霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 汐干丸(しほひまる)〔四八六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第11巻 霊主体従 戌の巻 篇:第4篇 満目荒寥 よみ:まんもくこうりょう
章:第19章 第11巻 よみ:しおひまる 通し章番号:486
口述日:1922(大正11)年03月03日(旧02月05日) 口述場所: 筆録者:藤津久子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年9月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
松代姫はすっくと立って宣伝歌を歌い、その中に自らの素性を歌いこんだ。
大工たちは、その歌を聞いて、大気津姫が手配している姉妹の宣伝使であることを悟り、何とか捕まえて褒美にあずかろうとしきりに相談している。
時公、鴨公、八公の三人の従者は、それを聞いて大工たちを責め立てた。時公は、コーカス山側の人々に対して、宣伝歌を歌い改心を促した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1119
愛善世界社版:182頁 八幡書店版:第2輯 579頁 修補版: 校定版:184頁 普及版:80頁 初版: ページ備考:
001 松代姫(まつよひめ)矗然(すつく)()つて、
002松代姫(まつよひめ)(こころ)(ひろ)琵琶(びは)(うみ)
003(めぐみ)(ふか)琵琶(びは)(うみ)
004(なみ)(うか)べる(まつ)(しま)
005千歳(ちとせ)(まつ)青々(あをあを)
006(しげ)(さか)ゆる神心(かみごころ)
007一度(いちど)(ひら)(うめ)(しま)
008(ところ)()(まで)なよ(たけ)
009(かぜ)()まるる(たけ)(しま)
010荒風(あらかぜ)(つよ)(わた)るとも
011仮令(たとへ)深雪(みゆき)にたわむとも
012千代(ちよ)八千代(やちよ)にさき(たけ)
013(なや)みも()らぬ(いさ)ましさ
014(わらは)神世(かみよ)松代姫(まつよひめ)
015この()(みだ)大気津(おほげつ)
016(ひめ)奢侈(おご)りを(いまし)めて
017(こころ)仇花(あだばな)()()らし
018天津御神(あまつみかみ)(たま)ひたる
019()言霊(ことたま)逸早(いちはや)
020(ひら)梅ケ香姫(うめがかひめ)(かみ)
021竹野(たけの)(ひめ)窟戸(いはやど)
022()()められて千万(ちよろづ)
023(うき)逢瀬(あふせ)(たす)けむと
024(すす)(とき)こそ(きた)りけり
025()しや(つら)しの()(なか)
026(わが)()一人(ひとり)はうまうまと
027鹿(しか)妻恋(つまこ)奥山(おくやま)
028みづの()あらか()(かま)
029(とら)(おほかみ)(まさ)りたる
030(しこ)曲津(まがつ)曲業(まがわざ)
031(はら)(きよ)めむ松代姫(まつよひめ)
032梅ケ香姫(うめがかひめ)諸共(もろとも)
033()ちに()ちたる時津風(ときつかぜ)
034()(はる)こそは(たの)しけれ
035竹野(たけの)(ひめ)消息(せうそく)
036はしなく()きし(ふね)(うへ)
037(うゑ)な、まかるな、なよ(たけ)
038(をんな)ながらも神国(かみくに)
039(つく)(まこと)竹野姫(たけのひめ)
040(すく)ひの(かみ)(あら)はれて
041(ここ)三人(みたり)姉妹(おとどひ)
042(かた)()()(つか)()
043(こら)(しの)びの荒魂(あらみたま)
044(いさ)みて()てよ(いもうと)
045()()(おも)松梅(まつうめ)
046(たま)(かよ)へよ千引岩(ちびきいは)
047(いはや)(なか)(いも)()
048(いはや)(なか)(いも)()に』
049(うた)つて(もと)()()きける。
050牛公(うしこう)『オイ兄弟分(きやうだいぶん)(すこ)小声(こごゑ)になつて)(いま)のた(きこ)えたか』
051馬公(うまこう)のた()(こと)があるかい。052(なん)でも(なが)たらしい、053のたのたと(わけ)(わか)らぬ(こと)のたつとつたではないか』
054鹿公(しかこう)『オイ(ちが)ふよ。055ありや(うた)()ふものだ』
056牛公(うしこう)『アヽさうか、057(なん)でも、058うたがはしい(こと)をウタウタと(さへづ)つて()つた。059彼奴(あいつ)(うた)よみの乞食(こじき)かも()れぬぞ。060歌々(うたうた)(うた)(さへづ)(うた)(つく)うたうた出来(でき)()こそうたてき」』
061馬公(うまこう)(なに)(ぬか)しやがるのだ。062うた()にはうたうた(さへづ)りやがつて、063そんな(どころ)かい。064彼奴(あいつ)(れい)代物(しろもの)だ、065彼奴(あいつ)を、066俺等(おいら)(ちから)(あは)してふん(じば)つて(しま)へばもう()めたものだ。067(まつ)だとか(うめ)だとか白状(はくじやう)()つたではないか』
