霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 俄改心(にはかかいしん)〔四八八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第11巻 霊主体従 戌の巻 篇:第4篇 満目荒寥 よみ:まんもくこうりょう
章:第21章 俄改心 よみ:にわかかいしん 通し章番号:488
口述日:1922(大正11)年03月03日(旧02月05日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年9月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
時公が問い詰めると、四人の大工たちは、ウラル教の目付けであったことを白状した。牛公は牛雲別であることを見破られ、大気津姫は実はウラル姫であることを明かした。
コーカス山は、アーメニヤが陥落したときの避難場所として建築しているのだという。また、於縢山津見、竹野姫のほかにも、北光宣伝使も岩窟に捕まえて監禁してしまったと白状した。
おりしも、岩窟の外に雪を踏んでざくざくと進んでくる足音が聞こえた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:205頁 八幡書店版:第2輯 587頁 修補版: 校定版:209頁 普及版:90頁 初版: ページ備考:
001 岩窟(がんくつ)(そと)には大勢(おほぜい)跫音(あしおと)002(ゆき)をクウクウと()()らし(なが)(かぜ)(ごと)くに(とほ)()した。003油断(ゆだん)ならじと時公(ときこう)(なか)より岩戸(いはと)をシツカと()め、004牛公(うしこう)(いき)()(かへ)させ四人(よにん)(まへ)()ゑて、
005時公(ときこう)(いよいよ)貴様(きさま)(たち)(あや)しい(やつ)だ。006真実(ほんとう)(ねこ)(かぶ)つて()るな。007我々(われわれ)計略(けいりやく)(もつ)てコーカス(ざん)(いざな)岩窟(いはや)(なか)へでも()()(つも)りだらうが、008さうは()かぬぞ。009古手(ふるて)(こと)(いた)して後悔(こうくわい)するな。010サア有態(ありてい)白状(はくじやう)せよ。011貴様(きさま)牛公(うしこう)とは(いつは)り、012牛雲別(うしくもわけ)()曲神(まがかみ)であらうがな。013その()三人(さんにん)(もの)(ども)014(いづ)れも(みな)その(はう)手下(てした)(もの)(ども)だ。015汐干丸(しほひまる)船中(せんちう)(おい)てワケも()喧嘩(けんくわ)(いた)して我等(われら)(あざむ)き、016この岩窟(がんくつ)(いざな)工夫(たくみ)であらうがな。017そんな(こと)(わか)らずして天下(てんか)宣伝使(せんでんし)出来(でき)ると(おも)ふか。018サア()うなる(うへ)はもう量見(りやうけん)はならぬ。019有態(ありてい)(つつ)まず(かく)さず白状(はくじやう)せよ。020その(ほか)三人(さんにん)(もの)(ども)021一々(いちいち)実状(じつじやう)()()てよ』
022牛公(うしこう)『アヽア、023仕方(しかた)がありませぬ。024生命(いのち)(たす)けて(くだ)さるならば(まを)()げませう。025当山(たうざん)大気津姫(おほげつひめ)()ふのはその(じつ)はウラル姫命(ひめのみこと)026(むかし)常世姫命(とこよひめのみこと)()つた(かみ)であります。027(をつと)のウラル(ひこ)(いま)はアーメニヤに()りますが、028夫婦(ふうふ)手分(てわ)けをして万々一(まんまんいち)029()出神(でのかみ)とやらがやつて()てアーメニヤが(たも)てなくなつた(とき)は、030このコーカス(ざん)隠処(かくれが)(のが)れる(つも)りで数多(あまた)家来衆(けらいしう)引寄(ひきよ)せ、031各自(めいめい)立派(りつぱ)屋敷(やしき)(つく)り、032第二(だいに)のアーメニヤの(みやこ)(ひら)かして()るのです。033それ(ゆゑ)この(やま)大秘密郷(だいひみつきやう)であつてウラル姫命(ひめのみこと)系統(けいとう)(もの)でなければ、034一人(ひとり)(のぼ)られないと(きび)しく見張(みは)つて()(やま)です』
035時公(ときこう)『さうだらう、036さうすると貴様(きさま)大工(だいく)()けて、037我々(われわれ)所在(ありか)(さが)して()たのだな』
038牛公(うしこう)『マア、039そんなものです。040(しか)貴方等(あなたがた)()れと()つたら、041ウツカリ(ふね)(なか)(しやべ)るのではなかつた。042何分(なにぶん)にも酩酊(めいてい)して()たものだから、043ツイ(しやべ)()ぎて看破(かんぱ)されて仕舞(しま)つたのです。044この(あひだ)淤縢山津見(おどやまづみ)()(つよ)(さう)(かみ)がやつて()て、045大気津姫(おほげつひめ)三五(あななひ)(みち)帰順(きじゆん)させると()つて()ましたが、046その(とき)此処(ここ)()馬公(うまこう)047鹿公(しかこう)048虎公(とらこう)今日(けふ)(やう)(うま)計略(けいりやく)(もつ)岩屋(いはや)()(ぱり)()み、049逸早(いちはや)三人(さんにん)()()して(そと)から岩戸(いはと)をピシヤリと()め、050(てつ)(ぢやう)(おろ)して()きました。051その(となり)(あな)には竹野姫(たけのひめ)さんがお這入(はい)りになつて()らつしやいます。052ヘイ』
