よろ)しいか』
153東彦(あづまひこ)()(わし)から宣伝歌(せんでんか)(とな)へるから、154(まへ)はお(まへ)言霊(ことたま)(まか)して(うた)ふのだ』
155()(なが)東彦(あづまひこ)(ただち)(たつ)て、
156(あめ)(つち)とは永久(とこしへ)
157(いん)(やう)との生通(いきどほ)
158(かみ)水火(いき)より(うま)れたる
159(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
160()くるも()ぬるも(おな)(こと)
161(これ)をば(もの)(たと)ふれば
162(かみ)世界(せかい)故郷(ふるさと)
163(こひ)しき(おや)のゐます(いへ)
164(この)()()まれた人生(じんせい)
165(つゆ)(しとね)草枕(くさまくら)
166(たび)(いで)たる旅人(たびびと)
167クス()辿(たど)るが(ごと)くなり
168辿(たど)辿(たど)りて黄昏(たそがれ)
169いづれの(いへ)(もと)めつつ
170(これ)宿(やど)りし(その)(とき)
171(この)()()りし(とき)ぞかし
172一夜(ひとよ)宿(やど)()(いで)
173(また)もや(たび)をなす(とき)
174(また)人間(にんげん)(うま)()
175(かみ)(はたら)きなす(とき)
176(うま)れて一日(いちにち)(はたら)いて
177()んで一夜(ひとよ)(また)(やす)
178()ぬと()ふのは(ひと)()
179(はて)には(あら)生魂(いくたま)
180重荷(おもに)(おろ)して(やす)(とき)
181(かみ)御前(みまへ)(あそ)(とき)
182(さか)えの(はな)(ひら)(とき)
183歓喜(よろこび)()てる(とき)ぞかし
184(また)もや(かみ)命令(いひつけ)
185神世(かみよ)宿(やど)立出(たちいで)
186(ふたた)人生(じんせい)(たび)をする
187(たび)()いもの(つら)いもの
188(つら)(なか)にも(また)(ひと)
189(みやこ)(いた)(かぎ)りなき
190歓喜(くわんき)(はな)()(にほ)
191(かみ)御子(みこ)たる(ひと)()
192(うま)れて()んで(また)(うま)
193()んで(うま)れて(また)(うま)
194()んで(うま)れて(また)(うま)
195どこどこ(まで)(かぎ)りなく
196堅磐(かきは)常盤(ときは)(さか)()
197常磐(ときは)(まつ)(うま)()
198五六七(みろく)(かみ)太柱(ふとばしら)
199(たま)(いしずゑ)()(かた)
200高天原(たかあまはら)千木(ちぎ)(たか)
201宮居(みやゐ)(つく)(はたら)きは
202(かみ)御子(みこ)たる(ひと)()
203(つと)めの(なか)(つと)めなり
204嗚呼(ああ)(たの)もしき(ひと)(たび)
205嗚呼(ああ)(たの)もしき(ひと)()
206(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
207(かみ)(ひと)とは生替(いきかは)
208()(かは)りして永久(とこしへ)
209五六七(みろく)()(まで)(さか)()
210五六七(みろく)()(まで)(さか)()く』
211時公(ときこう)『ヤア、212面白(おもしろ)面白(おもしろ)い、213有難(ありがた)有難(ありがた)い』
214東彦(あづまひこ)(わか)つたか』
215時公(ときこう)『ハイ、216今度(こんど)()つから()つからよう(わか)りました』
217東彦(あづまひこ)(わか)つた(やう)な、218(わか)らぬ(やう)(こたへ)だなア』
219時公(ときこう)(わか)つた(やう)(わか)らぬ(やう)なのが(かみ)(みち)220人生(じんせい)行路(かうろ)です。221この(さき)にどんな化物(ばけもの)()るか貴方(あなた)(わか)つてますか』
222東彦(あづまひこ)(こま)つた(やつ)だなア』
223時公(ときこう)奥歯(おくば)(もの)のコマツタやうな、224(こま)らぬ(やう)(こと)()(やつ)だ。225アハヽヽヽヽ』
226東彦(あづまひこ)『サア、227時公(ときこう)228貴様(きさま)宣伝歌(せんでんか)()かう』
