霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第74巻 天祥地瑞 丑の巻 篇:余白歌 よみ:
章:第74巻 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年1月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm748801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
言霊(ことたま)天照(あまて)(くに)(うま)れあひて
言霊学(ことたままな)()らぬ人多(ひとおほ)〈第1章〉

言霊(ことたま)水火(いき)火水(かみ)となり火水(ほし)となり
しほともなりて()にみつるなり〈第1章〉

(わか)がへり(わか)がへりつつ天界(てんかい)
万代(よろづよ)までも(さか)えはてなき〈第1章〉

足引(あしびき)山川草木(やまかはくさき)(ことごと)
其根元(そのこんげん)天界(てんかい)にあり〈第2章〉

天界(てんかい)(いさを)のしるき神々(かみがみ)
つまみ(しる)すも二千余柱(にせんよはしら)〈第3章〉

神々(かみがみ)御名(みな)とはたらき委曲(まつぶさ)
()(しめ)すなるこの物語(ものがたり)〈第3章〉

無始無終(むしむしう)(きは)みも()らぬ天界(てんかい)
さま(しめ)さむと(われ)(くる)しむ〈第3章〉

万世(よろづよ)(のち)(うま)れし人々(ひとびと)
わが(のり)ごとに()(おどろ)かむ〈第7章〉

よしとあし(うま)れる荒野(あらの)()(ひら)
永久(とは)()きます天界(てんかい)(かみ)〈第7章〉

山川(やまかは)木草(きくさ)獣鳥魚(けものとりうを)
(うま)れし(もと)水火(かみ)(ちから)〈第9章〉

濛々(もうもう)棚黒雲(たなくろくも)(ただよ)へる
(あま)()(はじめ)(さび)しかりしよ〈第9章〉

現世(うつしよ)(ひと)(まなこ)(くら)みたり
天地創始(てんちさうし)元理(げんり)()らずて〈第9章〉

大太陽(だいたいやう)(あらは)れまして天界(てんかい)
言霊(ことたま)水火(いき)()()りやまず〈第9章〉

日月(じつげつ)地上(ちじやう)より()日月(じつげつ)
七倍(しちばい)まして(ひかり)さやけき〈第9章〉

言霊(ことたま)水火(いき)(むす)びて天地(あめつち)
すべてのものは()()づるなり〈第12章〉

有難(ありがた)(かみ)御国(みくに)(うま)()
外国(とつくに)(のり)(まよ)愚人(ぐじん)〈第12章〉

千万(ちよろづ)(ほし)(たがひ)(むす)()ひて
虚空(こくう)位置(ゐち)(たも)ちをるなり〈第15章〉

国魂(くにたま)(かみ)()ませる神業(かむわざ)
水火(いき)水火(いき)との(むす)びなりけり〈第17章〉

若返(わかがへ)若返(わかがへ)りつつ顕津男(あきつを)
(かみ)万代(よろづよ)までも()ませる〈第17章〉

愛恋(いとしさ)(こたろ)(かみ)()みつけて
国魂生(くにたまう)ませる顕津男(あきつを)(かみ)〈第17章〉

生替(いきかは)死替(しにかは)りつつ神代(かみよ)より
(いま)(いた)るも(まも)ります(かみ)〈第18章〉

天地(あめつち)()(かた)まらぬ(あま)()
状態(さま)をつぶさに(あか)すこの物語(ふみ)〈第21章〉

伝奇物語(ロマン)なる(ふみ)にはあらず言霊(ことたま)
()ける真言(まこと)(あかし)なりけり〈第21章〉

史詩(シヤンソン)形式(かたち)をかりて(あま)()
ありしことぐ()(しめ)すなり〈第21章〉

(たよ)るべき何物(なにもの)もなき霊界(れいかい)
この物語口述(ものがたりのぶ)るは(かた)しも〈第22章〉

一巻(いつくわん)参考書(さんかうしよ)もなく口述(のべ)()
天祥地瑞(てんしやうちずゐ)物語(ものがたり)かも〈第22章〉

(あめ)(つち)()(かた)まらぬ(あま)()
(かみ)活動(はたらき)()くはこの(ふみ)〈第24章〉

国々(くにぐに)天地開闢説(てんちかいびやくせつ)はあれど
言霊学(ことたまがく)()りたるはなし〈第25章〉

隠身(かくれみ)(かみ)とし(とな)現身(うつそみ)
(みこと)といひし神代(かみよ)なりけり〈第25章〉

国学者(こくがくしや)数多(あまた)あれども皇道(すめらみち)
大本覚(おほもとさと)りし(ひと)(まれ)なり〈第25章〉

大方(おほかた)世人(よびと)はことごと(あやし)まむ
()(みゐ)にせし(こと)なき(をしへ)〈巻末〉

五十六億(ごじふろくおく)七千万(しちせんまん)(とし)()
弥勒胎蔵教(みろくたいざうけう)()くなり〈巻末〉

(つた)へにも()(かみ)()のことがらを
我言霊(われことたま)(ちから)()くなり〈巻末〉

[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]