053馬公(うまこう)『コレコレ牛公(うしこう)054自分(じぶん)(こと)(たな)()げて、055(なん)だ、056馬鹿々々(ばかばか)しい。057それや貴様(きさま)がしたのぢやないか』
058牛公(うしこう)『ウン、059貴様(きさま)だつたかいの』
060馬公(うまこう)(きま)つた(こと)だ、061貴様(きさま)だ。062貴様(きさま)真実(ほんとう)仕方(しかた)()(やつ)だ』
063時公(ときこう)『その淤縢山津見(おどやまづみ)(その)()如何(どう)なつたのだ。064サア牛公(うしこう)065白状(はくじやう)せい』
066牛公(うしこう)如何(どう)なつたか、067()うなつたか、068(いは)()()めたぎり、069(のぞ)いた(こと)()いものだから、070()けて()(わか)つたものぢやない。071(しか)(そと)(とほ)(たび)(いは)(みみ)あてて()いてみると(なか)でコツンコツンと(おと)がして()る』
072時公(ときこう)『もう、073(あな)()()まれたと()ふのは二人(ふたり)()けか、074まだ(ほか)にあるだらう』
075馬公(うまこう)『ありますとも、076ツイこの(あひだ)077独眼(めかんち)北光(きたてる)とか、078(くも)りとか()宣伝使(せんでんし)(その)(つぎ)(あな)に、079あな(おそ)ろしや、080()()まれよつた』
081時公(ときこう)『それは(たれ)()()むだのだ』
082馬公(うまこう)『ヘイ、083それは、084マアマアマア、085ヘイ……(なん)でも()れは………』
086時公(ときこう)(なん)だ、087(あたま)(ばか)()きやがつて、088貴様(きさま)計略(けいりやく)()()んだのだらう』
089虎公(とらこう)『お(さつ)しの(とほ)馬公(うまこう)仕事(しごと)です』
090時公(ときこう)貴様等(きさまら)四人(よにん)(おな)(あな)(きつね)だ。091サア(これ)から(おれ)()つて岩戸(いはと)(たた)()つて、092三人(さんにん)宣伝使(せんでんし)(すく)()し、093その後釜(あとがま)貴様等(きさまら)四人(よにん)(ひと)(あな)(ひと)(づつ)094(まつ)()んでやらう。095マア、096(たの)しんで()()かすが()からう』
097牛公(うしこう)今日(けふ)(なん)とした(うん)(わる)()だらう。098オイオイ(みな)(やつ)099改心(かいしん)すると()はんかい。100モシモシ(とき)さん、101(わたくし)第一番(だいいちばん)只今(ただいま)(かぎ)り、102(じつ)に、103(まこと)に、104(しん)から改心(かいしん)(いた)します。105何卒(どうぞ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)して(たす)けて(くだ)さい』
106時公(ときこう)(ゆる)(がた)(やつ)なれど、107今迄(いままで)(あく)(あらた)めて真実(ほんとう)(ぜん)復帰(たちかへ)るならば(ゆる)してやらう。108その(かは)りにお前等(まへら)仲間(なかま)岩窟(いはや)(そと)まで案内(あんない)するのだ』
109馬公(うまこう)案内(あんない)(いた)しますが、110(その)(かは)りは(こま)ります』
111八公(やつこう)『ハヽヽヽ、112到頭(たうとう)尻尾(しつぽ)()しよつたな。113(ただ)(たぬき)ぢやないと(おも)つて()つた。114田納喜助(たのきすけ)115乃木常介(のぎつねすけ)などの矢張(やつぱ)連中(れんぢう)だ』
116鴨公(かもこう)『それだから(あく)出来(でけ)ぬと()ふのだ。117オイオイ四人(よにん)連中(れんちう)118三五教(あななひけう)はウラル(けう)(やう)惨酷(ざんこく)(こと)はせぬ(をしへ)だ。119みんな言向(ことむけ)(やは)すのだから、120改心(かいしん)すればその(とき)から(ぜん)(みと)めて待遇(あしら)ふのだから、121安心(あんしん)して(やす)むが()からう』
122時公(ときこう)『ヤア、123マア、124これで()()りにして神言(かみごと)奏上(そうじやう)し、125宣伝歌(せんでんか)(うた)つて(やす)まして(もら)はう。126サア松代姫(まつよひめ)(さま)127梅ケ香姫(うめがかひめ)(さま)128貴女(あなた)から導師(だうし)をやつて(くだ)さい』
129 松代姫(まつよひめ)130梅ケ香姫(うめがかひめ)岩窟(がんくつ)中央(ちうあう)端坐(たんざ)して神言(かみごと)()(はじ)めた。131(をり)しも岩窟(がんくつ)(そと)(ゆき)をザクザクと()()(きた)跫音(あしおと)がして岩窟(がんくつ)(まへ)にピタリと()まりける。
132大正一一・三・三 旧二・五 北村隆光録)