229時公(ときこう)(わざはひ)(おほ)()(なか)
230ヒヨイト(うま)れた時公(ときこう)
231(むね)はトキトキ(とき)()
232()ぬのは(こは)(おそ)ろしい
233どうしてこの()何時(いつ)までも
234()なず(おい)ずに()られよかと
235(あさ)(ゆう)なに(あん)じたが
236三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
237石凝姥(いしこりどめ)梅ケ香(うめがか)
238(ひめ)(みこと)がやつて()
239穴無(あなな)(けう)()(ゆゑ)
240コイツアー()なでもよいワイと
241(おも)つて()たら東彦(あづまひこ)
242(ひと)はこの()(うま)()
243(はか)()くのが目的(もくてき)
244()いたる(とき)吃驚(びつくり)
245矢張(やつぱ)(はか)穴有教(あなありけう)
246(ちから)(なに)()()てた
247(ひと)()小僧(こぞう)(あらは)れて
248(ひと)つの(あな)時公(ときこう)
249()れて()かうと()うた(とき)
250アナ(おそ)ろしやアナ(こは)
251案内(あない)()らぬ田圃道(たんぼみち)
252(くさ)()()けて()()れば
253(また)(ひと)つの化物(ばけもの)
254(かや)(すすき)(あひだ)から
255ヌツと()ちたる(おそ)ろしさ
256コイツも()()化物(ばけもの)
257一目(ひとめ)()るより(かね)(つゑ)
258()つて()せたらヤイ()てと
259()けたる(こゑ)()(ひと)
260()化物(ばけもの)(なん)だろと
261(むね)もドキドキ十木公(ときこう)
262(うろた)(さわ)(をり)からに
263サツト()()木枯(こがらし)
264(かぜ)より(ふと)(うな)(ごゑ)
265(とら)(おほかみ)獅子(しし)(おに)
266地獄(ぢごく)(そこ)()(やう)
267(いや)気持(きもち)になつた(とき)
268(てん)(めぐみ)()(おん)
269(みみ)(さわや)かな音楽(おんがく)
270(きこ)えて(はな)(あめ)()
271(こころ)(そら)一時(いつとき)
272パツと(ひら)いた(はな)(はちす)
273コイツアー(まこと)人間(にんげん)
274(さと)つた(とき)(うれ)しさは
275(いき)ても(わす)れぬ()んだとて
276(これ)(わす)れてよからうか
277どうぞ一生(いつしやう)()なぬ(やう)
278(たの)(かみ)さま(ほとけ)さま
279妙見(めうけん)さまもチヨロ(くさ)
280ウラルの(やま)法螺吹嶽(ほらふきだけ)
281(とどま)(たま)天狗(てんぐ)さまに
282(ひと)つお(ねが)掛巻(かけまく)
283(かしこ)(かみ)御利益(ごりやく)
284(ひと)生死(いきし)有様(ありさま)
285()いたる(とき)(うれ)しさよ
286()うなるからは何時(いつ)にても
287()んでもかまはぬ(とき)さまの
288ヤツト(さと)つた(とら)(まき)
289(うれ)しい (うれ)しい 有難(ありがた)
290ドツコイ ドツコイ ドツコイシヨ』
291東彦(あづまひこ)『アハヽヽヽヽ、292オイ時公(ときこう)293ソンナ宣伝歌(せんでんか)があるか。294()(なほ)()(なほ)せ』
295時公(ときこう)()(なほ)したいとは(おも)へども、296生憎(あいにく)(たび)のこととて肝腎要(かんじんかなめ)女房(にようばう)を、297()れて()()らぬので……』
298東彦(あづまひこ)馬鹿(ばか)ツ』
299時公(ときこう)馬鹿(ばか)とはどうです。300()(なほ)したり、301()(なほ)したり』
302東彦(あづまひこ)()(なほ)せとは()()()(をとこ)だなア』
303 ()深々(しんしん)()(わた)る。304(はげ)しき野分(のわき)二人(ふたり)(かさ)(かぶ)つて心持(こころもち)よく(しん)()きける。
305大正一一・二・二八 旧二・二 岩田久太郎録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)