068鹿公(しかこう)『しかし(なが)一寸(ちよつと)()(ところ)069なかなか豪胆(がうたん)(をんな)らしい。070二人(ふたり)三人(さんにん)(てこ)()(やう)(やつ)ぢやあるまい。071それに貴様(きさま)あんな(おほ)きな(をとこ)がひつついて()るのだから、072到底(たうてい)そんな野心(やしん)(おこ)しても駄目(だめ)かも()れぬぞ』
073虎公(とらこう)『しかりしかり、074(しか)うして(いささ)(もつ)手強(てごわ)(やつ)だ。075下手(へた)にマゴ()くと、076スツトコドツコイのオタンチン、077チンチクリンのチンチクリン』
078馬公(うまこう)『そりや(なに)(ぬか)す』
079鹿公(しかこう)『まことにはや080しだいがらだ』
081牛公(うしこう)(とき)()つての(まう)(もの)だ。082うまいうまい、083しか(とら)まへるのだな』
084馬公(うまこう)俺等(おいら)()(なら)べやがつて、085うま(こと)(ほざ)きやがる』
086牛公(うしこう)もう()うなつては、087(うまや)(すみ)にも()いとけぬワイ』
088鹿公(しかこう)しかりしかり しか座敷(ざしき)真中(まんなか)か、089コーカス(ざん)(なか)のお(みや)御住(おんすま)ひ』
090虎公(とらこう)とらマア結構(けつこう)(こと)だなア』
091牛公(うしこう)洒落(しやれ)やがるない。092(ひと)真似(まね)(ばか)りしやがつてモウそんな(はなし)()めようかい』
093馬公(うまこう)かばかしいからな。094うま(はなし)化物(ばけもの)とは滅多(めつた)()はれるものぢやない』
095鹿公(しかこう)しか(なが)らコーカス(ざん)には沢山(たくさん)化物(ばけもの)(あつ)まつて()ると()(こと)だ。096うま(はなし)沢山(たくさん)あるぢやないか』
097虎公(とらこう)(とら)でも、098獅子(しし)でも、099(おほかみ)でも、100(くま)でも、101(きつね)でも、102(たぬき)でも、103(いぬ)でも、104(ねこ)でも、105杓子(しやくし)でも、106瓢箪(へうたん)でも、107(さけ)(かす)でも、108コーカスでも、109狡猾(かうくわつ)(やつ)(ばか)りが(あつ)まつて利己主義(われよし)をやつて()るのだと()(こと)よ。110これから(とら)さんもちつと狡猾(かうくわつ)になつて(ねこ)でも(かぶ)つて虎猫(とらねこ)になつて()よう、111ニヤーンと妙案(めうあん)だらう』
112時公(ときこう)『オイオイ(うし)113(うま)114鹿(しか)115(とら)116(おれ)最前(さいぜん)から(たぬき)空寝入(そらねい)りをして貴様等(きさまら)(ささや)きを()いて()れば、117(ふと)(やつ)だ。118牛公(うしこう)(まう)(ばなし)119馬公(うまこう)(うま)算段(さんだん)120鹿公(しかこう)狡猾目的(ずるいしがく)121虎公(とらこう)(ねこ)(かぶ)り、122トラ(ねこ)のコーカス野郎(やらう)123大気津姫(おほげつひめ)(あき)れるワイ。124サア、125一度(いちど)(とき)さまの(まへ)()つて()よ』
126八公(やつこう)『こら四人(よにん)(けもの)127四足(よつあし)128(おれ)(やつ)さまだぞ。129()つてるか()ツの(ばい)(やつ)だ。130ぐづぐづ(ぬか)すと八裂(やつざき)だぞ』
131鴨公(かもこう)『ヤイ、132貴様(きさま)(たち)133(まつ)がどうだの、134(うめ)がどうだのと(なに)をかまふのだ。135かも()れるな。136(この)(はう)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)だ。137(なに)御承知(ごしようち)だからかもさまと()ふのだ。138貴様(きさま)(わる)(たくみ)はちやんと看破(かんぱ)して()るのだ。139どうだ(なに)かも白状(はくじやう)するか』
140牛公(うしこう)もうもうもう(なに)()白状(はくじやう)(いた)します』
141馬公(うまこう)うまうま()つて(くだ)さい』
142鹿公(しかこう)鹿(しか)つめらしい(かほ)してしかつて(くだ)さるな』
143虎公(とらこう)『お(まへ)さま()とらまへられぬ(さき)()()きます』
144鴨公(かもこう)(よろ)しい。145これから(なに)()()けるが()からうぞ』
146時公(ときこう)『アハヽヽヽヽ』
147 時公(ときこう)はすつくと()つて、148宣伝歌(せんでんか)(うた)(はじ)めた。
149浪音(なみおと)(たか)琵琶(びは)(うみ)
150()言霊(ことたま)此処(ここ)彼処(かしこ)
151また()(はる)松島(まつしま)
152浪風(なみかぜ)(たか)(たけ)(しま)
153()ても(つよ)そな(うめ)(しま)
154(うか)景色(けしき)面白(おもしろ)
155一寸(ちよつと)三島(みしま)(おき)()えて
156真帆(まほ)(かぜ)をば(はら)ませつ
157此処(ここ)まで()たる(とき)(とき)
158ぎう()まつた(ふね)(きやく)
159うし(くる)しと(あわ)()
160(つの)()つたる牛公(うしこう)
161(しり)始末(しまつ)(うま)さまが
162豆屁(まめべ)(やう)法螺(ほら)()
163(よく)(さけ)とにからまれて
164(こころ)紅葉(もみぢ)鹿(しか)()
165しか(づら)した鹿(しか)さまや
166荒肝(あらぎも)とられた(とら)さまの
167コーカス(ざん)物語(ものがたり)
168大気津姫(おほげつひめ)(あき)れたと
169()()(やう)小理屈(こりくつ)
170やつとかました八公(やつこう)
171(ほね)()もないかけ()ひだ
172(すみ)()いたる(たこ)()
173禿(はげ)ちやま(あたま)鴨公(かもこう)
174かもかかもかと威張(ゐば)()
175朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
176(つき)()つとも()くるとも
177コーカス(ざん)曲神(まがかみ)
178この(とき)さまが(あら)はれて
179(とき)をうつさず言霊(ことたま)
180(まこと)(みち)()()けて
181(よく)(まよ)うた曲神(まがかみ)
182(こころ)のもつれ()いてやる
183(うし)(くそ)でも天下(てんか)()
184うま(はなし)にのせられた
185(ふね)(うへ)にてうつかりと
186ほざいた鼻鹿(はなしか)物語(ものがたり)
187(しか)()らすは(やす)けれど
188とらまへ(どこ)のない虎公(とらこう)
189直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
190()(なほ)()(ふね)(うへ)
191牛馬鹿虎(うしうましかとら)のみならず
192この船中(せんちう)人々(ひとびと)
193(のみ)(かんな)(のこぎり)
194(はたら)(ごと)(いま)よりは
195(こころ)(まが)をきり(はら)
196(あか)(けづ)れよ三五(あななひ)
197(かみ)(をしへ)にまつらうて
198栄耀栄華(えいようえいぐわ)(くら)()
199大気津姫(おほげつひめ)真似(まね)をすな
200従順(すなを)(こころ)(あらた)めて
201(はや)()()(かみ)(ふね)
202この()(すく)(かみ)(ふね)
203目無堅間(めなしかたま)(すく)(ぶね)
204浪風(なみかぜ)(あら)()(なか)
205(おぼ)れる(あん)じあら(なみ)
206(なみ)(ただよ)松代姫(まつよひめ)
207(かみ)(をしへ)一時(いつとき)
208(ひら)梅ケ香姫(うめがかひめ)(かみ)
209(この)二方(ふたかた)宣伝歌(せんでんか)
210(しつか)()いて(あらた)めよ
211この()ばかりか(さき)()
212(ちから)となるは(かみ)(のり)
213(のり)友船(ともぶね)幾千代(いくちよ)
214(おい)(まか)らず天津(あまつ)()
215(かみ)御国(みくに)(すく)()
216(かみ)(すく)ひの御船(おんふね)
217一日(ひとひ)(はや)()(なほ)
218()れよ()()(かみ)(ふね)
219(しこ)言霊(ことたま)()(なほ)
220(かみ)(なんぢ)(とも)にあり
221嗚呼(ああ)有難(ありがた)(かみ)(おん)
222嗚呼(ああ)有難(ありがた)(かみ)(とく)
223とつくり思案(しあん)した(うへ)
224(かみ)(もら)うた生粋(きつすゐ)
225(こころ)(いろ)(あら)はせよ
226コーカス(ざん)(たか)(とも)
227(かみ)(めぐ)みに(くら)ぶれば
228足元(あしもと)さへも()()けぬ
229琵琶(びわ)荒湖(あらうみ)(ふか)くとも
230(ふか)(めぐ)みに(くら)ぶれば
231たとへにならぬものぞかし
232(かしこ)(かみ)御教(みをしへ)
233まつろひまつれ諸人(もろびと)
234(わざはひ)(おほ)(ひと)()
235(かみ)(はな)れて易々(やすやす)
236くれ()(こと)(むづ)かしい
237ほめよたたへよ(かみ)(とく)
238(いの)れよ(いの)(かみ)(まへ)
239(まへ)(うしろ)(みぎ)(ひだり)
240(かみ)御水火(みいき)(つつ)まれて
241()きて()くなる(ひと)()
242(かみ)(はな)れな()てられな
243アヽ惟神(かむながら)々々(かむながら)
244御霊(みたま)(さちは)ひましまして
245()諸人(もろびと)身魂(みたま)をば
246(みが)かせ(たま)(みが)きませ
247(こころ)岩戸(いはと)()しあけて
248(きよ)月日(つきひ)()らせかし
249(きよ)月日(つきひ)()らせかし』
250(うた)(をは)つて(もと)()()きけり。
251大正一一・三・三 旧二・五 藤津久子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)